Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
Joel

Youtuber/Joelの動画

0 2020/04/15 (Wed) 11:37:19

Youtuber(ユーチューバー)始めました。

「Youtuberになっていろんな話をしてください❤」

という方々のリクエストが数年前からあったんですが

忙しかったですし、恥ずかしかったので躊躇していたんですが

コロナウイルスの影響で外出できませんし

あまりにもみんなやってますので

さすがにもう始めなければならないんじゃないか・・・

ということで、Youtuberの真似事を始めてみました。

ただひたすら、おっさんが喋っているだけの動画ですから

猛烈に暇でしようがない人だけご覧になってみてください❤
Joel - Re:Youtube動画 2020/04/15 (Wed) 11:37:59 URL Mail

コロナウイルス爆発的流行直前の2020年2月にニューヨークに行って来た話し

毎年、Westminster dog showでニューヨークに行きますが

今年2020年は、1月中旬からコロナウイルスで大騒ぎで、ニューヨークに行けるのかどうかわからない状況の中、強行してニューヨークに行って来ました。

そのときの様子をお話しします。

この動画です。
https://youtu.be/G1LHvgUWZ7A

私のYoutubeチャンネルはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCClRqlyiP4xiSmYZeefbiLw/videos
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/16 (Thu) 13:49:36 URL Mail

コロナウイルス爆発的感染拡大直前のイギリスに行った話し

https://youtu.be/nwAmM1jsm3c
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/17 (Fri) 17:24:44 URL Mail

イギリスのブリーダー宅に行ったら、家が無くて途方に暮れた話し。

イギリスのウェルシュ・コーギー・ペンブロークのブリーダー宅に、一人で車を運転して行ったら、教えられた住所はただの原野で、建物などは何もなくて、途方に暮れた話し。

https://youtu.be/hXzjC7aE5HQ

Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/18 (Sat) 11:23:14 URL Mail

コロナウイルスに効果絶大!!

コロナウイルス専用マスクを送ってきてくださった方がいらっしゃいました!!

その方がこのマスクを購入したお店で、そのお店の方が

「このマスクはコロナウイルス専用です!」

「ものすごく効果絶大です!」

「何度でも使えます!」

と言っていたそうです。

「一箱25個入りで6000円以上の商品なので、高額だから売りたかっただけなんじゃないのか!」と思いましたが、文部科学省が推薦している・・・などと書いてありました。

とにかく良いものであることは間違いありません。

2月にニューヨークに行く前に、東京の街からマスクが消えました。

100円ショップのマスクまで全部売り切れました。

それで困っていましたら、このマスクを送ってきてくださった方がいらっしゃいました。

とても助かりました。

感謝しています。

このマスクです。

https://youtu.be/fhPXyhrpiSU
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/19 (Sun) 12:50:09 URL Mail

ポーランドのワルシャワで

アパートのオーナーと連絡が取れず

途方に暮れた話し

https://youtu.be/FRJ55CDFlb4
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/20 (Mon) 15:24:22 URL Mail

コロナウイルスで引きこもり生活ですから

ワインを飲んだら、酔っぱらって

イスを便器だと思って

イスにおしっこした話し!!!

イスにおしっこしたんですよ!!!

もう死のう・・・

これその動画
https://youtu.be/e2kKMksEm4c
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/27 (Mon) 07:30:34 URL Mail

ワルシャワ(ポーランド)で

ものすごくキレイなトイレを発見しました。

https://youtu.be/FkXzDI33zL0

Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/04/27 (Mon) 20:12:53 URL Mail

ワルシャワで、物乞いのオバちゃんに

お金を要求された話し。

https://youtu.be/4qrQ0blX9S4
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/02 (Sat) 14:11:17 URL Mail

ワルシャワで、交通事故を起こした話し。

初めて右側通行の国を運転しました。

事後現場の動画も含まれています。

そのときの様子をご覧になってください。

どうぞ。

https://youtu.be/SIXJSla7YcA
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/03 (Sun) 15:58:18 URL Mail

ワルシャワで!

まったく知らない、レストランのオーナーに食事に招待された話し。

https://youtu.be/txcGZBJbaS8

Youtubeチャンネルはこちらです。

チャンネル登録をお願いします。

いろんな海外の話しや、海外の動画がアップされています。

https://www.youtube.com/channel/UCClRqlyiP4xiSmYZeefbiLw/videos
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/06 (Wed) 19:32:45 URL Mail

24歳のとき、生まれて初めてアメリカに行ったんですが

そのとき、死ぬほど間抜けな行動をしました。

そしてその同じ日、アメリカに到着した直後に

偶然、オーロラを見ました。

下の動画です。

今日は1日で2つの動画を作成してみました。

チャンネル登録をしてご覧になってください。

「初めてアメリカに行ったとき、死ぬほど間抜けな行動をしました」

https://youtu.be/U-lcmJ4pLyg

「生まれて初めてアメリカに行って、到着した直後にオーロラを見ました」

https://youtu.be/4y2Q3TLIlhI

すべての動画が含まれているチャンネルはこちらです。

様々な海外の話しや、海外で私が撮影したたくさんの動画があります。

https://www.youtube.com/channel/UCClRqlyiP4xiSmYZeefbiLw/videos
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/07 (Thu) 21:51:27 URL Mail

TATTOO(タトゥー)について

https://youtu.be/xmMgK624SpU
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/08 (Fri) 18:08:54 URL Mail

Joelのワンポイント英会話 !!

ニュージーランド編 !!

https://youtu.be/s4_WosOH0wE
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/09 (Sat) 19:15:01 URL Mail

ニュージーランドに行ったら

1か月間下痢が止まらなくなった話し。

https://youtu.be/aB0uh7yZXX4
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/11 (Mon) 21:54:18 URL Mail

ANAのスーパーフライヤーズカードを取得したかった理由

https://youtu.be/KA1fsLYOByE
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/12 (Tue) 21:23:40 URL Mail

なんで???

この動画を観て、「なんで」なのか

その理由がわかる方は教えてください。

https://youtu.be/zMDsPmGF1fw
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/13 (Wed) 15:59:21 URL Mail

「アメリカンタイプの犬とヨーロピアンタイプの犬は、同じリングで戦わせてはいけない」

日本のドッグショーでは

どんなに良い犬でも

ヨーロピアンタイプの犬はアメリカンタイプの犬に負けることがあります。

ヨーロピアンタイプの犬とアメリカンタイプの犬は犬種が違うくらい違う場合も多いです。

ですから日本のドッグショーは世界に先駆けて、アメリカンタイプの犬のドッグショーとヨーロピアンタイプの犬のドッグショーと分けて、2種類のドッグショーを行うべきです!!

「海外ではそんなことはやってないから・・」などと言ってはいけません。

日本が先頭を切ってやればいいんです!!

日本が世界をリードしてやればいい!!

日本のドッグショーではアメリカンタイプの犬しか勝てません。

それはフェアじゃない!!

世界中の犬は平等に公平にジャッジされるべきです!!

その動画がこれです。

https://youtu.be/E5loiJ3kgOI
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/14 (Thu) 20:07:53 URL Mail

ドッグショーでは不正が行われている。

https://youtu.be/GOpDNU2Ygxs
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/17 (Sun) 15:47:02 URL Mail

輸入犬の予定は変更される。

https://youtu.be/sIG2OgfZZ0w
Joel - Re:Youtuber/Joelの動画 2020/05/28 (Thu) 16:24:36 URL Mail

子犬の正しい買い方

https://youtu.be/37tkC_favkk
Joel

犬の雑談3

0 2020/03/14 (Sat) 01:26:40

犬の雑談3

犬のことでもそうでないことでも

みなさんで話し合ってみましょう。
Joel - Re:犬の雑談3 2020/03/14 (Sat) 01:27:04 URL Mail

とうとう恐れていたことが起き始めています。

4月のスペインのWDS(ワールドドッグショー)が延期されました。

新しい日程は、7月9日~12日だそうです。

ヨーロッパ各国では、4月30日までのドッグショーの中止を決定した国もたくさんあります。

毎日、いろんな国の人たちからメッセージが来ています。

今月(2020年3月)のCruftsでイギリスに行っていたときから、じゃんじゃんメッセージが来ていて

ヨーロッパのドッグショーで走らせている犬たちのヨーロッパのハンドラーたちや、そのほかブリーダーやジャッジから

「ドッグショーが無くなったからどうしよう???」

と、みんな相談してくるんですが、誰にもどうすることもできないので

「コウモリを食うな中国人!!」

などと、西の方角に向かって叫びたくなっていました。

コロナウイルスに限らず、野生動物は無数のウイルスや細菌を体の中に持っています。

その野生動物を捕まえて食べるんですから、問題が起きるのは当たり前ですよね。

無菌室で処理された野生動物ではなく、自然の中で自分たちで殺した野生動物を自宅に持って帰って、自分たちで調理して食べるんですから

殺した野生動物を持って帰るときは、殺した死骸を持って帰るわけです。

そして殺した死骸を素手でいろんなことをやって調理して食べます。

当然、内臓なども素手で触りますし、糞なども触ったり、飛び散ったりするでしょう。

それをムシャムシャ素手で食べて

ムシャムシャ病が広がっていきます。

スペイン行きの飛行機のチケットもアパートも予約していますが、日本からスペインへの渡航禁止が日本政府によって発表されない限り、ただ単にキャンセルしなければならないと思います。

非常に困っています。

World dog show 2020のHPをご覧ください。

上の画像は、ここからコピーしたものです。

https://www.wdsmadrid2020.com/index.php/en/information.html

*WHOは、中国人が野生動物を食べることが原因でコロナウイルスが人に感染し始めたとは発表していません。現在、正確なコロナウイルス発生の原因はわかっていません。可能性の一つとして、中国で野生動物を食すことが原因なのではないか・・・と俗説として言われているだけです。
Joel - Re:犬の雑談3 2020/04/06 (Mon) 23:09:16 URL Mail

自己紹介ビデオです。

犬の輸入というのは、大きなお金を預けなければなりませんし

犬を輸入する人がどんな人なのか知りたい!

Youtubeに動画をアップしてほしい!

というご要望が多いので

私の自己紹介のビデオをアップしました。

ご覧になってください。

こちらです。

https://youtu.be/Who5G0EqhC0

私の個人のYoutubeチャンネルはこちらです。
上の動画もここに入っています。
今回のコロナショックで
毎日家にいて、暇でしようがない方は
チャンネル登録して
他の動画もご覧になってみてください。
すべて私が撮影した動画です。

https://www.youtube.com/channel/UCClRqlyiP4xiSmYZeefbiLw/videos
Joel - Re:犬の雑談3 2020/04/26 (Sun) 15:48:42 URL Mail

WDS(ワールドドッグショー)2020マドリード

2020年04月22日から開催される予定でしたが、2020年07月09~12日に変更されました。

それはみなさんご存知だと思いますが、おそらく7月では無理だとFCIが判断したんだと思いますが

2020年12月に変更されるそうです!

昨日(2020年04月25日)、ヨーロッパのハンドラーから連絡がありました。

日にちまでは聞いていませんが、12月への変更が決まっていれば、もう決定してるんだと思います。

まだWDSのホームページの中の日程は変更されていません。(上の写真)

日にちが経つと、HPの中の日程も変更されると思います。

WDSのHPはこれです。
https://www.wdsmadrid2020.com/index.php/en/

早まって、7月のマドリード行きの航空券を買ってはいけません!!

注意してください!!

もうすぐ4月も終わりですから、チケットを買われる方がたくさんいらっしゃるのではないか・・・と思って、お知らせしています。

------------------------------
追記 2020.04.26 同日

Madrid, 22nd April 2020 - Following an agreement between IFEMA and the Real Sociedad Canina de España, (RSCE) later approved by the Fédération Cynologique Internationale (FCI) decided to postpone the FCI World Dog Show 2020, initially scheduled to take place from 23rd till 26th April 2020 (initially postponed to 9-12th July, 2020) to 17th-20th December 2020(Thursday to Sunday). The FCI World Dog Show will take place in the Feria of Madrid.

2020年4月23日に、FCIのfacebookに記載されていたそうです。

開催日は、2020年12月17日~20日です!!

facebookのその記事はこちら。
https://www.facebook.com/fci4pedigreedogs/posts/10159769795602627

よろしいですか!!

2020年12月17日~20日に変更されました!!

7月9日~12日の予定で航空券を予約しないでください!!

12月17日~20日ですから、クリスマス直前ですね。

クリスマスは、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポスーラ」で過ごそうかな・・・と考えています。

「サンティアゴ・デ・コンポスーラ」には、奇跡的に聖ヤコブの墓が発見されて、そこに巨大な教会を作ったという大聖堂があります。

そこは、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつでもあり、世界遺産に登録されている巡礼路の終着地でもあります。

四国の八十八カ所を廻る巡礼のようなものがヨーロッパにもありますが、フランスから、この「サンティアゴ・デ・コンポスーラ」に歩いて巡礼すると、自分のすべての罪が無くなって幸せな人生を歩めるとか、自分の願いが叶う。などと伝えられていて、現在でもたくさんの人たちが巡礼の道を歩いています。

30代からここに行きたかったんですが、クリスマスに行けるかもしれません。

マドリードから600キロ離れていますので、車か電車で6時間くらいはかかると思いますが、みなさんもいかがでしょうか。

クリスマスをキリスト教の世界的な聖地で過ごすというのは荘厳な特別の雰囲気が感じられると思いますよ。
Joel

CAO / CASについて

0 2019/06/11 (Tue) 14:50:18

CAO/CASについて

CAOとは、Central Asian Ovcharka(セントラル・アジアン・オフチャルカ)のことですが、Central Asian shepherd(セントラル・アジアン・シェパード)とも呼ばれます。ですから海外では、CASと呼ばれる場合もありますが、日本では、あまりCASと呼ぶ方は少ないです。

しかしオフチャルカというと、ロシアの闘犬というイメージを持たれる方も多いですから、Central Asian shepherdと呼ぶ人も増えてくるはずですから、自然と、CASと呼ぶ方も増えてくるのではないか・・・と思います。

CAO/CASは、ロシアの牧羊犬で、家畜をオオカミやクマから守る犬たちです。

闘犬として活躍している犬たちもたくさんいます。

しかし、FCIにも犬種登録され、ドッグショーに参加する犬たちも多く、ショードッグのCAO/CASは、人にも犬にも優しい、巨大でおっとりとした、魅力的な犬種です。

そのCAO/CASについて、みなさんでお話ししてみましょう。
Joel - Re: CAO / CASについて 2019/06/11 (Tue) 14:55:53 URL Mail

今年の3月末に開催された、ジャパンインターナショナルドッグショー2019のとき、会場内をうろうろしていましたら

もおおおのおおおすううごおおおく、いー、CAOを2頭、発見したんです。

その2頭はドッグショーには出場していませんでしたが、ものすごく良い犬だったんです。

私くらいになると、ほら、もう、一瞬見ただけで、その犬が、世界のどれくらいのレベルにいる犬かわかりますから(鼻息荒男)

まあ、私じゃなくても、それぞれの犬種で、その犬種を好きな人なら、どなたでもわかりますが(笑)

その今年のジャパンインターのとき、そのCAOの飼い主の方とお話しできるようになって、何度かメールでお話しさせていただいて、5月に開催された近畿インターにも来られるということで、そこでもまたお会いして、「やっぱりイイな~この犬たち」と思いまして

とうとう、この方の家にまで行って、犬たちを見てきました!

ちょっとイカれてますよね(笑)

「あまりにも犬が素晴らしいから、もっと見たい」

ただこれだけの理由で、8時間も車を運転して行くんですから。

「私のようなおっさんが突然お邪魔したら、その飼い主の方もご迷惑なのではないか・・・」

これはもちろん最初に考えましたが、その気持ちをいとも簡単に上回って、最初からそんな気持ちは無かったかのような想いにさせてしまうくらい、その犬たちは魅力的でした。

それでホテルに1泊して行って来ました。

そこは四国の松山なんですが、CAOが10頭以上いました。

CAOが10頭以上もいますから、みなさん、そこは、山の中の大自然の中にあるんだと思われると思いますが、松山市の中心部で、繁華街まで車で5分の街の中にありました。

飼い主の方はイスラエル人で、松山市中心の繁華街で、ヨーロピアンスタイルのお洒落なバーを3件も経営されているオーナーの方でした。

カザフスタン、ウクライナ、セルビアからCAOを7頭も一度に輸入されて、メスの1頭は、妊娠させた状態で日本に運ばれてきました。

そのとき生まれた子犬が1歳になって、その中の2頭を、私はジャパンインターと近畿インターで見たんです。

もおおおのおおおすううごおおく、いー犬です。

信じられなかったです。

日本で本物のCAOが見れるなんて。

あれは本物です。

あれは・・・というのは、あの本物さ・・・のことです。

あの、クオリティと言ってもいいです。

すばぁああらあしいい!

本物の中の本物です。

世界のどこに出しても恥ずかしくない、本物のCAOです。

海外でも、あれだけ美しいCAOは少ないですよ。

あまりにも本物なので、犬舎に行って来ました。

こちらの動画をご覧ください。

https://youtu.be/-P5yp5w725Y

https://youtu.be/rVVdBv2x6F4
Joel - Re:CAO / CASについて 2020/03/21 (Sat) 08:46:46 URL Mail

四国でCAOの子犬が生まれています。

COOLDOGSでは、日本国内の犬や出産情報を紹介することはほとんどありませんが、素晴らしい犬が日本にいる場合は、日本国内の犬たちや出産情報を紹介しています。

この犬舎の犬たちはとてもいいです。

ヨーロッパの有名な犬舎の血統の犬たちです。

ショードッグですから、闘犬のアラバイではありません。

1月1日生まれですから、かなり縁起のいい子犬たちですよ。

2か月と21日経ってますね。

今日は3月21日ですから。

いや、1月末からコロナウイルスで世界が騒ぎ始めて

私は2月初旬にWestminster dog showでニューヨークに行かなければなりませんでしたから、ニューヨークのアパートの予約をキャンセルするべきなのか、アメリカ入国はできるのか、日本に帰ってこれるのか、ドッグショーは開催されるのか、一緒に行きたいとおっしゃっていた日本のクライアントの方はどうするのか、そしてマスクが街中から消えて無くなった。どうしよう。飛行機の中で感染しないんだろうか。アメリカ人のブリーダーにドッグショー会場で会わなければならないけど、本当に来るんだろうか。ニューヨークのレストランでコロナウイルスに感染しないだろうか・・・

という具合に、様々なことを考えなければなりませんでした。

そしてニューヨークから2月中旬に日本に帰ってきたら、3月上旬からCruftsでイギリスに行かなければなりませんでしたから、ニューヨークのときと同じようなことを考えていましたが、事態は時間とともに深刻になっていきましたので、考えなければならないことが多くなっていきました。

そして3月11日に日本に帰ってきましたら、3月17日からアメリカのケンタッキー州のブリーダーの自宅に行かなければなりませんでしたが、様々な都合があって、シカゴから自分一人でレンタカーを運転して行かなければなりませんでした。そして、みなさんご存知の通り、コロナウイルスが世界中に蔓延して、スーパーマーケットでの商品の買い占めが起きて、アメリカでは強奪が起きる可能性があるために銃の売れ行きが通常の6倍になっている。という状況で、私がアメリカに出発する3月17日の午前4時から、アメリカはイギリスからの渡航者も入国禁止にしました。私は3月10日までイギリスにいましたから、まだイギリスを出国して7日間しか経っていません。イギリスからの渡航者の入国を禁止するということは、イギリスを出国して2週間以上経っていなければなりません。

それがわかったのが出発の前日の3月16日です。私のクライアントの方が教えてくださいました。

それで、てんやわんやで、航空会社やレンタカー会社やホテルや訪問先のブリーダーなどに連絡して、10日間くらいアメリカ行きを延期しました。

そしてその1月末からのコロナウイルス戦争の最中も、世界各地から犬は日本にやってきますので、羽田や成田に行かなければなりません。

さらに、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアのドッグショーに出している犬たちがたくさんいますので、その犬たちのハンドラーたちから、24時間、じゃんじゃんメッセージが来ます。ほとんどのドッグショーは中止か延期になりました。

さらにさらにさらに、現在進行中の輸入途中の犬たちが世界各地にいますので、ブリーダーとクライアントと、その話もしなければなりません。

猛烈に忙しいんですよね。

おそらく私だけではないと思いますが。

世界中の人が忙しいんだと思います。

しかし私も猛烈に忙しいんです。

それで、このアラバイの子犬たちの紹介が遅れてしまいました。

成長すると、優しくておっとりしていて、白くて巨大な犬になります。

シロクマ

みんな飼うべきだと思います。

しかし土佐犬と交配しようとお考えの方には販売できません。

あらかじめご了承ください。

アラバイ対土佐犬の動画をたくさん観ました。

そして中国ではよくその戦いをやっていますので、土佐犬もアラバイも両方飼っている人たちに会って話を聞きましたが、「最初の10分間は、間違いなくアラバイのほうが圧倒的に強い」と言います。

私も、何度もそのような動画を観たことがあります。

最初、信じられなかったんですよね。

世界最強だと信じていた土佐犬が、一切、ぜんぜん、まったく、1ミリも優勢になれずに、防戦一方なんです。

しかし10分間過ぎると、アラバイはまるで、大事な用事を思い出したかのように、やる気がなくなるんですよ。

スタミナ切れですね。

不思議なんですが、10分くらいなんですよね。

私が観たすべてのアラバイ対土佐犬の試合がそうでした。

不思議なんですよね・・・

しかし10分間は、ぜんぜんまったく土佐犬がかなわないです。

圧倒的にアラバイが優勢です。

もちろん、日本の本物の土佐犬の横綱と戦わせたらわかりませんよ。

ですから、私が今お伝えしていることだけで、「最初の10分間はアラバイが土佐犬より強いに決定!」と言うのは早計かもしれませんが、私が今までに観た動画と、実際に土佐犬対アラバイの闘犬をやっている中国人は、そのように言っていました。

ですから、それを考えて、この子犬を買って、土佐犬と交配しようなどと考えてはいけません。

この子犬たちは、ショードッグの子犬たちです。

どうしても本物の闘犬のアラバイがほしい方は、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、トルコメニスタン辺りで、本気で闘犬をやってる犬たちの子犬を買うべきだと思います。

ちょっと一回、行って来てみましょうかね。コロナウイルスが落ち着いたら。あの周辺に。

本当は、1年以上前からパキスタンのカラチにブーリークッタを見に行く予定なんですが、テロが頻発していますので、犬だけを送ってもらう予定にしています。

しかしカラチにも行くかもしれません。

コロナウイルスが落ち着かないと無理ですね。

特にイスラムの国は、イラクなどもそうですが、集団でお祈りをやりますから、クラスター(集団感染)が起きやすいですよね。

とにかく!

ちょっとご紹介が遅れてしまいましたが、愛と平和のアラバイの子犬を飼ってみませんか?

くれぐれもお伝えしておきますが、土佐犬と交配させることを目的としている方にはお譲りできませんので、あらかじめご了承ください。

それではみなさん。

失礼いたします。
Joel

Crufts 2020

0 2020/03/09 (Mon) 20:29:14

Crufts 2020

今年もCruftsでバーミンガムに来ています。

日本全国がコロナウイルスで大騒ぎの中

3月4日に日本を出発してきました。

2020年のCruftsはどうなるんでしょうか!

バーミンガムからお伝えします!
Joel - Re:Crufts 2020 2020/03/10 (Tue) 00:51:00 URL Mail

2020年03月04日、バーミンガムに出発する日

生活が乱れていて、朝6:00ごろ寝て11:00ごろ起きるような毎日が1週間ほど続いていまして、まったく眠れずに、そのまま朝5:00ごろ成田に出発しました。つまり、前日の朝起きて、そのまま寝ないで成田に行ったんです。

そしてまずブリュッセルに行って、そこで飛行機を乗り換えてバーミンガムに行かなければならなかったんですが・・

午前11時成田発の便でしたから、もうその時点で、そうとう眠くて体もきつかったんです。

ですからとにかく1秒でも早くバーミンガムに到着したいのに、成田空港の滑走路に飛行機が大渋滞していて、飛行機に乗ってからぜんぜんテイクオフせずに、ずーっと1時間以上止まっていたんです。

そしてようやく出発したと思ったら・・

ブリュッセルに到着するまでの11時間~12時間、ずーっと、私の席の2メートルくらいの斜め後ろの席の子供が泣き叫んでいました。

静かにしていたのは、ところどころ10分~20分くらいで

ずーーーーーーーーっと泣き叫んでるんです!!

しね!!

俺も死ぬ!!

お前を黙らせるためだったら俺も死んでもいい!!

墜落しろ!!

この飛行機墜落しろ!!

と、思っていましたが、ぜんぜん墜落せずにブリュッセルに到着しました。

眠くて眠くてたまらない状態で、ブリュッセル空港の中を、乗り換えのために長距離歩いて

メッセンジャーを見たら、世界中からたくさんメッセージが来ていましたので

それに返信していましたが

頭がもうろうとして、ぜんぜん返信できずに

もういい。知らん。死ぬ。今死ぬ。すぐ死ぬ。

と思っていました。

そして、ブリュッセルからバーミンガムに行くブリュッセル航空の飛行機の座席が、隣に誰か座っている席だということを成田のANAのカウンターで知らされていましたが、「ここでは席を変更できませんのでブリュッセルのブリュッセル航空の出発カウンターで変更してください」と言われていましたので、飛行機に乗る前にブリュッセル航空の出発カウンターで、「隣に誰もいない席に変えてほしいんだけど」と言いましたら、非常ドアの席しか空いてなくて

非常ドアの席は、非常時にCAの手伝いをしなければなりませんから、英語ペラペ~ラの人しか座れませんので、「英語が上手くないんだよ」と言いましたら、「何言ってんの?今英語で話してるじゃない。ぜんぜん大丈夫よ」と係りの女性に言われましたので、そのまま非常ドアの席に座りましたので、「大丈夫かな・・・」と終始落ち着かない状態でバーミンガムに到着しました。

こういう精神的ダメージの一つ一つが疲労となって蓄積されます。

そしてバーミンガム空港でレンタカーを借りて出発しようとしましたら

スマートフォンを車のエアコンの風が出るところに固定する器具がありません。

あれ?

いつもバッグのここに入れてるのに、なんでだ??

どんなに探しても見つかりません。

それで仕方なく、5年前に北京に行ったときに使っていたマスクがバッグの中に入っていましたので・・・

実は、マスクを使い捨てだと知らなかった私は、グレーのスポンジでできているマスクを北京のあと2年くらい使って、そのままバッグに入れていました。

しかも、ときどき裏表逆に付けていました。

つまり、外側だったほうを口に付けてマスクをしていたわけです。

絶対、むしろマスクをしないほうがいいですよね。

そのマスクはスポンジのような素材でできていますから、レンタカーのテレビのようなオーディオに、そのマスクでスマートフォンを巻き付けて、なんとか固定させ、スマートフォンのグーグルマップをカーナビにして行こうとしました。

そして出発したら、出発後100メートルくらいのカーブのときに、スマートフォンが、がんがらがっしゃん!と助手席の床の上に落ちました。

安いレンタカーですから、オートマではなくマニュアルです。ギアを頻繁に変えなければなりません。

しかも、助手席のドアに近い、遠くに落ちましたので、ぜんぜん手が届きません。

それで、右も左も100%完全にわからなくなって

しかも、前からも後ろからもじゃんじゃん車が来ていますし、道路わきに車を止める場所もなくて、どんどん進んでいったら・・・

自分があさっての方向に進んで行っていることさえわからない状態で

右往左往して

空港から10分くらいの距離のアパートを借りていたのに

2時間かかってようやく到着しました。

死ぬ

俺は死ぬ

ただちに死ぬ

3回連続で死ぬ

もう48時間以上寝てません

近所のスーパーで肉と野菜とワインとギネスビールを買ってきて

ステーキを焼いて食べて

ワインを1杯とギネスを1本飲んで寝ました。

もーいや。


飛行機の渋滞
https://youtu.be/kBOc3aX79ds

ブリュッセル空港
https://youtu.be/cRLeW3FLTBI
Joel - Re:Crufts 2020 2020/03/17 (Tue) 12:42:52 URL Mail

Crufts 初日

毎年そうですが、借りてるアパートから自分で車を運転して行きました。

バーミンガムを東西に走っているA45という大きな道路がありますが、そこをいつもの通りに、会場のNECまで運転して行きました。

しかし毎回、あまりにも会場に行く途中が渋滞するので、今回は、時間をずらして、午前10時頃出発しました。

そうしましたら、ぜんぜん渋滞はなかったんですが

いつもは渋滞の最後尾につけて、ただそのあとをずっと進んでいましたので、会場近くの細かい道路をわからなくても到着できたんですが、今回は車がまったくいませんでしたから、自分で駐車場まで行かなくてはならなくて、かなり迷って、ようやく到着できました。

渋滞に巻き込まれて行ったほうがいいのか・・

一人で道に迷いながら行ったほうがいいのか・・

アホな二択を考えていました。

駐車場に到着すると、いつものとおりシャトルバスに乗って会場に行って、いつものとおり人と犬がたくさんいて

あー、今年もCruftsに来たな~

と思いながら会場に入っていきました。

会場の様子
https://youtu.be/4El-JmIgHnU

パピヨンのジャッジ
https://youtu.be/w0pZZOQm9os
Joel - Re:Crufts 2020 2020/03/18 (Wed) 05:04:02 URL Mail

ドッグショー2日目

ネット上でチケットを買っていこうと思いまして、スマートフォンでCruftsのHPからチケットを購入しようとしましたら、「会場で購入してください」と書かれていました。

そして今日は「GUNDOGの日です」と書かれていました。

それで、「今日はGUNDOGの日なんだな」と思って会場に行き、レトリバーのリングに向かいました。

そして1日中レトリバーのリングにいて帰りましたら

イギリス人のコーギーのブリーダーから連絡があって

「どこにいたの?ずっと探してたんだよ!」と言われ

「え??今日はGUNDOGの日じゃないの??」と言いましたら

「いや、コーギーのジャッジもあったけど」と言われて

「ええ??!!」

会わなければならない人だったのに、会わずに帰ってしまいました・・

なんということだ・・

あーあ・・

もういい。しようがない。ギネスを飲もう。

私はギネスビールが好きです。

ご存知の通り、ギネスビールはアイルランドのビールですから、イギリスのスーパーには必ずギネスが売っています。

パブやバーにも必ずギネスがあります。

それでスーパーに行ってギネスを買ってきて飲んでいましたら、ワインを飲みたくなったのでワインを飲んでいました。(赤と白のワインもギネスと一緒に買ってきていました)

そうしましたら、借りてるアパートのグラスが物凄く大きかったので、そのグラスに半分くらいワインを注ぐと、ボトルの半分くらいの量が入ったんですね。それで飲んでいましたら、あっという間にワインを2本飲んで

かなり酔っぱらってしまいました。

そして私は、酒を飲むときだけタバコを吸うんですが

タバコが無くなったので買いに行こうとしましたら

もう午前0時近くだったので、どこも店が開いてなくて、仕方なく、タバコを求めてずーっと歩いていましたら

1軒、大きな一戸建てのパブが開いていました。

そして中からワイワイガヤガヤたくさんの人の声が聞こえていました。

なんか楽しそうだな~❤

行ってみよう❤

そのときは、もうかなり酔いが回っていて、思考回路がクルクルパーになっていました。

そして、そこにいた白人の20代くらいの女の子二人が話しかけてきたので、「一緒に飲もう!」といって飲んでいましたら

何時まで飲んでいたのかわからないくらい飲んでしまって

べろんべろんになって

朝起きたら、一人の女の子が一緒にベッドに寝ていました。

やっべ!!

まったく覚えてない!!

嘘です(笑)

一緒に飲んでいたのは本当ですが、朝起きたときは私一人でした。

しかし起きたら12時近くで

頭がガンガンして

気分悪いな・・・

と思いながら

もう一回寝よう・・

ということで、三日目はワーキングドッグの日だったのに、さぼってしまいました。

まあその日は、会わなければならない人はいませんでしたからよかったんですが、「一番好きなワーキングドッグの日にさぼるとは・・・」と思って、反省しながら

もう仕方ない、今日はバーミンガムの街に行こう。と思って、バーミンガムの中心街に行きました。

そして、「Kyoto」という名前のすし屋さんに入って寿司を食べました。

日本の回転寿司より酷い味でした。

俺は何をやってるんだ・・・

自分の確認不足で会わなければならない人に会えず

気分を変えるために酒を飲み過ぎて

コロナウイルスで世間が騒いでいるときに、満員のパブに行って

白人の女の子にナンパされて、喜んでさらに飲み過ぎて

1年に1回しかないCruftsのワーキングドッグの日をさぼって

こんなクソ不味い寿司を食っておなかがいっぱいになってしまった・・

何かをきちんとやらずに失敗したことで、さらに不真面目な行動を行うと、どんどん愚かな行動をして、愚かな結果になっていく・・・

昨日のパブはまるで愚者の楽園(ぐしゃのらくえん)だった・・・

行動を改めなければならない・・・

と、一人でアパートに帰る車の中で、深く反省したのでした・・・

ゴールデンレトリバー
https://youtu.be/2L-VE6pFnqs

バーミンガムのパブ
https://youtu.be/Ulv3cemMH6A

バーミンガムの中心街
https://youtu.be/U_vlJNW9c68
Joel - Re:Crufts 2020 2020/03/18 (Wed) 05:07:06 URL Mail

Crufts 最終日です。

昨日サボったので、今日は真面目に行かなければならない。と思って、朝早く出ようと思っていたんですが、結局いつもの通り、出発が10時くらいになってしまったので、急いで車を運転して行きました。

そうしましたら・・・

えーと・・・

最終日はどんなことがあったんでしたっけ・・・

もう今日は3月17日ですからね。

3月8日が最終日でしたからね。

そして3月11日に日本に帰ってきて

「日本のドッグショーには行きたくない」と言ってるのに、「どうしても来てほしい」と、私が輸入した犬のオーナーさんがおっしゃるので、3月15日に埼玉県の熊谷のドッグショーに行ったら・・

少数ですが、「なんでYoutube動画を撮ってるんだ?」みたいな冷ややかな目をしているハナモゲラたちがいて

海外のドッグショーなら、どこの国でも、もっとフレンドリーなんですが

日本のドッグショーは精神的カタワな人間たちが多いので行きたくないんですよ。

だから行きたくないと言ってるのに・・・

「動画を撮ってYoutubeにアップしてもいいですか~?」と聞くと

「ダメ!」と言うんですよ。

WestminsterでもCruftsでもWorld dog showでも、1回も言われたことがありません。

「セレブレイトクイーン・デトマソパンテーラ・イグジストノート・セレナーデ・ケンネルのこの私の犬を、お前ごときが撮っていいわけないだろ!」というような、エゴイズムの悪魔にやられたカタワだらけなんですよ。

日本のドッグショーは!

世界のトップブリーダーはそんなこと言いません。

「うん、いいよ❤撮って撮って❤ていうか、もっと積極的に撮って❤」という感じです。

世界を知らない、日本の中途半端な犬関係者が、よくそういうカタワ状態になりがちです。

日本のショー関係者でも、世界を知ってる人たちは、そんなことはありません。

世界にはたくさん良い犬がいることを知っていますし、日本にも良い犬がたくさんいることを知っていますから、自分の犬が特別の特別の特別という具合になりません。

「この私の、スペーススーパーサバイバー、エンゲージリング・ミソスープを撮影するなんて!どこの馬の骨かわからないお前ごときが、頭が高いんだ!」

と、すぐなります(苦笑)

私の、COOLDOGSのYoutubeチャンネルは、世界のトップブリーダー、ハンドラー、ジャッジはもちろん、毎月、世界の60万人の愛犬家が視聴しています(その中で日本人は3%くらいしかいません)

このチャンネルです。
https://www.youtube.com/user/joelcooldogs/videos

ただのド素人の遊びではありません。

また、最近、芸能人のYoutuberが増えたから真似しているわけでもありません。

7年くらい前からやっています。

今回のCruftsでは、ぜんぜん知らないどこの国の人かもわからない人に、「JOEL COOLDOGS !!!」と大きな声で声をかけられました。(JOEL COOLDOGSというのが私のYoutubeチャンネルのIDです)

この下の動画の、アフガンのリングサイドを撮っていたときです。
https://www.youtube.com/watch?v=naWqKbaKmcI

海外ではけっこう人気なんですけどね・・

しかし日本の小さなドッグショーで、「世界中のトップブリーダー、ハンドラー、ジャッジを含めた世界の60万人の愛犬家が観てます」なんて言うと、ビックリするでしょ?

なんか鼻息荒いし

ですから、「個人の趣味でやってま~す❤」と言ってたんですよ。

そうしたら・・

「お前ごときが!」みたいな(笑)

「お前だそれ」と思いましたが、私はほら、「もうすぐ天使になれるよ」と神様に言われている人間ですから、当然、何も言わずに、名刺だけ渡して帰りました。

ちょっとだけ海外とつながると、こうなるんですよね。

自分が特別なような気がして

ものすごぉぉーーーく世界中と親密につながっている人たちは、日本人でもこうはなりません。

逆に普通です。

そしてそういう人たちは、もうすでに私のことを知っています。

海外のいろんなドッグショー会場で会いますからね。

そして私のYoutubeチャンネルもご存知の場合も多いです。

まだその手前で、ちょっと海外から犬を買ったことがあるとか、海外のドッグショーにちょっと行ったことがある。くらいの人がやばいんですよね。

もちろん、その中でもエゴイズムの悪魔に脳をおかされている人だけがそうなるんですが。

ミミガー

ミミガーで目をふさいで

あ、前が見えない!前が見えない!

よちよち歩き

よちよち歩き

・・・・・・
・・・・・・

「なんで急にミミガーで目をふさいで前が見えないとか、馬鹿じゃないの!」って言うんですよね。そういう人たちは。

それくらい、ナンセンスなことをやっている。ということを伝えているだけなのに。

まあいいです。

ていうか、こういうことまで説明してあげる私というのは、やっぱ優しすぎる天使ですよね!

そりゃ、神様に天使に任命されるわ。

しかし私も、ちょっと海外とつながり始めたころは天狗なっていたころがありました。

海外を特別な場所だと思っていましたからね。その頃は。

海外を特別だと思っているので、その特別なものとつながっている自分は特別なんだ。となってしまいます。

ずーっと長年、何度も何度も何度も何度も何度も・・・海外に行っていると、どこの国に行っても普通になっていきます。

また、海外の人間も普通になっていきます。

そうなってくると、自分も普通になっていきます。

普通の所に行って、普通の人と会って、普通のことをしている。ただの日常。

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドに行くのは、ただの日常。

まあいいです。もう熊谷のドッグショーでの出来事は。

もう、極力、日本の、カタワ人間の集まりのドッグショーには行きません。

それと!

今日、3月17日からアメリカに行く予定だったんですが

3月17日午前4時から、アメリカは、イギリスからの渡航者を禁止しました。

私は3月10日までイギリスにいましたから、まだ1週間しか経っていません。

2週間以上経たないと、アメリカに入国できません。

ですから1週間くらい延期しました。

それが昨日わかったんですよ!

もう、コロナウイルスでバタバタですよ・・

まったく・・

来月のスペインのWorld dog showも延期で、行けるかどうかわからなくなりましたしね。

7月9日~12日なんですよ。WDSは。

しかし、私はフィンランドのドッグショーに行かなければならないんですが、7月10日と11日なんですよ。

絶対両方は行けませんよね。

それで、その、熊谷のドッグショーと、アメリカ入国ができないということと、ワールドドッグショーに行けなくなってフィンランドのドッグショー行くということと、ヨーロッパで走らせている犬たちがドッグショー全部中止になって、ハンドラーたちが騒いでいることと、それと、この時期でも海外から犬は日本に貨物で運ばれてきますから、羽田にも成田にも行かなければならないし・・・

言っておきますが、熊谷のドッグショーのこと以外は、すべてにおいて、世界中の様々な人間と、ずーっと今でも毎日24時間、寝たり寝なかったりしながら話していますからね。ドッグショー会場で会わなければならない、いろんな国の人がいますし、犬が日本に来る前も来てからも、ブリーダー&クライアントと話すことは山ほどあるんですから。

それと、上記の項目以外にも、現在進行形で輸入している途中の犬が世界各地にいますから、それらのブリーダーとクライアントとも、ずーっと24時間話しています。

もう、とにかくコロナウイルスで、猛烈に忙しいんですよ!

日程の調整と計画の変更を毎日毎日めんどくせーーー!!!!

ということで、日本に帰ってからの1週間で、いろいろありすぎて、Crufts最終日に何をやったか、何が起きたか忘れました。

最終日のジャッジをご覧ください。

アイリッシュウルフハウンド
https://youtu.be/CliPEiY6vEs

ボルゾイ
https://youtu.be/fK2u_fjHfZI

*日本のドッグショー会場にも、良い人はたくさんいらっしゃいますので、すべての人が悪い人ではありませんから、その点は誤解されないようにお願いします。

むしろ、悪い人のほうが少ないです。

ただ悪い人間のほうが目立ってしまいますので、悪い人間がたくさんいるように感じるだけですから、不必要に日本のドッグショーを拒絶する必要はありません。

私はもう、ジャパンインター以外は極力行きませんが。

しかし、ああいう嫌な人間ばかりはびこってるから、日本のドッグショーに参加する人口がどんどん減ってるんですよね。

ドッグショーを主宰している人間のクソみたいな犬がBOBになったりしますしね。

爽やかじゃない。日本のドッグショーは。

クソ人間とジャッジとの裏取引のない、正々堂々とした、清く正しく美しいドッグショーを開催してもらいたいものです。

「このドッグショーは、純粋に犬のクオリティだけでジャッジされるドッグショーです!!」と開催前に告知してもらいたいですよね(笑)。

そうすれば、多くの人が参加します(笑)。

そして逆に、「このドッグショーは裏取引がありますので、○○さんと○○さんの犬が絶対勝ちますが、それを踏まえて参加してください」と言ってもらえれば、負けても悔しくないし、その○○さんの犬以外の犬種の人たちが安心して参加できます(笑)。

あるいは、ハンドラーさんには申し訳ないんですが

柵の中に犬を入れて、登録番号も犬の名前も誰の犬かも、何もジャッジには伝えずに、ただ単に犬を自由に遊ばせて

1番はこの犬!2番はこの犬!3番はこの犬!

とすれば、いいんじゃないでしょうか。

純粋に犬の良し悪しで犬を選ぶことができます。

ドッグショーというのは、ハンドラーの技術も重要だということはわかっていますが、ハンドラーさんを見ると誰の犬かわかる場合もありますし、有名ハンドラーが引いている犬であれば、犬の良し悪しは関係なく選ばれる場合がありますから、このような提案をしてみました。

まあ、ちょっとふざけて書いているだけですから、本気にして目くじらを立ててはいけません。

こういうことに目くじらを立てるんですよ!

精神的カタワな人間は!

ヤクザだ。ヤクザ。

いちゃもんつけたがり屋。

私は、極力、日本のドッグショーには行かないで、今まで通り、ただ単に世界の良い犬を日本に輸入するだけです。

早くヨーロッパかアメリカに住もう。

日本を脱出したい。

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのハンドラーはたくさん知ってますが、日本のハンドラーさんは顔しか知らないので、日本の良いハンドラーさんがいらっしゃったら紹介してください。

私が輸入した犬のオーナーさんに話して、日本のドッグショーで犬を引いてもらいたいです。

「なんで?日本のドッグショーに行かないと言ってるくせに!」と思われるかもしれませんが、日本のドッグショーに出したいとおっしゃるオーナーさんはいらっしゃいますし、大前提として、私は、たぶん、地球で一番犬が好きな人間なんですよね。

愛してるんです!

ですから、犬がたくさんいるところには、基本的に行きたいんですよ。

行きたいけど行かないと言ってるだけです。

生まれて初めて6歳のとき飼ったビーグルの「ビィ」を、私は今でも忘れていません。

はーーーーー・・・

あの犬のことを思い出すと・・

やはり同じ犬を愛する者同士、愛犬家みんなと仲良くしたいな・・・と思うんですよね・・・

また、全ての人間に母親がいて

「エゴイズムの悪魔にやられている人間も、今までの生きてきた過程で何か様々な出来事があって、今現在は、そのような考えの人間になっているけれども、その人にも母親がいるんだよな~・・・・」と思うと、なんか許したくなるんですよね。

母親は絶対子供を無条件に愛しますからね。

つまり、そのエゴイズムの悪魔にやられている人も、生まれたときから母親に深く愛されていたわけですよ。

つまり愛を知らないわけではない。

そして私と同じ犬という生き物を愛している。

生きてきた過程で、何か猛烈に嫌な出来事に何度も遭遇して、そのような人間にならざるを得なくて、そうなってしまっているだけで、これからの生き方次第では天使になることもあるんじゃないだろうか。

なぜなら愛を知らないわけではないんだから!

と、どんなに悪い人間のことも考えてしまいます・・
Joel

WMD 2020

0 2020/02/15 (Sat) 17:02:34

Westminster dog show 2020

ウエストミンスタードッグショー2020

毎年ニューヨークで開催される、ウエストミンスタードッグショーに今年も行って来ました。
Joel - Re:WMD 2020 2020/02/15 (Sat) 17:13:26 URL Mail

Westminster dog show 1日目

日本では、新型コロナウイルスのニュースが毎日流れていますが、ニューヨークでは、マスクをしている人は一人もいませんでした。

空港職員でさえ誰もマスクをしていません。

ですから私も空港に着きましたら、入国審査のときマスクを捨てました。

あまりにもこのウイルスのことに無関心のようでしたので、「ニューヨークでは新型コロナウイルスのニュースはテレビで流れていないのか、確認しなければならない」と思っていましたが、普段日本でもテレビを観ない上に、ニューヨークの人たちがあまりにもそのことを考えていないような雰囲気でしたから忘れていました。

「普段テレビを観ないのに、なんで日本で騒がれているのを知っているんだ」と言われそうですが、いろんな人が、「変なウイルスが中国から入ってきてるから気を付けて」と教えてくれていましたので、ニューヨークに出発する前にYoutubeでときどき観ていました。

滞在していたニューヨークのアパートにはテレビがあったんですが、一度も点けませんでした。

今回はマジソンスクエアガーデンの近くの安いアパートを借りました。

JFK国際空港からそのアパートまで地下鉄で行きましたが、地下鉄の中も誰もマスクはしていませんでしたし、街の中でも誰もマスクをしていませんでした。

さて、というわけでドッグショー1日目なんですが

1日目はアジリティの競技があります。

これは毎年同じで、Westminsterの1日目はアジリティ競技の日です。

朝アパートを出発して会場に到着するまでの動画を撮影してみました。

アジリティの動画と併せてご覧になってください。

会場までの行程
https://youtu.be/39ftPpdZ2lk

アジリティの日
https://youtu.be/-10iFKiWkGk
Joel - Re:WMD 2020 2020/02/17 (Mon) 06:36:51 URL Mail

Westminster dog show 2日目

今日からビューティショーが行われます。

たくさんの犬たちが美しさを競います。

今年からWestminster dog showはリニューアルされました。

昨年までは、アジリティが1日、ビューティショーが2日間で行われていましたので、ビューティショーは、Pier92と94という二つの会場に分けられて行われていました。

しかしPier92は、Pier94の隣の建物なんですが、二階に会場がありましたので、階段かエレベーターで移動しなければなりませんでした。

その移動のために、Pier92に行く階段は常に長蛇の列で、大変な混雑でした。

また、自分が見たい犬種のジャッジが二つの会場に分かれていると、二つの会場を行ったり来たりしなければなりませんから、ものすごく大変でした。

しかし今年からは、ビューティショーは3日間で行われて、Pier94だけで開催されるようでした。

ですから移動も楽で、リングが違う犬種でもすぐに移動することができました。

いくつかの犬種のジャッジと会場の様子をご覧ください。

また、アブールを会場で発見しましたので、併せてご覧ください。

ウェルシュコーギーペンブローク
https://youtu.be/MpuElogW4QA

ボルゾイ
https://youtu.be/8JhAYUI6Jkw

ブアブール
https://youtu.be/B_iDSWKIx_c

会場の様子
https://youtu.be/-pVbiEIynRY

そのほかの動画をご覧になりたい方は、COOLDOGSのYouTubeチャンネルをご覧になってください。

こちらです。
https://www.youtube.com/user/joelcooldogs/videos
Joel - Re:WMD 2020 2020/02/19 (Wed) 07:13:48 URL Mail

Westminster dog show 3日目

今日は会場がオープンするAM7:30には到着していました。

Westminster dog showでは、朝、ジャッジが始まる前にアメリカ国家の斉唱から始まるんですが、そのアメリカ国家が会場に流れるときにはリングサイドに座っていました。

そして午後は会場を出て、このドッグショーの協賛ホテルであるペンシルバニアホテルのロビーに行って、そこで犬たちを見ていました。

ペンシルバニアホテルは、マジソンスクエアガーデンの目の前にあって、このドッグショーに参加する犬と飼い主、ハンドラー、ジャッジが数多く宿泊しています。

昼間のドッグショーのブリードジャッジはPier94で行われますが、夜のグループ戦と最終日のベストインショー戦はマジソンスクエアガーデンで行われますから、多くの人たちがこのペンシルバニアホテルに宿泊します。

ですからこのホテルの1階のロビーには多くの犬とそのオーナーやハンドラーやジャッジが集まっていることが多く、私も、ここで知り合った人たちがたくさんいます。

私の場合は、「今後の仕事につなげよう」と思って積極的に、いわゆるロビー活動をするというよりも、「魅力的な犬がいたら見たいな・・・そのとき誰かとお友達になれたらいいな・・・」というような気持で、毎日ペンシルバニアホテルのロビーに2~3回行っていました。

2年前このロビーでアメリカ人のハンドラーとお友達になって、今でも交流が続いている人がいます。

この日はナポリタンマスティフを連れている人がいて、私はその犬たちを動画に撮りました。

そしてこのホテルから自分のアパートに帰るとき、マジソンスクエアガーデンの横にオイスターバーがあるんですが、毎日その店の前を歩いて通っていて、私の好きなギネスビールの看板もありましたので、「ちょっと中に入って少し何か食べようかな・・」と、毎日思っていましたので、この日はその店でディナーを食べました。

ですから、ドッグショーのジャッジと、この日の会場の様子と、ペンシルバニアホテルのロビーで会ったナポリタンマスティフと、そのオイスターバーの動画をご覧ください。

スタッフォードシャーブルテリア
https://youtu.be/OQT3fUCERIA

ジャックラッセルテリア
https://youtu.be/u3KtsiSKqEM

3日目の会場の様子
https://youtu.be/LezE-Cw5orU

ペンシルバニアホテルのロビーのナポリタンマスティフ
https://youtu.be/rG3e19-2-9o

オイスターバー
https://youtu.be/tgYp6fC2ZVk
Joel - Re:WMD 2020 2020/03/03 (Tue) 19:48:48 URL Mail

Westminster dog show 4日目

最終日はワーキングドッグの日です。

超大型犬がたくさん出場します。

私は今日も朝7:30までに会場に到着して、会場がオープンすると同時に中に入っていきました。

なぜか今年のニューヨークは毎日雨で、雨ばっかり降っていましたので、ずっと傘を差して行動しなければなりませんでしたから、少々わずらわしかったです。

アメリカ人は傘を差さないんですよね(笑)

知っています。

しかし私は傘を差します。

濡れるのが嫌ですから。

多くの人たちは、ダウンジャケットのフードを頭にかぶって、それで濡れながら外に立っていましたが、私は傘を差していました。

私もダウンジャケットを着ていましたが、傘を差していました。

もちろん、ぜんぜん傘を差している人がいないわけではなく、私以外にも傘を差している人は少数ですがいました。

「アメリカ人はなぜ濡れても傘を差さないのか・・・俺は誰が何と言おうと傘を差すんだ」と思って差していました。

そうしましたら、その日の朝、いつものようにペンシルバニアホテルの前から(実際はちょっとホテルの横なんですが)出ているバスに乗って会場に向かっていましたら、もう一か所ホテルに止まって、そこで人を乗せて、そのバスは巡回してるんですが・・・ですから、会場→ペンシルバニアホテル→もう一つのホテル→会場、という順に巡回してるんですね。(2台のバスで巡回しています)

そのもう一つのホテルで止まったとき、なぜかわからなかったんですが、そのときだけ、「バスを乗り換えてくださ~い」と係りの人に言われて、乗客全員がバスを乗り換えるために、次のバスが来るまで、そのホテルの前で待っていました。

ホテルの前の、ちょうど屋根があるところに立ってたんですが、風もありましたし、車も通っていましたので、上からだけでなく様々な方向から小さいしぶきが飛んで来るわけですよ。

それでそこで傘を差したまま立っていましたら、通りすがりの黒人が、早口&小さな声で、「屋根があるのになんで傘を差してるんだ!!%$&②①$+!!」と言って行きました。

朝早いですし、まだ暗かったですし、起きたばっかりでしたから、最初何を言ったかわからなかったんですが、「う~ん・・・今、なんて言ったんだ・・・」と一生懸命考えていましたら、そのように言っていたことがわかりました。(最後の部分は聞き取れませんでした)

人がたくさんバスを待っていて、屋根のあるところで私が傘を差していましたので、通りにくかったんでしょうね。

若い頃なら、「しね黒んぼ!!ミトコンドリアの生まれたての、毒蝮三太夫がぁ!!」などと、意図的に下品に怒鳴っていたと思いますが

そういうことをまったく言いたくなりませんでした。

ただ野生動物のキツネかタヌキが前を横切って行っただけ・・・というような感じでした。

しかし、アメリカ人は傘を差すことが好きではないんですよね。

その黒人も、フードを頭にかぶり、濡れながら歩いて行きました。

それぞれの国に様々な文化や習慣があって、「なぜこんなことをするんだろうか・・」と思うことがありますが、おそらく私も他の国の人から見ると、同じように思われてるんだと思います。

しかし、「郷に入っては郷に従え」という言葉がありますが、自分が許容できる範囲のことは許容して郷に従っていますが、許容できないことは従う必要はないと思います。

例えば麺類を食べるときに、日本人は「ズルズル」音を立てて食べますよね。私も日本ではそうします。

しかし海外の人たちは、その音が猛烈に嫌なんですね。鼻をすすってる音に感じるんです。

ですから、私は海外で麺類を食べるときは音を立てずに食べます。

また、今回のコロナウイルスの流行で、外にいるときはマスクをしていたかったんですが、アメリカでマスクをしていると、多くの人たちは私を、「今すぐに隔離されなければならない重症ウイルス感染人間」のように思って、とても恐怖を感じます。普段マスクをする習慣がないからです。

ですから私もニューヨークに滞在していたあいだはマスクをしていませんでした。

自分が許容できることは郷に従っていました。

しかし雨が降っているのに傘を差さないのは許容できません。

ですから傘を差していました。

傘を差すか差さないかを24時間お伝えしていま~す☆

というように、ずっと傘を差していましたの話をしていますが(笑)

私は、このような極端な文化風習の違いを感じるとき、「日常とは違うところに来てるんだなぁ」と思って、感慨深い気持ちになります。

傘を差す。と傘を差さない。は、まったく逆のことですからね。

コウモリを食べると、コウモリを食べない。と同じです。

もう、いいかげんに中国の方々は、野生動物を食べない食習慣に変えていただけないでしょうかね・・・

野生動物を食べるから変なウイルスが人間に入ってくるんですよ・・・ブツブツ・・・

なぜか中国では、野生動物を食べると血液がキレイになると信じられてるんですよね・・・

まあ、いいです。

このように、世界がどんどん近くなっているとはいえ、まだまだ文化風習には大きな違いがあります。

・・・ドッグショーのことをぜんぜん話さないまま、終わろうとしています。

ドッグショー最終日はワーキングドッグが出場する日でした。

会場には私の大好きな犬たちがたくさんいました。

会場の様子は動画でご覧ください。

それではみなさん。失礼いたします。

会場の様子
https://youtu.be/CFLxaHGaQ6Q

ロットワイラーのジャッジ
https://youtu.be/H7MakGPW8vw

Joel

フレンチブルドッグ販売情報

0 2020/02/24 (Mon) 16:17:27

フレンチブルドッグ販売情報!

スロバキアの愛犬家からフレンチブルドッグを日本の方に買ってほしい。

という依頼です。

この女性の交際相手は世界的に有名なハンドラーですから、飼っている犬は血統もクオリティも最高です。

この写真のフレンチブルドッグです。みなさんいかがでしょうか?

誕生日は2018年08月19日ですから、まだ1歳半くらいです。
Joel

犬の雑談 2

0 2017/07/10 (Mon) 12:35:48

犬の雑談 2

犬のこともそうでないことも

みんなで話してみましょう。
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/07/10 (Mon) 12:57:51 URL Mail

クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう

この歯ブラシがすげーいーんですよ。いろいろ試したんですが。

それでずっとこれを使ってるんですが。(それと別のメーカーですが、歯間ブラシとフロスも使っています)

2年前、「よし!オレも海外にじゃんじゃん行こう!」と決めて最初に行ったのがニュージーランドだったんですが(まあその前にも海外に行ってた時期はあったんですが、最後にアメリカに行ったのが25歳のときですから、2年前にニュージーランドに行くまで、22年間、海外に行ってませんでした)、それで久々に海外に行ったので、なんか変な力が入ってしまって、なぜか普段使っていないデカい歯ブラシの、しかも「かため」を買って持って行ったんです。普段は小さい歯ブラシを使っているにもかかわらずです。(その頃は、Ora2という歯ブラシを使っていました)

そうしたら、案の定、きちんと歯が磨けなくて、ニュージーランドに行ったのは3泊4日だったんですが、新しく買った歯ブラシでしたから、帰国してからもその歯ブラシを使っていましたら、1か月後に、1か所歯周病になってしまいました。突然、歯と歯の間に、食べたものが詰まるようになったんです。

高校の同級生の歯科医院に行ったら、「これは歯周病。歯をささえる骨が溶けてる」と言われました。

「いやいやいやいや、まだ47歳だぜ。歯周病って何??」

「きとんと歯を磨かないと、年齢に関係なく歯周病になるよ。そしてそのままほっとくと歯槽膿漏になる」

ヤバイ・・・

何か重大な出来事が口の中で起きている・・・

・・・・そのときから、歯ブラシを山ほど買ってきて、1回使っては、「これじゃない!」と言って捨てて、いろいろ試した結果、今使っている、「クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう」に行きつきました。

どこにでもあるホームセンターや薬局で買えます。200~300円くらいです。おすすめです。

使ってみたらわかります。とってもいいです。

小さいので、歯と歯のすき間や、奥歯まできちんとみがけます。

同じ種類の、ちょっと大きいやつもありますから間違えないようにしてください。小さいほうですから。そして小さいものにも似たものがありますが、三角形のような形をしているほうです。もう一つのものは四角い形をしています。とにかく、「クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう」です。

この歯ブラシをみなさんにお勧めしたいのはもちろんですが、私が言いたいのは、海外に行くからといって、何か特別なことをするとよくない。ということです。

歯ブラシはとても重要です。新調するにしても、普段使っているものを買うべきです。

また食生活も重要です。

昨年の12月に、オーストラリアとニュージーランドに行きました。

もうそのときは、2年前のニュージーランドから数えると、たくさんの国に行っていました。

海外に行くことも慣れてきていましたが、「せっかく海外に来てるから、1回、食い倒れをやってみよう」と思って、ずーっと韓国焼肉とステーキばっかり食ってたら、最終2日目の朝から日本に帰ってきて1ヶ月くらいまで、ずーっと水のような下痢をしていました。

別にお腹が痛いということはなかったんですが

それが逆に怖かったんですよね。

なんで痛くもないのに、ずっと下痢してるんだろう・・・と思って。

普段日本にいるときは野菜を食べることが多いので・・・というか、肉が好きに決まってるんですが、健康のために無理して野菜ばかり食べています。

それで、海外に行ったからといって肉ばっかり、しかも、500グラムのステーキなんかをじゃんじゃん食ってたら

もう、自分でも信じられなかったんですが

大げさではなく、最初は5分おきに水のような下痢が出ていました。

今トイレに行ったのにまたトイレ・・・みたいな・・・

そのときハミルトンという町のホテルにいたんですが・・・、ようやく下痢が10分おきか15分おきくらいになってからホテルをチェックアウトして、日本への飛行機が出る国際空港があるオークランドまで150キロくらい自分でレンタカーを運転して行ったんですよ。初めて通る道路で、しかも海外です。一人です。10分~15分おきに猛烈な便意が襲ってきます。

そして途中でカーナビが狂ってしまって、カーナビの言うとおりに行ったら・・・走らなければならない高速道路のわきの、農道のような細い道に連れていかれて、そこはすぐ目の前が行き止まりだったのに、「100キロまっすぐです」と言うんです!!

何回もカーナビを再起動しました。

住所も何回も入れなおしました。

しかし、何回やってもその同じ場所に帰ってきました。

このオンボロナビ!

5回くらいその同じ場所に帰って来たとき

1時間くらい猛烈に便意を我慢していましたが

「知るか!ボケ!」と思って、そこからはずっと垂れ流しながら運転していました(笑)

マジですからね(笑)

一線を越えると私は、「知ったことじゃねーゼ」になります(笑)

ただ一つ良かったのは、おなかのものは、さんざんホテルで出し切っていましたので、ただ水のような液体が出ていただけでした。

ですから、クサイ臭いはなかったです。

ただ、もう、お尻から太ももまでビッショリですよ。

車のシートもビッショビショ。

それから、wifiも何もない草原の中で、「昨日見たGoogleの地図だと、おそらくあっちのほうだな・・・」というただのカンで進んでいきました。

そうして、何度も通っているオークランドの近くの高速道路に来て、「ああやっと着いたぁ」と思いました。

150キロの距離を3時間半くらいかかっていました。ずっと高速道路があるにもかかわらずです。

通常なら、1時間半くらいで到着します。

日本に帰って、何度も病院に行きましたが、ウイルスも細菌もなく、何も問題ありませんでした。

医者も理由がわからないと言ってました。

友達の医者にきいたら、「食べ過ぎるとそういうことになることがあるけど、1ヶ月も続くのはわからん」と言ってました。そして、「人体は不思議だらけで、現在の医学ではわからないことだらけだ」と言ってました。

やっぱりそうか・・・まだ2017年だからな・・・と思って一人で納得していましたが。

とにかく、海外に行ったからといって、極端に普段と違うことをすると、大変なことになります。

これをみなさんに本当に注意していただきたいです。

体に関することは、あまり極端なことをしないほうがいいです。

まあ、海外に行くと、やはりその土地の美味いものを食べたいですよね。

しかしやり過ぎて体長を壊すと、何もできなくなりますよ。

ニュージーランド最終日、オークランドで楽しもうと思ってたのに、次の日の朝まで、ずーっとホテルの部屋から出られずに、帰りの飛行機の中でも、ずーっと30分おきにトイレに行ってました。

みなさん海外に行くときは注意してください。

あんまり普段と変わったことをするのはやめましょう。

歯ブラシは、「クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト ふつう」をお勧めします。
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/10/06 (Fri) 09:55:10 URL Mail

みなさん、ブアブールご存知ですよね?

南アフリカ原産のガードドッグです。

南アフリカは危険ですからね・・・

-------------------

・・・毎年8月下旬、ヨーロピアンドッグショーが、ヨーロッパのどこかの国で開催されます。昨年2016年はベルギーのブリュッセルでした。

ブリュッセル最高でした・・(なつかしい・・)

グランプラスという場所があって、最高に素晴らしかったです。

今年はウクライナのキエフでした。

キエフは治安が悪いから注意しなければならない。という出発前の話しでしたが、ぜんぜん問題ありませんでした。普通です。普通。

そのキエフで開催された今年2017年のヨーロピアンドッグショーですが

ドッグショー会場で珍しい犬を発見しました。

ブアブールです!

バリケン700の中に入っていました。

動画を撮ってくればよかったんですが、あまりにも動画を撮り続けていて、ちょっと休んでいたときに出会ったんですね。しかし、今度から、そういうときも撮影するべきですね。いつも日本に帰ってから後悔するんですよね。「あれも撮っとけばよかった・・」というふうに。

それで、そのブアブールなんですが。

たぶん、60キロ~70キロくらいありました。

かなり大きかったです。

それで、その飼い主と少し話したんですが

その飼い主が言ったことに衝撃を受けました。

「あのさ~、知ってると思うけど~、ブアブールは~、ヨーロッパの土佐犬をアフリカに連れて行って作られたんだよ~♪」

って言ったんですよ!!

「マジでぇぇ!!??」

「そ~だよ~♪知らなかったの~♪」

その飼い主は、私が最初に、「何この犬??スゲ~!!カッコイ~!!」と言って、興奮して話しかけたので、少し気分がイイ♥というような様子で、嬉しそうに話していました。

みなさん!!

よろしいですか!!

ブアブールは土佐犬から作られたんです!!

多くの日本人が今まで、「ブアブールは土佐犬に似てるよね~」と話していましたよね。

その謎が解明されました!!

ヨーロッパに送られた土佐犬をアフリカに連れて行って作ったのがブアブールです!!

新発見ですよね!!これ!!

俺が初めて日本に伝えた!!いえ〜い!!♡( ˆoˆ )/

また調子にのると、小池百合子みたいになってしまうので、謙虚さを忘れてはいけません。

それで!

今まで日本では、ブアブールは、「ヨーロッパのマスティフ系の犬をアフリカに連れて行って、アフリカの土着の犬と交配して、ライオン狩りやガードドッグのために作られた犬種である」ということになっていました。しかし、ヨーロッパからアフリカに連れて行かれたのはただのマスティフ系の犬ではなく、日本からヨーロッパに送られた土佐犬だったんです!!

そりゃあ、土佐犬に似てますよね。

いや、土佐犬に似てるというか、それはもう土佐犬じゃん!

なぜなら、土佐犬だって今でも他の犬種と交配していますから、土佐犬をアフリカに連れていって、以前からアフリカに住んでいた強い犬と交配してブアブールを作ったとしても、それはもう土佐犬だと言ってもいいくらいです。

ですから、ブアブールは土佐犬なんですよ。

まあ、本当に戦ったら土佐犬のほうが強いと思いますけどね。

じゃあ土佐犬じゃないじゃん!

まあ、厳密に言うと違うけどぉ、ときどき土佐犬、ときどき違う。みたいな。

ブアブールはガードドッグですから、体も太らせてますから・・・・ガードドッグというのは、見た目に迫力があったほうがいいですからね。人間も体のデカい黒人なんかをガードマンにしている場合がありますが、実際に本当に戦いに強い格闘家は、そんな黒人のガードマンと比べると、服を着たら痩せて見えますからね・・・・ですから、実際に戦ったら、ブアブールより土佐犬のほうがはるかに強いと思いますが。土佐犬の血が入っていますから、攻撃性がありますよね。体がデカくて土佐犬の顔をして攻撃的なんですから、ガードドッグとしては、むしろそちらのほうがいいのかもしれません。

アメリカのピットブルもガードドッグとして飼われる場合が多いですが

アフリカのブアブール。アメリカのピットブル。こういう犬をガードドッグとして飼う人間がマフィアやギャングのような人間の場合が多いので

いやいやいや、マフィアやギャングに襲われる一般の人間が飼わないと意味がないだろ。と、いつも思うんですよね(笑)。

まあ、マフィアやギャングは、他の組織の人間に攻撃されたり、警察が来たときのために、ガードドッグを飼ってるんでしょうけど。

しかし、一番、ガードドッグが必要なのは一般の人たちなんじゃないか・・・と、いつも思うんですよね(笑)

しかし一般の人たちは、そんな犬好きじゃないんですよね~

ジャックラッセルテリアくらいしか飼わないんですよね~

ジャックラッセルテリアを馬鹿にしてるわけではありませんよ。

今、攻撃的なテリア種で、一般の人が飼いそうな犬種で、一番最初に思い浮かんだ犬を言っただけです。

社会の中で、泥棒ばっかりが自分の家のセキュリティにうるさい、みたいな感じがするんですよね(笑)「ちゃんと戸締りしろって言っただろ!!」などと自分の家族に言っている泥棒・・・みたいな・・・(笑)

ブアブールやピットブルを飼うのは、むしろ一般の人であるべきなんじゃないか。

一般の人でも、特に力の弱い人や、女性の一人暮らしや、優しさだけで生きている人や、完全菜食主義の人や・・・なんか、強盗が襲ってきても、横を向いて、手をバタバタさせて、「えい!えい!」などと言いそうな人が、ブアブールやピットブルを飼うべきだと思いますが、そういう人は、チワワを飼ってしまうんですよね~

まあ、完全菜食主義の人は、勝手なイメージだけで言ってますから、本当は、完全菜食主義の人の中にも、マイクタイソンのような人がたくさんいらっしゃると思いますが。

まあいいです。

とにかく!

ブアブールは!

日本からヨーロッパに送られた土佐犬をアフリカに送って作られた!

という真実が明らかになりました!

衝撃の事実ですよね!!

それではみなさん、また、貧乏なエコノミークラスで海外に行って、隣の部屋の音がそのまま聞こえる貧乏な安いホテルに宿泊して、新しい海外の面白い犬の話しを仕入れてきます。

失礼します。

あ~そ~いえば・・

今回のキエフのホテルなんですが・・

ヨーロピアンドッグショー2017のスレッドのどこかで話したと思いますが・・

隣の部屋の声や物音がそのまま聞こえるようなクソボロいホテルで・・

そのくせ30階建てくらいの高層ホテルだったので、これ、たぶん、地震が来たら完全に倒壊して、俺以外は全員死ぬな・・・と思っていました。

私はほら、とってもイイ子だから、神様が助けてくださいますから、地球が爆発しても死なないと思っていますが・・・

そんなアホなことはいいんです。

そのホテルに宿泊してるときに

毎晩、隣の部屋のSEXの声で目が覚めてたんですよ~(苦笑)

まあ、一回、話しましたからね。

詳しくは、このユーロドッグショー2017の秋田犬の動画をご覧ください。

秋田犬を見ながら休憩していたときに、ずっと、ブツブツぼやいています(笑)

最初、別の話しをしていますが、ずっと観ていると、SEXの話しも出てきます。

https://youtu.be/jg_gWv27gFQ
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/10/26 (Thu) 21:16:36 URL Mail

お友達のヨーロッパのブルマスティフ。

いいでしょ?

いいですよね~

この人が、アメリカ系ブルマスの最高の犬舎のカナダ人ブリーダーの彼女です♥

今年の6月に私はこのカナダの犬舎に行きました。

この写真はヨーロッパですし、彼女はヨーロッパに住んでるんですよ。

私が行ったのはカナダの彼氏のほうの犬舎(自宅)ですけど。彼女のほうとも仲良くなって、今はお友達です。

愛してるよハニ~・・♥

わたしもよ・・♥

と、ずーっとfacebookのメッセンジャーで話してたんですよ。

私の目の前で。

いや、別にいいんですよ。嫌じゃなかったんですが。

15分おきくらいに電話するし、かかってくるんですよ。メッセンジャーで。

そしてそのあいだに、インド人のこの犬舎のブルマスファンの男性から15分おきに電話がかかるので

ものすごく頻繁に、ずーーーーっと電話で話してるんですよね~

それでもかなり幸せな楽しい時間でしたが。

その彼女がこの女性です。

ちょっとこの写真は、犬をメインにした写真なので、彼女自体は、ちょっと写真写りが悪いですが、本当はもっとキレイな女性です。

しかし犬はいいでしょ?

ここのブルマス最高ですよ。

全部、そのカナダの彼氏の犬の血統です。

出産情報のスレッドに紹介している生後6か月のブルマスの子犬は、ここの子犬です。

どなたか買われませんか?

素晴らしい犬ですよ。
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/12/01 (Fri) 08:36:44 URL Mail

先日・・・

第二空港線という、私たちの地域では、まあまあ広くて交通量もそんなに多くない、車の運転がやりやすいキレイな道路を運転していました。(私は日常的にこの道路を運転します)

そして、ヨーロッパからある犬種を輸入しようとして、今、180日間のボーディング中の依頼者の方から携帯電話に電話がかかってきました。

私のスマートフォンの着信音はこれです。音を最大にしていますから、ものすごく大きく聞こえます。

https://youtu.be/hk2OFGFRnvI

はあはあはあ・・

あ~今、このYoutube動画をアップするの、すげ~大変でした・・

何が大変だったかは今から説明します。

この着信音は、「スーサイドスクワッド」という、海外のヒーロー漫画やヒーロー映画の悪役を集めて、地球を侵略する悪い生き物をやっつけるという映画で使われていた曲なんですが、昨年、ニュージーランドから日本に帰るときに、飛行機の中でこの映画を観ました。

そこに、「ハーレイクイン」という、バットマンの敵のジョーカーの彼女が出てくるんです。もちろんジョーカーも出ています。このハーレイクインが、敵がいるビルにみんなで侵入したとき、敵がいますから、みんな、静かに、少しずつ、上の階に階段で上がっていこうとしているときに、一人だけ、エレベーターで派手にじゃんじゃん上がっていくシーンがあるんですが、このシーンと、バックに流れている音楽が、すげ~カッコイイと思ったんですね。この音楽は、私が若いころに流行った曲ですから、もちろん知っていましたが。

このシーンです。
https://youtu.be/Jq0LbL2ytzQ

まあ、長い映画の中でのワンシーンですから、このシーンの動画だけ観ても、「フ~ン」という感じだと思いますが、2時間くらいある映画の中で、様々なことがあって、映画の終わりに近い頃、このシーンがあったので、すげ~カッコイイと思ったんですね。

それで!

もともとの音楽は、K7の「Come Baby Come」という曲なんですが、だらだら長いんですよ。

これです。
https://youtu.be/5zVYYiAf_dg

それで!

着信音になるように、自分で編集したんですよ!

その編集するのに!

まず、Youtubeから、「come baby come」をダウンロードするのに、ソフトをダウンロードして・・・・そのソフトも、使用するのが難しかったりすると、別の新しいソフトをダウンロードして・・・となるので、何度もアンインストールしたり、ダウンロードしたりを繰り返して、その度に、Web上で調べなければなりません。どれが使いやすいか。説明を読まなければなりません。

そしてYoutubeからダウンロードしても

動画を音楽ファイルに変換しなければなりません。

そのソフトもダウンロードして、それをやって・・・これも、さっきのソフトと同じで、使いにくかったら、アンインストールして、またダウンロードしての繰り返しをやって、やっと完了したら、今度は、音楽ファイルを、自分の好みのところで切って、つなげる、編集をやるソフトを見つけなければなりません。これが、また前の2つのソフトより時間がかかって、ダウンロードしたあとの編集も、自分の好みのところで切りたいんですが、0.1秒ズレるだけでおかしな音が入りますから、何度も何度も繰り返しているうちに、とにかく7時間くらいやってたんですが、とうとう終わらずに、次の日になって、次の日も5時間くらいやって、ようやく自分の好みの着信音が完成したんですが、今度はそれをi phoneの着信音にしなければならないんですが、i phoneは、ほかのアンドロイドのスマートフォンと違って、めちゃめちゃ面倒なんですよ、着信音を設定するのが。

まず、i tunesというソフトをパソコンにダウンロードして、そこにその着信音を入れて、そして、i phoneは、40秒しか着信音が設定できないので、40秒に切って、それからi phoneをパソコンにつないで、i tunesからi phoneに音楽を移動させるんですが、私のパソコンが、なかなかi phoneを認識できずに、きちんとつながらないんですよ。

もうもうもうもうもう・・・

絶対俺はやるんだぁ!と言って

2日がかりで、ようやくやったんですよ。

それで、ようやく自分のi phoneの着信音を、自分で作って、設定できたんですが。

今日、その着信音を、みなさんに紹介するために、Youtubeにアップするために・・・今、2時間かかりました・・・

まず、パソコンに保存しておいたこの着信音は、MPEG4という音楽ファイルだったんですが、これをMP4という動画のファイルにしないとYoutubeにはアップロードできません。

そして、MPEG4は、ただの音楽ファイルですから画像がありませんから、画像がある動画を自分で作らなければならなくて・・・・

もういいです。

とにかく、それをやって、今、2時間くらい、猛スピードでずっとやってました。

着信音は本題ではないので、本題の話しを早く始めなければならないと思ったので、休みなく急いでやっていたら、かなり疲れました。

それで出来上がったのがこれです。さっきも紹介しましたが。
https://youtu.be/hk2OFGFRnvI

それで、はあはあはあはあはあ・・・と言ってました。

そして、まだ本題に入っていません。

今から本題に入ります。

ですから、その車の運転中に、犬の輸入のクライアントの方から電話がかかってきたわけですよ。

それでこの着信音が鳴りました。

ものすごく大きな音でこれが鳴ると、自分で作った着信音ですから、ちょっと嬉しいし、好きな曲ですからまた少し嬉しいし、しばらく聞いていたいんですが、電話をかけている人は待っていますから、電話に出なければなりません。

しかし車を運転しています。

しかしまあ出ますよね。

仕事の電話ですから。

「はいもしもし」

「あ~ど~も~!〇〇で~す!」

「あ~ど~も!こんにちは~!」

「あの~、次回の送金のことなんですが~」

「あ~すみませ~ん!今、運転中なんで~。あとでかけなおしま~す!」

この、「あ~すみませ~ん!今、運転中なんで~。あとでかけなおしま~す!」という言葉を言いかけたとき・・・・ですから、この言葉はまだ言っていませんでした。

そのとき!!

目の前に警察官が二人道路をふさいで出てきたんですよ!!

「チッ!あー・・・間違いなく電話だ・・・」

すぐ助手席に電話を置きましたが

もうダメですよね。

横の道に誘導されて

ゾロゾロ別の警察官が数人出て来ました。

私は、ものすごく不機嫌な様子で

「なあんや?」と言いました。

「今、携帯電話の画面を見ましたよね!!」

「見たらなぁんやぁ?」

「現在の日本の法律では、車の運転中に携帯電話の画面を見ただけで法律違反になります!!」

私は、新しい靴でカカトにマメができていたので、靴を脱いではだしで運転していましたので、靴を履いて外に出ようと思って、ドアを開けようとしたんですが、警察官が、ドアの2cm前にいますから邪魔だったので

「ドオけぇ!!!ハナモゲラがぁ!!!」と言いました。

そして、ドアを開けて、いつも車に積んでいる靴ベラを使って靴を履いて、車の外に出て

「仕事の電話がかかってきてぇ!!今、運転中ですから、あとで電話します!!と言おうとしただけだろうが!!それさえもまだ言うとらん!!2秒か3秒電話に出ただけだぁ!!ミトコンドリアの生まれたてがぁ!!!」

「携帯電話の画面を見ましたよね!!」

(いや、見ただけじゃない。何を言ってるんだ)と思って

「見たよ!!見たし!!電話に出てぇ!!「運転中ですからあとで電話します」と言おうとした!!ただそれだけ!!あー!!!わかった!!!じゃあ!!!見ただけじゃなくて、電話に出て話したから、俺は大丈夫だろ!!!」

最初に警察官が出てきた時点で、もう何を言ってもダメだとわかっていましたが、これから、ずーっと切符を切られる最後まで警察官に怒鳴っていました。

「電話に出るのはもっとダメです!!」

(わかってる。そんなこと。わかってることをあえて言ってるんだ)

「しね!!!今すぐしね!!!そして二度と生まれてくるな!!!ずーーーっと電話で話しながら運転してる奴を捕まえろぉ!!!ホセ・ロドリゲスがぁ!!!仕事の電話がかかって来たからぁ!!!「運転中なんであとで電話します」と言おうとしただけだぁあ!!!」

ホセ・ロドリゲスというのは、ただ単に、そのとき思いついた面白そうな名前です。

「運転中に携帯電話を見るのは、別のところに意識を向けられるので、とても危険な行為です!!」

「じゃああ!!!スピードメーターも見られんだろぉ!!!!前方以外どこも見られん!!!!助手席もシートも何も見られん!!!!危ないからぁ!!!!じゃあ、車は全部スケルトンにしろぉ!!!!ド根性ガエルのかけらの細胞の一粒がぁ!!!!!」

私の場合、そんなに電話なんてかかってこないので、車の運転中に電話がかかってくること自体がほとんどないので、たまたま運転中にかかってきた電話で、しかも、「運転中ですから」と言ってすぐ切ろうとしていたところに警察官が出てきたので、とても理不尽な目にあって、ナンセンスなことで法律違反だと言われているような気持ちだったので、こちらも、ナンセンスで出鱈目なことを言ってました。

「運転中に携帯電話の画面を見てはいけないと法律で決まっています!!」

「国民の生命と財産を守るのが法律で警察なんじゃないのかぁ!!!!お前たちは今、俺から罰金と言って金をむしり取ろうとしてるじゃないかぁ!!!!2秒か3秒電話で話しただけでぇ!!!!ヤクザより悪いお前たちわ!!!!ヤクザでもそんなことは言わん!!!!」

「車検証を見せてください」

このとき、マジでローキックしようかな・・・と強く思ったんですが、絶対、公務執行妨害と傷害の現行犯で逮捕されますから、猛烈に我慢したんですが

日馬富士(はるまふじ)なら、リモコンで、ガシガシ殴ってますよね。

警察官の頭を割りますよ。

そして、ヤマダ電機に行って、ヤマダ電機のすべての電化製品のリモコンをトラックに積んできて、一つのリモコンが壊れたら次のリモコンという具合に、永遠に、朝青龍か旭鷲山(きょくしゅうざん)がモンゴルから止めに来ない限り、殴り続けるでしょう。

私も、マジで、車にリモコンを積んどくべきだった、と思いました。

マジで、リモコンで地球を割ろうかと思いました。

{リモコンだったら殴ってもいいと思っているなぜか}

罰金6000円でした。

ふざけてますよね。

ずーーっと電話で話しながら、右車線を、ノロノロノロノロ走ってるヤツいるじゃないですかぁ!!

あいつらを取り締まるべきですよね!!

みなさん

車の運転中は、携帯電話の画面を見るだけで法律違反だそうです。

車の運転中は、携帯電話が鳴っても、電話に触れてはいけません。

警察官が道路に飛び出してきて、とてもムカつきますよ。

警察嫌いだわ~

警察を好きになる方法を誰か教えてもらえないでしょうかね。

だって、どんなに嫌いでも、そこらじゅうにうじゃうじゃいますよ警察官は。

ですから、当然私も含めてですが、人間という生き物が、完全なる100%純粋な清らかな善い生き物になればいいんですよ。

そうして、犯罪なんてこの世にない。という社会になれば、警察なんて必要ありません。

いつかそうなるかもしれません。

10億年後くらいには、そうなってるかもしれません。

私も、警察官に、ハナモゲラとかロドリゲスとか、ずーーっと、終始、わーわー言ってましたので、日馬富士的激怒状態になるのは、ちょっと反省しなければならないと思いました。

まあ、面白半分に怒鳴ってただけで、最初から、何を言っても切符を切られるのはわかっていましたので、些細なことで警察に捕まったストレスを発散したいのと、この全体のすべてがバカバカしい人間の営みに感じるので、最初から最後までをコントみたいにしようと思ってわーわー言ってたんですが、あまりにもデカい声で、ずーっとわーわー言ってましたので、近所の人たちがたくさん集まってきていました。

こうなると、私は、みんなを楽しませなければならないと思ってしまうので、さらに、わーわー言い始めます。

そして、私が、わーわー言ってるときに、また新しい車が捕まってきました。

「ほら見てみろぉ!!!またあの人も、「運転中なので切ります」と言っただけで捕まったかわいそうな人だぁ!!!」

「違います。あの人はスピード違反です」

(にゃんて???)

(スピード違反も取り締まってたのかお前たちわ??)

この道路は時速60キロ制限の道路です。

ここだけの話しですが、私は、時速100キロでブッ飛ばしていました。

前を走っていた軽自動車のオバちゃんが、右車線をノロノロ走ってたので

「巨大化して、太平洋に投げ捨てるゾ!」と心の中で叫びながら、左車線からビュ~ンと抜いて行って、そのまま、時速100キロくらいで走っていました。

巨大化して・・・というのは、私の体を強大化させて・・・という意味です。そして投げ捨てるというのは、巨大化した私の手で、そのオバちゃんの車をつかんで、太平洋に投げ捨てる。という意味です。

「なんやぁ??!!!オレは100キロで走ってたのに、なんでスピード違反で捕まらないんだぁあ!!!!その人はスピード違反で捕まって、俺が捕まらないのは不公平じゃないか!!!!」

と、一瞬、言ってみようかな。面白そうだな。と思ったんですが、いや、これは絶対言っちゃダメだ。40キロオーバーのスピード違反で捕まったら大変だ。と思ったので、また、携帯電話に話しを戻して、ギャオギャオ、ずーっと怒鳴っていました・・

う~ん・・・

もしスピード違反で捕まっていたら

60000円くらいの罰金だったかもしれない

それが6000円ですんだということは、不幸中の幸いということなのか・・

そして、ずーっと、わーわー言って、警察に捕まったストレスを発散した私は

損をしたのか得をしたのかわからない微妙な気持ちになりましたが、やっぱり理不尽でナンセンスな国からの暴力を受けたような気持ちでしたから、「全員しね!」と捨て台詞を残して、トコトコトコ~っと、その場を立ち去ったのでした・・

えいめん・・♰
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/12/09 (Sat) 22:29:12 URL Mail

今日、初めて日本のドッグショーに行きました!

楽しかった!

また明日も行きます!

福岡の・・・なんでしたっけ・・・

え~と・・・

ちょっとまたGoogle Mapで調べます。

今日20回くらい見てるのに、名前を覚えられない・・

覚えようとしてないから・・ということもありますが、なんか難しい名前なんですよね。

嘉麻市稲築屋内球技場 !!

今Google Mapを見ました(笑)

きまし・・いなつきおくないきゅうぎじょお・・・

わからん・・・

読み方がわからないので、ぜんぜん覚えられない・・

またここでドッグショーが開催されると、またここに来なければならないので覚えたいんですけど

またいつか覚えます。

今、私は、福岡市内のホテルに泊まっています。

明日もこの嘉麻市稲築屋内球技場に行きます。

ですから早起きしなければならないので寝ます!

今日撮影したビデオをご覧になってください。

どなたか存じ上げませんが、良いグレートデンがいたので撮影させてもらってきました。

今日は、午後2時半ごろ到着しましたので、もうショーが終わりかけていましたので、明日、早起きして行きます!

日本のドッグショーも面白いですよ。

みんな行くべきだと思います。

面白いというのは、ただ単に犬がたくさんいるから私にとっては面白いんですが・・

それと、世界のビッグなドッグショーにはかなり行ってますから、やっぱり目がデブッチョ(目がこえてきたという意味)になってきてるので、世界のトップの犬たちと日本の犬たちを見比べて、日本の犬たちが世界基準と比べてどうなのか。一人で、「うんうんなるほど・・」と思いながら見ているのが、かなり興味深いです。

日本の犬でも、世界のビッグなドッグショーに出場してもぜんぜんOKな犬がたくさんいました。

そういう部分を見るのが、とても面白かったです。

動画をご覧になってみますか?

こちらです。

https://youtu.be/2_uLmqSyfXs

https://youtu.be/9-d27HJCWUk

それと福岡のホテルで、ずっと何かボヤいていました。しかし、世界各地のたくさんのホテルに宿泊してきましたが、この福岡のホテルが一番イイです。まあ、今まで宿泊したホテルの中で、ニューヨークで泊まったホテルの次に高額ですからね。そりゃイイに決まってますよね。今日は土曜日で、福岡のホテルがぜんぜん空いてなかったんですよね。今日の朝、急にこのドッグショーに行こうと決めたので、今日の朝10時くらいからホテルを探し始めましたから、私にはもったいないこんなイイホテルになってしまいました。それと、ものすごい早口で落ち着きなく話していますが、朝から何も食べてなくて、腹が減り過ぎていたので急いで何か食べに行きたかったのと、「このホテルの駐車場は無料だと書いてあったじゃないか!」とHOTELS.COMに電話したかったのと、近くの美味いレストランをGoogle Mapで急いで探したかったのと、この日、ヨーロッパを出発して成田に向かって空を飛んでいる犬がいたので、その話しをヨーロッパのその犬のブリーダーとペット輸送の会社と東京のその犬の依頼者の方としなければならなかったことと、インターナショナルチャンピオンにするために、別の日本の依頼者の方の犬を、ヨーロッパのドッグショーに2頭出していて、その日がCACIBのショーだったので、その結果をハンドラーと話したかったことと・・・・様々なたくさんのことを今すぐやりたかったので、落ち着きなく機関銃のように喋っていました(笑)ホテルに到着してすぐ、ホテル到着時のホテルの部屋を報告したくて、スーツケースも開けてない状態で、すぐに撮影し始めましたからね。ですから、めちゃめちゃ急いでいました。ビデオを観ると、気持ちがソワソワするかもしれません(笑)

https://youtu.be/RmpqSFIExpU
Joel - Re:犬の雑談 2 2017/12/13 (Wed) 09:53:37 URL Mail

福岡のドッグショー2日目

2日目は朝早く行こうと思ってたんですが、忙しくて、ホテルの中でパソコンに向かっていましたら、ホテルをチェックアウトして会場に到着したのが午後12時くらいになってしまいました。

ホテルから会場まで1時間くらいかかる場所だったんですね。私のホテルは福岡市内の中心地にありましたが、会場は嘉麻市というところでした。

前回の話しをご覧になった方で、私がホテルの中で急いで落ち着きなく話している動画をご覧になった方はわかると思いますが・・・・落ち着きなく話していたのは、急いでやらなきゃいけないことが山積みだったからです。その日にヨーロッパのドッグショーに出場させている犬が2頭いて、ハンドラーと日本のオーナーの方と話さなければならなかったこと、次の日にヨーロッパから成田空港に到着する犬が、まさにそのとき空を飛んで日本に向かっていて、ヨーロッパのペット輸送の会社とブリーダーと日本のその犬のクライアントの方と話さなければならなかったこと、その日、朝から何も食べてなくて、急いで何か食べたかったこと、その食べるためのレストランをGoogle Mapで探したかったこと、ホテルに着いたばかりで、パソコンを出したり、すべての準備をしたかったこと、そして、Hotels.comというサイトからホテルを予約したんですが、駐車場無料と書いてあったのに、実際は1泊1000円だったことをHotels.comに電話しなければならない、と思っていたこと・・・・これらを今すぐ全部やりたかったんですね。それで、急いで、慌てて動画で話していました。

これです。
https://youtu.be/RmpqSFIExpU

その中で、「駐車料金が無料だと書いてあったのに1000円だった」と、しきりに言ってます。それは、2~3分前にフロントで、そのことを話していて、自分の部屋に到着してすぐ動画を撮影したからです。しかし、この駐車料金1000円が、ドッグショー2日目にまた出現しました。

当然ですが、このドッグショーは、まったく同じ会場で、まったく同じ場所で行われてたんですよ。

それが!

私が2日目に到着したら

係りの男性が会場入り口に立っていて

「満車ですから入れません」と言うんですよ。

いや、その男性のすぐ横に、1台車が止められるスペースがきちんと空いていました。

それで、「そこに空いてんじゃん」と言ったら

「そこに止めると他の車が出られないんです」と言うんですよ。

「いや、出られるよ」

どう見ても出られるんですよ。何も問題ありません。

「いや、出れないので、もう満車ですから入れません」と言います。

そうこうしてるうちに他の車がやってきました。

その車たちとその男性が話しているうちに、私は勝手に車を会場内に入れて、その空いているスペースに駐車しました。絶対他の車も移動できるし何も問題ないと確信していたからです。

そしてしばらくして、またその男性が来て、「もうしようがないな・・」といった様子で、「じゃあななめに入れてください」と言うので、ななめに車を駐車して、ジャッジが行われている会場の建物に向かおうとしたら

「駐車料金1000円です」と言うんですよ。

昨日はそんなこと言ってませんでした。

それどころか、入り口に誰もいませんでした。

まるで、私を会場に入れさせないようにしているかのようです。

そして!

昨日は、私は、会場の中にズー〜ッと車で入っていって、メイン会場の建物に隣接した、メイン会場の入り口のすぐ横の駐車スペースが一つ空いてたので、そこに車を止めたんですね。

空いてましたから。

別に何も考えずに止めました。

スーパーマーケットに買い物に来て、空いていた駐車スペースに車を止めるような感覚でした。

そうしたら!

その昨日私が車を駐車した場所は、他の車でいっぱいで、それらの車のダッシュボードには、「関係者車両」という札が置かれていたんです。(あとで会場の建物の前まで歩いていったらわかりました)

昨日はそんなものはありませんでした。

どう思いますか?(笑)

まるで

私が、昨日、この関係者だけしか駐車することができないスペースに車を止めていたので、それが気に入らねぇ。ということで、「関係者車両」という札を出して、満車だと嘘を言って会場に入れさせないようにして、さらに、誰かが私のこのサイトを見ていたから、突如、「駐車料金は1000円」と言い始めた。みたいに感じますよね!!(笑)このスレの前回のコメントを見てください。ドッグショー1日目が終わって、ホテルに到着してから、その日の出来事をここに書いて、駐車料金1000円の話も激しくしていましたから。同じ動画を紹介して。

有名人は困るぜ~(笑)

私ぐらいになると、ほら、すぐ人々が反応しますよね(笑)ガハハ(笑)

ですから、私は、会場の外に車を止めて、中に入っていきました。

別に、大都市のど真ん中で行われているわけではなかったですから、会場の外は、駐車スペースだらけなわけですよ。

そして、会場の外といっても、会場内の一番入り口に近い車から、20メートルくらいしか離れていません。すぐそこなわけですよ。

それから、その係りの男性は、私が会場に入ってしばらくしたら、ドッグショーが行われている建物の中に入ってきて、会場入り口の仕事は行っていませんでした。

私のためだけにいる男性だったんですね(笑)

私ぐらいになると、こういうことが起きますからね~(笑)

有名人は困るゼ~(笑)

ウソウソ(笑)

そんなことは思ってません。

みんな大人ですから、関係者の駐車スペースに、知らずに駐車したからといって、そんなに怒ったりはしませんよね。

まあ、ちょっと、「知らない人間が駐車するのは困るから、関係者だけの駐車スペースだとわかるようにしよう」と思われただけでしょう。

それに、本気で私を締め出したいなら、「今日のドッグショーは、犬を出場させている人とその関係者しか入れません」と言いますよね。

その入り口にいた係りの男性が、「会場の外なら(車を)止められますよ」と教えてくれたんですから。

ですから、変なふうには思ってません。

ただ、突如、駐車料金を1000円だと言い始めたのは不思議ですよね。

見えない悪魔の伝書鳩が、私のホテルの部屋の中にいて、そこから飛んで行って、ドッグショーの主催者が寝ているときに、耳元で、「明日のドッグショー会場の駐車場は、料金を1000円取りなさい」と言ったとしか考えられないですね!(笑)

こういう不思議なことが起きますからね(笑)

まるで、人々が裏工作をして、私を困らせようとしているように感じる出来事が、ときどき起きます。誰にでも起きるんだと思います。

しかし、そんなことあり得ないじゃないですか!(笑)

日本のドッグショーに初めて行ったのに。

一人、知ってる女性に会いましたけど、他の人は誰も知らないんですから。

不思議ですね(笑)

その係りの男性も、おそらく、私が到着したのが午後12時くらいでしたから、昼ご飯のために会場の建物に入って来たんだと思います。

まあいいです。

それで!

2日目のドッグショーも1時間くらいで帰ったんですが、動画を撮りましたので、ご覧になってください。

ヘタクソな英語で話していますが、動画をご覧になっている海外の人が、いつもいつも、「何言ってるのかぜんぜんわからない。英語で話してくれ」と、Youtubeにコメントするんですよ。たくさんドッグショーの動画をアップしてますからね。ですから英語で話さないといけないんです。すみません。私がYoutubeにアップしている犬の動画の99%の視聴者は海外の人です。まあ、たぶんみなさんそうなんでしょうけど。

これです
https://youtu.be/x1G72PfZtHQ

日本のドッグショーに初めて行ったんですが、楽しかったです。

機会があったらまた行きます。

ただ、ちょっと気になることがあって

あの~

小学校の運動会あるじゃないですか

そのとき、校長先生や来賓の人が座る本部席みたいなのがありますよね。真ん中に。

ああいうものがあったんですよ。

なんでしょうかね、あれ。

海外のドッグショーでは見たことがないんですよね。

いや、別に、海外と同じにする必要はありませんが。

なんかねぇ

校長先生が、ただ微笑ましく、愛をもって子供たちを見ているのではなく、何者かに「監視されてる」みたいに感じたんですよね。私だけかもしれません。初めて見たから。

それがちょっと違和感がありました。

ああ、ベストインショーのとき、ベストインショーのリングには、ど真ん中に関係者だけの席がありますね。海外のビッグなドッグショーでも。あれかもしれないですね。

ああ、あれだ、たぶん。

今、気づきました。

しかし、なんか監視されてる感があります(笑)

俺だけかな・・(独り言)

しかしまあ、犬がたくさんいるし、犬を見れるのが楽しいですよね。

それだけでいいです。

あ、また思い出した!

海外のドッグショーは、パーティのような感じで楽しそうなんですが、日本のドッグショーは、そこにいる人たちが暗くて、なんかギスギスしてるような雰囲気がありました。

実際はわかりませんよ。みんなものすごくパーティな気分でいたのかもしれません。

しかし私にはそう見えませんでした。それが少し気になりました。

しかし、犬がたくさんいるので、基本的に私は楽しいです。犬が死ぬほど好きなんですから。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/01/01 (Mon) 08:16:52 URL Mail

あけましておめでとうございます!

本年も、COOLDOGSをよろしくお願いいたします!

いや~

2018年が明けましたね!

みなさんは如何お過ごしでしょうか!

ここをご覧になってくださっているすべての方が、最高に幸せになるように祈っています。

少しの幸せではありません。

最高の幸せになるように祈っています。

今、2018年1月1日の午前8時なんですが。

私は、今、日本赤十字病院から帰ってきました。

実は・・・

昨日の12月31日昼頃から突然・・

風邪のような症状が酷くなってきて、夜になると一段と酷くなり、笑ってはいけないアメリカンポリスを観て・・・まだ終わってなかったんですが途中で寝ました。完全に睡眠状態に入ったのは、年が明けて1月1日の午前0時30分くらいだったでしょうか。

それで眠りについて1時間後・・

なんか目が覚めたんですね。

そうしたら息が苦しいわけですよ。

喉がせまくなって呼吸ができなかったんです!

空気が入ってこないんですよ!

もちろん、ぜんぜん入って来ないわけではありません。

少しは入ってくるんですが。マジで少しなんです。

喉が、ひゅーひゅー言っているだけで、ぜんぜん空気が肺に入りません。

苦しい!

マジで死ぬ!

なんだこの死に方は!

すげ~苦しい!

俺はマジで今から死ぬかもしれん!

・・・いや、本当にそう思ったんです!

救急車を呼ぼうと思ったんですが

1月1日の1時30分ですよ。

新しい年が明けてすぐです。

近所の人が迷惑すると思いました。年が明けて間もない厳かなときに、その空気を乱したくないと思いました。そして、そんなときに救急車がサイレンを鳴らして来たら、そうとう恥ずかしいと思いました。

ですから自分で運転していきました。

なんですかね。あれ。年末年始は事故を起こしたくないと思ってるからですか??わからないですが、みんな相当ノロノロ運転するんですよ。時速100キロ以上で全部抜いて日本赤十字病院に行きました。

そして救急車が入る場所に自分の車で入って行って

警備員に止められて、「どこに行くんですか??!!」と言われ

「死ぬ!!死ぬ!!」とだけ言って

救急車が入るところに特別に入れさせてもらって、そこに自分の車を止めて、救急病棟に入っていきました。

マジで死ぬと思いました。

喉がせまくなって、呼吸ができないんですよ。

窒息死ですよ。

別に、食べ物のアレルギーなんてありません。

それに、カキなどのアレルギーの出るものを食べたわけではなく、豚肉、鶏肉、白菜、シメジ、長ネギ、厚揚げ。これだけの材料の鍋を食べただけです。

病院の受付で

「死ぬ!!死ぬ!!呼吸ができない!!」と言って

そこからは、てんやわんやの大騒ぎですよ。

医師一人と看護師5人くらいが、よってたかって、私の体にいろんなものを付けていきました。酸素マスクをつけられたり、血圧を定期的に自動で測る機械を付けられたり、体内の酸素量を測るものを付けられたり・・・様々なことを猛スピードで行われて

今度は、血を採取されたり、注射を何本も打たれたり、点滴をされたり、CTスキャンされたり・・・

そのときが午前2時くらいです。

午前7時には、私は回復して帰宅しました。

医師の診断は、「おそらくアレルギーですが、風邪の症状があったということは、気管支炎の可能性もあります」という曖昧なものでした。結局、あんまり原因がよくわからないということです。

しかし、5時間くらい点滴をしていたら良くなりました。

しかし1月1日ですよ。

しかも、新しい年になって1時間くらいしか経ってないんですよ。

私は、自分の最近の行動を思い出していました。

12月14日~28日までルーマニアに滞在していましたが

みんなから大歓迎され、たくさんのブリーダーやハンドラーを紹介され、危険だから自分の車の運転で行ってはいけないとルーマニアの友達に言われていたクルジュナポカに何も問題なく往復できて、しかもレンタカーはタダ同然の低価格でした。つまり、何もかもすべてがうまくいったわけです。

それで私は、何か自分が特別で素晴らしい存在であるかのように意識して思っていたわけではありませんが、意識していなくてもそのような心の動きになっていたのかもしれません。オゴリですね。驕り。

それによって原因不明の不幸な出来事が起きたに違いないと思いました。

私は、自分に起きる全ての不幸は、自分の間違った考えと行動によって起きていると思っています。特に、このような原因不明の病気なのかなんなのかわからないような体の不調は、すべて間違いなく自分の間違った考えと行動によって起きていると思っています。

人生が上手くいってるときこそ謙虚にならなければならないと、あれほど小池百合子が教えてくれたのに

なぜそこから学ばないんでしょうか!!

私は、元旦早々、深く反省したのでした・・

なんという年明けでしょうか。

信じられないですよね。

1月1日の朝、死ぬと思ったんですよ!

いや、朝じゃないです。年明け直後です!

本当に死ぬと思ったんですから。

しかも、呼吸ができなくて、酸素が入ってこなくて死ぬんですから、そうとう苦しい死に方ですよ。窒息死です。

あ~苦しかった。

私は、しっかり自分の考えを反省して、考え方と行動を正しくしなければならないと思いました。

そして災い転じて福となす年にします!

あ〜苦しかった・・

う~ん・・

しかし、なんか年明け早々、ドタバタしている・・

幸せのドタバタならいいんですが

本当に死ぬと思いましたからね。

喉がせまくなって、最悪のときは、空気が5%くらいしか入ってこなくなったんですよ!

あ~マジで、死ぬと思った~!!

それで原因がよくわからない・・・

ですからこういう場合は

苦しんで、本当に死ぬんじゃないかというような鬼気迫った気持ちになって、一人で病院に行って、大嫌いな注射を何本も打たれたり、体を触られまくられて、面倒で嫌な思いをして、さらに金まで取られて、さらにそれが年明け早々で、最悪の気持ちになる。というプロセスが必要なんですよね。その嫌な思いを味わって、初めて、自分の間違った考えと行動が清算されるということです。しかし自分の間違いに気づかなければ、こういうことが年がら年中続きます。

ですから、とんでもない酷いことをやったり、とんでもない悪い考えを持っていると、とんでもない不幸なことになりますよ。

う~ん・・

しかし、今年がどんな年になるのか・・

非常に興味深いです・・

年明け早々、こんなに反省させられると、間違いなく、とんでもない幸せがやってくる予感がしますよね(笑)((ヾ(∀´* ) うひゃひゃひゃひゃ!!



Joel - Re:犬の雑談 2 2018/01/17 (Wed) 12:19:19 URL Mail

土佐犬に純血種はいないのか??

一般の日本人の方々は、「土佐犬」と聞くと・・

あからさまに嫌な顔をされるか

「土佐犬」=「普通ではない人」「ヤクザ」「暴力行為」「野蛮人」「様々な被差別的な人々」「ケンカ好き」「動物虐待」「無条件で拒絶すべき人間たち」「犬をケンカさせているキチガイ野郎ども」

このようなことを想像する人も多くて、Youtubeに、僕がアップしている土佐闘犬の動画に、とても見るに堪えない言葉で罵ってくる人がたくさんいます。

う~ん・・・

まあ、気持ちは理解できないわけではありません。

僕も最初土佐闘犬を、きちんと闘犬会場で観たときは、「こんな野蛮なことを現代の日本でやってるんだ・・」と思いました。

もう今では完全に慣れてしまいましたが。

しかし一般の日本人の方々は、とても嫌がる方もたくさんいらっしゃいます。というか、嫌がる人のほうが多いです。というか、嫌がる人がほとんどです(笑)。

多数決でルールが決められる民主主義社会では肩身が狭いですね・・

ですから、あんまり派手にリアルな土佐闘犬の動画をYoutubeにアップすると、本気で、「土佐闘犬廃止」などと言って、国会で騒ぎ始める国会議員が出てくるのではないか・・と思って、闘技中の土佐犬の動画はすべて削除しました。

僕としましては、本物のリアルな土佐犬と、その闘技を世界の人々に紹介したくて、Youtubeに、そのまま編集なしで土佐闘犬をアップしていました。

本当のことをそのまま見せて、そのあとは、それぞれの人が感じるままでいいと思ったからです。

しかし一部の、闘犬のことを何も知らない無知な、ただ単に闘犬は嫌だといって拒絶する偽善者たちが、あまりにも騒ぐので、これは、このままほおっておくと、本当に国会で審議されたら、「闘犬禁止法」ができてしまう可能性がある。と思って、すぐにすべて削除しました。

単に犬だけしか映っていない動画は残してありますが。

先進国で闘犬が法律で禁止されていない国は日本だけですからね。

しかし!!

今回は闘犬の土佐犬ではなく、ドッグショーの土佐犬についての話しです。

みなさんは、ドッグショーで土佐犬を見たことがありますか?

僕はたくさん見ていますが、すべてヨーロッパのドッグショーです。

日本のドッグショーには1回しか行ったことがないので、今年から日本のドッグショーにも頻繁に行こうと思っていますが。

土佐犬は日本の犬なのに、日本のドッグショーに土佐犬はいませんよね。

なぜなのか!!??

ヨーロッパのドッグショーにはたくさんの土佐犬が出場しています。

そして土佐犬のブリーダーもたくさんいます。

ほとんどの人がFCIの血統書がある土佐犬を飼って繁殖しています。

しかし日本にはJKCの血統書のある土佐犬なんて、ごくごくわずかです!!

おかしいじゃないですかぁあ!!

日本にはほとんどFCIつまりJKCの土佐犬はいないのに

なんで海外にはFCIの土佐犬がたくさんいるんですか!!??

日本原産の犬なのに、海外にはたくさんいて、日本にはほとんどいない???

どういうことなんだ!!

と思いますよね。

先月、2017年12月にルーマニアに行って、土佐犬ブリーダーに会ってきました。

その人は女性で、ルーマニアケンネルクラブの関係者で、ヨーロッパのドッグショーのジャッジもやっています。真面目な人です。

その人が、どうしても土佐犬の子犬を日本から買いたい、とおっしゃるので、その人の自宅で一緒に食事しながら、その場で日本に連絡しました。

僕の数少ない関東のお友達で、イングリッシュマスティフと土佐犬を90頭くらい飼っている人です。

信じられないですよね(笑)。

イングリッシュマスティフと土佐犬を90頭ですよ!!

日本でですよ!!

あり得ないです!!

海外でもあり得ないです!!

火星でしかできません。

しかも、地球の誰よりも早く、NASAよりも早く、自分の自家製ロケットで火星に行って、「ここは自分の土地だぁ!!がははぁぁっ!!」といって火星を独り占めして火星に住んで、火星にある、地球にないなんらかの物質を地球に輸出して大儲けしている人じゃないとできません。

イングリッシュマスティフと土佐犬を90頭ですよ!!

まあいいです。

何度も同じことを言っていますね(笑)。

いや、何回聞いても信じられないんですよね(笑)。

まあ、本当のことなんですが、本当のことが信じられないことなんですよ。

しかも、僕の愛犬のロットワイラーをあずかってもらっています。

あまりにも僕が頻繁に海外に行くので、どうしても一人では飼えないんですよね。

結婚するしかありません。

結婚したら、奥さんが留守中犬の面倒を見れますけど、一人で飼っていると、毎回、誰かにあずけなければならなくて、ずっと弟にあずけてたんですが

ものすごく嫌がられるんですよね・・

ロットワイラーって・・

力加減を知らないし・・

ギャオギャオ吠えるし・・

訪問者を噛もうとするし・・

まあ、多くのモロシアン系の犬種に言えることですけどね。

一般の人は嫌がります。

ロットワイラーをあずかるなんて。

しかし、やはりイングリッシュマスティフと土佐犬を90頭も飼っている方は違いますね。

「ぜんぜんノー問題です」という感じでした。

しかし、だからといって、僕は、「この人は、ロットワイラーをあずかっても、ぜんぜん平気な人なんだ。じゃあ俺も何も気にしないようにしよう」などとは思っていません。

絶対、何か恩返しをしなければならないと思っています。

まあいいです。

それで!

この方にルーマニアから連絡したんですよ。

facebookで。

すげ~便利ですよね。facebookは。

もう世界中の誰もが使っています。

犬の連絡は、毎日facebookでいろんな国の人たちと話しています。

それで、ルーマニアにいながら、すぐに日本から返事がきました。

いろいろ調べてもらったんですが

「現在の日本ではJKCの土佐犬は絶対買えません」

「「とさいぬ保存登録協会」だけが可能ですが、知らない人なので、やってくれるかどうかわかりません」

ということでした。

う~んんん・・・

むむむむむむ・・・・

これはむずかしい・・・

僕も日本の土佐犬事情は知っていますし、この「とさいぬ保存登録協会」の存在は知っていました。

「よし!!それなら、高知の土佐闘犬センターから子犬を買おう!!それが最後の手段だ!!あそこの犬は、その、とさいぬ保存登録協会の犬なんだ!!」

といって、そのルーマニアの土佐犬ブリーダーに伝えましたら

「土佐闘犬センターは無くなったわよ」と言われました

・・・・・にゃんて??・・・

・・・・・うそでしょ??

・・・・・あの土佐闘犬センターが無くなった・・・

まだ行ったこともないのに

いずれ行くから、まだそんなに慌てなくていい

俺が行くときは、満を持して行くのだ!!

と思っていたら・・

土佐闘犬センターが無くなった・・

JKCの土佐犬を買えないことよりも、そっちのショックが大きくて

かなり落ち込んでいたら

あまりにも僕がショックを受けているので

一緒に行ってた友達のニューファンブリーダー(女性)から

「なんで日本人がルーマニア人に土佐犬のことを教えられてるの??(笑)」

といって笑われていましたが

それに反応することさえできないくらいショックで

そうだったのか・・・

と、愕然としていました・・・

それでしばらく10分間くらいルーマニアで落ち込んでいて

二人のルーマニア人女性との会話が上の空だったので

「よし!これはいかん!」と思って

なんとか、JKCの土佐犬の子犬を買う方法を考え始めました。

それで

「本当はダメなんだけど。まず、土佐犬の成犬のオスとメスを日本に送って、JKCに登録して、メスと日本の良い土佐犬と交配して、ルーマニアから送ったオスとメスを交配したことにして、メスを妊娠させたら、またルーマニアに送り返そう。そうしたら血統書は偽物だけど、新しい血統は手に入るじゃん。あるいは、日本から土佐犬の子犬をルーマニアに送るから、その犬は血統書はないけど、その犬が1歳過ぎたらここのメスと交配して、別のオスと交配したことにすれば、新しい血統だけは手に入るじゃん。血統書は偽物だけど。それしか方法はないよ」と言いましたら

「私はルーマニアケンネルクラブの関係者なのよ。それにドッグショーのジャッジなのよ。その私が不正はできないわ!」

と言いました。

「う~ん。なるほど。よく言った!それでこそ日本犬を愛する人間にふさわしい」と感心しましたが

不正な方法を言った自分が少し恥ずかしくなりました。

しかしほかに方法はない・・

と考えていたら・・

その、「とさいぬ保存登録協会」の代表の方の名前を教えてくれて、「この人に連絡して」と言われました・・・

そして日本に帰ってから、その方に連絡しました。

そのあとのことは、またいつか話します。

しかし今現在、とても重要で、とてもおかしな矛盾していることは、海外にはたくさんの土佐犬愛好家がいて、たくさんのFCIに登録されている土佐犬がいて、多くの人が日本の土佐犬をほしがっているんだけど、日本にはFCIに登録できる土佐犬がいない。という状況です。

闘犬の土佐犬は無数にいますよ。

しかし闘犬の土佐犬はいろんな犬種を混ぜますから、ミックスなんですよね。

雑種です。

数年前にこのCOOLDOGSのBBSでも出産情報を掲載した土佐犬とプレサカナリオの混血の土佐プレサは、今、名犬横綱になりましたよ。あのプレサは凶暴でしたからね。

このように

土佐犬はピットブルと同じで雑種ですから、JKCでは純血種として認められないんですよね。

しかし、ヨーロッパではたくさんの土佐犬が、ドッグショーに出ています。

僕は、ヨーロッパでたくさんの土佐犬を見るたびに、「日本の土佐犬には、もっと良い犬がいる」と、いつも思っていました。

そして今までに、どれだけの海外からの土佐犬の問い合わせがあったでしょうか。

数えきれないくらい・・・いや、数えきれないくらいは大げさですが・・・たくさんありました。

しかし、毎回、「日本の99%の土佐犬には血統書はありませんよ」と言うと

「フフン(笑)」と鼻で笑われて

「も~。いい加減なことを言うなよ~。血統書のない犬なんているわけないじゃん(笑)」

と言って、しばらく僕の話しを信じないんですよね。

それで、冗談はやめろといって怒る人もいますが、僕が本気で言っているのを知ると、100%全ての人が、「じゃあいいよヨーロッパかアメリカから買うから」といって断ってきます。

ですから、今までたくさんの問い合わせが海外からありましたが、中国の本気で闘犬をやってる人には土佐犬を送ったことがありますが、まだ1頭もJKCの血統書のある土佐犬を海外に送ったことはありません。

柴犬は、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアにたくさん送っています。

しかし土佐犬は・・・

血統書がないんですから送れないですよ。

いや、送れますよ。送るだけなら。

しかしFCIに登録できません。JKCの血統書がないんですから。

今、アメリカ、ヨーロッパでドッグショーに出場している土佐犬たちは、すべて日本から送られた犬たちから繁殖されたものです。

その最初に送られた土佐犬は、すべて日本の闘犬です。

ですから全部今の日本の土佐犬と同じ雑種なんですよ。

今日本にいる土佐犬と同じ雑種の土佐犬が送られたんですから。

それを海外の人間は誰も知りません。

じゃあ、なんでそのときは、JKCはその土佐犬たちに血統書を発行したんでしょうかね。

そしてなんで、今は、JKCは日本の土佐犬に血統書を発行しないんでしょうか。

不思議ですね。

途中で、「やっぱ土佐犬に血統書出すのやめよう」と、考えが変わったとしか思えません。

しかし、とにかく、今まで海外に送られた土佐犬たちも、今日本にいる土佐犬たちと同じ土佐犬なんですから、血統なんて、どんな犬が入ってるかわかりません。

ずっと遡ると、犬を飼ってる人たちでさえ知らないのが当たり前です。

土佐犬は強ければいいんですから。

それに、強さを求めて、勝負に勝たなきゃいけないんですから、他の人には本当の血統を言わずに、ウソの血統を言う場合だって数多くあるはずです。

ですから、今いる海外の土佐犬のFCIの血統書の血統なんて全部ウソですよ。

そんなこと僕が言わなくても、土佐犬の関係者ならみんな知ってますよね。

闘犬なんですから!

どんな犬と交配したかなんてわからないし、本当のことを言わない場合だってあるんですから。

2代くらい前までなら、本当のこともあるかもしれませんが、それ以上上の世代まで全部血統書の通りです、なんてあり得ないです。

みんないろいろ混ぜて作るんですから。

それが土佐犬です。

土佐犬は強いことが求められていて、美しさなんて求められていない!!

ですから

「この犬は、何が混ぜられているかわからないけど、この犬を理想の土佐犬として、この犬が初代土佐犬」という犬を何頭も探して認定して行って、その犬たちをJKCで認めてもらって、その犬たちから、JKCに登録できる土佐犬をじゃんじゃん繁殖して作っていくしかないんじゃないでしょうか。

ですから、初代土佐犬は、1頭や2頭ではいけません。せめて30頭くらいは必要です。理想的には100頭くらいいたほうがいいですけど。

そして、この土佐犬は、とても美しくて、形もとても土佐犬っぽくて・・・という犬を全国から選んで

それから、土佐犬のスタンダードを作らなければなりません。

理想的な土佐犬とは、このような土佐犬です。というマニュアルが必要です。

そのマニュアルがスタンダードです。

そのスタンダードは、すでにFCIにはあるのかもしれませんが、それは20~30年前に日本からじゃんじゃん送られたウソの血統書の土佐犬たちをもとに作られたものですから、日本のJKCと土佐犬に詳しい人が一緒になって理想の土佐犬のスタンダードをもう一回作るべきなんじゃないでしょうか。

いや、しかし、もしかしたら、最初にFCIで土佐犬のスタンダードを作るときに、JKCの関係者や土佐犬の関係者も関わって作ってるのかもしれません。その場合は作り直す必要はありません。

しかし、これだけ海外に、日本の土佐犬がほしい人がいるのに

日本にはFCIの土佐犬はいないんですから。

海外の人は誰も信じないですよ。その話をいつも。最初のうちは。

「土佐犬は99%雑種なんだ」と言うと

「うそ~ん(笑)。何言ってんの?(笑)たくさんいるじゃん世界中に。FCIの土佐犬が。日本にいないわけないじゃん(笑)ていうか、日本には無数にいるはずだよ。きちんと探してくれよ」

と、全員、一人残らず言います。

土佐犬は、今や、日本を代表する犬種で、子犬をほしがる人が世界中にいて、ブリーダーも愛好家も無数にいます。

この事実は変えることはできないどころか、これからもっと過熱していきます。

そのとき

「日本には血統書のある土佐犬はいません」と言い続けるのでしょうか

土佐犬を好きな人は日本人だけではありません。

これだけ日本国内で嫌われている土佐犬は、むしろ海外のほうが人気があるかもしれません。

SNSが普及している現在、世界中の人たちが、毎日、日本の土佐犬愛好家のところにメッセージを送っていると思います。

日本人は、いつまで、「日本に血統書のある土佐犬はいない」と言い続けるのでしょうか。

これだけ和を大切にする日本人が

世界中の愛犬家のリクエストをいつまで無視し続けるのでしょうか。

日本の土佐犬は今、大きな岐路に立たされていると思います。

https://youtu.be/xKJy30YTBY4

https://youtu.be/5JuZxQc-5tk
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/01/26 (Fri) 20:00:32 URL Mail

え~と・・・

今日は2018年01月26日です。

さっき、ちょっと実家に用事があって実家に帰っていました。

そして洗面所に行って鏡を見たら・・・

えええ???

あれええ???

なんじゃこりゃああああーー!!!!(松田優作)

・・・・・

・・・・・

・・・・・昨年

2月にニューヨークのWestminster dog show2017に行って、ニューヨークの人ゴミの中に自分がいたとき

自分が、何の変哲もないただのアジア人のような気がして

パンチ力をつけるために髪を金髪にしました。

まあ、本当は、もっと、なんていうか・・

世界的な発見をするとか

何かで優秀な成績をおさめるとか

そのような形でパンチ力をつけるべきなのかもしれませんが

2~3年前から、「俺も金髪にしてみようかな・・」と軽く思っていたので、「イイ機会だな」と思って、日本に帰ってきてから金髪にしてみました。

しかし自分でやったんですね。

1回目は美容室でやりましたが、そこでやり方を教えてもらって、2回目からは自宅で自分でやっていました。

ブリーチというものを使って。

ブリーチというのは、黒い髪が、できるだけ白い色に近くなるようになるのが理想なんですが、なかなか白くならず黄色くなります。ですから1回につき3回くらいやっていました。毎月。

そして本当は、ブリーチで髪の毛を白い色にして、そこから好みの色に染めるんですが、僕は、ただブリーチで色を落としただけの状態にしていました。

それでもまあ金髪だったんですね。

そうしたら

それからどこの国に行くときも、入国審査で、「パスポートと顔が違う」と言われて、ものすごく時間がかかるんですよ。毎回、どこの国に入国するときも。

そして、入国したあとも、知的に問題のありそうな、ただ威張っている軍曹みたいな係員が、「荷物を見せろ」といって、ニヤニヤした様子で、トランクを開けさせて、「これはなんだ?」「これはなんだ?」といっていたぶるように荷物検査をやるんですよ。

それで、「わたしは仏教の僧侶だ」と言うと

今度は、毎回、青天の霹靂(へきれき)みたいな顔になって

あわわ。あわわ。となって、すぐ通過できるんですが

もう・・・

とにかく大変なんですよ。

それで

「ちょっと黒に戻してみようかな・・」と思って、黒に戻してみたんですよ。2週間くらい前に。

そうしたら!!

今日、実家の洗面所で鏡を見て気づきました。

かあああんんんぜえええんんんにいいい

ハゲてるんですよ・・

明らかに40%くらいの髪の毛が無くなっています。

自分の髪なので自分にはわかります。

ブリーチを使うときに一番痛かった、頭の前のほうが一番薄くなっています。

明らかにブリーチのせいです。

10ヶ月くらいだったんですが、毎月、3回~4回くらいを1日~2日でやっていましたからね。

気が遠くなるくらい、頭皮が激痛だったんですが

猛烈に我慢して、痛みに耐えながらやっていました。

はーーー・・・・

そうしたらハゲました・・・・

「ギャツビー」の「EX・ハイブリーチ」という商品です。

これを使うと、頭皮がどうにかなるくらい痛いんです。しかし一番髪が白くなるんです。これが。

市販のブリーチで髪の色を落とそうとしている方

絶対やめたほうがいいです!

30代くらいまでならいいかもしれません。

40代以上の方はやめるべきです。

僕は50歳です。

たった10ヶ月で、髪の毛だけが20年くらい年を取りました。

髪の毛が元の60%の量になったんですから。

ハゲますよ!!

絶対やめたほうがいいです!!

ここをご覧になっている方で、もし万が一、自分も市販のブリーチで髪の色を落とそうなどと考えている方がいらっしゃいましたら、今すぐにやめるべきです。

アメリカ人なら絶対ギャツビーを訴えますよ。

ハゲてるんですから。明らかに。

髪の毛が60%になったんですから。

5億円くらい賠償してもらいたい気分です。

くそ~

髪の毛は弱酸性なんですよね。

よくCMで「弱酸性ビオレ♪」などと言ってますよね。あれはボディシャンプーかな・・・よくわかりませんが、髪の毛は弱酸性です。絶対。たぶん。「絶対」と「たぶん」は真逆とも言える意味の言葉なので同時には使えないと思いますが、いいです、今は。

その弱酸性の髪に、毎月、3~4回、猛烈な強アルカリの液体を塗りたくって、サランラップで覆って、1回につき30分、猛烈な痛みに耐えながらほっておくんですから。そりゃハゲますよね。

僕はハゲました。

完全なるハゲになります。

時間の問題です。

僕の父親は髪の毛がフサフサです。多すぎるくらいです。

しかし母親の父親、つまり僕の母方の祖父は、完全なるハゲでした。

髪の毛が1本もないツルツルのハゲでした。

普通の皮膚と頭の皮膚の境がありませんでした。

ヒザの皮膚と頭の皮膚の違いがわからないですよ。そこの部分的な写真を見せられたら。

僕は髪を自分で金髪にしたために、僕の祖父と同じになります。

黒に戻して気づきました。

金髪だとよくわからないんですよね。

よかった~黒に戻して。

しかしみなさんは絶対真似してはいけません。

「俺も金髪にしてみようかな・・」と思っている方、今すぐやめてください。

ハゲますよ。

あ~あ・・

余計なことしなければよかった・・

なんとか10か月前に戻らないでしょうかね・・

それで!!

「やっべ!!」と思って

自宅に帰る途中で、ホームセンターによって、育毛剤を買ってきました。

ホームセンターの育毛剤でいいのか!!

と、みなさんがおっしゃりたい気持ちはよくわかります。

しかし、今すぐに何かどうにかしたいと思ったんです!!

これからきちんとネットで探して、地球上で一番イイ育毛剤を買いますよ。

中国の漢方や、なんやかんや、とにかく髪を育てる最高のものを買いますが、「とにかく今すぐに何かしたい」と思って、ホームセンターで買いました。育毛剤とシャンプーを。

まいったな・・

自分の祖父がハゲてるのに、わざわざハゲるようなことをして、近道をしてハゲていく・・

自分の祖父もその崖に落ちて死んでるのに、わざわざ自分で崖の方向に猛ダッシュで近づいて行って崖の下に落ちるような・・


ハゲが発覚した衝撃と落胆している様子と、このときまでの経緯説明動画
https://youtu.be/vRaVc5DaXGE

----------------------------

3時間後・・・

ハイ!も~わかった~!!

ノキシジルとフィンペシア!!

これです!!

今、世界で最も発毛育毛効果のある薬は!!

育毛剤のように頭に振りかける液体はどれも効果がありません。

気休めです。あんなの。

僕もそう思ってたんですよね。

あんなの効くのかな・・

髪に振りかけて・・

なんか、バカバカしい・・

ノキシジルとフィンペシアは飲み薬で、日本には売ってません。

フィンペシアは売ってるのかな・・・(独り言)

ノキシジルは間違いなく売ってません。

しかし髪の毛が生えてきますよ。ノキシジルは!!

来月ニューヨークで買ってきます。

ほしい人は買ってきますよ。

ほしい人は連絡ください。

髪の毛がフサフサになりたい人は。

ただ半年くらいは飲まなければならないそうです。

そして、そのあとは、フィンペシアだけでいいそうです。

フィンペシアは、おそらく日本でも買えます。

ただ、ノキシジルは、髪の毛も生えますが、全身の毛が濃くなるそうです。

ですから、胸毛とか、腋毛とか、ワッサ~っとなりますが

髪が生えてくるのがいいのか、胸毛が生えてくるのがイヤなのか、という選択になります。

ノキシジルとフィンペシアが入っている育毛剤がありますが、あんなのもダメです。

頭に振りかけるのはどれもこれも何も意味がありません。

ノキシジルとフィンペシアは、タブレットの飲み薬です。

これが効きます。

両方一緒に飲みます。

と思ったら

今、またネットで調べましたら、ノキシジルもフィンペシアもネット上で日本からじゃんじゃん買えます。マレーシアなどからですが。犬のフィラリアの薬やフロントラインと同じですね。

しかしたぶん海外で買う2倍くらいだと思います。

僕は来月ニューヨークの薬局で買います。

と思っていたら、ノキシジルはタイの会社製造だそうです。タイ人に頼んだほうがいいですね。あるいはタイに行くか。しかしこの薬を買うためにタイに行ったら、日本から買ったほうが安くつきます。

そして、フィンペシアと同じような薬で、フィンペシアより良いものを発見しました。

「ザガーロ」です。これはイギリスの会社です。こっちがいいですよ。フィンペシアより。

Joel - Re:犬の雑談 2 2018/01/30 (Tue) 09:22:07 URL Mail

ほらー

この写真自体もそうですし、この犬たちも、ものすごくカッコイイと思うんですが

こういう強面の犬種が嫌いな人たちが見ると、ぜんぜん良いと思わないんですよね(苦笑)

不思議ですよね~、人間の好みというのは。

世の中には、いろんな好みの人たちがいて

もうかなり前からありますが、メイドカフェってあるじゃないですか?

いや、今、たまたま頭に浮かんだので言ってるんですが

僕は、まったく、ぜんぜん行きたいと思わないんですよね。

しかし、そこに好んで行く人たちがいるわけですよ。

僕には信じられないんですよね。

ですからそれが好みなんですよね。

いろんなものを好む人たちがいます。

20代前半くらいのときは、「あいつら馬鹿じゃねーの。あんなものを好きだなんて」と、様々な自分とは違う好みの人を軽蔑するような感覚がありましたが、今は、誰が何を好きになろうと、あまり何も思わなくなりました。もちろん自分の好みとあまりにもかけ離れたものを好む人の場合は、「ええ??そんなものが好きなの??」と信じられない気持ちになりますが、別に攻撃するような感情は生まれません。

その信じられないものに、たまたま今、メイドカフェが思い浮かんだのでお伝えしましたが

まだほかにもあるかもしれません。

犬種でもいますよ。

「この犬種のどこがいいんだろうか・・・この人は、この犬種のどこをどのように好きになったんだろうか・・・」

と思うことがよくあります。

犬種名は絶対言えませんが(笑)

ですから、上の写真を見たときに、僕がカッコイイと言うと、「うそでしょ??なんで??」となる人がたくさんいらっしゃるわけです。

好みですから。

自分の好みは正しい好みで、そうではない人は間違った好みである。なんていうことはないと思います。

しかしあの、黒板をチョークで「キー!!」っと音を立てると、まあ、ほとんどの人は嫌な気持ちになるはずですよね。

あの音は人間はみんな嫌ですよね。

それと同じように、この臭いは、人間はみんな嫌だと思って、この臭いはみんな好きだと思う。というようなものがありますよね。

じゃあ、人間はみんな好きになる犬種は???

上の写真の犬たちは絶対違います(笑)

じゃあ、上の写真の犬たちは、臭いに例えると、どんな臭いなんでしょうか??

ラベンダーではありませんよね。

ええ???そんな花の臭いが好きなの???と言われるような・・

ドクダミは行きすぎですよね。好きな人はほとんどいないでしょうから。

セイタカアワダチソウくらいでしょうか。

変わってるね~、くらいな感じで。

まあいいです。

じゃあ、人間がみんな好きになる犬種はなんですか??

それはもう絶対、ゴールデンレトリバーです。

いや、「です」ではなく、「だと思います」(笑)

僕はゴールデンだと思います。

みなさんはどの犬種だと思いますか??
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/03/05 (Mon) 12:44:17 URL

3月1日にニューヨークから帰ってきました。

この写真をご覧になってください。

今、文字が書いてありますが・・・ていうか私が今書いたんですが・・・

今まで何も書いてなくて、ただの黒い金属の四角い箱だったわけですよ。

ニューヨークの空港の職員が勝手に私のスーツケースを開けて、これを、机の角か何かに、ガンガンぶつけてるんですよ。

猿なアメリカ人が。

PC用の外付けハードディスクですよ!!

これにドッグショーを撮影した動画を保存して、日本に持ち帰ります。

ハードディスクというのは、とてもデリケートなものです。

強い衝撃を与えると、中のファイルが壊れます。

いくつかの動画は再生できなくなっていました。

はーーー・・・・

テロリストさえいなかったら・・・

こんなくだらないセキュリティシステムなんてないんですけどね・・・

はーーー・・・・

猿が俺の持ち物を触るんじゃねー!!

と言いたいんですが

言ったところで、「これはルールです」とか、「テロ対策のために行われていることです」とか、そのようなことを言われるだけです。

はーーー・・・・

どこにこの怒りをぶつければいいのか・・・

・・・我慢するしかありません。

だいたい、我慢することが多すぎますよね。生きていると。

毎日何かを我慢しています。

何も我慢せずに生きることは誰もできません。

もし何も我慢しなかったら、私は、もう100人くらい人を殺しています。

10000人くらい殺す人もいるかもしれません。

我慢の連続ですね。

毎日我慢の連続。

我慢した分だけ幸せになれる。などと言いますが、玄関かトイレか、いつも見えるところに、その、「我慢した分だけ幸せになるメーター」をつけてもらいたいですよね。

「おお、もう幸せエネルギーが、30%のところまで来ている」

「おお!!100%を超えて溢れてるゼェ!!だから俺は幸せなことばかり起きるんだ!!」

こうなれば、我慢が嫌ではなくなります。

う~ん・・・

目に見える形で、「我慢した分だけ幸せになれる」ということを実感したい・・

我慢するたびに最近そう思います。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/04/02 (Mon) 07:29:32 URL Mail

パキスタンに太いパイプができました。

それで、本物のブーリークッタの闘犬を、パキスタンに見に行ってきます。

この動画は、そのパキスタン人が送ってきたものです。

チベタンマスティフと戦っています。

もうYoutubeにはアップしません。

本物の闘犬のリアルな戦いを見ると、非常に暴力的で、とても我慢できないほど不快な人たちがいるようです。

まあ、わかりますけどね。その気持ちは。

僕も最初に闘犬を見たとき、「やってはならないことをやっていて、それを自分が見ている。なんていうところなんだココは!」と、いうような気持でした。

しかし、「闘犬がとても好きだ」とおっしゃる方々もたくさんいらっしゃいます。

ブーリークッタは、ほとんど日本では見ませんよね。

純粋なブーリークッタを繁殖している人なんて、いらっしゃらないんじゃないでしょうか。

こっそり、あんまり宣伝しないで、ホームページも作らずにやってる人はいるかもしれません。もしかしたら。

しかし、大々的に、ホームページを作って、「ブーリークッタを繁殖しています」というところはありません。

やりませんか??

純粋なブーリークッタの繁殖を!!

パキスタンに今年行ってきます!!

まあ、闘犬ですから、土佐犬と同じなので、いろんな犬種を混ぜるでしょうから、純粋な・・・というのは間違ってるのかしれませんが、土佐犬は土佐犬の形があるように、ブーリークッタはブーリークッタの形があります。ですから、これはブーリークッタの形だなと言えるブーリークッタを見つけてきます。そして強い犬を。

パキスタンはかなり危険な国ですが、太いパイプができました。

本物のブーリークッタを見て、良い犬を日本に輸入します。

いかがでしょうか。

土佐犬と同じで、小さい犬から大きな犬までいます。

ですから、体重30キロくらいから70キロくらいまでいますよ。

本当は90キロくらいまでいるそうですが、土佐犬と同じで、90キロの土佐犬は、ちょっと体重が重すぎて、お勧めできませんよね。

ですから、大きくても70キロくらいまでがいいんじゃないか・・・と思いますが・・・わかりません。80キロくらいの犬が、じゃんじゃん戦ってるかもしれません。

90キロはさすがに大きすぎるんじゃないかと思いますが・・

今年、行って見てきます。

いつ行くかはまだ決まっていません。

6月か9月か11月ですですが、闘犬は、6月9月は暑すぎますよね。

そのパキスタン人が言うには、真夏以外は年中やってると言っていましたが・・

まあ、よくわからないので、行ってきますよ。

パキスタンは、テロリストがいっぱいいますからね。当然マフィアも山ほどいます。

かなり刺激的ですよね。

面白いことが起きそうな予感がしますが、政治と経済の状況や、人々の暮らしや文化などを、ある程度調べていかないと危険ですよね。

近づいてはいけない場所なんかも、たくさんあるでしょうからね。

しかしその危険地帯をくぐりぬけて、最高のブーリークッタを探してきますよ。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/04/04 (Wed) 15:38:07 URL Mail

こちらをご覧ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcareahazardinfo_14.html

パキスタンは、レベル2~4のところしかありません。

4なんていうのは、戦争中のところで、そこは世界で最も危険というか、いつでも死にまっせ~のところです。ですから、4は渡航を考えるなどという次元の場所ではありません。ですから2~3なんですが。2~3も、そうとう危険です。

前回、パキスタンに行って、ブーリークッタの闘犬を見て、そのあと、良いブーリークッタを日本に輸入する。などと言っていましたが、もしかしたら、パキスタン行きはやめたほうがいいかもしれませんね。

アフガニスタンのすぐ隣ですし、イスラム教の国ですし、テロリストだらけですし

もし僕がテロリストに拉致されて、日本政府に身代金を要求される動画をYoutubeに流されたら・・・

それはもう、日本のすべてのみなさんに迷惑をかけることになりますし

「なんであんな国に行ったんだ?」
「なんであんな国に行ったんだ?」
「なんであんな国に行ったんだ?」

ザワザワザワザワザワ・・

「犬を見に行ったんだって」
「バカじゃね~の」
「犬を見に行ったんだって」
「バカじゃね~の」
「犬を見に行ったんだって」
「バカじゃね~の」

と、なりますよね。

しかし行きたいですね~・・・

本物のブーリークッタを見たいです。

う~ん・・・

どうしましょうかね・・・

行くなら11月か12月にします。

ですから、それまでしっかり調査して考えます。

困りましたね・・

相当危険だということはわかりました。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/04/13 (Fri) 21:43:36 URL Mail

ロンドンに来ています。

4月6日に来ました。

寒いんですよね~

毎日雨ばっかり降ってますし

しかし、せっかくロンドンに来ていますから、部屋の中にじっとしてたらもったいないですよね。

それでまず到着した次の日にバッキンガム宮殿に行ったんですけど、なかなかすごかったですよ。興奮しました。

あそこに、エリザベス女王が住んでるんですよ!

まあ、僕が行ったときは、彼女はいませんでしたけど。

彼女がバッキンガム宮殿にいるときは、門のところにイギリス国旗が掲げられているそうです。

しかし、僕が行ったときはそれがなかったのでいなかったということですね。

エリザベス女王と友達でもないのに、「彼女が・・」というのは、なんか英語的表現で、日本語にすると、少し違和感がありますよね。テレビでもよく「彼女が・・」「彼が・・」と、帰国子女や、外国人と結婚している女性が言っているのを見ると、「なんか違和感がある・・」と思っていましたが。

他に言いようがないので、「彼女が・・」と言ってます。すみません。なんか変な感じがする人もいますよね、たぶん。許してください。その変な感じを。

宇多田ヒカルが、お母さんが自殺したときに、「彼女が・・」と、お母さんのことを言ったときと似ています。

まああれは、自分の母親を「彼女」と言ったのでまた特別感がありますが、女性のことを誰に対しても「彼女」というのは、英語的表現ですよね。

日本語にすると違和感があるときがあります。

いつもそう思っていました。

あ、もうこんな時間だ。

今、2018年04月13日の13:51です。

今日は、ロンドンの中心のソーホー地区に行きます。

ソーホーをご存じない方は、ネットで調べてください。

ちょっと行ってきます。

バッキンガム宮殿の動画をご覧ください。

これマジで、見たほうがいいですよ。

つづきはまた、あとで書きます。

https://youtu.be/dYR27cFfJCs

https://youtu.be/_tjBeCUFRow

--------------------

行ってきました!

ソーホーに!

というか、今は次の日になっています。

昨日、行ってきました。

しかしその前に、セントポール大聖堂という教会に行ってきました。

それから歩いてソーホー地区に向かったんですが・・

もうそのときは夕方だったので、途中、レストランで食事して、スーパーで買い物をして、アパートに帰りました。

帰ったら午後8時半でした。

それで、撮影した動画をPCに保存してYOUTUBEにアップしようとしたんですが、またしてもi phoneとPCがつながらなくて・・・いや、物理的に、USBコードはつながってるんですよ。そういう意味ではなく、動画を取り込もうとすると、「デバイスまで到達できません」といって、なぜかエラーが出るんです。100回に1回くらいしかうまくいきません。

それで、動画をお見せしたいんですが、お見せすることができません。

さらに、10分の動画をyoutubeにアップするのに、24時間くらいかかります。この部屋のwifiが、異常に遅いんですよね。

今、2018年04月14日の午後12:01です。

今日は、ロンドンに来て初めて晴れているので、本格的に、寄り道せず、まっすぐソーホーに行ってきます。

動画はまた今度お見せします。

あ、そういえば、ロンドン名物の二階建てバスに毎日乗ってますが、そのバスの中から撮影した動画をアップしましたので、そちらをご覧ください。

https://youtu.be/FJjKbf2bo9Q

Joel - Re:犬の雑談 2 2018/04/25 (Wed) 01:57:15 URL Mail

今日は2018年04月24日です。まだロンドンにいます。

18日に、ニューカッスルアポンタインに行ってきました。

電車で行ったんですが、新幹線より遅い、特急より早い、くらいの電車だったと思います。

最近・・・というか、もう20年くらい電車に乗っていない生活をしていますので、特急がどれくらいの早さだったか、もう忘れてしまってるんですが・・・

新幹線より遅いのは間違いないです。

「時速250キロ~♪」と、子供のころ新幹線の歌を歌っていましたからね。(まあこれも古いですが・・汗)

現在の新幹線はどれくらいのスピードが出るんですか?

ネットで調べればすぐわかりますよね。

ちょっと待ってください。

・・・・・・

・・・・・・

最高速度は、宇都宮~盛岡間の320キロだそうです。

かなり早いですね。

ですから、今回、ロンドンからニューカッスルアポンタインまで乗った電車は、絶対それよりは遅いです。

僕も名古屋に住んでいるとき、名古屋から東京までは、何度も新幹線で移動したことがありますので、新幹線に乗っているときの車窓の風景の動くスピードは知っていますから、今回の電車のほうが遅いことは、自分の体感でわかります。

その電車で3時間・・・・距離は450キロです。

ですから時速150キロで走ってますね。

時速150キロというのは、特急くらいの速度でしょうか・・

またネットで調べます。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

早い特急列車で、時速130~160キロだそうです。

では、早い特急電車と同じくらいですね。

まあ、とにかく、そういう電車で行きました。

なぜ、こんなことをいちいち事細かく書いているかと申しますと

なんかいろいろ大変だったんですよ。この電車の旅が。

大変だったので、細かく伝えたくなるんですよね。

初めて海外で長距離の電車に乗りましたし、まず自分が借りてるアパートから、ロンドン市内北部のキングストンという駅に二階建てバスで行って・・・日本ではバスになんて乗らないですからね。バスなんて高校生のとき以来ですよ。そしてイギリスの電車が、日本の電車のように、普通、急行、特急などがあるのかないのかわかりませんし、できれば新幹線のような早いものがあれば、それで行きたいし・・・などと思いながら、キングストンの駅の中をうろうろして、自動券売機でチケットを買うと何か間違える可能性があるので、直接係りの人間から買いたかったんですが、切符を売る係りの人たちがどこにいるのかわからないし・・・・

まあ、駅員に聞いたらすぐわかったんですが

「ニューカッスルまで。一番早いやつをお願いします」と伝えましたら、15分後に出発する電車のチケットを渡されて、「急いで!」と言われたのはわかってたんですが、15分後に出発することを知らされてなったので、「まず何番ホームに向かうのかな・・」と思って、チケットを見たら、何番ホームかチケットに書いてありませんでした。それで駅の中にある巨大な電光掲示板を見ましたら、いくつも「ニューカッスル」という文字があって、どれが自分の電車かわからずに、改札口の駅員に聞いたら、駅員もチケットを見たのにわからずに、グシャグシャの時刻表を見て、「4番ホーム」と言われました。そして、「10時に出発するから急いで」と言われました。

もうあと5分で出発でした。

あぶないところですよ。

しかし4番ホームは、改札を抜けたらすぐのところで、目の前に電車が止まっていました。

それで慌ててその電車に乗って

乗ったらすぐ電車は出発しました。

ドタバタですよね

海外に行くと、よくこんな目に遭います。

無駄なお金を使いますし、そうしていることに気づかなかったりします。

そこに住んでいる人たちは、Aの店よりBの店が同じ物でも安いことを知ってるので、みんなBの店で買いますが、僕はAの店で買ってしまう。というようなことです。

すぐ近くのスーパーでは100円で売ってる同じものを、自分が滞在しているホテルの目の前のコンビニで500円で買ってしまう。というようなことがけっこう起きます。あとで現地の友達に聞いて、「クソ。5倍の値段で買ってしまった・・」と、なります。

あるいは、スーパーで、一つのチーズを買うときに、「ピッ!ピッ!」と、連続で2回レジに通して、1個なのに2個分のお金を支払おうとしたり・・・海外のレジの多くは、客が自分で精算する、キャッシュカードによる自動精算機で精算する場合が多いので、よく間違えそうになります。まあ、さすがにこの場合は自分で気づいて、係りの人間に、「ちょっと間違えた」と言いますが。

そのほか様々な、日本ではあり得ない間違いをすることがけっこうあります。

その度に、自分の行動がドタバタしてるように感じるんですよね。

とにかく、初めてのお使いのような状態になるわけですよ。

しかしこれでも、もうずいぶん世界各地に行ってますからね。最初のころに比べたら、かなり落ち着いて行動できるようになっていると思いますが。

最初、自分のロットワイラーを買うためにニュージーランドに行ったとき、そのときは久々に海外に行ったので、英語も今よりぜんぜん聞き取れなくて

オークランドの空港に到着した時点で、何も起きてないのに、もうすでにちょっとドキドキで

空港から、自分自身でレンタカー会社に電話して、住所を聞いてもどこに会社があるのか見当もつかないところから送迎の車がやってきて、僕をその会社まで運んで、そこでレンタカーを借りて、300キロ離れたブリーダーの自宅に出発する・・・ということだったんですが

まず、空港から電話するというのが、「空港内の公衆電話からレンタカー会社に無料で電話できます」とメールに書いてあったんですね。しかしその公衆電話がどこにあるのかわからないですし、久々に海外に来て、周囲は全員外国人で、何を喋ってるのか、ぜんぜん聞き取れないし、緊張しながら、空港内の案内所のようなところに行って、そこの女性に聞いたら、その女性は旅行代理店のツアー案内の女性だったんですが、そのときはそれがわからなくて、ただ単に「私はわからないわ」と言われただけで、「なんだ。ここは案内所じゃないんだ」としかわからなくて、そのあと、他社のレンタカー会社のカウンターに行って、自分のレンタカー会社のことを聞いて、少々あきれた様子で、「あそこの電話から電話したらいいのよ」といってその女性が指を指した方角に歩いて行ったら、女性用トイレに入って行ってしまって、女性たちにジロジロ見られて、「なんかヤッベ」と思って引き返して、30メートルくらい向こうの、さっきのレンタカー会社のカウンターの女性のほうを見たら、「そっちじゃなくてこっち!!」と、言葉ではなくジェスチャーで言われ、触角を失った昆虫のようにヨロヨロ歩いていくと、隅っこのほうにやっと公衆電話を見つけて、「ありがとう」と、その女性に言おうとして右手を挙げると、ガン!!と、どこかに手をぶつけて、けっこうな痛みを我慢しながら、レンタカー会社に電話すると、「ダーナルの横のドアから出て待っていてください」というようなことを言っていることを、何度も何度も繰り返し言ってもらって、ようやくわかったんですが、「ダーナル」ってなんだっけ・・・・と、猛烈に頭をフル回転させて考えるんですが、ぜんぜん思い出せなくて、「ダーナルって何??」「ダーナルって何??」と、何度も電話で相手の女性に聞くんですが、向こうも、ただ、「ダーナル」としか言わないので、「ダーナル・・・なんか男性化粧品の名前みたいだな・・・ダーナル・・・ふぉーびゅーりふぉーひゅーまんらいふ♪・・・いかん!!ぜんぜんわからん!!」変な汗も出てきてます。「もう少しゆっくり話してください」まあ、これも何度も言ってたんですが、また言いました。「could you speak slowly ?」と。そうしたら・・・「ダーナル」の前に、ほとんど聞こえないような短くて小さな吐息のような声で、「マク」って言ってるんですよ!!!

ふざけんなよ~!!!

そうです!!!

マクダーナルって言ってるんですよ!!!

「24時間以上寝てない状態で、疲れ切って頭も働かない状態なのに、なんでそんな小さな声で、マクって言ってるんだ~!!」と思いましたね。

「マクドナルドの横のドアから外に出て待っていてください」ということだったんですよ。

パッと後ろを向いたら、左後方に、視野の半分が埋め尽くされるくらいデカいマクドナルドがあったんです。

そんなものも見えないくらい、疲れと緊張で、ドキドキフワフワな状態だったんですよ。

いや、まあ、仮に見えていても、「男性化粧品ダーナル」がマクドナルドだとは気づかなかったと思いますが。

あのときと比べたら、今はずいぶん落ち着いていられるようになりましたが、それでも、普段生活しているところではないわけですから、日本でも初めて行く町では、いろいろわからないことがあるにもかかわらず、海外で、初めて行く場所というのは、町中がチンプンカンプンの連続なんですよね。

そうして、ようやく、ロンドンからニューカッスルアポンタインに電車で向かいました。

目的地の駅の名前は、ニューカッスルアポンタインではなく、ただ単にニューカッスルだったんですが。

ニューカッスルアポンタインというのは、その土地全体の広範囲を指す地名だったんですね。

しかしそういう些細なことでさえ、「この駅名はニューカッスルアポンタインじゃない。もしかしたら、ニューカッスルアポンタインという駅が別にあるのかもしれない」などと、いちいち考えてしまいます。待ち合わせしてるのに違う駅で降りたら、大変なことになります。

そしてニューカッスルに到着すると、「外に出たらバーガーキングがあるからそこで待ってて」と、その待ち合わせしているある犬種のブリーダーに言われていたので、バーガーキングを探しました。

おそらく、駅を出たらすぐバーガーキングがあるんだろうと思っていましたら、ぜんぜんバーガーキングなんてないんですよ。

「吊り下げられている大きな時計とバーガーキングがあるから」ということだったんですが、ぜんぜんそれらしきものがなくて、あちこちウロウロしたんですが、ぜんぜん見つかりませんでした。

もうすでに待ち合わせの時間は過ぎています。

facebookのメッセンジャーのチャットで連絡を取り合っていますから、wifiがないと連絡できませんから。電車の中でも5ポンド支払ってwifiを使っていましたが、電車を降りるとwifiが使えませんから、また駅の中に戻ってきて、駅の中にあるCaffeに行って、そこでwifiを使えるようにセッティングして、そのセッティングも、名前と郵便番号と住所とメールドレスを登録したり、大変な作業なんですよ。住所が日本ですから、そんなものは選択項目の中に入ってなくて、国の名前はイギリスで、なぜか住所は日本の住所というような、出鱈目な住所で登録して、それできちんとwifiが使えるようになるのかどうかも不安ですし、たくさんの人が食事したりお茶を飲んでいるところに、一人だけアジア人が立ったまま、必死にスマートフォンと格闘しているというこの状態を続けていていいのだろうか・・・などという考えも浮かんできます。

それでもようやくwifiがつながりました。

「今どこ?」

「バーガーキングのところにいるわ」

「バーガーキングが見つからない」

「すぐ近くにあるのよ」

「わかった。探すよ」

それから駅の外を右往左往して探しますが、ぜんぜんバーガーキングなんて見つかりません。

その相手の女性は車で僕を迎えに来ていますから、バーガーキングの前に車を止めて待っているはずです。

また変な汗が出てきました。

また駅の中に戻ってきました。

またさっきのCaffeで、wifiをつなぎ、Google Mapでバーガーキングを探しました。

駅の中にバーガーキングがあって、そのほか2件のバーガーキングが駅の近くに見つかりましたが、その2件は僕がいる場所の反対側の方角です。

車で来てるんですから、駅の中はあり得ないですから、その二つのどちらかだと思いましたが、二つともかなり遠いんですね。

「駅の出口が南口と北口というように反対側なのかもしれない。しかし近いほうのバーガーキングでもけっこうな距離があるぞ。そこに行くだけでも10分くらいかかる。これを歩いて行って、もし違っていたら、さらに大変なことになる」

と思ったんですが、もしかしたら、Google Mapに出ていないバーガーキングがあるのかもしれない。と思って、また外に出て探し回りました。

約束の時間を30分くらい過ぎています。

それでまたさっきのCaffeに戻ってきて

「バーガーキングが見つからない」とチャットで言いましたら

「今どこにいるの?」と言うもんですから

駅の前の教会の名前を伝えましたら、「駅に戻ってきて」と言われて、次に、さっきから何度も行ってるCaffeの名前を言いましたら、1分もしないうちに彼女がそのCaffeに現れました。

彼女が言っていたバーガーキングは、駅構内のバーガーキングだったんですね・・

「外に出たらすぐバーガーキングがある」って言うから、外というのは駅の外だと思いますよね。車で迎えに来るんだから、駅の外のバーガーキングの前に車を止めていて、そこですぐに車に乗って行くんだとばかり思っていました。

そうしたら、「外」というのは、改札の外のことでした。

彼女は駐車場に車を止めて、駅の中まで僕を迎えに来てくれていたんです。

ハーーーーー・・・・

駅の中のバーガーキングだったんだ・・・

空港の中のマクドナルドと同じだ・・・

こういうことなんですよ。

こういうことの連続。

海外に行くと、こういうことの連続です。

日本ではあり得ないですよね。

そのバーガーキングは、改札を出たらすぐ右斜め前の目の前にありました。

ぜんぜん気づきませんでした。

それからブリーダーの自宅に行って、犬たちを見て、2~3時間くらい、あーでもない、こーでもない、と、犬の話しをして、また同じ来た道を逆方向に帰っていきました。

ドタバタしてますよね。

https://youtu.be/9s6VD401JN4

https://youtu.be/6clh6OgBFDA
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/05/05 (Sat) 17:11:01 URL Mail

ロンドンから日本に帰ってきました。

それでロンドンにいるときから気づいていたんですが・・

その前に・・

3ヶ月くらい前に髪の毛の色を黒に戻したんですね。

1年くらい金髪にしていましたが、どこの国に入国するときも、パスポートと顔が違うと言われたり、顔は同じだけど普通ではない人間のように思われたりして、どちらの場合も怪しまれて時間がかかるわけですよ。ですから面倒なので黒に戻したんですが。

黒に戻すときに黒に染めたので、わからなかったんですが、2~3ヶ月経つと自分の髪の毛になりますよね。それ以上染めないでいると。

そうしたら、髪に白髪がかなり増えていました。

ですから、ロンドンにいるときから気づいていたのは、自分の白髪が急激に増えたことです。

金髪にする49歳のときは、ほとんど白髪はなかったんです。

つまりこの1年で急速に白髪が増えたわけですよ。

少しじゃないですよ。急激に、極端に、ものすごくです。

なぜなんだろうか・・・

2秒でわかりました。

この約1年、「自分は50歳になってしまった・・」と、何度も何度も何度も強く強く繰り返し思ったからです。

どういうことかと申しますと。

「自分は50歳になったんだ」と、自分で強く認識することで、自分の体が、50歳になってしまうんです!!

間違いありません!!

肉体が50歳だと認識して、50歳の肉体になってしまったんです!!

ぜったいです。

これは間違いありません。

ですから、よろしいですか。みなさん。

特に女性の方はそうですが

「自分は20歳(はたち)である」

と思うべきなんです!!!

自分を20歳だと思うことで、自分の肉体は20歳になろうとします!!!

ぜったいまちがいない!!!

それによって、免疫力も上がるし、細胞も若返り、髪は黒くなり、心も体も元気になります!!!

まちがいありません!!!

ですから、20歳以上の日本国民は、全員、20歳にするべきなんです!!!

そのほかの年齢なんて考えることすらやめたほうがいいです!!!

全員20歳!!!

これが、お金も道具も何も使わず、誰もが平等にできる、健康になる方法であり、寿命を延ばす方法です!!!

思うだけでいいんですから!!!

しかし、ここで邪魔されるのが、病院と役所です。

病院に行って問診票を書くとき・・・

役所に行って何かの書類を書くとき・・・

多くの場合、年齢を書かなければなりません。

そのとき自分の年齢を再確認させられてしまうんです。

あれが最も日本国民を病気にして、寿命を短くさせている原因なんです!!!

私は今ここでハッキリと強く主張したい!!!

「20歳以上の日本国民は全員20歳法案」を立案したいと!!!

このためだけに国会議員に立候補してもいいとさえ思います!!!(それは思ってませんが(笑))

国民の生命と財産を守るのが国の役目です。

国民全員が、「自分は20歳だ」と思うだけで健康になり、若返るのであれば、国をあげて取り組むべきだと思います。

これは絶対やったほうがいいと思います。

この1年で急に白髪が増えて、49歳のときより、明らかに寒がりになっています。ちょっと気温が低いとものすごく寒いんです。そして簡単に風邪をひきそうになります。明らかに肉体が衰えています。

それはなぜなのか???49歳から50歳になってまだ1年も経っていません。それなのに、急速に肉体が衰えています。それはなぜなのか!!!

ですからそれは、「自分は50歳になった」と認識してしまったからです。

自分を20歳だと思えば、肉体は20歳になろうとするんです。

しかし、役所や病院で年齢を書かされるとき50歳と書かなければならないと、自分は50歳だと思ってしまいます。

それを何度も繰り返すことによって、「自分は50歳だ」「自分は50歳だ」と繰り返し思わされて、肉体も50歳だと認識してしまうんです。

20歳以上の日本国民は全員20歳!!!!

これで、日本の平均寿命は50年延びるでしょう。

わたしはこれを強く主張します!!

これを国会で決めて

役所や病院でも、全員20歳と書くようにすればいいんです。

そうすれば、現在80歳の女性の方でも、ピチピチになると思います。

そして100歳くらいまで子供が産めるようになります。

少子化問題もこれで解決します。

日本の人口は3億人くらいになるでしょう。

誰も損しない。

何を理由に反対するのかわかりません。

絶対そうするべきです。

そのかわり

テレビのニュースなどで

「20歳の女が放火を繰り返して警視庁に逮捕されました」
「20歳の男が強盗殺人の罪で服役しています」
「20歳の男女二人が練炭自殺を・・」
「20歳の・・・・」

というふうに、まあ、ほとんど20歳の人間のニュースが流れます。

そして、両親と子供と祖父母の年齢が全部20歳になります。

そして自分の歴史を振り返ったとき・・・

「俺はそういえば・・・20歳のとき大学を卒業して・・・20歳のとき愛する女性と知り合って・・・20歳のとき結婚して・・・20歳のとき子供が生まれて・・・20歳のとき会社を辞めて自分で事業を起こして・・・20歳のとき家を建てて・・・20歳のとき会社が倒産して・・・20歳のとき父親が他界して・・・・・」

というふうに、自分の過去の出来事がすべて20歳のときに起きてしまいます。

しかしそんなことはかまいません!!

国民が健康で元気であることのほうが、はるかに重要ですし、それが国の繁栄にもつながります。

これを行うだけで、すぐに日本の平均寿命は130歳くらいになると思います。(まあ正確に言うと、平均寿命も間違いなく20歳になりますが・・)

「20歳以上の日本国民は全員20歳」という法律をきちんと作って、絶対実行するべきです!!!

わたしは強くこれを主張します!!!

あ、そうでした。

一つだけ少し問題があります。

全員20歳ですから、毎年成人式に現れる人が全国に続出します。

そして金色の袴(はかま)を履いて、市長が挨拶しているときに、その会を妨害したり、会場で一升瓶を持って酒を飲んで泥酔状態になって暴れる人などが必ず出てきます。

しかしそのとき、「あなたは20歳じゃないでしょ!」などと言ってはいけません。

その人に本当の年齢を伝えることは、その人の肉体を衰えさせ寿命を短くさせる発言ですから、それを言った人は殺人未遂になります。

ですから、もしかしたら、20歳ではなく、21歳にするか、25歳にするか、など、少し年齢をずらしたほうがいいのかもしれません。そういうことは学者が考えることです。

重要なことは、「自分は50歳になった」「60歳になった」「70歳になった」と自分で認識してしまうことが、肉体にとってよくないという事実です。

ですから、「本当の年齢は?」などと言ってもいけません。「本当の年齢は永遠に20歳」と、国をあげて国民全員に伝えるべきです。

それによって日本は、男女とも100歳くらいまで働くことができるようになり、定年は100歳。

年金も100歳からもらえるようにすれば、100歳未満の人の人口も増えますから、年金の原資が足りないなどということもありません。

日本だけ、オリンピックの金メダリストが100歳の人。なんていうことも起きます。

良いことばかりです。

是非皆さんも、自分の年齢を考えて肉体を衰えさせることをされないようにしていただきたいと思います。

「自分は20歳なんだ」と思うだけです。

思うだけですからお金も道具も必要ないです。場所も選びません。

国会でこのことが話し合われて、法律で決められるまでは時間がかかります。ていうか、こんな法律が決められるわけないですよね。

ですから、自分一人で決めたらいいんです。

「自分は20歳だ」と。

何度も何度も繰り返し思って決めなければなりません。

しかしこれを決定することで、自分の心と体が元気になります。

役所や病院で年齢を書かなければならない場合は、「この年齢はウソの年齢を書いている」と思ってください。あるいは、「この年齢は自分のことではない」と思うべきです。

これを実践すれば、半年後には間違いなく体に変化が起こります。

私もやってみますので、半年後に経過をご報告させていただきます。


*写真は、ロンドンのトラファルガー広場の前の交差点を自分で撮ったものです。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/05/16 (Wed) 10:22:01 URL Mail

2018FCI近畿インターナショナルドッグショーに行ってきました。

海外のドッグショーにばかり行ってますので、日本のドッグショーにも行くべきなのではないか・・・

と、ふと思ったのが、昨年の12月です。

ドイツのライプツィヒで開催された、ワールドドッグショー2017から帰ってきたとき、「なんかドッグショーに行きすぎて飽きたな・・・」と思っていたとき、「そうだ!日本のドッグショーにも行ってみよう!」と思いました。

それまで、一度も日本のドッグショーに行ったことがなかったんですね。

まあ、海外のドッグショーに行くのは、ドッグショーを観に行くというよりも、輸入する犬を探しに行ったり、現在輸入が進行している犬舎のブリーダーと会ったり、過去に輸入した犬のブリーダーに会ったり、日本の依頼者の方の犬を出場させていますから、その犬の動画の撮影を行ったり、その犬たちを依頼しているハンドラーと会ったり・・・そのほか、ペット輸送の会社の社長と会ったり、友達のブリーダーと会ったり・・・・このようなことを目的としていますから、純粋に犬を見るだけということはあまりありません。もちろん、輸入依頼のある犬種のリングでは、犬をジーーっと見ていますが。

それで!

今まで海外のビッグなドッグショーにさんざん行ってきましたから

日本のドッグショーにどのような犬たちが出場しているのか見るべきだと思いました。

というわけで

滋賀県の竜王町というところにある、ドラゴンハットという施設で行われた、近畿インターナショナルドッグショーに行ってきました。

ドッグショー前日には近くのホテルにチェックインして、現在輸入進行中の関西の依頼者の方と会って食事をして・・・・名古屋コーチンの店に行ったんですが、かなり美味かったです・・・・しかも食事代を出してもらって、「美味かったうえにお金まで出してもらった・・・必ず良い犬を輸入しなければならない・・・」と思いながらホテルの部屋に帰りました。

そうしたら・・・

パソコンを開くと、facebookのメッセンジャーで、アメリカのブリーダーからじゃんじゃんメッセージが来ていました。

そして、イギリスの知り合いのジャッジからも、メールとWhat's Appで、じゃんじゃんメッセージが来ていました。

What's Appというのは、Lineと同じSNSなんですが、欧米人はWhat's Appを使います。因みに中国人はWe Chatというものを使います。ですから僕は、欧米人と話すときはWhat's Appを使って、中国人と話すときはWe Chatを使って、日本人と話すときはLineを使っています。もちろん、世界中の誰と話すときも、Facebookのメッセンジャーを最もよく使います。

それで、facebookとWhat's Appとメールで、大量のメッセージが来ていましたから

「なんだろう・・・」

とは思いませんでした。

それらが何なのかわかっていました。

・・・・実は・・・・2年前に、ある犬種をアメリカから買おうとしたんですが、そのブリーダーは日本には自分の子犬を送りたくないと言いましたので、仕方なく、僕の友達だったイギリス人ジャッジに頼んで、そのジャッジがブリーダーから子犬を買って、イギリスにその子犬を送って、6か月間イギリスで飼育して日本の依頼者の方のところに送りました。

なぜそのイギリス人ジャッジを「僕の友達だった・・」とお伝えしたかと申しますと、今は友達ではないからです・・・それはこれからお話しします・・・

え~と・・・どこまで話したんでしたっけ・・・

いろいろ考えながら書いていますから、ここを読んでいる方々は、ここまで短い時間で読んでいらっしゃるかもしれませんが、ここまで1時間くらいかかっています。

え~と・・・

そう!

ですから、その子犬をアメリカからイギリスに送って、日本に送ったわけですよ。

その子犬は、生後1歳くらいで日本に来ました。

2016年の12月だったと思います。

ですから現在は2歳半くらいですね。

それで

その犬を輸入された方が、アメリカのブリーダーと連絡を取りたいとおしゃったんですね。私に。

本当は、依頼者の方がブリーダーと直接コンタクトされると、様々な問題が発生する場合がありますので好ましくないと思っていますが、飼育方法やドッグフードの種類や量や、そのほか、それぞれの犬種で注意しなければならないことや、その犬種の独特の飼育方法など、いろいろな情報交換ができるのは、その輸入犬にとっても依頼者の方にとってもいいことだと思いますから、僕は、「いいですよ」と言いましたが、そのとき、そのイギリス人ジャッジのところにはまだ、日本人の依頼者の犬が、あと3頭いたんですね。

それで、そのとき依頼者の方がアメリカのブリーダーに連絡したら、100%間違いなく騒ぎが起きますから・・・それは、イギリス人ジャッジが子犬を買うときに、「自分が飼うために買う子犬だ」とブリーダーに伝えている可能性があるからです。もちろん、「日本の友達に送る犬だ」と言っている可能性もあります。その場合は問題は起きませんが、前者の場合は100%騒ぎが起きます。

もしそうなったら、イギリス人ジャッジは、まちがいなく私に怒ってきますから、永遠に音信不通になって、そのときそこにいた3頭は日本に送られない可能性があります。

ですから、「その3頭が、そのイギリス人ジャッジのところを出て行って、さらに、血統書も日本の依頼者の方の名義に変更されたことが確認できましたら、連絡していただいてもけっこうです」とお伝えしました。

じゃあ、依頼者の方が「ブリーダーに連絡を取りたい」と僕におっしゃったときに、イギリス人ジャッジに、「クライアント(依頼者)がブリーダーに連絡したいと言ってるけど、連絡していいかな?」と、聞けばよかったじゃん。と思われるかもしれませんが、もうそのときは、このイギリス人ジャッジが、どうしようもないクソ女だということが僕にはわかっていましたので、そんなことを言ったら、ただ逆上して怒り狂うだけだとわかっていましたし、子犬を買うときに「日本にこの犬を送る」とは絶対言ってないと思っていましたので、依頼者の方がブリーダーに連絡したあとに、そのことをイギリス人ジャッジに話して、僕も一緒にブリーダーに謝ろうと思っていました。

そして、そのイギリス人ジャッジのところに残っていた3頭がそこを出て行って、すべての血統書の名義変更の手続きが完了して、その依頼者の方がブリーダーに連絡されたのが、そうですね~・・・いつだったかな・・・今から2~3週間くらい前でしょうか・・・・

その子犬・・・もう子犬ではありませんから・・・その犬のDVDや写真や、DNA検査の結果や、そのほかの証明書の書類などを、その依頼者の方は、電子メールではなく、郵送で送ったんですね。

エアメールですよ。

とても情緒があっていいと思います。

しかしそのエアメールを送られてから1~2週間後に

そのブリーダーは、そのイギリス人ジャッジのことをfacebookで、信じられないほど非難しました。

そのイギリス人ジャッジも、ある犬種のブリーダーで、当然、頻繁にCruftsに出場していますし、その犬種の世界では超有名人です。たくさんのCruftsのジャッジや世界のトップブリーダーともつながっています。

しかしそのアメリカのブリーダーは、そのイギリス人ジャッジの犬舎のHPもfacebookに載せて、完全に個人が特定できる方法で、けちょんけちょんに非難しました。

それで

日本の依頼者の方がびっくりして、僕のところに連絡してこられました。

「こんなことになるなんて思っていませんでした・・」

僕は、依頼者の方がブリーダーに連絡するとおっしゃった時点で、もし、そのイギリス人ジャッジが、「自分が飼う犬だ」とブリーダーに伝えていたら、100%こうなると思っていました。

それで!

こうなったら、すべて本当のことを話して謝罪するしかありません。

それが最も誠意のある対応だと思います。

もしそれで許してもらえなかったら仕方ないです。

しかし、その犬は、依頼者の方にとても可愛がられています。とても愛されて大事に育てられています。

これが最も重要で

これが基本にあると、ほとんどの場合、ブリーダーは許してくれます。

ですから、私は、本当に良い人だけにしか犬を輸入していません。

最初の輸入依頼のメールに住所氏名電話番号がないメールなどは論外で、一切返信しませんし、メールの内容や電話での話し方で、知的に問題があったり、常識がない人だとわかると、すべてその仕事は断ります。ですから最近は、70%くらいの輸入依頼は断っています。トップブリーダーは世界でつながっていますので、あとで問題が起きると、世界中から良い犬を買えなくなる場合がありますので、依頼者の方は慎重に選びます。

お伝えしておきますが、ただ丁寧な言葉を使えばいいということではないですから。そんな部分では判断していません。

まあ、その、良い依頼者の方の判断基準はいいです。

それで!

そのアメリカのブリーダーが、イギリス人ジャッジをfacebookで強く非難したことを知った私は、すぐにfacebookでそのブリーダーにメッセージを送って、すべて本当のことを話して、真摯に何度も謝罪しました。

「最初、僕がコンタクトしたけど、あなたは自分の子犬を日本に送りたくないと言ったので、僕が、自分の友達のイギリス人ジャッジに頼んで子犬を買ってもらって、一回イギリスに子犬を送って、日本の動物検疫の準備をして、半年後に日本に送ったんだ」

ということを伝えました。

「今まで黙ってて申し訳ありませんでした」と、何度も言いました。

そうしたら、僕のことは許してくれました。

それで

イギリス人ジャッジ・・・長いのでキャサリン(仮名)にします。

「僕がキャサリン(仮名)にも言うから。「本当ことを全部話して真摯に謝罪しよう」って。だからキャサリンのことも許してほしい」

と、ブリーダーに伝えたのが、ドッグショーの3日くらい前でしょうか・・・

そして、ドッグショーの前日、食事からホテルに帰ってきたら、さきほどから話しています、facebookとWhat's Appとメールで、大量のメッセージが送られてきていました。

見なくてもわかりますよね。

その問題が拡大したということが。

キャサリンがブリーダーのfacebookを発見したんですよ。

そんなことは内容を見なくても誰でもわかります。

それで、メールとWhat's Appを見たら・・・

「なんでアメリカのブリーダーがルーク(仮名/犬の名前)のことを知ってんの!!わたしのかわいそうな子供がfacebookで見つけたのよ!!あのブリーダーはわたしのことを侮辱してるわ!!!」

というようなことが、やんややんやと送られてきていました。キャサリンの子供がfacebookで、そのキャサリンが非難されている記事を発見したようです。

「クライアント(依頼者)がブリーダーと連絡したいのは自然だよ。犬の育て方や血統や、様々なことを話したいんだ。それに、ブリーダーが怒るのも当然だよ。俺たちが騙したんだから。俺たちが悪いんだから、俺たちは、ブリーダーに全部本当のことを話して、真摯に謝罪するべきだ。クライアントは良い人で、ルークも幸せに暮らしてるんだから、きちんと謝罪すればブリーダーも許してくれるよ。俺はすでにそれをやった」

と言いました。

そうしたら・・

「謝るわけないじゃん!!ブリーダーは私のことをfacebookで侮辱してるのよ!!!」

「当たり前じゃん。俺らが騙したんだから。悪いのは俺たちだ」

「もういい。あなたとはもう二度と話さないから」

・・・・・・

・・・・・・

その後、ブリーダーとも話しましたが、キャサリンは、「アメリカに友達の弁護士がいるのよ」といって脅しています。

絵にかいたような逆ギレですよね。

世界のトップブリーダーで、国際ジャッジで、プロハンドラーもやっているキャサリンは、非常に人間性に問題のある人間でした。

私は依頼者は選べますが、海外のブリーダーやジャッジを選べない場合が往々にしてあります。

それは、世界のトップブリーダーは限られていて、ごく少数しかいないからです。

そこから犬を買わなければ、他に選択肢はない。ということが頻繁に起きます。

ですから、数年前にキャサリンから犬を買ったことが、キャサリンとの関係の始まりでした。

しかしその後、何頭かの犬の輸入を依頼して一緒に仕事をしていくうちに、このキャサリンという女性は、非常に人間性に問題のある、自分のことしか考えない、果てしないクソ女だということがわかりました。

今までに100回くらい殺したいと思ったことがあります。

ですから、ずいぶん前に、「こいつとは友達じゃない」と思っていました。

しかし日本の動物検疫のせいで、犬はすぐには日本に送れませんから、このクソ女との関係を切ることができずに、ずっと我慢していました。

ほとんどの犬の輸入は、僕自身が直接ブリーダーと話して、最初から依頼者の方の名前を伝えて、その依頼者の方が犬を飼うということを伝えてから犬を輸入します。

ですからこの場合は問題は起きません。

しかし、「日本に犬を送らない」というブリーダーがいて、しかし、依頼者はそこからしか犬を買いたくない。という場合、どうしても、海外のジャッジやハンドラーに依頼して犬を買わなければならない場合があります。

そのとき、そのジャッジやハンドラーが良い人間の場合は、犬を日本に送ることを最初から話しますので、何も問題は起きません。しかし、人間性に問題のある人間だと、今回のようなことが起きます。

ですから、今回のようなことは稀(まれ)なんですね。99%はこのようなことは起きません。

しかし、そのイギリス人ジャッジは、どうしようもないクソ女でした。

僕がこの女を100回くらい殺したいと思った内容はお伝え出来ませんが、もうもうもうもう、それはそれは、めくるめく悪夢のような出来事が起きました。

ですから、何の話でしたっけ?

そう!

ですから、キャサリンは逆ギレして、アメリカに友達の弁護士がいる、などと言って、アメリカのブリーダーを脅迫してるんですよ。

全部本当のことを話して謝罪すれば、それですべて終了です。

イカれてますから、正しい選択はできないんですよね。

それで、What's Appで朝方までイギリスから電話がかかってくるし、アメリカからもずっとfacebookで連絡がありましたから、朝まで眠れず、ドッグショーに行くのが午後3時くらいになってしまいました。

ドッグショーに行くのが午後3時になりました。という話をするのに、ここまで時間がかかりました・・

-------------------

ドッグショー初日は、インターナショナルドッグショーではありませんでした。

近畿地区のJKCのクラブ展なんでしょうかね。

到着したらすぐに終わってしまいました。

そして2日目のインターナショナルドッグショーのときも、夜中まで、イギリスとアメリカと話していて眠れなかったので、午後1時くらいに到着しました。

そして2日目は雨が降ってたんですよ。

ですから毛の長い犬は湿気があって大変だろうな・・・と思いながら、会場に入っていったんですが、初日よりたくさんの人が来ていて、人と犬がたくさんいました。

動画をご覧になったほうが早いと思いますのでご覧になってください。

ああ、そうそう。

動画の中で、シェルティをオーストラリアンシェパードと言っていますが、それは間違いです。

また、ジャッジが誰かと癒着しているのではないか・・・などと動画で話していますが、それは、ただ単に、よくそんなことを言う人がいるので、面白おかしく言っているだけで、事実かどうかわからないことを言っているだけですから、聞き流してください。しかし、日本のドッグショーでは、こういうことを言うのは注意しなければならないと強く反省しています。不愉快に思われた方がいらっしゃいましたら、どうかお許しください。

ドッグショーに行くと、様々なものが目に飛び込んできますし、犬を見るたびに、いろんな依頼者の方のことを思い出しますから、常に様々なことを考えていますので、犬種名をド忘れしたり間違えたりすることがあります。ご了承ください。

https://youtu.be/kEEuuRZAKGA

https://youtu.be/SzJlmrvAvEU

https://youtu.be/2WHCGtD8HaA

https://youtu.be/QAm06mJgThk

https://youtu.be/AZUMzn6tGu4
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/06/25 (Mon) 12:20:20 URL Mail

この写真のアメリカンアキタを購入されたい方はいらっしゃいませんか?

アメリカンアキタは、日本で見たことがありませんが、欧米ではとても人気の犬種です。

この写真の犬はオスですが、とても信じられないくらいの価格で購入できます。

メスも購入できますが、メスは生後11か月です。

メスもとても良い犬です。

通常なら、1頭どころか、尻尾しか買えないような価格で、2頭、オスメス購入できます。

どなたか絶対購入するべきだと思います。

今日、2018年6月25日早朝に、オランダのハンドラーからfacebookで連絡がありましたが、あまりにも安いので、おそらくすぐ売れると思いますので、ここをご覧になった方で、「日本でアメリカンアキタを飼おう」という方がいらっしゃいましたら、躊躇せずに私にご連絡ください。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/09/07 (Fri) 13:47:14 URL Mail

先月、2018年のWorld dog showのためにアムステルダムに行ってきましたが、いつもの通り、ブリーダーの自宅や犬舎訪問とともに、その国の文化や人々の暮らしを見たいと思って、3週間滞在しました。

そして日本に帰る2日前・・

毎日のように行っていた、アムステルダムのダウンタウンのイングリッシュバーで食事をしてギネスビールを飲んでアパートに帰っていましたら、アパートの近くに、ちょっといい感じのレストランバーがあったんですね。

・・ああ、そうそう。なんでアムスなのにイングリッシュバーなんだと思われるかもしれませんが、ギネスビールが好きなので、ギネスを飲めるのはイングリッシュバーかアイリッシュバーですよね。

そして、トラムから降りてすぐのところにそのイングリッシュバーがあったので、そこに毎日行ってました。

まあ、いいです。

それで、アパートに帰る途中にあったのは、どこかの国のレストランバーではなく、ただ単にアムスのレストランバーだったんですが、アパートのすぐ近くだったんですね。

それで食事をしてきたばかりでしたから、生ガキとハイネケンを注文して、それだけ食べたら帰ろうと思っていました。(ハイネケンの本社はオランダにありますから、街中がハイネケンの看板だらけですし、ほとんどのレストランにハイネケンがあります)

あ、そうそう。

私は生ガキが食べれないんです。

あの磯の香りと、内臓を一緒に食べるというのが、どうしても気持ち悪いんですよね。

しかし、多くの人が生ガキは美味いと言いますし、美味しそうに食べていますので、私も食べれるようになりたいと思って、海に面したヨーロッパの国に行ったときは生ガキを食べるようにしています。

しかし今回も、まだやっぱりあんまり美味くない。と思いながら、背筋をゾクゾクさせながら生ガキを食べて、無理やりハイネケンで流し込んでいました。

もう生ガキは・・・というか、内臓と一緒に食べる貝は一生無理かもしれません。

アワビや赤貝などの、内臓を食べない貝は美味いです。

サザエも美味いですが、つぼ焼きの内臓部分は一生食べれません。

ちなみに、光物の生魚も食べれません。

生臭い匂いが、どうしても苦手なんですよね。

まあいいです。どこまでも果てしなく横道にそれていきます。

それでそのイイ感じのレストランバーで生ガキを食べていたら・・

目の前に大きな無色透明のガラスの窓があったんですが、その窓の外を、70歳くらいの黒人の女性が歩いて通ったんですね。

その女性は身長が150cmくらいで、その生ガキを食べていた日から1週間くらい前に、私がそのレストランから30mくらい離れたところにある、別のオープンテラスのパブでビールを飲んでいたとき、目の前に大きな黒人男性と現れて、私の目の前に座り込んだんです。

どうしたのかな・・

と思っていたら、「じゃあ、どうもありがとう」というような感じで、黒人男性と別れて、私のすぐ目の前に座っていました。

見るからに、よく海外にいる路上生活者のような感じでしたから、私はそのとき持っていたコインをその女性にあげました。

「ありがとう」と英語でその女性は言いました。

しかし、ずっとそこに座ってるんですね。

それで、「?」と思って見ていましたら

「足が痛い」というような様子で、動けないようでした。

「どうしたの?」と言いましたら

「足が痛くて歩けないの」と言いました。

足を見ると裸足で、片方の足の足首から先が、象の足のように腫れていました。

「大丈夫?連れて行こうか?」と言いましたら、両手を子供のようにあげて、私に立ち上がらせてほしいというような動きをしました。

それで、時速500メートルくらいの速度で、その女性の腰のあたりを抱えるようにして、超スローペースで二人で歩いていきましたら、そのパブから100メートルくらいの場所にその女性のアパートがありました。

なんだ路上生活者じゃないんだ。と、思っていると

「チキンを焼くから、私の家で一緒に食事しよう」と言うんです。

初めてきたアムステルダムで、ルックスが限りなく路上生活者に見える70歳くらいの黒人女性と、暗くて狭い急な階段を登ったところに入り口のドアがあるアパートに入って、一緒に食事をする気にはなれませんでした。

他に一緒に住んでいる黒人男性がいるかもしれません。

そしてマフィアとつながっている可能性もあります。

そして何より、あんまり空腹ではありませんでした。

腹が減ってたら行ってたかもしれません。

それで、「いや、帰るよ」と言って、その日は帰りました。

しかし私自身のアパートに帰ってから、「やっぱりあの女性のアパートに行ってたらよかったな・・」と思いました。

それは、そういう半分路上生活者のようなヨーロッパの女性がどのような暮らしをしているのか見てみたかったですし、何よりも、何か未知のとても危険なゾーンを冒険できるような気持だったからです。

また、最初にパブの前で、「じゃあ、どうもありがとう」という様子で、この女性が別れた黒人男性は、私と同じで、ただ単にこの女性をそのパブの前まで連れてきた人で、この女性とは無関係の人だったんだ。と、そのとき気づきました。

その1週間後

レストランバーで生ガキを食べていたら、その同じ黒人女性が、また目の前の路上に現れたんです!

私は、すぐに生ガキの支払いを済ませて、急いでその女性のあとを追いました。

しかし店を出ると、その女性はすぐ店の横にいました。

なんだ慌てなくてよかったな・・と思いましたが

Hey !!と言って、その女性に声をかけたら、その女性は私のことを覚えていました。

「今日もアパートまで送ってあげるよ」

「ありがとう」

今日は、この女性のアパートの中に入るゾ!と思っていました。

またあの暗くて狭くて急な階段を登っていきました。

「一緒にビール飲もうよ」と、その女性が言いました。

{当たり前じゃん。そのつもりで来たんだから}と思いつつ

「いいよ」

と言って、その女性のアパートに入りました。

何か、その、足が痛い・・・というような病気を装って、部屋にほかの人を連れ込んで、拉致監禁して金銭を要求するような、マフィアの一員だった・・・などということも考えられますので、心の一部分は緊張した状態でした。

・・・・・・・

・・・・・・・

部屋に入る前は、「ゴミ屋敷のような家かもしれないな・・・」と思っていましたが、玄関を入ると、中は別にそこまで汚くはなかったんですが、全体的に少々薄汚れた感じがしました。そして玄関のドアのすぐ横に、汚いスーツケースの山がありました。

汚いスーツケースが10個くらい重ねて置いてあるんです。

何のためなんだろうか・・・と、不自然に感じましたが、この女性自体が得体のしれない人なわけですから、無視して奥に進んでいきました。

そのスーツケースの山の隣にキッチンがあって、キッチンの奥にも部屋がありました。

その奥の部屋は、やはり予想していた通り、様々な物が散乱して、さらにその上に別のものがたくさんあって、ゴミの部屋のようになっていましたが、そこはベッドルームで、ゴミの中の狭いスペースで、毎日寝ている。ということでした。

冷蔵庫の中も見せてもらいましたが、ほとんど何も入っていませんでした。

キッチンの隣にはトイレがあって、トイレの中も見せてもらいましたが、トイレは清潔にされていました。

さらに、キッチンとベッドルームの反対側にもう一つ部屋があって、そこがリビングでした。

他に部屋はありませんでしたから、このアパートは、2Kのアパートということになります。

リビングは、ベッドルームとは比べ物にならないくらい片付けられていました。

そのリビングのソファーに座ったら、見たこともない、名前のわからない500mlくらいの缶ビールを持ってきてくれたんですが、そのビールが完全に常温だったので、「冷蔵庫に何も入ってないんだから、冷蔵庫に入れて冷やしておけばいいのに・・」と思いながら飲んでいましたが、ギネスとハイネケンをたくさん飲んでいた私は、あまりそのビールを飲めませんでした。

そしてソファーに座ってビールを飲み始めるとすぐに、その女性に電話がかかってきました。

英語ではない、聞いたことがない言語で話していました。

私がその女性の部屋に入って、ソファーに座ってすぐに電話がかかってきたので、この部屋の様子が見える場所から私たちの様子を見ていて、誰かが電話してきた可能性もあると思って、一気に緊張が高まりました。

どこか近くのアパートから私たちの様子を誰かが見ているかもしれないと思って、私のソファーのすぐ後ろにある、このリビングの唯一の窓から外を覗いて、明かりが点いている近くのアパートの窓を見ましたが、別に変わった様子はありませんでした。

そのときは午後10時くらいで、北海道よりはるかに北に位置するオランダは、夏の日が長い時期でしたから、まだ外は完全には暗くなっていませんでしたが、近くのアパートの家々には明かりが灯されていました。

その黒人女性が何者なのかまったくわからないまま、私は一人でこの人の部屋に入ってきて、ほとんど何も話していない状態で、すぐに電話がかかってきました。

少々危険な感じがしますよね(笑)

しかも、その女性の話している言語は英語ではありませんから、何を話しているのかぜんぜんわかりません。

その女性は、5分間くらいでその電話は切りましたが、あとで「誰からだった?」と聞くと、「このアパートの上の階の友達」と言いました。

「オランダ語か・・・??」と思いましたが、もうそれ以上その電話のことは聞きませんでした。

しかし、突然数人の男たちが部屋に入ってきて、金銭を要求されることも考えられますから、それから10分くらいはまだ緊張していました。

しかし結局何も問題は起きませんでした。

私のアパートは、シェアルームのアパートで、Airbnbで借りたアパートですが、3部屋あって、私と同じAirbnbで予約した世界各地の旅行者が、2~3日おきに入れ替わって入ってくるんですが、みんな英語でコミュニケーションをとりますし、アムスのダウンタウンの店の中もすべて英語で話しますので、オランダ語をほとんど聞いたことがなかったので、オランダ語がどのようなものなのか知りませんでしたから、もしかしたらこの黒人女性は、オランダ語で話していたのかもしれません。

あるいは、アムステルダムは黒人が多いので、アフリカから来ている黒人の友達が上の階にいて、アフリカの言葉で話していたのかもしれません。

ちなみに、フランス語、ドイツ語、スペイン語は、よく耳にしますので知っています。

また、過去にローマ帝国だった地域の、ポルトガル、スペイン、イタリアなど、地中海沿岸の国は、みんな言葉が似てるんですね。クロアチア、ルーマニアなどの地域までそうです。

ですから、そういう国の場合は、全部スペイン語の方言のような言葉なので、すぐにわかります。

わかります。といっても、そういう地域の言葉だな。ということがわかるだけであって、何を話しているのか内容はわかりません。

この黒人女性は、私が今まで聞いたことがない言語で話していました。

----------------

そしてしばらくして彼女が電話を切ると、そこから私たちの会話が始まりました。

それまで気づきませんでしたが、1メートルくらいの距離で、彼女の顔を正面からよく見ると、鼻の穴が極端に大きい上に、正面を向いていて、肌の色は濃い茶色で、まるで映画の「猿の惑星」に出てくるメスのゴリラのようでした。

まったくその女性のルックスを侮辱するつもりはありませんが、私はそのとき純粋にそう思いました。

そのあとの会話をかいつまんで話しますが

まず彼女は、アフリカのガーナからアムステルダムに来たそうです。

息子がいますが、アメリカに住んでいます。

ときどき、このアパートにも息子が訪ねてくるそうです。

また彼女自身も、ガーナに行ったり、アメリカの息子の所に行ったりするそうです。

玄関のところにあるスーツケースはその旅行のためなんだな。と思いました。

そしてずいぶん前に夫と別れて、20年以上アムスに独りで住んでいるそうです。

今は体も悪くて働けないので、オランダの年金だけで暮らしているということでした。

その後、私はそこにどれくらいいたのかわかりませんが、おそらく1時間くらいだったと思います。

ビールを飲んでいるうちに、彼女がガーナの音楽をCDプレーヤーで、大音量でかけ始めて・・・

私も音楽は嫌いではないので、「イエ~イ」などといって音楽にのっていたら

彼女が、「一緒に踊ろう」と言い始めたので、一緒に踊ってたんですね。

そうしたら、彼女が、「私のうしろにまわって」と言うので、言われるままにして

あの・・・小学生の時のフォークダンスの時、男子が女子のうしろから、女子の両手をとって踊るやつがあるじゃないですか。あれと同じような体制になって踊り始めたら

彼女が、私の股間に、自分のおしりをグリグリ押し付けてきたんですよ。

これはマズイと思って、ソファーに戻って、また会話をし始めました。

足が腫れているのは、おそらくビールの飲みすぎだと思いましたので

「ビールをあんまり飲まないほうがいいよ」と言いましたら

「ビールだけが私の唯一の楽しみなのよ」と言いますので

「アムステルダムなんだから大麻を吸えばいいじゃん。ビールは体に良くないよ」と言いましたら

「大麻って何?知らないわそんなの」と言います。

「いや大麻だよ。多くの人がダウンタウンで吸ってるじゃん」

「知らない」

それで、目の前にあったテーブルの上に散乱していたダイレクトメールに、ボールペンで「Cannabis」と書きました。

それでも「知らない」と言いますので

「Marijuana」「weed」「grass」と、いろんな呼び方で言いましたが、「知らない」と言います。

アムステルダムの成人した人たちで、大麻を吸ったことがない人を探すほうが難しいです。

大麻が嫌いな人でも、2~3回は吸ったことがあるはずです。

日本で、生まれてから1回も酒を飲んだことがないという人と同じです。

それで、「アムスに20年も住んでいて大麻を知らないほど貧乏なんだ」と思ったんですね。

それで、「よし俺が3000円分くらい買ってあげよう」と思ったんです。

アムスのダウンタウンに行けば、COFFEE SHOP(コーヒーショップ)と呼ばれる大麻を売ってる店が、東京都内のコンビニのようにたくさんあります。

「よしわかった!じゃあ、俺が大麻を買ってあげるから一緒に今から行こうゼ!」と言いました。

そうしたら!

彼女は、「OK」と言うと同時に、瞬時に帽子をかぶり、急にギラギラした目に変わりました。

おかしいですよね。

まだ1時間くらいしか話していない、私のような、どこの誰だかはっきりと素性のわからない路上で会った日本人から、見たことも聞いたこともない未知のものを買いに行こうと言われて、すぐにその話にのって、目がギラギラするなんて。

「なんだ知ってるじゃん。俺に大麻を買ってもらおうと思ってウソを言ったんだな」と思いました。

そのとき、サーっと気分が冷めてしまって

「やっぱやめよう!もう俺は自分のアパートに帰る」と言って、自分のアパートに帰りました。

私が自分のアパートに帰ると言ったとき、彼女は、とても絶望したような、寂しい顔に変わりました。

私はその顔を見たとき、「おそらくこの女性は、独りでとても寂しいんだな・・」と思って、可哀想になりましたが、これ以上この女性と一緒にはいたくないと思いましたので、自分のアパートに帰りました。

私が最初にこのアパートに入って、暗くて急な階段を登って、彼女の部屋に入って、彼女が電話をし始めて、そのあと、彼女と私が会話し始めてしばらくしたときまで、私はずっとi Phoneで動画を撮影していました。

日本に帰ったらYoutubeにアップして、ここをご覧になってくださっている方々にお見せしようと思っていました。

そのときの動画は今も私のPCの中にありますが、それをアップする前に確認のために観ましたら、路上生活者とかゴミ屋敷の住人とか、そのような人ではなく、ガーナからやってきて独りで暮らしている、とても寂しい黒人女性だということが、ひしひしと伝わってきましたので、「面白半分にYoutubeにアップして、多くの人のさらしモノにしてはいけない」と思いましたので、アップしませんでした。

世界中から人々がやってきて、ヨーロッパの中でも大きな世界都市であるアムステルダムでも、一人で街を歩いている人の中には、この黒人女性のような寂しい人たちがたくさんいるに違いないと思いました。

東京も含めて、ニューヨーク、ロンドンをはじめ、世界の大都市ほど、このような寂しい人たちが無数にいるに違いありません。

世界の大都市というのは、たくさんの人種が入り乱れて、たくさんの人がいて、世界中の国のレストランがあって、世界中の有名ブランドのショップがあり、夜になっても一晩中踊りあかすクラブやバーがたくさんあって、キラキラして、派手で賑やかなところですが、その光の中に、無数の寂しい人たちがいます。

たくさんの人、賑やかなところ・・・

それと孤独、寂しさ・・・

真逆ですよね。

世界の大都市は、その真逆のものが同時に存在しています。

全体を見ると華やかなように見えますが、それを形作っている一つ一つの中には、寂しさ、孤独さ、悩みなどの暗いものがあって、暗いものによって明るいものを作ろうとしているような、とても矛盾したものを感じました。

ですから、世界のすべての人たちの悩みがなくなって、すべての人たちが、真に明るい人間になったら、世界の大都市というのは、今とは違う、健全な明るさと華やかさの形になるのではないか・・・と思いました。

それを今回、アムスで痛感しました。

ドッグショーのためにアムスに行ったのに、何を痛感してるんでしょうか(笑)

しかし、もうわかりました。

今後、私は様々な国に行くと思いますが、今回の女性のような人の家には行きません。

お金をあげたり、家まで送ったりはすると思いますが、家の中に入って一緒にひと時を過ごすことはしません。

今度は、もっとハードな人の所に行きます(笑)。

街中で大声で歌を歌っていたり、わけのわからないことを話し続けている人のように、会話が成立しない人にはさすがに話しかけませんが、もう少しハードな興味深い人がいたら、話しかけて、その人の家に行ってみようと思います。

まあ、別に、そのような人を探し回るようなことはしませんが、私の琴線に触れた人がいたら、また話しかけて、その人たちの家に行ってみます。

私は、大好きな犬に対する興味で世界各地に行きますが、様々な人間たちにも興味があります。

マフィア、薬物中毒者など、一般の人たちとは違う人間たちが、なぜそのような人生になったのか。なぜそのような人生を続けているのか。そしてその人たちは幸せを感じているのか。あるいは、幸せを感じないから、幸せを求めるがゆえにそのような暮らしをしているのか。

どういうことなのか、とても興味があります。

しかし、海外でそのような人間に近づいていくのは、とても危険な場合があります。

ただ単に個人の趣味でやっていることで、テレビのドキュメンタリー番組を作っているわけではありませんから、積極的にこちらからそのような人たちを探し回って近づいていこうとは思いませんが、海外に行くと、そのような人たちは無数にいますので、機会があったら、またお友達になってみます。

今回のアムスの黒人女性は、私と別れるときに、「これを日本に持って帰って、私のことを忘れないで」と言って、そのアパートの住所とその女性の名前が宛名の部分に印刷されているダイレクトメールを私に渡しました。

Pensioenfonds Horeca & Cateringというところから来ていた便せんでした。

ネットで調べましたら、年金基金のDMのようでした。

ただ単に路上で出会った、どこの誰だか、どのような人間だかわからない東洋人の私にでさえ、「自分を忘れないで」と言って自分の住所と名前が書いてあるDMを渡すんですよ。

とてもとてもとても孤独なんだな・・・と思いました。

私も、その女性のことを忘れないように、そのDMの宛名の部分を写真に撮って、PCに保存しました。

私が彼女のアパートに到着したとき、すぐに電話がかかってきましたから、電話で話す友人はいるんでしょうけど、おそらく本当に彼女を愛してくれる人が近くにいないんだと思いました。

愛が足りないんだ。

愛が足りないとこうなるんだ。

と思いました。

次は10月にポーランドのワルシャワに行きます。

また何かアドベンチャーなことがあったらご報告させていただきます。

それでは失礼いたします。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/09/23 (Sun) 12:06:40 URL Mail

この動画をみなさんにお見せする前に、まず最初に、みなさんにお伝えしなければならないことがあります。

けっして、差別的な気持ちや、軽蔑するだけの好奇の目で見ないようにしてください。

ワールドドッグショー2018アムステルダムのブルマスティフのリングでの出来事です。

私は、馬鹿にしたり、差別したりする気持ちはまったくありませんでしたが、あまりにも衝撃で

「おっさんじゃん・・」と、心の中で独り言を言ってしまいました。

そして撮影に夢中になっていましたら、スロバキアとオランダの男女のカップルの友達がやってきて、突然私に話しかけましたので、「おー!!」と言って撮影を中止しましたから、数分間の短い動画になってしまいましたが、下記のURLの動画をご覧ください。

https://youtu.be/1GFrSNcKeCA

★シンプルな差別になってしまってはいけないと考えましたので、Youtubeにアップして、ここでみなさんに紹介することを、非常に悩みましたが、海外の文化、風習、人々の考え方などを、日本の方々に紹介するためには、やはりお見せしたほうがいいと判断しました。

昔、「けっして一人では見ないでください・・」という、TVCMのナレーションの恐怖映画がありましたが、今回は、「けっして、2人以上では見ないでください」と私は言いたいです。

なぜなら、複数の人がいると、みんなで、「わーわー」騒いで、好奇の目になってしまいがちだからです。

日本は、大昔から島国ですから、外部から別の国が攻撃してくることはありませんでしたが、同じ日本国内で変わった人間が出てきて、そのような人間が力を持つと、クーデターが起きる可能性がありますから、「みんな同じ」であることが好まれ、変わった人間がいると、「あいつは変わってる」といって排除しようとする動きが起きていたのかもしれません。あるいは、せまい島国に住んでいますから、別の地域に移動することができませんので、それぞれがそれぞれと協調して、和を大切にするあまり、自然にそのような「みんなが同じであることを好む」性質の民族になっていったのかもしれません。

どちらが正しいのか、あるいは両方正しいのか両方間違っているのかわかりませんが、日本人は、みんな同じであることを好む人が多いですが、海外ではそうではありません。むしろ、独特で、アイデンティティをしっかり持っているほうが好まれる場合が多いです。ですから世界の多くの国から見ると、日本のほうが変わっていると思われると思います。

みんな同じであることを好む日本人が、みんなと変わっている・・・

とても複雑で、入り口だと思って入ったら出口だった・・・みたいな、本末転倒な話ですが。

日本と日本国民は、海外の人たちから見ると、とても異質で、とても変わっている民族だということを認識するべきです。

私は、このワールドドッグショー2018アムステルダムのリングサイドにいて、たくさんの人がいるにもかかわらず、みんながこの光景を見て、「誰一人馬鹿にして笑う人がいない」ということが、最も衝撃でした。

日本では、このような光景を見ると、あからさまに差別する人たちが無数にいるからです。

ワールドドッグショーのジャッジの係りの人間ですからね。

世界最大のドッグショーであるワールドドッグショーのジャッジの中で、重要な役割の人間が、男なのに、イヤリングをして、スカートを履いて、おっぱい的に胸が膨らんでいて・・・

そして、笑っちまうほどゴツいんですよ、体が。

しかし絶対笑ってはいけません。

馬鹿にする人はこの動画を観ないでください。

しかし日本で、日本人がこれをやったら、100%必ず、誰か、馬鹿にして騒ぐ人間が出てきます。それどころか、70%の日本人は、「ヒソヒソ」「ザワザワ」「クスクス」「ゲラゲラ」、絶対やります。そして、会場全体の落ち着きがなくなります。

これは日本国民特有の悪いところだと思います。

自分自身が、他の人たちと同じでなければ安心できないものですから、他の人たちと違うことが平気な人を見ると・・

まず、その人が、他の人と違うことに違和感を感じて、さらに、他の人と違うことが平気なことに違和感を感じるので、二重に違和感を感じる人が無数にいます。

過去に、村八分というものが日本にはありましたが、村というせまい小さなところでは、他の人と違う異質の人を排除して秩序を保とうとする動きがありました。

ですから、自分がその村八分の対象にはなりたくないですから、それを気にするあまりに、逆に、他の人と変わっている人をできるだけ早く見つけて、「あいつは変わっている」と、言いたい人がたくさんいました。

これは、周囲の人の目を気にして、仲間外れになりたくないという心理から起きることだと思いますが、現在でも、独特の人を見つけて馬鹿にしたい人は、自分が疎外されることを恐れて、極端に周囲の目を気にしている人だと思います。あるいは、無意識のうちに、そのような心理が働いている人だと思います。

日本人には、根本的にこのような心理が多くの人にあって、田舎に行くと、今でもこのような思考回路の人たちが無数にいます。

これは日本人の、非常にダメなところだと思います。

現在、インターネットが世界中に普及して、私たちのような一般庶民まで、facebookやLineや、そのほか様々なSNSによって、世界中の人々とリアルタイムでコミュニケーションが取れるようになっています。

今後、世界が一つの国になって、現在の日本という島国にも、どんどん世界中の人が移住してくるかもしれません。

そのときは、もう、「みんなと同じでなければ安心できない」などと言ってはいられなくなります。

現在の日本人は、「みんながみんなと同じで、ようやく安心できる民族」ですから、外国人を異常に怖がりますよね。

世界には、様々な文化の民族が住んでいて、あるところでは常識でも、別の場所では非常識だ。ということがたくさんあります。

しかし海外では、その様々な文化と、それぞれの常識を持つ、たくさんの民族の人たちが同じ国の中に入り乱れて、無数に住んでいます。

その変化に、日本人だけがついて行っていません。

しかし、どんなに日本人が外国人を怖がっていても、他文化の民族を受け入れないと言っていても、世界は現在進行形で、どんどんグローバル化しています。

アメリカとヨーロッパ諸国が、「もういいじゃん。世界を一つにして、世界を統括する政府を作ろうぜ」と言い出したら、日本はすぐに「YES」と言います。日本の官僚はアメリカに極度に弱いんですから。「世界中が同じ考えでも日本は自分たちだけの考えでやるんだ」という人間はごくわずかです。そして地球は一つの国になります。

そのとき!

たくさんの海外の人間たちが、フレンドリーに近づいてきても、日本人は、極端にビビッて、大きな恐怖を感じながら

30cmの深さのプールで、「溺れる!!溺れる!!」と言って、死ぬ恐怖を感じている人と同じような状態の人たちが続出するに違いありません。

これは、ただ単に、大勢の外国人とのファーストコンタクトで、日本人が大きく動揺するということだけをお伝えしているわけではなく、世界のグローバル化と日本人の意識とのあいだに大きな開きがあるということをお伝えしているんです。

ですから、この動画を観ても、馬鹿にするなんていうのは当然ダメですが、「このような人を、ジャッジの一員として認めるようなところが、自分たちと同じ星にあるんだ」ということを実感するべきだと思います。

「このような人」と言ったのは、「日本人が日本国内で同じことをやった場合、絶対に組織の重要なポストには選ばれないどころか、組織に入ることさえできないような人」という意味です。

この動画から、みなさんは、様々なことを考えるべきだと思います。

そのために、Youtubeにアップして、ここで紹介しました。

★ちなみに、私個人の考えでは、一刻も早く世界を統括する政府を作って、世界の国境をすべて無くして、地球全体で一つの国にするべきだと思っています。他の重要課題をすべて後回しにしてでも、これを早くやるべきだと思います。そうすれば、北朝鮮の拉致問題も、イスラム国も、アフガニスタンの紛争も、その他、世界中で起きている多国間の争いごとはすべて解決します。また、北方領土、尖閣諸島、竹島などと同じように、世界中で起きている領土問題も無くなりますし、国別による極端な貧富の差も無くなります。どこもすべて同じ一つの国の中の出来事になるんですから。

ですから、モルワイデ図法の地図上で、網の目状に線を引いて、現在の国境とは無関係に、県や州を作るべきだと思います。もちろん、海だけしかない州や、永久凍土のツンドラ地帯だけの州などもできますから、そこは人口の多い州と合併させるとか、そのようなことは学者が考えることだと思います。

今の地球は、戦国時代の日本と同じです。小さい国に分かれていて、それぞれの国が自分たちの利益だけを考えて、他の国と戦争をしたり、他の国と駆け引きをしたりしています。地球全体で一つの国になれば、「なんであんなに小さい国別に分かれて争っていたんだろうか・・」と、今の人間たちを、滑稽で愚かに感じるに違いありません。

もちろん、中国、ロシアを中心とした多くの共産主義&社会主義国家と、アメリカを中心とした民主主義&資本主義国家の、どちらの政治理念で世界を統括するのかという、根本的で最大の問題があって、簡単にできることではないことはわかっていますが、早く地球全体を一つの国にして、世界の全ての人が協力していくことが、地球の平和と発展の最も早い近道だと考えています。
Joel - Re:犬の雑談 2 2018/11/09 (Fri) 14:05:01 URL Mail

この動画をご覧になってください。(といっても、ずーっと下のほうにありますが)

先月、ヨーロピアンドッグショー2018のためにワルシャワに行ったとき、ワルシャワの旧市街を撮影して歩いていましたら、またしても、「お金ください」の人が来て、私に「金をくれ」と言うんですよ。

私は、どこの国に行っても、必ずこのような人たちが寄ってきます。

まあ、私だけではないと思いますが。

このとき

私は、このような人たちが集まってくるのを知っていますので、あえて、現金を持たずにワルシャワに行ったんです。

現金を持ってると、すぐお金をあげてしまいますから。

それで、この動画の中の女性が私のところに来たときも

「ほら、クレジットカードしかもってないから」と言って、カードを見せたんですよ。

しかしこの女性は、「あそこにキャッシュディスペンサーがあるから」といって、指差すんですよ。

英語がまったく話せない女性だったので、何を言ってるのかぜんぜんわかりませんでしたが。

キャッシュディスペンサーを指差して何か言ってましたから、それ以外には考えられませんよね。

んーーーーーん・・・・

と考えましたが

私自身も、少しは現金を持っておいたほうがいいと思いましたので、キャッシュディスペンサーで現金を作って、この女性にあげました。

このとき

100ズオッティ札1枚と50ズオッティ札2枚作ったんですね。

つまり200ズオッティです。

1ズオッティが31円くらいですから、100ズオッティは3100円で

200ズオッティは6200円です。

それで、最初、この女性に50ズオッティ札を1枚あげたんです。

そうしたら、「もう一枚くれ」と言うんです。

それでまた

んーーーーーーん・・・・

と考えたんですが

もう一枚50ズオッティをあげたんです。

そうしたら・・・

「100ズオッティもくれ」と言うんです!!(笑)

ずうずうしいですよね(笑)

通常は、みんな、日本円で1円か10円くらいしかあげないんですよ。

たくさんあげる人でも100円くらいです。

それを、最初に50ズオッティ(約1500円)あげて

さらに、50ズオッティ(1500円)あげたのに、まだ、残りの100ズオッティ(3000円)もくれと言うんです。

私が200ズオッティ現金を作るところを見ていましたからね。

それで、「NO」と言って断っていたんですが、100メートルくらいついて来て、ワルシャワの旧市街の有名な広場まで来たので、また動画を撮り始めて、撮影しながら「NO!!」と言ったら、諦めて行ったんですが

しばらくしたら、10分もしないうちに、別の少女が現れて、また「金をくれ」と言うんですよ!!(笑)

はーーーーー・・・

まあ、動画をご覧になってください。わかりますから。

あいつらは、どこの国でもそうなんですが、大きな教会の出入口にいます。

教会に行って、優しさと愛の天使のような気持ちになって出てきたところに、すぐ集まってきます。

私はそれをものすごく知っているのに、毎回、すべての国でお金をあげています(笑)

100%すべての国でです。

それで、動画に映っているかどうかわかりませんが、そのお金をあげた女性は、私から離れてしばらくすると、普通のキレイな服を着た若い男たちと何やら話していました。

そしてその後、少女が私のところにやってきて、また私に「金をくれ」と言い始めました。

ですから、おそらく、これはビジネスなんですよね。

浮浪者のふりをして、観光客から金をもらうビジネスです。

みなさんも海外に行ったときは注意してください。

特に、海外だからといって良い服などを着ていくと、真っ先に集まってきます。

そして何度も言いますが、教会の周囲には、このような人たちがたくさんいますのでご注意ください。

さらに夜になると、もう、完全にイカれた目をした浮浪者なども、たくさん寄ってきます。

みんな、全員、一人残らず、「金をくれ」と言います。

あ゛ーーーーも゛ーーーー!!

と思いますが、普段はお金をあげます。

海外の人たちは、だいたいみんなあげるんです。あげるお金を持ってるときは。

ですからみなさんも海外に行ったときは、お金をあげてもあげなくてもいいですが、必ずこのような人たちが集まってきますので、「必ずこのような人たちが集まってくる」ということを頭の片隅に置いておく必要があります。

この女性は、動画には顔しか映っていませんが、動画の最初のほうで、私のポケットに手を入れようとしました。

それで私も慌てて、「NO!!NO!!NO!!」と言ってる場面があると思いますが・・・

もう・・・ねえ・・・

たぶん、「優しさ」の国際ライセンスがあったら、私は最高の「S級ライセンス」を取得できるでしょうね(笑)

あの、世界で15~6人くらいしか取得できない、「優しさ国際S級ライセンス」を(笑)

はーーーー・・・・

もう・・・

美しい風景や、ヨーロッパの建物の良い雰囲気を鑑賞してるときに、毎回毎回毎回毎回毎回・・・・・

すべての国で、100%必ず私に寄って来るあの「金をくれ」の人たち・・・

・・・・まあ、ああいう人たちも含めて、その国なんでしょうけどね・・・

★動画の中で、いろいろ間違えてお伝えしていることがあります。まず、ポーランドの通貨は「ズオッティ」です。紙幣に書いてある文字を見て、「ポルスキー」などと言っていましたが、あれは、ポーランド語で「ポーランド」と書いてあるだけです。また、因果応報について、動画の中では、「善行善果」「悪行悪果」と言っていますが、「善因善果」「悪因悪果」が正しいです。それと、「聖十字架教会」と言っていますが、「ワルシャワ聖ヨハネ大聖堂」が正しいです。また、ワルシャワの旧市街とは、この周辺全体のことで、この動画に撮影されているところは、すべてワルシャワの旧市街で、建物はすべて古い建物です。まあ、正確に言うと、第二次世界大戦で、ナチスによって、ワルシャワの中心地・・・つまりこの動画の撮影場所はすべて破壊されて、何も残っていませんでしたから、すべての建物が、戦後に再現して建て直されたものです。

このとき初めてワルシャワの中心地に来ましたし、借りていたアパートで、ワルシャワの観光地をネットで調べて、Googleマップでそれらの観光地の位置を1回見ただけでしたから、どこにどれがあるのか、位置関係があまりわかっていない状況でしたし、ポーランドに到着した次の日でしたから、まだほとんどポーランドのことを何もわかっていない状態でしたから、いろんなことを間違えていました。

しかしワルシャワは、北のパリと呼ばれるくらい美しい街で、この動画の撮影場所は、ワルシャワで最も美しいところで、広場や王宮や教会など、ワルシャワを代表する主要な建物が撮影されています。

https://youtu.be/l8tXtTeU4Kg

------------------------------

この動画をYoutubeにアップしましたら、すぐに海外の人からコメントが入って、「あいつらはジプシーだよ」って教えてくれました。

あーーー・・・

なるほどね・・・

あいつらがジプシーか・・・

昔、20代のとき、ちょこっとアメリカに行っていたとき、ブラジル人とスペイン人が教えてくれました。「ジプシーはろくでもない人間たちだよ。関わっちゃダメだ」と言ってました。

家を持たずに、ヨーロッパ中を、ただキャンピングカーなどで移動して暮らしている人種です。

20代から知ってましたが、どういう人間がジプシーなのかわかりませんでした。

しかし今回わかりました。

なるほどね。

ホームレスや浮浪者とは違うんですよね雰囲気が。

ですから、「こいつら何なんだろう」と思ってたんですよね。ヨーロッパのいろんな国で。

私は今までに、かなりジプシーにお金をあげています(笑)

今度からジプシーには一切金をあげません。

あいつらは、「金をくれビジネス」を、職業でやってるんですよ。

まいったな・・

ライプツィヒでも、ルーマニアでも、アムスでも、バーミンガムでも、キエフでも、クロアチアでも・・・・

よし!

こーなったら

もう二度と、誰にも金をあげないゾ!!

と思っても、またあげてしまうんですよね~

まあ、ジプシーにはあげませんけど

ホームレスにはあげてしまうでしょうね・・

ほら、優しさ国際S級ライセンス保持者ですから・・
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/01/01 (Tue) 10:46:42 URL Mail

あけまして、おめでとうございます!!

今年も、日本の愛犬家の皆様に、世界各地から最高の犬たちをお届けします。

今年も、あなたの運命のワンちゃんが、COOLDOGSによって運ばれてきます。

*COOLDOGSでは、年賀ハガキを送っていません。新年のご挨拶は、毎年ここで行わせていただきます。ここをご覧になってくださっている一人一人すべての方が、今年一年、心身ともに健康で、最高の犬たちと素晴らしい年になりますように、心からお祈りしています。
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/02/05 (Tue) 22:39:07 URL Mail

明後日から、Westminster dog showのためにニューヨークに行きますが

最近、寒波のために、アメリカ北西部で非常事態宣言が発令されて、何もかも凍って、雪だらけで、外出禁止などという地域もあるくらいです。

私が20代留学したことがあるミネソタ州などは、マイナス48度で、すべてのものが凍っています。

ニューヨークも数十年ぶりの寒さで、マイナス16度などとニュースで流れていました。

https://www.youtube.com/watch?v=s-i8GW9lQzI

このニュースが流れたのは、つい数日前です。

ですから、「これは危ない。スノーブーツを買っていかなければ大変なことになる」と思って、今日、スノーブーツを買いに行きました。

しかし、何軒靴屋さんにいってもスノーブーツはありません。

九州ですからね・・・

需要がないから、どこにもないんですよね・・・

「ノースフェイスのスノーブーツがあった」というスノボショップはあったんですが、「もう売り切れて、無い」ということでした。

スポーツ用品店も同じです。

「もう雪のシーズンじゃないですから、全部メーカーに返しました・・」

などと言われます。

とにかく、どこに行っても、スノーブーツがないんですよ!!

これはヤバイ。どうにかしなければ・・

と、考えているときに・・・

そうだ!!

もしかしたら、作業用品店に、滑らないブーツがあるかもしれない!!

そして作業用品店をGoogle Mapで調べて行ったら・・

この写真を見てください!

「無法松」というメーカーなのか、商品名なのか、わかりませんが

これは・・・

まるで、レッドウイングのエンジニアブーツのようだ・・・

まあ、横のベルトはないけど

目とハートにビビッと来た・・

と、思って、買ってきました。

私は、無法松ブーツをニューヨークで履くかもしれません。

まあ、雪が降ったらですけど。

安全靴ですから、つま先に金属が入っていて、そうとう強いです。

ただ、「これは雪用のブーツではありませんから、滑らない保証はできません」と、店員の女性の方はおっしゃっていました。

しかし、「こちらは滑りませんから大丈夫ですよ」といって持ってこられたものは、あまり好みのデザインではなかったので、「いや、これでいいです」といって、無法松ブーツを買いました。

ご覧になってください。

レッドウイングのブーツといっても通用しますよね。

雪が降ったら、ニューヨークでこれを履きます。

「ただの黒い長靴じゃん」などと言ってはいけません。

ちなみに、これは本物のレッドウイングのエンジニアブーツです。
https://item.rakuten.co.jp/928wing/10003966/?iasid=07rpp_10095___eb-jrstl444-3szn-720c9757-dbc6-4af4-a66f-f40cd36d8026
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/02/17 (Sun) 07:43:14 URL Mail

前回、ここで、ニューヨークで雪のときに履くブーツを買ったと言いましたよね。

「無法松」という、作業用の安全靴のブーツです。

6000円くらいでした。

ノースフェースのスノーブーツがほしかったんですが、どこに行っても売り切れていて、それどころか、スポーツ用品店も靴屋も、何軒行っても、一切、スノーブーツというものが売ってなかったんですよ。

それで、「どうしたものか・・・」と考えながら車を運転していましたら

「そうだ!土木作業用品店に何か滑らないブーツがあるかもしれない!」

と思って、郊外の広い道路のわきにある、土木作業用品を売っている店に行ったら・・

ありました!

真っ黒でシンプルなブーツが!

おぉ!これでいい!

軟弱なスノーブーツなんかより、武骨で、むしろこれがいい!

などと思って、それを買ってニューヨークに行きました。

Westminster dog showです。

毎日、ホテルからドッグショー会場まで歩いて行っていましたが、約20分くらいかかりました。

しかしずっと雪は降りませんでしたから、普通の靴で大丈夫でした。

今年のアメリカの冬は、極端に気温が低く、非常事態宣言が出されたりして、とても寒いと言われていましたが、実際にニューヨークに行ってみると、別にそんなに騒ぐほど低い気温ではありませんでしたし、「ハドソン川が凍った」などといって日本では騒いでいましたが、ぜんぜん問題ありませんでした。

Westminsterの会場はハドソン川の上にありますからね。

会場に行ったら、チャプチャプ川の水は流れていましたし、どこも凍っていませんでした。

ですから、2日~3日くらい凍ったことがある・・・くらいだったんだと思います。

私の友人知人が、あまりにも、「今年のアメリカは寒い」と言って心配するもんですから、使い捨てカイロを持っていきましたが、一つも使いませんでした。

使い捨てカイロを50個くらい持って行きましたので、ただ荷物になっただけでした。

しかしドッグショー最終日

とうとう雪が降り出しました。

朝起きて、カーテンを開けたら、雪が降っていました。

どんどん積もって行ってます。

ドッグショーに行かなければならない朝7時くらいになっても止みません。

それどころか、どんどん強くなってきました。

雪が止んでから行こう。と思っていましたが、いつまで経っても止みませんでしたから、ネットで天気予報を見ましたら、その日は夜遅くまで降雪確率が90%以上でした。

「しようがない。行こう」と言って

ドッグショー会場に向かいました。

そのとき!!

「無法松」が大活躍しました。

ぜんぜん滑りませんでした。

「無法松」最高!!

来年も持っていこう!!

ここにそのときの動画があります。
https://youtu.be/PT_uOaHeK44
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/04/27 (Sat) 13:44:49 URL Mail

ちょうど1年くらい前からお伝えしていましたが、COOLDOGS.COのサイトを作り直しました。

以前のサイトは、10年くらい前に遊び半分で作ったサイトでしたから、きちんと作り直さなければならない・・・と思っていました。

しかし新しいサイトは、犬の輸入と輸出のことばかりで、COOLDOGSにとっても最も重要である、モロシアン系の犬の紹介のページがまったくありません。ですからそれは今後考えたいと思っています。

新しいサイトはこちら
https://www.cooldogs.co/

また、COOLDOGSのYoutubeチャンネルですが・・・

今、毎月・・・

毎月ですよ。

全ての動画の再生回数の合計が、毎月60万回以上で、現在18000人のチャンネル登録者がいます。

そして、毎月・・・

毎月ですよ。

毎月、チャンネル登録者が600人ずつ増えて行っています。

すべて私が撮影した動画です。

その中の様々な動画が、テレビのニュースやその他のテレビ番組でも何度も使われています。

しかしCOOLDOGSのYoutube動画をご覧になっていらっしゃる方々の97%は海外の人です。

しかし最近は、日本の方々も増えて行っています。

ただ、ときどき・・・というか頻繁に、私が、ドッグショーと無関係の話しをするんですが、さまざまな話の中に、Hな話や、大人の恋愛事情なども話すものですから、「家族と一緒に観れない」などという苦情も来ます。

しかし、「ドッグショーの解説ばかりだとつまらない」「Hな話をしてほしい」「面白話をしてほしい」などというリクエストもたくさん来ますので、とりあえずまだ、自分のやりたいようにやろうと思っています。

「観たことがない」という方はご覧になってみてください。

こちらです。
https://www.youtube.com/user/joelcooldogs/videos
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/05/14 (Tue) 08:08:46 URL Mail

近畿インターナショナルドッグショー2019に行ってきました。

そして、お友達のCAOのブリーダーさんも来られるということでしたから、「会場で会いましょう」ということで、当日、会場でお会いしました。

そして、1歳のCAOを2頭連れてこられていましたが

もう!最高でした!!

最高!!

完全に、世界のトップの犬たちだと、言わざるを得ないです!!

素晴らしかったです!!

日本には、まずいないですね。あのクラスの犬は。

しかも、きちんと躾けられているので、静かで大人しいし、まったく攻撃性がありませんでした。

ヨーロッパでもあのクラスの犬は、なかなかいません。

「絶対いつかCAOを飼おう」と思いました。

一応、お伝えしておきますが、この犬舎の犬は、私が輸入した犬たちではありません。

1頭も輸入していません。

自分が輸入した犬を、こんな褒め方はしないです。恥ずかしくなります。

しかし本当に良い犬たちですよ。

本物です。本物。

動画を観ると、画面にホワイトシェパードが手前に映っていますので、その犬のほうが大きく見えますが、動画というのは、そのように映るんですよね。

実際は、CAOたちのほうがはるかに大きいですし、動画の中で、「間違いなく体重が70キロ以上ありますね」と言っていますが、オーナーの方に聞きましたら、白い犬は、もうすでに80キロを超えているとおっしゃっていました。

この動画の2頭の1歳の犬たちは、ロシアで交配して妊娠させたメスを日本に輸入して、そのメスから生まれた子犬ですから、100%本物のロシアのCAOです。

CAOの中でもアラバイです。

最高ですよ。

私は毎年、複数のヨーロッパのドッグショーで、たくさんのCAOを見ていますから、この2頭が本物なのはわかります。

今まで、たくさんのヨーロッパのドッグショーで見てきた犬たちの中でも、この2頭はトップクラスです。

良い犬を見ると興奮しますよね。

本当にCAOを飼いたいと思いました。

そして、オーナーはイスラエルの方です。

イスラエル人ですよ!!

イスラエルは世界でも特別です。

ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の全部の聖地があります。

つまり、ユダヤ教のエイブラハム、イスラム教のムハンマド、キリスト教のキリストが、神の啓示を受けた場所です。

モーゼが十戒を神様から伝えられたのも、イスラエルにあると思います。

すみません、モーゼに関しては、記憶が定かではないです。

もう一回、あとで調べてみます。

しかし、とにかく、イスラエルというのは特別な場所です。

私はまだイスラエルに行ったことがないので、常に、絶対行きたい国ランキングの上位に入っていますが、できるだけ早いうちに行こうと思っています。

奥さんが日本人の方で、現在、ご夫婦で四国に住んでいらっしゃいますが、イスラエルにも、何年も住んでいらっしゃって、そのときからCAOを飼っていたそうです。

ご主人が、結婚する前から、CAOをイスラエルで飼っていたそうです。

その犬たちを日本に連れてきたのが、最初の犬たちだそうです。

私は最初、CAOを飼っている。というお話しでしたから、知的に問題のある、体から臭い(くさい)臭いが立ち込めているような、下品なガマガエルのような人間なのではないか・・・と思っていましたら

イスラエル人だということを聞いて、急に、キリストが起こした奇跡によって湧き出した清らかな水の泉のような人のような気持になって、興奮してしまいましたw

世界の起源、神の啓示が何度もやってきている、奇跡の国であるイスラエルからやってきたブリーダーさんのCAOをご覧ください。

犬たちは、トルコメニスタンの世界的に有名なアラバイ犬舎から来た犬たちです。

https://youtu.be/XE4OaC9x2ao
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/09/15 (Sun) 10:04:28 URL Mail

2019年10月末よりCOOLDOGSは、東京都内に拠点を移転することになりました。

この2~3年のあいだ、ヨーロッパの複数の都市(ロンドン、バーミンガム、プラハ、フランクフルト)とニューヨークと東京の、どこに移転するか・・ということを、ずっと考えてきました。

本当は、極力、ヨーロッパの上記の都市のどれかか、ニューヨークに移転したかったんですが

COOLDOGSのクライアントの方々は日本の方ですから、日本に住んでいらっしゃる方々が海外からの犬の輸入を依頼されるわけです。

そのとき、初めてCOOLDOGSに依頼される方が、ヨーロッパやアメリカにいる私に、抵抗なく依頼されるだろうか・・・

と、この一点だけが問題でした。

私のことをご存知の方は問題ないかもしれません。

しかし初めて犬の輸入を依頼される方が、大金を預けなければならないにもかかわらず、ヨーロッパやアメリカにいる私に躊躇なく依頼されるだろうか・・・

おそらくそれは不安だと思います。

ですから、「私が、安心、安全な人間で、そして良い犬をストレスなく日本に輸入することができる」ということを、もっと多くの日本の愛犬家の方々に知っていただく必要がある。と考えました。

COOLDOGSも私自身のことも、まだまだ知名度が低いと思います。

ですから総合的に考えて、やはり東京で活動するべきだ。という結論に達しました。

それで2019年09月01日の朝・・・

朝起きてすぐ

「よし!! 今日東京に行ってオフィスを探そう!!」

といって、東京の賃貸マンション情報をネットで検索して、大まかな希望の物件をいくつか探して、都内の不動産会社に連絡して、すぐに東京行きのANAのチケットを買って、午前中のうちに東京に出発しました。

そして、(結局、自分が希望していたマンションとは違うものになりましたが)すぐに決めて、10月末には移転することになりました。

ですからCOOLDOGSは、2019年10月末より、東京で活動することになりましたので、よろしく願いいたします。

*COOLDOGSのHPの住所も新しいものに変えていますが、まだ完全には移転が完了していませんので、固定電話が開通しておらず、電話番号が私の携帯電話の番号になっています。11月中には新しい電話番号に変える予定です。
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/10/25 (Fri) 18:40:02 URL Mail

東京に引っ越してきて10日経ちました。

ようやく、少し落ち着いてきました。

まだ少々バタバタしていますが、六本木ヒルズの森ビルで開催されている、「バスキア展」に行って来ました。

森ビルの地下駐車場に車を駐車しましたが

ベントレーやマセラティやフェラーリやランボルギーニがたくさん止まっていました。

「おぉ、やっぱり良い車が止まってるねぇ(喜)。よーし、俺もベントレーを買って六本木のマンションに住むゾぉ!」

などと言いながら、森ビルの52階に向かいました。

東京のクライアントの方に誘われたんですが、本当は、まだ引っ越したばかりで、いろいろ忙しかったので、あまり行きたくなかったんですが

バスキアはブルックリン生まれのアーティストで、私の好きなタイプの作品を作っていましたので、その日にやるべきことを急いで終わらせて、一緒に行くことにしました。

毎年ニューヨークに行きますが、ブルックリン側から見るマンハッタンの風景が大好きなので、毎年、必ず、ブルックリンブリッジをマンハッタン側から歩いて渡って

渡ってすぐのところにある広い公園から、しばらくマンハッタンのビルや、遠くに見える自由の女神や、イースト川を走っているたくさんのボートを1時間くらい眺めています。

ですから、毎年、必ずブルックリンに行きますので、ブルックリンで生まれ育った黒人アーティストと聞くと、とても身近に感じていました。

またバスキアは、マンハッタンのソーホーのレストランで、アンディウォーホルと知り合って仲良くなっていった・・・という話を聞いて、私は20代からアンディウォーホルもソーホーも好きでしたから、よりいっそう興味が湧きました。

***マンハッタンにはソーホー地区という場所があって、アーティストやデザイナーやモデルなど、お洒落な人たちが集まるところがあります***

残念ながら、バスキア展の中の撮影はできませんでしたが、写真だけなら撮影してもいい、という作品がいくつかありましたので、動画の中にそれらを入れましたので、下の動画をご覧になってください。

そして、東京に来て1週間の、私の小さな東京のオフィスの動画もあります。

オフィスとは呼べないような小ささとベッドルームさなんですが(笑)

この小さなオフィスからスタートして、六本木のマンションを買って、新車のベントレーに乗るまでの、一人の日本人のさくせすすとーりーを、みなさんは5年後に目の当たりにすることになります!(鼻息荒男)

そしてそれにインスパイヤ―された、ここをご覧になっているみなさんも、あれよあれよという間に全員ZOZOTWONの社長的な人間になっていって、みんなで億ションとベントレーを買って、「わはは!わはは!」と言って、喜び続けるのであった・・・

バスキア展
https://youtu.be/rVQM_LZ_tvk

オフィスイン東京
https://youtu.be/Ipe9Yn8SnHo

Joel - Re:犬の雑談 2 2019/10/30 (Wed) 15:05:03 URL Mail

少々余裕を持ってお伝えしたかったので

「11月末までには固定電話が開通します」

と、1か月前にお伝えしていましたが

今日、10月30日(2019年)、固定電話が開通しました!

番号は、03-3577-7877です。

これで、完全に東京での仕事がスタートしました!

みなさんのご連絡をお待ちしています!

それで、嬉しかったので、動画を撮りました。

こちらです。
https://youtu.be/zx-p_OcEsmk
Joel - Re:犬の雑談 2 2019/12/01 (Sun) 20:21:31 URL Mail

お知らせです。

2020年2月上旬から、毎年おなじみの、Westminster dog showのためにニューヨークに行きますが、日本に帰ってきたら、すぐにまたシカゴに行かなければなりません。

「同じアメリカなんだから、ずっとアメリカ国内にいて、日本に帰らずに、シカゴの仕事が終わってから日本に帰ればいいのではないか」という意見もあると思いますが、そちらのほうが、はるかに費用がかかるんですね。

それで1回日本に帰ってから、またシカゴに行くんですが。

シカゴから日本に到着するのが3月2日なんです。

しかも犬と一緒に日本に帰ってきます。

私は、その日の前日の朝・・・(というか、午前3時くらいですから、まだ夜と言ったほうがいいような時間ですが)そんな時間にシカゴのホテルで犬と一緒に起きたら、レンタカーでシカゴのオヘア国際空港に行って、空港の駐車場に車を止めて、犬と一緒に航空会社のカウンターに行ってチェックインして、そのあとレンタカー会社にレンタカーを返して、また空港に戻ってきて・・・・ということをやらなければなりません。オヘア空港の駐車場が、どこから入ってどのように駐車していいのかもわかりません。

その日だけではありません。

このシカゴ行きは、ただ単に犬を迎えに行くために行くんですが、ブリーダーの自宅は、オヘア空港から600キロ離れたケンタッキー州にありますから、そこまで自分でレンタカーを運転して行かなければなりません。

日本でさえ、初めての土地に行って車を運転したら不安になりますよね。

仮に自分の車で行ったとしてもそうです。

しかし今回は、初めて乗るレンタカーで、左ハンドルで、右側通行で、初めて通るアメリカの土地を運転しなければなりません。

しかも、1年かけて、ようやく日本にやってくる、大切な犬を乗せています。

バリバリのショードッグで、しかも日本では希少犬の、数が少ない犬種です。

相当神経を使います。

目的地のケンタッキーのブリーダーの家まで到着するのに、いくつもの都市や町を通過しなければなりません。

しかも、これは、犬を日本に運ぶためだけに行きますので、航空運賃や滞在費のすべてが、その犬の日本までの輸送費ということになりますから、クライアントの方が負担しなければなりませんので、極力、費用を安く済むようにしなければなりません。

ですから、最も航空運賃が安い日を選んで行きますので、その日しかありません。

USDA(アメリカ農水省)の検疫の手続きも自分で行わなければなりません。

そして、午前3時に起きて、次の日の午後2時に成田に到着します。

24時間+11時間=35時間

35時間、寝てない状態で、成田で、その犬の検疫を済ませて、税関で手続きをして、その犬のクライアントの方に、成田で犬を引き渡さなければなりません。

USDAもそうですが、動物検疫というのは、何か書類に不備があると、「日本に入国できません」となりますので、猛烈に神経を使います。ですから、それだけでも疲れるんですね。

そしてすべてが終わると、ようやく2時間かけて、電車で東京都内の自宅に帰ります。

もう、とにかく、たくさんの、様々な障害物を乗り越えて、日本の自宅に帰ってきます。

トータルで40時間くらい寝てません。

それが3月2日です。

しかし来年のCruftsは、3月5日~8日です。

ですから3月4日には出発しなければなりません。

40時間寝てない状態で、3月2日の夕方から夜にかけて自宅に帰ってきて、次の日の3月3日だけ休んで、3月4日にはCruftsのためにイギリスに行く・・・そしてまた24時間以上寝れなくて、自分で車を運転して、バーミンガムのアパートまで行かなければならない・・・

これ大丈夫でしょうか・・

2月上旬のWestminsterから始まって、シカゴに行って、犬を連れてきて、1日休んでバーミンガムに行く・・・

いや、今までも、何度もこのようなことはあります。

しかし、日本に犬を連れてきた直後に海外に行ったことはありません。

それは、もし書類に不備があった場合、「今日は日本には行けません」となるからです。

2~3日、日本に行く日がずれたら、次の国にも出発できません。

ですから、せめて1週間くらい空けておかないと心配なんですね。

「じゃあ、Cruftsから帰ってからシカゴに行けばいいじゃん」と思いますよね。

しかし航空運賃が高額になるんです。

この犬種は、世界的にも希少な犬種で、子犬を購入するブリーダーを探すのも大変です。

そしてようやく探した、このアメリカのブリーダーは、「子犬を私の自宅に迎えに来てくれることが条件よ❤」と、最初に言いました。ですから絶対行かなければなりません。

しかしこの、犬を迎えに行く行為は、犬を日本に輸送するためだけに行われる行為ですから、その費用は、犬の輸送費ですから、クライアントの方が支払います。

ですから、できるだけ安くしなければなりません。

もちろん、この、子犬を迎えに行く仕事は、手数料無料で行っています。

完全なる実費だけです。

航空運賃、ホテル代、食費、レンタカーの費用、USDAの費用、日本の税関で支払う税金

これだけです。

これ以外には一切無駄遣いはできません。

犬を運べるできるだけ安い飛行機で、犬と泊まれるできるだけ安いホテルで、犬を運べるできるだけ安いレンタカーで、質素な食事をしながら、ブリーダーの自宅に行って、ブリーダーに気に入られるように接して、犬と一緒に日本に帰ってこなければなりません。

体力も使いますが、神経も使いますし、気も使います。

ですから、海外のドッグショーに行く場合よりも、数倍疲れます。

もちろん、ドッグショーに行く場合も、現在、犬を買おうとしているブリーダーに会いに行くときや、初めて会うハンドラーやジャッジに挨拶に行くときは、かなり緊張します。

当然、ドッグショー会場だけではなく、ブリーダー、ハンドラー、ジャッジの自宅に、自分で車を運転して行きますからね。

3時間以上運転して行くことも多いです。

途中で大雨になったり

伝えられていた住所に行ったら、何もない大草原の真ん中だったり

待ち合わせの場所を間違えて、「もうこのまま永遠に会えないんじゃないだろうか・・」と思って、途方にくれたり・・

様々なことがあって、緊張したり、不安になったり、喜んだり、落胆したり、いろんなことが起きます。

しかし、「海外に犬を迎えに行って、日本に連れて帰ってくる」ということが、最も緊張します。

通常は、犬だけを貨物で日本に送ることがほとんどだからです。

なんか、ずーっと、同じようなことを話していますが(笑)

今日、私が何をお伝えしたいのかと言いますと

来年のCruftsには行かない可能性がある。ということを言いたいんです。

3月2日に40時間寝てない状態で、犬を連れて日本に帰ってきて、3月3日だけ休んで、3月4日にバーミンガムに出発するのは難しいかもしれない。と考えています。

しかしわかりません。

極力、行きたいです。

CruftsとWestminsterとWorld dog showとEuro dog showには、毎年必ず、極力行きたいと考えています。

ですから、できるだけCruftsにも行こうと思っていますが

どうしても行けない可能性があります。

それをお伝えしようと思って、ずーーーっと長い話をしました。

「なんで、そんなに、Cruftsに行かない。というだけのことを、猛烈に説明しなければならないの?? あなたがCruftsに行こうと行くまいと、そんなの知ったことじゃないワ。行きたくなければ、勝手に行かなければいいじゃん!!」

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

自分の犬をイギリスから買うために、Cruftsで、ブリーダーに会ってきてほしいとおっしゃる方が複数いらっしゃいますし、まだ私に連絡してないだけで、そのように思っていらっしゃる方が、他にもいらっしゃるかもしれません。

また、自分の犬を買う理想の犬舎を見つけるために、Cruftsに出場している犬を見てきてほしいとおっしゃる方もいらっしゃいますし、「Cruftsに自分の犬を出陳したいので、ハンドラーを探してきてほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そして、今までにイギリスから購入した犬のことで、Crufts会場で会わなければならないイギリス人と、そのほかのヨーロッパの人たちもたくさんいます。

ですから、来年のCruftsに行けないかもしれない。ということは、たくさんの人に伝えなければなりません。

ですから今日、今、ここでそれをお伝えしています。

ここは、たくさんの方がご覧になっていらっしゃるからです。

来年のCruftsも、極力、行きます。

しかし、30%くらい行かない可能性があります。

70%は行きます。

ですから、おそらく行くんですが

行かない可能性もありますので、それを踏まえて、お考えになってください。

それでは失礼いたします。
Joel - Re:犬の雑談 2 2020/01/01 (Wed) 17:30:09 URL Mail

新年あけましておめでとうございます。

2019年はCOOLDOGSをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年も、より一層のサービス向上を図るよう、努めてまいります。

引き続きCOOLDOGSをご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


*COOLDOGSでは年賀状による新年のご挨拶を行っておりません。

ここで行うご挨拶を新年のご挨拶とさせていただいております。
Joel - Re:犬の雑談 2 2020/02/02 (Sun) 15:54:41 URL Mail

これは私が高校2年生のとき、友達の家で撮った写真なんですが

私は写真があまり好きではないので、ほとんど過去の写真が残ってないんですよね。

ですから、こんな写真しか残っていません。すみません。

このとき、イギリスのクラフトマンシップというブランドのサングラスを買って、「赤富士」という、東京の竹下通りと仙台と熊本にしかお店がなかった古着屋でスタジャンを買ったので友達に見せに行ったら、そのときその友達に写真を撮られたんだったと思いますが。記憶が定かではないです。

私は熊本市内で育ったんですが、中学生のとき、おっかけの女の子がたくさんいて、私が学校に行く通学路のいくつかの交差点や、学校の校門で待っている女の子たちがたくさんいました。

そして私の授業の時間割を調べていて、理科の実験や体育の授業で教室を出ていくと、目的地に到着するまでのあいだのいろんなところで待っていて、「キャー!!キャー!!キャー!!キャー!!❤❤」すごかったんですよ。

外で体育の授業があると、「○○さん頑張って~❤❤!!」と、校舎の、いろんな教室から大きな声で女の子たちが私の名前を叫ぶんです。

そして、もぉおのぉすごく頻繁に、「第二ボタンをください」と言われるので、ボタンを売店で買って、いつも3~4個ポケットに入れていました。

そしてボタンを女の子にあげると、すぐに新しいものに付け替えていました。

そして、「付き合ってほしい」とか、「交換日記をしてほしい」とか、なんとかかんとか、もう、毎日毎日、女の子たちが群がってきてたんですよ。

私たちのころは子供の数も多かったですから、ひと学年10クラス以上あって、500人以上いましたから、学校全体で1500人以上いました。

そして中学3年生のときは、他の中学の女の子たちも含めて、たくさんの女の子たちが、東京の芸能プロダクションに私の写真や手紙をじゃんじゃん送るものですから、「中学を卒業したら東京に来てアイドルになりませんか?❤」といって、東京の芸能プロダクションから、もうもうもうもう、ものすごく頻繁に電話がかかってきてたんですよ。あ、そうそう、私たちのころは日曜日しか休みではなかったので、日曜日の午後によく電話がかかってきていました。

中でも、ジャニーズ事務所には特に女の子たちが手紙や写真をじゃんじゃん送りますから、ジャニーズ事務所からも電話がかかってきていましたが、ジャニーさん本人からも何度も直接電話がかかってきて、

「○○くんさ~。東京に来てよ~」

「みんな待ってるよ~」

「東京に来てくれさえすれば、あとは全部僕がめんどうみるからさ~」

しかしジャニーさんは、自分の名前も何も言わずに

「僕だけどさ~」

といって電話してくるので

誰??

イタズラ電話かな??

しかし、なんか、昔から知ってる親戚のお兄さんみたいな話し方だし、俺の将来のことを真剣に考えている様子だし・・・

なんなんだこの電話???

と思っていました。

ジャニーさんは、自分の名前も、なんのために電話してきたかも、何も言わずに、ただ「東京に来てほしい」としか言わないんです。

行くわけないですよね(笑)

2回目の電話のとき

「将来、何になりたいの?」と言われたので

「医者になります」と言いましたら

「医者になるより儲かるよ~。仕事は遊びみたいだしさ~。楽しいよぉ!」

「お願いだからさ~。東京に来てよ~~~」

と、まるで電話の向こうで地団太を踏んでいるかのような言い方で言っていました。

遊びのような仕事で、医者より儲かる???

なんか変な勧誘かな??

だいたい、別に金が儲かるから医者になりたいわけじゃないのに。何言ってるんだろうこの人。そして誰なんだこの人???

なんで何度も電話してきて、俺をいったい何に誘ってるんだ???

そして、どんなに話しても私がYESと言わないものですから

「じゃ~さ~。考えが変わったらいつでも電話して来てね!待ってるから!ね!わかった??待ってるからね!!」

と何度も「待ってるからね」といって電話を切ったんですが

どこの誰からの電話かわからないのに、どこに電話しろって言ってるんだろう・・・??おかしな電話だな・・・??と、思っていました。

あまりにも変な電話だったので、今でも鮮明に覚えています。

それがジャニーさんだとわかったのは、私が40歳を過ぎたときでした。

ジャニーズ事務所のタレントが、最初にジャニーさんから電話がかかってきたときのことをテレビで話しているのを、たまたま観たとき

私とまったく同じようなことを言っていました。

「名前も言わずに、どこの誰かもわからない人から電話がかかってきて、イタズラ電話だと思った・・・」

「誰かわからないのに、昔から知ってる人のような、馴れ馴れしい話し方で、何の用事かわからないような電話をかけてきた・・・」

そのほかにもいろんなことを言っていましたが、私とまったく同じでした。

あーなんだ。あれはジャニーさんだったのか・・

あのとき東京に行っとけばよかったな・・

そのテレビを観た頃は、犬と暮らすために熊本の阿蘇の山の中に引っ越して、結婚もせず、一人で犬と一緒に暮らしていましたので、「あのとき東京に行ってれば、こんな寂しい暮らしをしなくて済んだだろうな・・・」と思いました。

そして!!

ここからが今日の本題です!!

COOLDOGSの犬の輸入のクライアントの方に、東京の芸能プロダクションの社長さんがいらっしゃいます。

その方が、「今度会って話をしましょう」と、おっしゃっていたんですね。

それは昨年の話しです。

昨年から私も東京に住むようになりましたから、会おうと思えばいつでも会える環境になっていました。

こ・・・これわ・・・

COOLDOGSのJoelとして、犬のことでタレント活動しませんか。というお誘いに違いない!!

あのときジャニーさんのところに行かなかった後悔をもうしたくない!!

今度は絶対、「YES!!」と言うんだ!!

それでその方と会ったら・・

終始犬の話しで、私が期待していたことなどとは、まったく、果てしなく無関係な話でした・・

会って最初の30分くらい、まるでオーディションを受けるかのように、ものすごく緊張していて、冷や汗を流しながら話していましたが

「今日は犬の話しだったんですか?」と言いましたら

「そうですよ」と、おっしゃったので

1分間くらい眩暈(めまい)がしながら、トイレに行ってみたり、水を飲んでみたりして落ち着かせて

5分くらいインターバルを置いて、「よし!」と気分を取り直して、ようやく平常心に戻りました(笑)

現在52歳、かああんぜええんんにオッサンになっていることを自覚した日でした。

一人一人のすべての人に、それぞれの人生があって、私は、今の私の人生を歩む必要があってそうしているのだ。この選択しかなかった。こうなるべきだったのだ。と思いました。

そして、ショーンKと同じ高校の同級生ですからちょっと胡散臭いんですが、一応、進学校で、医者や弁護士になる同級生はたくさんいますし、その高校に上位の成績で入学したんですが、小学校の低学年のころから、社会の人間たちが清らかでないことが嫌で、高校入学直後にそれが爆発して、こんな世の中で真面目に生きるのが嫌になり、一切勉強しなくなって、学校に行かずにコムデギャルソンで働くようになって、4年間かけて高校を卒業し、医学部にも進学せずに、入学した3流大学も辞めてアメリカに留学し、帰国後も放浪生活を送り、最終的に犬の輸入をしながら世界中を飛び回ってはいますが、東京のせまい5畳のワンルームに住んでいます。

52歳で1回も結婚せずに、子供もいない・・・

それどころか、20年くらい彼女さえいない・・・

部屋もすげーせまい・・・

これからどうなるのか・・・

普通の人なら不安でしようがないんでしょうけど

私の場合は、1ミリも不安じゃないんですよね~これが☆

それどころか、ものすごく明るい未来が待っているとしか考えられない!

私はこれからどんどん幸せになっていく予感がします。

ちょっとイカれてますよね(笑)
Joel

オーストラリアのドッグショー訪問

0 2019/12/13 (Fri) 16:43:46

毎年、キャンベラのクリスマスドッグショーに行ってますが、今年も行って来ました。

今回は、様々なことが起きました。

そのご報告をさせていただきます。

まず、羽田からシドニーに行って、シドニーからキャンベラに行きますが、シドニーからキャンベラに向かう飛行機の中で、何かおかしな現象が目に飛び込んできました。

山が燃えてたんです!

「山火事だ!」

どう見ても、明らかな森林火災でした。

・・・・すみません。

今日、オーストラリアから帰ってきたんですが

今、9:49です。

5:00に羽田に到着して、電車で1時間半かけて自宅に帰ってきました。

それから朝食を食べて・・・

それで、動画をチェックしながら、今になってしまったんですが・・・

眠くて眠くてたまらないんですよね・・・

一回、寝てから続きをご報告させていただきます。

・・・つづく

--------------------------

ハイ!起きました!

それで飛行機の中から外を見ると

大地が燃えているんですよ!(笑)

「なんだこれは!」(驚)

どういうことなんだ・・・

ものすごく広範囲に燃えている・・・

ビックリして、スマートフォンで撮影していましたが

「これは・・・今回は、何か波乱の旅になりそうだな・・・」

と、思いながら、キャンベラに到着しました。

今回は、いつも滞在しているお友達とは別のお友達の家に4泊して、そのあと3泊を、いつもの友人のところに宿泊することになったんですが

その最初の友人のところで、「シドニーからキャンベラに来るとき山が燃えてたよ」と言いましたら

「そうなのよ。もうずっと続いてるわ」と言って、巨大なテレビを点けてくれましたら

災害特別番組のようなものが、ケーブルテレビで24時間ずっと流れていて、現地のレポーターが状況を話しながら、スタジオにいるキャスターと話している映像が流れていました。

もう半年くらい燃え続けている。と言っていました。

オーストラリアは極端に雨が少ないので、一回火災が起きると、1年も2年も燃え続けるそうです。

夏も冬も乾燥していて、どこまでも果てしなく、自然に火が消えるまで燃え続けます。

すでに住宅も700軒くらい燃えてしまった。と言っていました。

「なんということだ。これは大変なことだ。」

日本に住んでいるだけでは見られない、大陸の森林火災を直接見られて、「これは貴重な体験をしたな」と思う反面、「キャンベラに来て早々、こんなことに遭遇するなんて、何か波乱の幕開けのような気がする・・」と思っていました。

その森林火災の生の映像
https://www.youtube.com/watch?v=hcj7AnVOhEg

キャンベラに到着した次の日

「昨日到着して疲れてるだろうから、今日は何もしないで、リラックスする日よ」

と友人のケリーから伝えられて、今日の予定は何もないということでしたので、「散歩がてら、スーパーマーケットまで歩いて行って、買い物してこよう」と思って、出かけました。

夏のオーストラリアは日差しが強いんですが、空気が乾燥していますので、不快感はありません。

爽やかな風が気持ちよかったです。

いつも海外に行くと、Googleマップのオフラインマップという機能を使って、カーナビの代わりにするんですが

今回滞在したところは、キャンベラの街の中心から車で20分くらいのところにある小さな町でしたので、目印になる建物が少なくて、方角もわからなかったので、何度も道を間違えて、ようやく到着しました。

「時間と太陽の位置を見れば、おおよその方角は想像できたんじゃないか・・・」と、あとになって思いましたが、今までどこの国に行っても、時間と太陽の位置などを確認する必要はなく、地図を見れば、ガソリンスタンドや病院やスーパーマーケットなど、目印になる建物がすぐに見つかったので、そのようなことを行ったことはありませんでしたが、今度から、何もないところに来たら、時間と太陽の位置で、方角を見極めなければならないな・・・と思いました。

滞在先の友人宅は、緑の中にある良い雰囲気の家で、2世帯住宅になっていて、キッチン、リビング、ベッドルーム、バス、トイレをすべて私一人で使用できました。

とても快適で、「来年から、ずっとここに滞在したいな・・」と思いました。

その散歩の動画
https://youtu.be/lvdcrfJ0Vbc

キャンベラに到着した次の日

今日はリラックスする日・・・ということでしたが

その日は12月6日でした。(2019年)

日本を出発する前にケリーから聞いていたのは、12月5日~8日まで、クリスマスドッグショーがある。ということでした。

12月の最初の週末ですね。

今日は6日です。

ケリーもダイも、何もドッグショーについて話しません。

お伝えするのを忘れましたが、ダイというのは、今回私が滞在しているところの友人です。

当然、ケリーとダイは親友です。

しかしおかしいですよね。二人ともドッグショーの話しを一切しないんですから。

それでその夜、「クリスマスドッグショーはいつからなの?そのために来たんだけど」とダイに言いましたら

「え??来週からよ!」

「マジで??そのために来たんだけど!」(笑)

と言いましたら、ダイが、急いでスマートフォンで、他のドッグショーが開催されてないか調べてくれました。

そうしましたら、次の日にシドニーで開催されていることを見つけてくれました。

それで急遽、シドニーのドッグショーに行くことになりました。

キャンベラからシドニーまでは約275キロの距離が離れていて、車で3時間くらいの行程です。

私は、日本から国際運転免許証を持ってきていましたが、ダイの家の車は私の運転を保障する保険に入っていませんから、ダイの旦那さんのニールがシドニーまで私を乗せていってくれることになりました。

途中、このスレッドの最初にお伝えしました森林火災が燃え広がっている近くを通っていきましたが、巨大な煙が、まるで火山の噴煙のように上空に上がっていました。

毎年12月にオーストラリアに来ますが、夏のオーストラリアは乾燥していて雨が少なく、2か月くらい1日も雨が降らないこともあります。

日本の夏は梅雨の時期だけでなく、梅雨明け後も、ほとんど毎日のように雨が降りますので、湿気が多く、植物は青々と生い茂っていますが、オーストラリアはぜんぜん雨が降りませんので、とても乾燥していて、多くの植物は枯れていて、一旦火が付くと、広大な大地にあっという間に燃え広がっていきます。

しかし私は不謹慎ですが、めったに見られない、何か大きなイベントにでも遭遇したかのような高揚感を感じていました。

シドニーまでの道のりは、ものすごくまっすぐの道路が、どこまでも続いていますので、私は途中で何度も寝てしまって、運転しているニールまでウトウトして、何度も事故を起こしそうになりながら、シドニーまで向かいました。

実際にオーストラリアでは、この、どこまでもまっすぐに続く道路のせいで、居眠り運転による事故が多いそうです。

また、ものすごい数の野生のカンガルーが、そこら中に生息していますので、車と衝突事故を起こして、道路わきに死んでいる光景を1キロおきに見せられます。

しかしカンガルーは夜行性ですから、活動しているカンガルーを昼間見ることはできません。

いつもケリーと車に乗っているとき、「カンガルーは昼間は寝てるんだよね?」と聞くと、「そうよ。ほら、そこに寝てるわ❤」と言って、道路わきに死んでいるカンガルーを指さして、「キャハハハ❤」と笑っています。

私も一緒に軽く笑っていますが、私の心は、「ケリーは冗談で言ってるので、当然俺も笑わなきゃいけないんだけど、これは、どれくらいのエネルギーで笑えばいいのだろうか・・」というような心の動きをしながら笑っています。

もちろん、上記のようなことを考えて笑っているわけではなく、そういう心の動きをしているだけですが・・

簡単に言うと、笑っていいのかどうかわからないけど笑っている。というような状態です。

いつもこのとき、「もっと明るい気持ちで、一点の曇りもなく笑うことのほうが正しいんだろうか・・・日本人だからだろうか・・・いや、他の日本人はケリーと同じように笑えるんだろうか・・・俺だけが暗いんだろうか・・・」と、しばらく黙っていることがあります。

そんなことを考えつつ、真夏のオーストラリアの爽やかな風の中を、275キロ進んでシドニーにやってきました。

この会場は、NSW(ニューサウスウェールズ)の犬の組織の本拠地で、そのためだけの施設です。

昨年もここに来ましたので、よくわかっています。

ちなみに、キャンベラのドッグショーは、キャンベラの犬の組織の本拠地で行われます。

簡単に言いますと、犬のクラブですね。

NSW州の犬のクラブとキャンベラの犬のクラブです。

毎年オーストラリアに来て、ケリーもダイもキャンベラのクラブでは中心的存在ですし、シドニーの人たちにも知人が多いので、私も、キャンベラとシドニーに多くの知人ができました。

シドニーのドッグショーは、そこまで大きなものではありませんでしたが、そのドッグショーはチャンピオンシップショーで、たくさんの犬種が参加していました。

ドッグショーの動画
https://youtu.be/oUi-mpfXGJk

キャンベラの郊外にある、Cotter Bend(コーターベンド)というところに行って来ました。

Cotterですから、コッターと言いたくりますが、オーストラリアの人たちは、「コーター」と言っていました。Google mapにも、「コッター保護区」と記載してありますが、絶対に「コーター」です。

「コッターじゃなくて、コーターなの??」

「そうよ。コーターよ❤」

と、ケリーも言っていました。

ケリーは美容師なんですが、とても明るい女性で、私のような暗い日本人を毎年キャンベラに迎えてくれて、私を、ドッグショーとブリーダー宅に案内してくれるのはもちろん、キャンベラの街やオーストラリアの大自然の中を案内してくれたり、バーベキューや様々なパーティなどを企画してくれて、とても感謝しています。

このCotter bendは、キャンベラの郊外と言いましても、キャンベラの中心から車で20分くらいのところですから、キャンベラの中にあると言ってもいいところです。

私たちが遊んでいたところは、ダムの下に位置していて、ダムから流れてくる川で水遊びをしたり、キャンプを楽しんだりできるところでしたが、この周辺一帯が保護区になっていて、キャンベラの人たちの憩いの場所になっています。

ここには、公共のバーベキュー施設があり、電気のバーベキューコンロがたくさんあります。

これらを誰でも無料で、好きなときに自由に使用することができます。

また、管理人も誰もいません。

日本では考えられませんよね。

もし日本にこのようなものがあったら、予約をして、有料で使用しなければなりません。

また、夜間、何者かにイタズラされて、すぐに使用できなくなると思います。

「日本は治安がいい国だ」などと言われますが、それは、優秀で数が多い警察によって維持されている治安なのではないか・・・人々の平和に対する意識は白人のほうが強いのではないか・・・と思いました。

そこでバーベキューをして、ケリーとケリーの家族と一緒に、川が泉になっているところで泳ぎました。

水着を持って行っていませんでしたから、ショートパンツを買って泳ぎました。

最初、「ただの川か池じゃん。こんなところで泳ぐんだ!?」と思いましたが、実際に水に入ってみると、深いところは水深が2メートル以上あり、水もキレイで、森の中の泉といった趣(おもむき)でした。

その森の中の泉で、みんなでボール投げをして遊んでいましたが、そのボールはラグビーボールでした。

子供たちも、学校でよくラグビーをして遊ぶんだと言っていました。

子供のころからみんなラグビーをやっているから、オーストラリアはラグビーが強いんだな・・・と思いました。

そしてその泉で遊んでいましたら、ウォータードラゴンという、緑色の、イグアナそっくりの大きなトカゲがいました。

大きさも形もイグアナそっくりです。

シッポの先まで入れると1メートルくらいの大きさです。

オーストラリアは、大自然の中に都市がありますから、日本では見られないようなカラフルな鳥や、珍しい生き物たちが、そこら中に生息しています。

そのときの動画
https://youtu.be/d53RokgKB_k

Shepherds Lookout(シェパーズ・ルックアウト)

Lookoutは展望所という意味です。

ここに行って来ました。

毎年サマークリスマスドッグショーのためにキャンベラに来ていますが、お友達のケリーが1週間間違えてしまって、今回はそのドッグショーに行くことができませんでしたので、仕方なくキャンベラの観光をしていました。

通常、旅行というのは観光をメインに行うものなんでしょうけど、私は観光は面倒なんですよね。

ですから観光のために旅行をしたことは一度もありません。

海外に行くときは、必ず、何か目的があって行っています。

もちろん、そのついでに観光を行うことはあります。

しかし観光だけの目的でどこかに行くのは退屈で面倒です。

ですから観光だけにならないように、今回も、キャンベラのクリスマスドッグショーには行けませんでしたが、シドニーのドッグショーに行って、新しいブリーダーのお友達を作って、キャンベラでも、積極的に、いろんなブリーダーと接触していました。

ただ今日は完全にOFFの日でしたから、Shepherds Lookoutに行って来ました。

そこは、ケリーの自宅から車で5分~10分くらいのところにあるところで、キレイな水の川が流れています。

駐車場から300メートルくらい歩いて行かなければならないところでしたが、12月の夏の日差しが強く、35度くらいの気温で、2メートルくらいの毒ヘビと毒グモがそこら中にたくさんいるところでした。

私は動画の中で、「ガラガラヘビがいるみたいです」と言っていますが、正確にはガラガラヘビではなく、イースタンブラウンスネークという極めて毒性の強い毒ヘビを中心に、何種類もの世界有数の強力な毒ヘビがオーストラリア全土に生息しているらしく、特に川の近くのブッシュなどには数が多いようで、私が川を撮影するために、ほんの10メートルか20メートルくらい横道にそれただけで、ケリーとプンバは心配そうにしていました。

その心配そうな様子が、ものすごく心配そうだったので、「かなり危険なヘビなんだな・・」と思いました。

そのときの動画をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=2q7wHVytjqs

*イースタンブラウンスネークは、その名前の通り、オーストラリアの東海岸に生息しています。

オーストラリアの東海岸にある都市は、ブリスベンやゴールドコーストから、ニューカッスル、シドニー、キャンベラなどが含まれます。

日本に帰る前日

今回私がオーストラリアに来て4泊した家のオーナーで、ケリーのお友達のDi(ダイ)が主催している、ドッグショーのトレーニングが、毎週水曜日に開催されるそうで、それに行って来ました。

ダイが先生で、みんなにドッグショーの練習をさせていました。

この会場は、キャンベラの犬のクラブの本拠地で、キャンベラでドッグショーがある場合は、いつもここで開催されます。

シドニーには、NSW(ニューサウスウェールズ)州の犬の本拠地があります。

今回も行きましたが、シドニーのドッグショーやNSWのショーは、いつもそこで開催されます。

毎年4月にあるイースターのドッグショーだけは、シドニーのオリンピック会場跡地で行われます。

日本に帰る前日、オーストラリアの有名な柴犬ブリーダーのアナレイが、仕事の終わりにケリーの家に私を迎えに来てくれて、一緒に車でアナレイの家に行きました。

オーストラリアに最初に到着したときにお伝えしましたが、今回は、森林火災が酷くて、いつ風向きが変わって、自分たちの家が燃えてしまうかわからない。という状況にみんないましたから、アナレイの家にも1泊する予定だったんですが、結局、ダイとケリーの家にしか宿泊しませんでしたが、本当は、ダイとケリーとアナレイと、ボーダーコリーとシェパードのブリーダーのレイリーンの家にも宿泊する予定でした。

レイリーンは日本に10年間住んでいた経験があって、茨城だったと思いますが、関東で、ドッグトレーナーの仕事をしていました。

しかしレイリーンの自宅は、森林火災がすぐ近くまで来ていましたので、煙でノドをやられていて、しかも、いつ自分の家が燃えるかわからない状況だったので、毎日猛烈なストレス下におかれていましたので、私と一緒に楽しいひと時を過ごすなんていう精神状態ではない。ということで、今回はレイリーンには会うことすらできませんでした。

ただアナレイは、なんとか会うだけでも会いたいと言ってくれて、仕事終わりに車で迎えに来てくれました。

そしてアナレイの自宅に来ましたら・・

昨年も行きましたので知っていましたが、柴犬がたくさんいて

果てしなく遠くまで見渡せる、風光明媚なところだったんですが、やはり森林火災の煙で、靄(もや)がかかったようになっていて、遠くまで見えなくなっていました。

しかし、「ほらこれ見て❤」といって、生ビールのサーバーを見せくれました。

キッチンを改造して、バーカウンターにある生ビールのサーバーのように、ビールを注ぐ部分だけがカウンターから出ているような、本格的なものを作っていました。

そしてアナレイの息子の・・・名前を忘れてしまいましたが、マイケルとかなんとかいう男の子が、「Joel、ビール飲みなよ!」と言って、グラスに注ごうとしましたが、「いや!いい!いい!」と言いましたら、「なんで??なんで??」と、とても不思議そうにしていました。

それで一口だけ飲みましたが、白人は、日本人の体にアルコールを分解する酵素が少ないことがわからないんですよね。

自分たちはアルコールを飲んでも、どんどんアルコールを体が分解していきますから、ただ美味いだけで酔わないですが、日本人は酔いますからね。

もちろんすべての日本人がそうではありませんが、私は酔います。

まあ、1杯くらいなら大丈夫なんですが、そのときは飲みませんでした。

「来年ここに泊まって、一緒に飲もうよ❤」とアナレイは言ってました。

それからしばらくアナレイの家にいて、そのドッグショーのトレーニングを見に行きました。

毎年12月にオーストラリアに来ますが、今回は、ダイの家に泊まって、シドニーのドッグショーに行き、ケリーの新しい家族とバーベキューをやって、森の中の泉で泳いで、アナレイの自宅に行って、最後はキャンベラの愛犬家たちのドッグショーの練習を見に行きました。もちろんそのあいだにも、いろんなことをやってますが、ここでは割愛させていただきます。

ドッグショーのトレーニング
https://youtu.be/Lmm_VgazWF8

1年前(2018年12月)に行ったアナレイの自宅
https://youtu.be/qei1qMVvLfM

----------------------
日本に帰る日

「プライオリティパス」というカードをご存知でしょうか?

ご存知ない方はネットで調べてください。

年間4万円くらい支払うと、このカードを持つことができますが、楽天のゴールドカードを持っていると、年間1万円くらいの、その楽天ゴールドカードの会費だけで、このプライオリティパスを持つことができます。

私も、楽天ゴールドカードによって、このプライオリティパスを持っています。

これを持っていると、世界中の空港のラウンジを無料で利用することができます。(航空会社のラウンジではなく、プライオリティパス専用のラウンジですからお間違えのないようにしてください。例えば、プライオリティパスでANAのラウンジは利用できません。同じように、シンガポール航空やニュージーランド航空などのラウンジも利用できません。航空会社のラウンジは別の資格が必要です)

しかしシドニー空港には、他の国にない、ビックリするような利用方法があります。

シドニー空港には、プライオリティパスのラウンジは、スカイラウンジというものがありますが、それだけでなく、このプライオリティパスを見せるだけで、36ドル(約3000円)分無料で食事ができるカフェやレストランが4軒あります。

4軒ハシゴしても、毎回36ドル分無料で食事ができます。

しかしそんなにたくさん食べることはできませんし、そんなにガツガツしたくないので、最初に日本からシドニーに到着したときと、シドニーから日本に帰るときに、1回ずつ利用しましたので、ご紹介しておきます。

みなさんがシドニー空港に行かれたときの参考にしてください。

シドニー空港国内線ターミナルMOVIDA
https://youtu.be/tXxXhZh9wDs

シドニー空港国際線ターミナルBetter BURGER
https://youtu.be/NsHOb_l4nzk
Joel

EDS 2019

0 2019/06/23 (Sun) 05:14:28

Euro dog show 2019

ユーロドッグショー2019

オーストリアのWelsで、ヨーロピアンドッグショー2019が開催されました。

そのご報告をさせいただきます。
Joel - Re: EDS 2019 2019/06/23 (Sun) 05:57:47 URL Mail

今年のEDS(ヨーロピアンドッグショー)は、オーストリアのWelsという町で開催されましたが、ドッグショー運営が悪いといって、みんなブーブー言っていました。

今回はヨーロッパのお友達と一緒に行動していましたので、毎日、あまり長時間ドッグショー会場にいませんでしたので、日本人の方は見かけませんでした。

ワールドドッグショーは、毎年日本人の方も、ごく少数ですが、いらっしゃいますが、ヨーロピアンドッグショーは、あまり日本の方は見かけないことが多いです。

JKCの方や日本人ジャッジの方などはいらっしゃると思いますが、自分の犬を出場させて、その犬を見に来ている方や、ただ観客として来られている方は少ないです。

ヨーロッパのハンドラーに犬を預けて、自分の犬を出場させている方はいらっしゃると思います。

私も何頭か、クライアントの方の犬を出場させていました。

ショー会場の様子の動画
https://youtu.be/cU-xUxx6BDo
Joel - Re:EDS 2019 2019/07/01 (Mon) 08:39:55 URL Mail

今回のヨーロピアンドッグショーは、会場の運営が史上最悪だといって、みんなブーブー言っていましたが、2日目の朝、みんなが会場に入るときに、会場前でトラブルが発生していました。

私はまだリンツのアパートにいて、朝食を食べていました。

そうしましたら、会場に入れなくて、会場の前に大勢が立ち往生している様子を、「もう最悪よ!今回のヨーロピアンドッグショーは!史上最悪!」といって、お友達のヨーロッパの女性がfacebookに投降しましたので、すぐメッセンジャーで、「どうしたの?」と尋ねましたが、返信がないので

「あれ?おかしいな?」と思って、急いで会場に行って、その友達を探して、彼女に聞きましたら、「みんな会場に入れなくて、大変だったのよ!」と言っていました。

私が彼女にメッセージを送ったときは、まだ彼女自身も会場前にいて、ドタバタの中にいましたので、返信できなかったそうです。

下の動画は、そのお友達の投稿ではありませんが、そのときの様子を、誰かがfacebookに投降したものです。

もし仮に日本で同じように会場の運営が悪くても、絶対こうはなりませんよね。

日本人は文句を言いながらも、黙って待ちます。

これは白人文化特有のものだと思います。

怒って、強硬な行動を起こします。

ぜんぜんバカにしているわけではありませんが、ちょっと面白いですよね。

https://www.facebook.com/vlasta.wawusha/videos/10217011275187939/
Joel - Re:EDS 2019 2019/07/06 (Sat) 12:15:07 URL Mail

今回のヨーロピアンドッグショーは、ヨーロッパのお友達の女性と一緒に行動していましたが、「ドッグショーの運営がよくない」ということと、「ジャッジが良い犬を選ばない」ということを、その友達がしきりに言っていて、「面白くないからどっか行こう」と言うので、そこから100キロくらい離れているザルツブルクに行きました。

ザルツブルクには、ホーエンザルツブルク城というお城があって、世界的に有名な、ザッハトルテというチョコレートケーキが誕生した、ホテルザッハーというホテルがあります。

また、モーツアルトが生まれた生家と、彼が25歳まで暮らした自宅があります。

そして、モーツアルトクーゲルというチョコレートがあります。

ですから、「ホーエンザルツブルク城を見て、オーストリア料理を食べて、デザートに、ホテルザッハーでザッハトルテを食べて、モーツアルトの生家と自宅を見て、モーツアルトクーゲルを買って帰ろう」ということになりましたが

「わたし、車の運転できな~い❤♪」

などと、アホな女性大生のような言い方でその女友達が言うので、しばらく、体をコチョコチョしたりしていましたが、仕方なく、私が運転してザルツブルクに行きました。

アウトバーンを時速150キロで行きましたが、私の車を猛スピードで抜いていく車がたくさんいました。

*アウトバーンは、制限速度のないドイツの高速道路ですが、過去にドイツの支配下だったオーストリアは、ドイツの影響を強く受けている部分があって、オーストリアにもアウトバーンがあります。ちなみに私は、2017年のドイツのライプツィヒで開催されたワールドドッグショーのときは、毎日、アウトバーンを運転してドッグショー会場に通っていました。

そしてザルツブルクに到着して

Googleマップで調べていた、イイ感じのオーストリア料理のレストランに行きましたら・・

食べている途中で雨が降り出してきて、それからしばらく雨が降っていました。

それで、雨が小降りになるときを見計らって、急いでモーツアルトの自宅に行きましたが、もう午後5時だったので、中に入ることができませんでした。(モーツアルトの自宅の見学は午前9時~午後5時まです)

それで、「ザッハトルテを食べに行こう!」と言って、ホテルザッハーに行こうとしたら、モーツアルトの自宅からすぐのところにホテルザッハーはありました。

歩いて30秒、走ったら10秒で見えます。

まあ、ホテルの中に入るまででしたら、歩いて3分、走ったら1分という感じでしょうか。

とにかくすぐ近くです。

そして、ホテルザッハーのカフェに入って、ザッハトルテを食べました。

そのホテルで誕生したケーキを、そのホテルで食べたんですよ!

最高!

本当に美味かったです。

そのあと、ハルシュタットとウイーンでザッハトルテを食べましたが、やはりホテルザッハーのザッハトルテが一番美味かったです。

みなさんも、オーストリアに行かれたときは、ザルツブルクのホテルザッハーに行って、ザッハトルテを召し上がってください。

そうして、ホテルザッハーを出ましたが、雨も降っているし、もう午後7時くらいになっていましたので、「帰ろう」ということになって、ザルツブルク中央駅の近くの車を止めていたショッピングモールまで歩いて帰る途中でモーツアルトクーゲルを買って、車に乗って帰る途中で、遠くから、ホーエンザルツブルク城を見て、リンツに帰りました。


ドッグショーの様子
https://youtu.be/AMM40E4z9mI

オーストリア料理レストラン
https://youtu.be/8fMPM5qAInE

ザッハトルテ
https://youtu.be/PDkpMcflLlk

ホテルザッハー
https://youtu.be/urS7Tg8al4Y

ホーエンザルツブルク城
https://youtu.be/tHl7NDJh6T0

モーツアルトクーゲル
https://youtu.be/LzCEsVLgPsg
Joel - Re: EDS 2019 2019/07/09 (Tue) 10:22:50 URL Mail

ヨーロピアンドッグショー最終日

もう最終日です。

最終日は土佐犬のリングに行きました!

COOLDOGSのここをご覧になってくださっている方々の中にたくさんいらっしゃる土佐犬愛好家のみなさんのために!

しかしその前に。

今回は、ヨーロッパのお友達の女性と一緒に行動していたということを、ずっとお伝えしていますが

オーストリアに行く前の日本にいるときからその人と話していたんですが

が・・・を、2つの文章に続けてしまいましたが・・・(ていうか、これで3つ目)

オーストリアといえば何でしょうか?みなさん?

そう!

スイーツと美しいアルプス山脈の自然です!

映画サウンドオブミュージックが撮影されたのもオーストリアです。

サウンドオブミュージックはザルツブルクで撮影されました。

そしてザルツブルクへはドッグショー2日目に行って来ました。

そして、リンツのアパートに滞在していますから、リンツ生まれの世界初のケーキである、リンツァートルテと、世界的に有名なチョコレートケーキのザッハトルテが生まれた、ホテルザッハーでザッハトルテを食べて、これも世界的に有名なチョコレートの、モーツアルトクーゲルを、そのチョコレートの本家本元の製造元である、フュルストというお店で買って食べました。ですから、すべて本物を食べました。

となると!

次は何ですか!

そうです!

アルプスの自然です!

オーストリアに行く前から私は調べていました。

アルプスの山の中にある湖の町

ハルシュタットという町を!!!

この湖の町の写真を見たとき

絶対ここに行く!と思いました。

行って来ましたよ。

そのヨーロッパのお友達と一緒に。

けしておーすとりあわ、おとこともだちとふたりでいかないでください・・・

バラの花が咲き乱れているバラ園に、男友達と二人だけで一緒に行っているかのような、気持ち悪い状態になります・・・

・・・ハルシュタットはとても美しいところでした。

ただ、世界中のどこの観光地もそうなんですが

中国人だらけで

それがちょっと・・・

いや、私は一切の差別を行わない人間です。

性別、病気、国籍、人種、年齢、学歴、知的レベル、ファッション、音楽、芸術、宗教・・・すべてです。

あらゆるすべての差別を行いません。

ですから、トランプも身体障害者の花子ちゃんもブラッドピットも、近所のお百姓さんの森永さんも私自身も、世界中の人は、ゼロ歳児から100歳児まで、全員同じで何も変わらないと思っています。

ブラッドピットを自分より上だと思って、身体障害者の花子ちゃんを自分より下に見る人間は、私は差別主義者だと思いますから

芸能人やタレントにサインをもらったりする人間が、とてもとても、果てしなく未熟で、低レベルな人間に見えます。

私は、ブラッドピットも身体障害者の花子ちゃんも、自分とまったく1ミリも変わらない同じ人間として接します。

ですから中国の方々を差別しているわけではなく、同じ地球という星に住む家族として、白人も黒人もインディアンもヒスパニックもアラビックも黄色人種も、みんなが気持ちよく暮らせるようにしたほうがいいのではないか・・・という観点から、中国の方々に、他の人たちが不快に思うことはやめてほしいと思っているだけです。

とにかく中国の人たちは、マナーが悪すぎます!

どこだろうと、ものすごく大きな声で話しますし、ガンガン他の人にブツかっても、知らん顔をしていますし、そこら中にゴミを捨てますし、レストランでテーブルの上を猛烈に汚くして食べますし、レストランのトイレにおしっこをまき散らしますし・・・

なんでトイレにおしっこをまき散らすのか理解できないんですよね・・・

そして世界中のどこに行っても、かなり頻繁に、私も中国人だと思われて、レストランや様々なお店に入った途端、嫌な顔をされることがあります。

あとで日本人だとわかると、「ああなんだ日本人か」と、急に愛想が良くなることもありますが、お店の人と何も話さないことが多いですから、ずっと中国人だと思われて、ずっと嫌な顔をされたまま店を出ることが多いです。

はーーーー・・・・(溜息)

なんでこんな目に遭うんだろうか・・・・と、どこの国でも、この同じシチュエーションで、残念な気持ちになることが多いんですが

欧米の白人のたくさんのお友達に同じ質問をしたことがありますが、白人から見ると、中国人と韓国人と日本人は、一切、まったく区別がつかないそうですから、仕方ないですね。

中国人だけがマナーが悪いんですけどね・・

もちろん、そうではない中国の方もいらっしゃるはずですから、中国人をすべてひとくくりにして、「中国人はマナーが悪い」とは思いたくないんですが・・・あまりにも、そういう人が多いので・・・

まあいいです。

中国の方々が変わっていくことを祈っています。

しかしハルシュタットは、とても素晴らしい最高の町でした。

完全におとぎの国の世界です。

こんなところが本当に実在するんだな・・・と思いました。

レストランでは、肉料理と一緒に、この湖で獲れたマスの料理も食べました。

動画をご覧ください。

https://youtu.be/5vG2Kcm8O2Q

https://youtu.be/-TlYjquGpJI
Joel - Re:EDS 2019 2019/07/12 (Fri) 22:24:08 URL Mail

ヨーロピアンドッグショーには土佐犬が出場しています。

今年も土佐犬のリングに行って来ました。

私が日本人だということと、日本語で話しながらビデオを撮影していますから、多くの人が自分の犬たちを見せに来ます。

「どうですか、私の犬は。見てください!」という感じです。

「うーん・・・そうじゃな・・・まあまあじゃないか・・・ふむふむ・・・」

などというように、まるで土佐犬博士のような、偉そうな雰囲気では話しませんが、私の好みの土佐犬の基準を元にして見ています。

「この部分が良くない」などということは一切言いません。

「イイと思うよ!」としか言いません。

当然ですよね。

もちろん私にも好みがありますから、この犬よりこっちのほうがいいとか、この犬はこの部分がこうだったらいいのに・・・などと思うことはたくさんありますが、少しでもネガティブなことは一切言いません。

まあ、当然ですよね。

しかしすべての犬種に言えることですが、動画の中では、思ったことをそのまま言っていますので

最近は、日本語のわかる友達に、私が何を言ってるのか訳してもらっている海外の人もたくさんいるようですから、だんだん正直な感想を言えなくなってきています。

正直に何でも言っていると、悪口を言っている。と感じてしまう人がいて、一回、ヨーロッパのハンドラーに不満を言われたことがあります。

「私たちのことを動画で話さないで!そしてブログに書かないで!」

「わかった。動画では何も言わない。しかしブログでは、誰のことを話してるのか、読んでる人にはわからないんだからいいだろ。ブログはほとんど日本人しか見てないんだから」

「いや!私にはわかるんだから!それが私のことだって!」

読んでる人には誰のことかわからないのに、自分のことを書かれるのが嫌だという心理はよくわからなかったんですが、日本人の女性にも同じことを言われましたので、もう海外の人のことも日本人のことも、誰のこともここには書かないことにしました。

あー・・しかし、こういうことを書くと、「また書いてた」といって怒られるんですよねー・・・めんどくせ

この、「めんどくせ」などと書くこともまた、気持ちを逆なでするみたいなんですよねー

過敏すぎる・・・

いや、この「過敏すぎる」も問題なんですよね

もー知らん!

うるさい!

だいたいここは、ブログじゃなくてBBSなんですけどね

まあ、私しか書き込んでいませんから、完全にブログ化していますよね。

とにかく!

ですから、ここにも、動画の中でも、もう他の人のことは何も言えなくなりました。

ヨーロッパの土佐犬は、すべて日本からヨーロッパ、アメリカに送られた土佐犬たちの子孫です。

ですから完全に日本の土佐犬なんですが、とてもキレイな犬たちもたくさんいます。

しかし中には、やはり、手が付けられないほどの暴れん坊もいます。

ゴジラのような座った目で、近くに犬が来ると、ガオガオ言ってる犬もいました。

今回のヨーロピアンドッグショー2019のオーストリアの報告はこれで終了です。

次の日、日本に帰る前日でしたが、今回ずっと一緒に行動していたヨーロッパのお友達の女性と二人でウイーンに行って来ました。

前に報告させていただきました、ザルツブルクとハルシュタットとは反対の東の方角に、滞在していたアパートのあるリンツから2時間、200キロの距離を、アウトバーンを運転して行きました。

またしても今回も、私一人が運転して行きました。

私が頑張って運転していたからでしょうか。

夕方リンツに帰るとき、リンツ直前のアウトバーン内のサービスエリアでガソリンを入れたんですが、私とお友達がトイレに行ったりして、モタモタしていたからだと思いますが、スタンドの店員が、間違えて、私の車のガソリン代を他の人に払わせてしまって

店員は頭をかかえていましたが

「もういいです」

と言って、私からは、2本のミネラルウォーターの300円くらいしかもらいませんでした。

私の車のガソリンタンクはほとんど空の状態でしたから、料金は67euro(ユーロ)=約8000円だったんですが、300円しか払いませんでした。

「あいつが何か見つけたり、考えが変わる前に行こう!(喜)」

といって、急いで出発して帰りました。

そして。そのまた次の日に日本に出発しましたが、朝、空港に行く前に、リンツの街を見下ろせる小高い丘の上にある修道院に行って、最後にリンツの街を見て空港に行きました。

そしてリンツからルフトハンザ航空でフランクフルトに行って、日本に出発するANAの飛行機に乗り換えるとき

ルフトハンザの自分の座席の前の物入に、パスポートを忘れて飛行機を降りてしまいました。

別に何でもないことですよね。

飛行機を降りて、バスに乗ってすぐ気づきましたから。

航空のターミナルに着いてすぐに係りの人間にそのことを言いました。

当然、自分の乗ってきた飛行機の便名とシートの番号も伝えました。

そこから、あそこに行って、ここに行って、あっちに行って・・・

ヨーロッパ随一のハブ空港であるフランクフルト空港の中を大冒険させられて、誰も行ったことがないような地下の、落とし物を収集するところに行かされて

飛行機を降りてすぐに気づいたのに

到着から2時間も待たされて、ようやく自分のパスポートが返ってきました。

はーーーー・・・

大変でした。

しかしオーストリアは最高の国でした。

大自然が広がっていて、その自然もとてもキレイで、街の雰囲気も爽やかで美しくて、人々は優しいですし、「幸せに暮らせそうな国だな」と思いました。

ドッグショー最終日の土佐犬の動画、ロットワイラーの動画とあわせまして、ウイーンの中心部と、そのフランクフルトのパスポートを受け取るときの様子もご覧ください。

土佐犬1
https://youtu.be/mj_IkdEQdhY

土佐犬2
https://youtu.be/RfDqJ1qkO_c

ロットワイラー
https://youtu.be/rv8hkdTD7c4

ウイーンの街の中心
https://youtu.be/tBKYsKiaYF8

丘の上の修道院からのリンツの街
https://youtu.be/LfLYU1GsO5k

フランクフルト空港
https://youtu.be/4r2cXJVRVO4
Joel

WDS in Shanghai

0 2019/05/01 (Wed) 22:16:38

ワールドドッグショー上海2019

ワールドドッグショーで上海に来ています。

毎年、ワールドドッグショーはヨーロッパで行われますが、今年はアジアで・・・しかも中国で行われます。

どのようなワールドドッグショーになるのか興味がありますね。

中国は、街中で写真を撮っただけで、スパイ容疑で逮捕される。などという話しですから、どれくらい撮影していいのかわかりませんが、頑張って撮影してきます。

それでは!

ワールドドッグショー上海をご紹介します!

Joel - Re:WDS in Shanghai 2019/05/01 (Wed) 22:30:04 URL Mail

今日は2019年05月01日です。

日本では「令和」という、新しい時代が始まりましたね。

私は4月29日に上海にやってきました。

羽田空港から3時間のフライトです。

福岡からなら1時間です。

すぐ到着します。

こんなにすぐ到着できるということは、日本からとても近いところにあるということです。

しかし、こんなにとても近いところであるにもかかわらず、そこに住んでいる人たちは、ぜんぜん違う言語で話しています。

姿形は日本人に似ていますが、なんかどこか雰囲気が違います。

そして、インターネットで開けないサイトがあったり、メールが届かなかったり・・

なんかおかしいですよね、この国は。

完全に国が操作して、国民を管理しています。

ですから日本やアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどでは普通にできることが、ぜんぜん普通にできません。

それで、ドッグショー以外のことで奔走させられていましたので、4月30日からドッグショーは開始されていたんですが、今日5月1日から会場に行くことになりました。

昨日4月30日も会場には行ったんですが、クレジットカードが使えなくて、しかもキャッシュディスペンサーがどこにもなくて、現金が作れずに、会場に入れなかったんです。

中国では、こういう不便なことがたくさんあります。

それで、とにかく、今日、ドッグショー2日目の午後3時くらいに、ようやく会場に入ったんですが

どんなに探してもジャッジをやっているリングがないんですよ!

あの、どこのドッグショー会場にもある、ドッグフードやリードなどのグッズのメーカーやお店などがたくさんあるところはあったんです。

だいたい、どこのドッグショー会場も、そういうお店がたくさんあるところの奥にジャッジのリングがありますよね。

ぜんぜん、どこにもリングがないんですよ。

あれ??

あれ??

と思いながら、会場内を歩き回っていたんですが、ぜんぜん見つかりません。

それで会場内のスタッフに尋ねるんですが、誰も英語が話せません。

困ったな・・・と思っていると、10人目くらいに尋ねた若い女性が、ようやくなんとか片言の英語ができて

「めにーどっぐず、だうんすてあー」と言ったので

「ええ??ダウンステア??」

地下でやってんの???

「わかった。ありがとう」

と言って地下に行きましたら

本当に地下でジャッジをやっていました。

リングもありました。

しかし午後3時ですから、もうすべてのジャッジが終わりかけていました。

ブリードジャッジは終わって、グループジャッジが行われていました。

そのジャッジの様子と会場の様子を動画に撮ってきました。

会場を外からビデオ撮影していたときは、スパイ容疑などといって逮捕されないだろうか・・と、かなり緊張して撮影していましたが、なんとか大丈夫でした。

その日の動画をご覧ください。

https://youtu.be/UN5X9bqXpsY

https://youtu.be/UVxrwIsUfGc
Joel - Re:WDS in Shanghai 2019/05/08 (Wed) 20:54:35 URL Mail

ドッグショー2日目

この日は朝から会場に行きました。

前日は午後3時くらいに会場に入りましたので、もう、ほとんどのジャッジは終わっていましたから、今回のワールドドッグショーに、どれくらいの犬が参加しているのかわかりませんでしたので、朝から行って、どれくらいの参加頭数がいるのか見たい。と思っていました。

そうしましたら

やはり犬の数は少なかったです。

これは、ワールドドッグショー史上、後世に語り継がれるであろう、と思われるような、少ない参加頭数でした。

1頭も参加していない犬種もたくさんありました。

また、上海ですから、東京から3時間で来れますから、「日本人の参加も多いんだろうな・・」と思っていましたが、私が思っていたよりも、はるかに少なかったです。

私がどれくらい思っていたか、みなさんにはわかりませんから、どれくらいの少なさなのかわかりませんよね。

私は、それぞれのリングに、必ず、10%~30%くらいの日本人の人たちがいると思っていました。

しかし、ぜんぜんそんなことはありませんでした。

ごくわずかな日本の方々だけで、ほとんどは中国の人ばかりでした。

すべてのリングに、中国人しかいませんでした。

もちろん、わずかに日本の方もいらっしゃいましたし、そのほかの国の人たちもいましたが、90%は中国の人でした。

https://youtu.be/fvvzNEjtq2M

Joel - Re:WDS in Shanghai 2019/05/21 (Tue) 15:26:22 URL Mail

ドッグショー最終日

今日は5月21日ですから、この日から2週間以上経ってますので、朝から何をやって、どのようにその日を過ごしたのか、少々、思い出すのに時間が必要です。

この日は5月3日でした。

えーー・・・と・・・

朝から、昨日と同じようにホテルを出て、地下鉄の駅に向かったんですが、上海はとくにかく、世界で最も人口が多い都市なんですよ。2400万人住んでいます(東京930万人ニューヨーク850万人)。ですから、朝の地下鉄なんて、もう、信じられないくらい混みます。その中で、ぎゅうぎゅう詰めになって、ようやくドッグショー会場の最寄りの駅について、歩いて会場まで行きました。「今日はVIPのチケットを買うゾ」と思いながら。

一般のチケットも、会場のすべてに入ることができて、すべてを見ることができるんですが、VIPチケットは、ベストインショーが行われる、メインのリングに入ることができます。メインのリングは、外からは見えなくなっています。

一般のチケットは80元(1600円)なんですが、VIPチケットは240元(4800円)です。

本当に、チケット売り場に、「VIP Ticket」と書いてあるんですよ。

「VIP」って・・・

ちょっと笑ってしまいますよね・・

それで、VIPチケットは、一般のチケットと比べると高額なので、最終日だけ買って、最終日だけ、ベストインショーのリングを見ようと思いました。

それでこの日は、VIPチケットを買って、会場に入りました。

ベストインショーが始まるまでの、ブリードジャッジのリングは地下にありますから、地下に行って、いろんな犬種のジャッジを見ていましたが、やはり、昨日と同じで、とにかく犬が少ないんですよね。

人も少ないですし、リングは25個しかありませんし

完全に、「このワールドドッグショーは失敗だ」と思いました。

1年前から、ヨーロッパに行くと、いつもヨーロッパの人たちが言ってたんですよね。

「なんで中国なんかでやるんだろう!中国人は犬を食べるし、酷い殺し方で犬を殺してる。絶対中国のワールドドッグショーには行かない。ていうか、アメリカ人とヨーロッパ人は、誰も行かないよ」

「中国人は、ガサツで、攻撃的で、下品で、マナーを知らない。絶対中国なんて行かない」

このようなことを、多くの人たちが言っていました。

「一体、どんなワールドドッグショーになるんだろうか・・・興味あるなぁ」と思っていました。

そうしたら・・

やっぱり、だーれもいない。

犬も人も5人くらいしかいない。

まあ、5人ではありませんでしたが(笑)

15人くらいはいました。

それで、午後2時だったかな・・・午後3時だったかな・・・

忘れましたが、とにかく、それくらい早い時間から、グループのジャッジがメインリングで始まりました。

早すぎますよね。

ベストインショーが決まるまで5時間ありました。

「よーし!今日はVIPのチケットを買ったゾ!」と思って

VIP ENTRYと書いてあるところから入ろうとしたら・・

そこは、ジャッジや、ケンネルクラブの人や、プレスが入る、本物のVIPの入り口でした。

それで、ホームレスのように追い出されて

くそー!俺もいつかVIPに入りたい!と思いながら

仕方なく、にせもののVIP席に行きました。

そうしたら・・・

やっぱり中国人のマナーの悪さが爆裂しました。

ショーが始まっているのに、私の3つくらい左の席の男二人が、5分おきくらいに、私の目の前を、行ったり来たりするんです。何をやってるのかわかりませんが、どこかに電話をしたり、ジュースを買いに行ったり、巨大な焼き鳥を買いに行ったり・・・

行ったり来たり

行ったり来たり

行ったり来たり

そして、肩がぶつかるくらいの、右隣の席に座っている男性は

クチャクチャクチャクチャ・・・・と、ずーーーーーーーーーっと音を立てて何かを食べていて、5秒おきに、ゴホゴホ!!と咳をし続けていました。

そして、私の真後ろの男性は、私の背もたれの所に、ビニールの買い物袋を置いていて、ものすごく頻繁に、しゃわしゃわ・・・しゃわしゃわ・・・という音を立てて、何かを出したり入れたりしていました。

すげーいやだー

苦しい・・

なんで俺は、こんなに苦しい想いをして、ドッグショーを観なければならないんだろうか・・

毎年、ヨーロッパで開催されていたワールドドッグショーではありえない、得体のしれない苦痛を感じている・・・

俺が、偽物のVIP席にいるからだ・・・

いや、通年のワールドドッグショーでは、メインリングは無料で、誰でも入れるし、別にVIP席じゃない。

わざわざVIP席だといって、特別な人間しか入れないようにしているのに、なんでこんなに、変な人間しかいないんだろうか・・・

やっぱり、偽物のVIP席だからだ・・・

本物のVIP席に行きたい・・・

あっちは、まるで、貴族の晩餐会のような雰囲気だ・・・

と、思いながら、本物のVIP席を、指をくわえながら見ていましたが

私の席の周囲の、たくさんの人間たちが、クチャクチャ音を立てながら巨大焼き鳥を食べ始めたり、しゃわしゃわ・・・と、袋の音を立て続けたり、私の目の前を行ったり来たりをやめないので

もういい!

二度と中国なんて来ない!

なんか気持ち悪いし、騒がしい!

といって、2時間で帰りました。

ですから、ベストインショーの最後まで観ませんでした。

そして、また人だらけの地下鉄に乗って、人だらけの交差点を渡って、人だらけの道路を通ってホテルに帰り、また、人だらけの道路を通って、上海で最も有名な観光地である「外灘(ワイタン)」に、歩いて行きました。

ものすごい人でした。

動画がありますので、下にご紹介します。

ドゴのジャッジの動画もあります。ご覧ください。

ジャーマンシェパードの、変わったジャッジもやっていました。


ワールドドッグショー3日目
https://youtu.be/fvvzNEjtq2M

ドゴアルゼンチーノ
https://youtu.be/8uxaak_ZZ6Y

ジャーマンシェパード
https://youtu.be/xwCV-rxUxbg

ベストインショー
https://youtu.be/9qf6e4cZYCA

外灘
https://youtu.be/-5ZYJJEyL8U
Joel

世界の出産情報&成犬販売

0 2016/07/02 (Sat) 11:52:09

世界各地の出産情報をお知らせします☆

成犬の販売情報もお伝えします☆
Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2016/10/04 (Tue) 14:06:37 URL Mail

8月(2016年)にヨーロピアンドッグショー(ベルギー・ブリュッセル)に行ったら、「一緒に犬の仕事やりたいです」と言ってきた犬舎がありました。

それがぁ

ボルドーの犬舎なんですよ!!

ヨーロッパのボルドー犬舎のブリーダーが、向こうから、犬の仕事を一緒にやりたいって言って来たんですよ。仲良くなった人たちと話してたら。

それで、今、というか、9月15日にこの写真の子犬が生まれました。

写真はお父さんです。

ヤバいでしょ??

まだ2週間しか経っていません!!

良いボルドーは日本に少ないですよね~☆

どなたか、真面目にボルドーを飼いたい方。

いかがでしょうか?

ヨーロッパからボルドーがやってきますよ。

どなたか、飼われたほうがいいと思います。

あ、それから、犬の輸入と輸出に関することで、住所・氏名・電話番号のないメールには返信していませんので、ご了承ください。

最近、というか、ずっと、というか、年間を通して、「住所・氏名・電話番号のないメール」が、たくさん届きます。

しかし、一切、返信しません。

そういう方は、本気で犬を輸入しようと思っていないからです。

ただの犬のお話しは、かまいませんよ。べつにペンネームで(笑)

しかし、犬の輸入の仕事に関しましては、お金が動きますし、バカ真面目にやっていますから、真面目に犬を輸入したい方だけお願いします。

Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2016/10/17 (Mon) 10:07:41 URL Mail

子犬の写真が送られてきました。

ヨーロッパからボルドーを購入されたい方はいらっしゃいませんか?

この犬舎の犬たちは、ヨーロッパのたくさんの国に送られています。
Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2016/10/25 (Tue) 10:15:36 URL Mail

2歳と3歳の土佐犬がいます。

どなたか番犬に飼われませんか?

ゴロくんとテツくん

テツは、いつも、私が行くと、猛烈に興奮して、攻撃しようとします。

犬舎のドアが開いたら、間違いなく噛みます。

それくらい攻撃的です。

ゴロは・・・ちょっと覚えてないんですが、どなたか飼いたい方がいらっしゃいましたら、動画を撮ってきます。ゴロが2歳です。

私のイトコの犬舎なんですが、土佐犬が10頭以上います。ピットも2頭います。闘犬のピットです。

テツもゴロも、体重が・・・どれくらいでしょうかね・・・

たぶん、45キロくらいだと思います。いや、テツが45キロでゴロが40キロくらいかもしれません。40~45キロくらいです。

いかがでしょうか。

もちろん無料です。

遠くの方は、輸送費は必要です。

しかし土佐犬のことをわかってる人じゃないとお譲りできません。

今まで犬を飼ったことがなくて、初めて犬を飼うんですが、それが今回の土佐犬・・・という方はダメです。

テツは良い血統ですが、ゴロは、あんまり血統がわかりません。しかし土佐闘犬では有名な人が繁殖した犬だそうですから、悪い血統ではないと思います。ということでした。いかがでしょうか。

写真はテツです。
Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2016/11/17 (Thu) 09:40:47 URL

オーストラリアで、マレンマシープドッグの子犬が生まれています。

グレートピレニーズの先祖の犬種です。

イタリア原産の犬種です。

9月28日に生まれています。

ですから12月28日には日本に送れます。

といっても、40日前までに、日本の動物検疫所に、この犬が日本に来ることを申請しなければなりませんから、今日が11月17日ですから、明日までに申請しないと、12月28日には日本に来れませんけどね。

まあ、それにしても、すぐ日本に送れますよ。

アメリカからだったら、最短でも7か月後ですよ。生後3か月以上の犬が見つかったとして。

ですからそれに比べたら、狂犬病のないオーストラリアからでしたら、すぐ日本に来ることができます。

Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2017/09/13 (Wed) 05:13:56 URL Mail

最高に素晴らしいブルマスティフの子犬がいます。

生後6か月です。

世界的に有名な犬舎の子犬です。

日本でドッグショーに出せる方限定。

アメリカ系のデカブルマスです。

私は、このブリーダーの自宅に行きましたので、フードや育て方を完璧に知っています。

この犬舎の犬は、世界各地のドッグショーでチャンピオンになっています。

動画をご覧になってください。

「歯も、すげー太くて強いんだよ~!」と言っていました。

ですから、たぶん、動画の中でも歯を見せていると思います。

本物の世界のトップのブルマスを飼ってみたい方はご連絡ください。

ドッグショーに出せる方限定です。すみません。なんか条件を出して。

しかし、ブリーダーが、「ドッグショーに出せる人じゃないとダメだ」と、言っていました。

確か、1回目の狂犬病注射は終わったと言っていましたので、6か月後には日本に到着します。1回目の狂犬病注射が終わってない場合は7か月後です。

本当にブルマスを愛している人なら、この犬舎の犬を飼わないと。と思います。

私は、アメリカ系のブルマスは、この犬舎が世界でナンバーワンだと思っています。

体がデカいですよ。

頭もデカいし、足も極太。

世界でナンバーワンです。

世界ナンバーワンですから、ちょっと金額が高いですけどね。

しかし、ちょっと高額ですが、それをはるかに上回る満足感があります。

ものすごく良い犬ですから。

https://youtu.be/VNzTVIBHvkI

https://youtu.be/RiEmmrAhTKk

https://youtu.be/2UcmRdtCH_s
Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2018/01/06 (Sat) 18:41:55 URL Mail

ルーマニアで

FCIの血統書がある土佐犬の子犬が生まれています。

日本に輸入したら、JKCに登録できますよ!

子犬のお父さんは、すでにヨーロッパ3か国でチャンピオンになっています。

お母さんもチャンピオン犬です。

このブリーダーは、ルーマニアケンネルクラブの関係者で、ヨーロッパのFCIのドッグショーのジャッジもやってます。信用できるブリーダーです。

11月29日生まれで、オスが6頭、メスが1頭です。

まだ1頭も決まっていません!

今なら一番良い子犬を買えますよ!

早い者勝ちです!

しかし、こう言うと、なんか急かされてる気持ちになりますよね。

すみません。

ただ、今、1月6日の18:50ですが、今、FBでルーマニアと話していて、まだどの子犬も決まってないと聞いたので、だったら、せっかくだから、一番良い子犬を買ってもらいたいと思ってお伝えしています。

日本でJKCの血統書のある土佐犬を買うのは不可能ですよね。

しかし!!

買えますよ!!

しかも、かなり良いチャンピオン犬の子犬です。

お父さんは、すでに3か国チャンピオンですが、もうすぐ最後のCACIBを取得して、IntCHになります。

INTCHの条件は、最初のCACIB取得から1年と1日以上かけて、3か国で4つ以上のCACIBを取得しなければなりません。

このお父さんは、すでに3か国で5つのCACIBを取得していますが、まだ2歳なので、最初のCACIBから1年以上経っていません。ですから時間の問題です。

お父さんはこの犬です。
https://youtu.be/xKJy30YTBY4

Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2018/01/12 (Fri) 10:36:14 URL Mail

ルーマニアでニューファンの子犬が生まれています。

お父さんはIntChで、お母さんもチャンピオンなんですが、お母さんのお父さん、つまり子犬たちのおじいちゃんになりますが、BIS, BISS, WW'09, J'11, MultiCH, Am. Ch., Int. Ch. GOOD AS GOLD ANMALAMUAL DEL BASABURUAです。

このおじいちゃんは、超有名ニューファンです。たくさんの国でチャンピオンになっていますし、2009年のワールドドッグショーのBOBです。

そして、父方のおばあちゃんと母方のひいおばあちゃんが、Love At First Sight Anmalamual Del Basaburuaというメスです。このメスもかなり良いチャンピオン犬で、超有名なAnmalamual & Basaburuaというスペインのニューファン犬舎の犬です。先に紹介したワールドチャンピオンのおじいちゃんもこの犬舎の犬で、今回の子犬のお父さんも、子犬のお母さんのお母さんも、このスペインの犬舎から来た犬です。

通常は犬舎名は言いませんが、もうこれだけの世界的超有名な犬舎は、名前をここで言っても、誰も日本人はここから犬を買えませんから問題ないです。日本人どころか、ヨーロッパの人間も簡単には犬を買えません。それはこの犬舎に限らず、どの犬種も、世界的な超有名犬舎の場合は、世界中からオファーがありますから、日本人に限らず、世界中の誰も簡単には犬を買えません。もちろん僕も買えません。誰も簡単には買えません。

しかし、このルーマニアのブリーダーはオスメスをこの犬舎から買って繁殖しています。

ああ、そうそう、突然ですが、普段僕は、自分のことを「僕」と言っていますので、僕と言うことにします。文章で書くときは「私」のほうがいいかな・・と思ってそう書いていましたが、なんか自分を偽って(いつわって)いるような気持でした。しかし、やっぱり「私」のほうがいいかな。と思いなおしたら、また自分を偽って、「私」と呼ぶことにしますが、しばらく・・・というか、気が変わらなければずっとかもしれませんが・・・「僕」と書きます。まあ、いいですそんなことは。

それで!

BIS, BISS, WW'09 J'11, MultiCH, Am. Ch., Int. Ch. GOOD AS GOLD ANMALAMUAL DEL BASABURUAは、コールネームをNacho(ナッチョ)というんですが・・・変な名前ですよね。わかります・・

このNachoのお父さんは、あの有名な、え~と何年でしたっけ・・・2004年だったかな・・・2004年だっと思いますが、WestminsterのBISに選ばれたJosh(ジョッシュ)というニューファンの兄弟のAm. Ch. DARBYDALE'S YOU'VE GOT MMALEという犬です。

ですから、なんかすごい犬舎名や犬の名前がたくさん入っている血統のニューファンですよ。

どなたか買われたほうがいいと思いますよ。

これだけの血統の犬をヨーロッパから買えるなんてありえないです。

そして、ヨーロッパのジュニアチャンピオンにしてから日本に送れます。生後10か月までの間に。

ちなみに、あの~~、なんでしたっけ・・

セクシーな夜の女性のような名前の犬舎・・・

う~んんと・・・

Midnight Ladyだ!!

なぜかすぐド忘れするこの犬舎名。

夜の女性と今の自分が、あまりにも関係がなさすぎるからでしょうか。

あるいは、何か深層心理で拒絶しているのか・・・

なぜかわかりませんがいつもド忘れするこの名前。

Midnight Lady !!

ミッドナイトレディです。

世界的に有名ですよね。

アメリカのPouch Coveと、このハンガリーのMidnight Lady

これはニューファンの2大巨頭ですよね。

まあ、いろいろ言う人はいます。PC(Pouch Cove)は犬が小さいだとか、ML(Midnight Lady)は犬が大きすぎて肘や股関節が悪いだとか・・・いろんなことを言う人がいますが、まあ、世界的に人気がありますね。

このMLから、このブリーダーは、先月、メスの子犬を買いました。

誰も買えませんよ、MLから子犬なんて。

人気があり過ぎて、予約してる人が常に100人くらいいるんですよ。もっとかもしれません。正確な人数はわかりませんが、とにかく人気の犬舎はどの犬種もかなりの数の予約者リストがあります。

ですからこのブリーダーも「8年待った」と言っていました。

ルーマニアとハンガリーは隣の国ですから、車で1~2時間も行けばすぐ着きます。まあルーマニアのどこからハンガリーに行くかによりますが、このブリーダーが住んでるのはティミショアラというところですから、1時間でハンガリーです。

MLはハンガリーの犬舎ですから、すぐ近くですし、このブリーダーは、ハンガリーに友達もたくさんいると言っていました。それなのに8年間も待たなければ子犬を買えないんですよ。どれだけ人気かわかりますよね。

2年くらいすると、このMLから来たメスが、子犬を生むと思います。

先月、僕は2週間ルーマニアに滞在して、このブリーダー宅に5回くらい行きましたが、そのとき、この家で食事をしていたとき、足元でモコモコした黒い物体がワイヤーヘヤーのMダックスと暴れていましたが、それがそのMLの子犬です。

MLではない、今回紹介している、このブリーダー宅で生まれた子犬たちは、僕が訪問していたときは、まだ生まれる寸前でした。

いつ生まれてもおかしくない様子で、お母さんは、「フー・・・フー・・・」と荒い呼吸になっていました。

まあ実際は、子犬たちは僕が日本に帰った日に生まれたんですが、僕が訪問していたとき、お母さんは、高さ120㎝縦2m横2mくらいの子犬を生むスペースにいて、僕が近づくと、最初から最後まで、何回会っても、ずーっと、ギャオギャオ怒っていました。

しかしそのお母さんは、Nachoの直子です。そしてJoshの兄弟の孫です。
Joel - Re:世界の出産情報&成犬販売 2019/04/28 (Sun) 18:14:28 URL Mail

セントラルアジアンオフチャルカの子犬の情報があります。

日本で生まれた子犬なんですが、ロシアの物凄く良いオスの犬と交配して妊娠させたメスを日本に輸入して生まれた子犬ですから、ロシアで生まれた子犬と同じです。

2018年3月に生まれました。

ですから今、ちょうど1歳になったところです。

別にクオリティの低い子犬が売れ残ったわけではなく、良い子犬を残していました。

1歳になっていますので、3頭の性格もわかっています。

性格もよくて、人間に従順で飼いやすい犬たちです。

CAOというと闘犬のイメージがありますが、闘犬には向いていない、ショードッグのCAOですから、闘犬を目的とされている方はご希望に添えないと思います。

1歳ですから、ずっと一緒にいないと心配だということもありません。留守番させることもできます。

どなたか飼いたい方はいらっしゃいませんか?

四国の松山のブリーダーさんです。

ここのCAOは本物ですよ。

上の写真に、両親と1歳の犬たちの写真があります。

オス1メス2です。

動画もありますので、ご覧ください。
https://youtu.be/Q1jXaO86B9Y
Joel

Sydney Royal Show

0 2019/04/18 (Thu) 06:39:50

Sydney Royal Dog Show 2019

シドニー・ロイヤル・ドッグショー2019

毎年4月のイースターの時期に開催される、オーストラリア最大のドッグショーです。





Joel - Re:Sydney Royal Show 2019/04/18 (Thu) 07:13:55 URL Mail

日本に帰ってきました。

4月のシドニーの気候は、暑くもなく寒くもなく、また、シドニーは、年間を通してほとんど雨が降りませんから、毎日天気が良くて、とても過ごしやすかったです。

毎日爽やかな朝と穏やかな太陽の光で、とても気持ちよかったです。

このシドニーロイヤルドッグショーは、毎年4月のイースターのときに、シドニーイースターショーの中の一部として開催されますが、このイースターショーというのは、とても巨大なお祭りですから、このドッグショーは、オーストラリア最大のドッグショーです。

イースターというのは、キリストが十字架にかけられて死亡したあと3日後に弟子たちの前に現れたという奇跡を記念して行われるキリスト教のお祭りで、日本語では「復活祭」と呼ばれます。キリストは生前、たくさんの奇跡を起こしましたが、この、死亡した後に弟子たちの前に現れた復活の奇跡は、キリスト教で最も重要視されていて、この、イースター(復活祭)は、キリスト教では最も重要なお祭りです。

そしてイースターは、毎年、「春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日」とされていますので、毎年変わりますが、毎年3月末~4月末に行われます。来年の2020年は4月12日です。しかし必ず日曜日に行われます。

敬虔なキリスト教信者の多いヨーロッパでは、イースターは特別で、2週間くらいの長期休暇になる国もあります。

また、各地で巨大なお祭りが行われて、クリスマスと同じような大きなイベントが開催されます。

ですから、このシドニーのイースターショーも巨大なもので、シドニーオリンピック会場で開催されますが、広大な広さの会場で、様々なアトラクションやお店がたくさんあって、超巨大な遊園地になっています。

ですからたくさんの来場者がいて、ドッグショーにもたくさんの人たちが来ていました。

動画をご覧になったほうがわかりやすいと思いますので、動画をご覧ください。

シドニーイースターショー
https://www.youtube.com/watch?v=16YYntctmS0

ドッグショーの様子
https://www.youtube.com/watch?v=YUVcEDc_vVA

オペラハウスで散歩
https://youtu.be/WamOQzTP_p4

他の動画もご覧になりたい方は、こちらがCOOLDOGSのYoutubeチャンネルです。
https://www.youtube.com/user/joelcooldogs
Joel

Crufts2019

0 2019/03/14 (Thu) 21:15:13

Crufts2019

バーミンガムに行ってきました。

世界最大のドッグショーの様子をご覧ください。

一人でビデオを撮りながら、車を運転して会場に向かいました。

その動画が下のものです。

https://youtu.be/seJkNwyEO6Y

https://youtu.be/iKRbpFkvLYU


Joel - Re:Crufts2019 2019/03/14 (Thu) 21:17:16 URL Mail

最近、犬の輸出入の仕事ではなく、別のことで忙しくて、ぜんぜん時間がありません。

ですから、ゆっくりドッグショーの報告ができませんので、ただ、ドッグショーのときの動画をご紹介することしかできないんですが。

先月のニューヨークのWestminsterのときもそうでしたが、1円の収入にもならないことで、忙しくてしようがないので、ちょっと今回も、動画の紹介だけになってしまいます。

正義の味方のヒーローというのは、ウルトラマンや仮面ライダーなどもそうですが、正義の味方という職業で収入を得ているわけではないじゃないですか。

あれは基本的にボランティアですよね。

私はガッチャマンですから、地球の平和のために、忙しくてしようがないんですよね~☆

それで、今回も、Cruftsの動画だけをご紹介します。

いつもの通り、私が話しながらビデオを撮っています。

https://youtu.be/RvkNCef9ZVk

https://youtu.be/9a6yAfAZFpQ
Joel

WDS 2019

0 2019/02/17 (Sun) 03:54:04

Westminster dog show 2019

ニューヨークに行ってきました。

https://youtu.be/SN3T-f2sdgQ
Joel - Re:WDS 2019 2019/02/19 (Tue) 08:57:38 URL Mail

初日はアジリティでしたが、こちらでは2日目と3日目をご紹介します。

まず2日目の会場に入る前の様子です。

https://youtu.be/g5RjaQLR5XU

あ、そうそう、そういえば、1日目のアジリティの、ワーキングボーダーコリーの1番になった、早い犬の短い動画を撮影しましたので、それだけご紹介します。

これです。
https://youtu.be/gFPazC9yh6I

それでは2日目の動画をご覧ください。
https://youtu.be/Ln-JDoN5Mqk

https://youtu.be/cQJuff5w3mM

3日目
https://youtu.be/ALffPZvzkwM

https://youtu.be/YRlwUryz3gQ

3日目のマディソンスクエアガーデンのワーキングのグループジャッジ
https://youtu.be/5kmIBZnn5jk

Joel

オーストラリア・キャンベラ

0 2018/12/06 (Thu) 17:49:58

オーストラリアの首都キャンベラの

サマー・クリスマス・ドッグショーに来ています。

シドニーのドッグショーにも行きます。

タスマニアのワーキングボーダーコリーのブリーダーと、ガンダルーという土地の、柴犬ブリーダーの犬舎にも行きます。

今、12月のキャンベラは気温が30度を超えていて、毎日とても暑いです。

真夏のクリスマスのオーストラリアの様子をご覧ください。
Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2018/12/07 (Fri) 06:25:53 URL Mail

明日からドッグショーなので、テントを設営に来ました。

今12月ですから、まあ、北半球の6月のような時期です。

ですから、夏と言っても、まだ本格的な夏ではありません。

1月末~2月上旬が一番暑いです。

しかし、毎日日中は30度を超えますし、雨がほとんど降らないので乾燥していますし、雲がまったくないので、日差しが強いです。

ここだけオゾン層が無いのではないか・・・と思うくらい、なんか違うんですよね。日差しの強さが。

しかし光が強いので、すべてのものが鮮明に見えて、輪郭がはっきりとして、鮮やかでキレイですよ。花や樹木がとてもキレイに見えます。

とても爽やかですね。

土曜日はシドニーのドッグショーに行って、月曜日から3日間タスマニア島に行きます。

タスマニアにもお友達のブリーダーがいます。

そのすべてをご報告したいんですが、滞在先のキャンベラの友人宅の私の部屋にはパソコンデスクがなくて、ベッドの横のサイドテーブルにパソコンを置いていますが、ベッドに座って操作しなければなりませんから、とても窮屈で辛いんですよね~

そのサイドテーブルとベッドの高さが同じで、ものすごく前かがみの苦しい体勢で文章を作成しなければなりませんので、長時間は難しいので、簡単なご報告だけになるかもしれません。

とりあえず、こちらをご覧ください。

https://youtu.be/GrNq3QLUjXQ
Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2018/12/09 (Sun) 20:20:00 URL Mail

サマークリスマス・ドッグショー・IN・キャンベラ

Summer Christmas in Canberra Australia ☆

完全な真夏ではありませんが

オーストラリアは夏で、気温が30度以上あります!

1月末から2月にかけてが真夏の一番暑い時期で、気温が45度くらいになる日があるそうです。

直射日光でヤケドしますね。

私は、このドッグショー初日だけで、顔と首が真っ赤になって、完全に火傷状態になっています。

それで、本当はいろいろお伝えしたいことはたくさんあるんですが、忙しいので、動画をご覧ください。

すみません。

日本に帰ってから、またお伝えします。

https://youtu.be/YpW3luHP5ck

https://youtu.be/G9oLpBYABjE

Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2018/12/13 (Thu) 11:17:16 URL Mail

シドニーのドッグショーに行きました。

ドッグショーでのことは、日本に帰ってから詳しくお話しさせていただきますが、シドニーまで行く途中の動画を撮りましたので、ご覧になってください。

キャンベラからシドニーまでは300キロくらいの距離がありますが、途中に、何年かに一回水が溜まって湖になるという巨大な涸れた湖がありましたので、キャンベラに帰る途中にそこを撮影しました。ご覧になってください。

オーストラリアの自然は巨大で、何もかも規模が大きいです。

https://youtu.be/oFEMLcjf7FM

https://youtu.be/ker0EeCf8tw
Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2018/12/22 (Sat) 14:33:36 URL Mail

シドニーのドッグショーに来ました。

動画をご覧になったほうが会場の様子がわかりやすいので、下の動画をご覧になってください。

最近、あまりにも海外に行きますので、どうしても海外にたくさんの友人知人ができてしまって、海外の人で、このBBSを見ている人たちがたくさんいます。

ここを見ている全ての人が、ここをBBSではなくBLOGだと思っていますが(笑)

もういいです。BLOGでも。

本当はBBSなんですが。

それで!

日本語で書いてるのに、日本語がわかる人に訳してもらって読んだり、Google翻訳で読んだりしてるんですよ。

しかしその日本語がわかる人というのは、日本に数年間住んだことがある外国人がほとんどです。

ですから、複雑な言葉や、日本語の独特の細かいニュアンスまで正確に訳すことはできないです。

そしてみなさんもご存知だと思いますが、Google翻訳は、まだ出鱈目にしか訳すことはできません。

ですから軽い冗談で言ったことが、とんでもない悪口を言ってるように伝わることがあって、ヨーロッパのドッグショーに行ったときに、いつも仲のいい人たちが怒ってたりすることがあるんです。

「なんで怒ってんの??」

「だってさー!!Joelさー!!私たちの悪口言ってたよね!!」

・・・・・・・・

・・・・・・・・

このようなことが、頻繁に起きています。

「もう私たちのことを書かないで!!」

と言われます。

「・・・・いや、別にそんな酷いことは言ってないんだけど・・・しかも本気じゃないし・・・」

と言っても

「日本人の友達に訳してもらったのよ!!(怒)」

と言って怒ってます。

しかしその日本人は、日本に数年間だけ住んだことがあるその国の人です・・

日本人ではありません。

日本語の細かい部分は訳せません。

そして!!

みなさんご存知の、COOLDOGSのYoutubeチャンネル!!

ああ、ご存知じゃない?(笑)

こちらです。
https://www.youtube.com/channel/UC99C9uANJvHHnNWE0SYir0A?view_as=subscriber

ここも、海外の人たちがたくさん観ていて・・・というより、こちらは、99%は海外の人なんですが。

現在(2018.12.23)、約16000人のチャンネル登録者がいて、毎月500人ずつ増えて行っています。

まあ、Youtuberは、チャンネル登録者が100万人以上ですから、そういう人たちとは比べ物にならないなんですが、ただの個人のチャンネルとしては多いほうだと思います。

しかしそのCOOLDOGSのYoutubeチャンネルの登録者は、ドッグショー関係者ではなく、世界中のただの個人の場合がほとんどです。

ただ、チャンネル登録者とは無関係に、海外のブリーダーやハンドラーやジャッジなどのドッグショー関係者も数多く観ていて

私が日本語で話しているのを、またしても中途半端に日本語がわかる人たちに訳してもらって

海外のドッグショーで会ったときに怒ってたりするんですよ。

ああそうだ。「中途半端に日本語がわかる人たち・・・」などと言うと、また怒るんですよね・・

もう何も話せないですよね。

それで海外のドッグショーに行くと・・

「Youtube観たわよ」

「あ、そう。それで?」

「私たちのことを話してたわよね」

「んー・・・そうだっけ?」

「とぼけないで!知ってるでしょ!」

「知らないけど」

「なんで私のおしりが大きいとか言うの!!」

「それ!!??」

「気にしてるのよ!!」

「もっと痩せるべきだ」

「まああーーー!!!」(すげー驚いた顔で)

席を立って去っていく

私も席を立って追いかける

「いや、ちょっと待てよ!怒るなよ!冗談っぽく動画の中で話しただけだよ!それに、ただ単に君の健康を心配していただけだし、その動画を観ている人にも、太り過ぎは健康に良くないと伝えたかっただけなんだよ!」

「私が太り過ぎだって言うの!!もういい!!」

完全に怒って立ち去っていく・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・なんか、愚かな人が愚かな理由で怒っているとしか思えない・・・

はーーー・・・(私の深いため息)

・・・・・・これマジですからね。

ていうか、ここを見て、また怒りますから、ヨーロッパに行ったとき、その人に会わないようにしよう(笑)

いや

みなさんもご存知だと思いますが、海外に行くと、巨大地球儀のようなおしりの女性がたくさんいるじゃないですか。

あれは絶対、心臓や足に負担がかかりすぎてよくないと思うんですよ。

本当に早死にしますよ。

ですから心配して言ってるのに

ただ単に、「こいつ君をデブだと言ってるよ」みたいに訳されて

身体を侮蔑して差別しているように受け取られたりするんですよね・・

ですから、もう、あんまりここでも、海外の人のことを話せないんですよ。

褒めたたえて、称賛することしか言えません。

しかしそんなことクソ面白くないので、これから海外に行ったとき、ドッグショー関係者に関する面白い出来事が起きたときは、どういうふうに話していこうか・・・と考えています。

あー、それから!

ここを長年ご覧になっていらっしゃる方はご存知だと思いますが

ここに何かを書く場合にぃ

誰のことを書いているのかわからないように書いていますよね?

当然名前なんて書いていませんし

名前を書く場合でも、仮名で、ぜんぜん無関係の人の名前を書いています。

ですから個人が特定できないんです。

まして海外の人間ですから、どこの誰のことかわからないわけですよ!

本人以外、どこの誰のことを書いているのかわからないのに、「私のことを書かないで!!」と言って怒り狂う人がいます。

本気で怒ってるんですよ。

キチガイかアホウですよね。

しかし、そのような人とも縁を切ることができないんです。

様々な形で関係していますから。

友達の友達が友達だったり、友達の友達がその人の犬をハンドリングしていたり、その人の旦那さんが有名なジャッジやハンドラーだったり・・・・

ですから、犬の関係の人間とケンカするのは注意が必要です。

後々、影響してきますからね。

ですから、様々なところに影響が出てくるので、一時の感情で怒ったり、ケンカすると、1年後、3年後、5年後、どこでどのように人間関係がつながっているかわかりませんから

えええ???!!!

となる場合があります。

みなさんも注意が必要です。

不必要なもめ事やケンカをしないようにすることは、犬の世界の鉄則です。(まあ、これは、私が長年犬の取引を行っていて自分で気づいた鉄則ですから、私自身のマイルールであって、犬の世界の常識や通説ではありませんが)

我慢することがとても重要です。

まあ、いいです。

シドニーのドッグショーの話しをしていたのに、ヨーロッパのキチガイなブリーダーの話になってしまいました。

そしてキチガイなどと言っていると、また「私のことをキチガイだって言ったわよね!!」などと言われるので

なんかもーめんどくせ~

もーいーです。

とにかく、シドニーのドッグショーのときの動画をご覧ください。

https://youtu.be/gk_4wpbu5fk
Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2018/12/28 (Fri) 15:11:32 URL Mail

12月09日、またキャンベラのドッグショーに戻ってきました。

その日も天気が良くて、カンカン照りで、とても暑かったです。

そしてそのオーストラリアのギラギラした日差しの中、ベンチに座って、ずっと、日差しよりも熱く、ある自分の考えを熱弁していました。

その日の前日、私が滞在していたキャンベラの友人宅の、その友人とシドニーのドッグショーに行ったとき・・・

ドッグショー会場に着いて5時間くらい経って、一通り、会場の全体を歩き回って、いろんなリングのジャッジを見て、その友人のテントに戻ってきたとき、その友人が

「何人くらいお友達できた?」

と、私に、ニコニコしながら聞いたんです。

え???

と、思いましたね。

そういえば、この友人の旦那さんも、当然一緒に暮らしていますから、一緒にレストランや観光地に行きますが

そのレストランや観光地にいる人たちと、すぐ仲良く話し始めるんです。

誰とでもです。

女性でも男性でもすぐに話し始めます。

話しかけられた相手の人たちも、仲良く話し始めます。

まるで以前から知っている仲のいいお友達のような雰囲気です。

ニュージーランドの友達もそうでした。

カナダの友達もそうでした。

イギリスの友達もそうでした。

これがどういうことかわかりますか!!

私は、このとき

いや

私の友達が、「何人くらい友達ができた?」と、私に、普通に、まるでそうすることが当たり前のように聞いてきたとき

日本人は、この部分が、完全にイギリス人より劣っている。

だから日本は戦争に負けたんだ。

と思いました。

-------------------------

日本人は、簡単には、知らない人とは友達にならない民族ですよね。

それどころか、まったく知らない人なのに

「あの人見て、変な服を着ている」だとか

「あの人見て、なにあの頭、真っ赤な色に染めている」だとか

「あの人見て、あんなに太ってるのに、温泉に来てる」だとか

「あの人見て、あの歳であんなことしてる」だとか・・・

このようなことを言って馬鹿にして笑ったりしますよね。

その人は何もしていないのに。

この部分は、日本人のダメな部分というよりも、物凄く、果てしなく、猛烈にダメな部分です!!!

なぜなんでしょうか。

小さいころから

「外には変な人が多いから、知らない人に話しかけられてもついて行っちゃだめだよ」と、両親に言われ続けるからかもしれません。

あるいは

中学校、高校と制服を着せられ、みんな同じ格好をさせられ、スカートの長さやソックスの長さや色などをうるさく言われ、体育祭では、右足と左足を全員合わせて行進させられたり・・・

とにかく、みんな同じことをしていないと安心できない、北朝鮮のマスゲーム的感覚が染みついているからかもしれません。

また、日本は島国ですから、太古の昔から、外からの敵の攻撃はありませんでしたが、怖いのはクーデターで、国内からの反逆が怖くて、少しでもみんなと違う人がいると、すぐに排除しようとしたり、村八分にしたりして、極力みんな同じであることを強要してきたのかもしれません。

私は学者じゃないので原因はわかりません。しかし、日本人がそのような性質であることはよく知っていますし、小学生のころから、日本人のその部分がとても嫌いでした。

まさに昨日もこのようなことが起きました。

今日は12月27日ですが、12月25日、東京のクライアントの方が、私と会って話がしたいとおっしゃって、私の自宅近くのホテルに滞在して、私の自宅に来られたんですが

12月26日、次の日の朝、朝食を一緒に食べようと思って、私は朝早くから車で、その方が滞在しているホテルに行ったんですが、その方は前日寝るのが遅くなって、朝起きれなかったので、私一人でレストランで朝食を食べていました。

そのとき、ヨーロッパのハンドラーから電話がかかってきたので話していましたが

当然英語で話しますよね。

日常的に、私には、世界各地から電話がかかってきます。

そうしたら・・・

3つ向こうの席の、30代後半~40代前半くらいの夫婦が、私を見て大声で笑い始めたんです。

まあ、私の英語が下手だったからか

あるいは、よく、フィリピンパブの女性と付き合ってる日本人のおじさんたちがいますから、そういう人間だと思ったのか

田舎のホテルのレストランに、日常的に世界各地の人間と電話で会話している人間がいることが信じられなくて、私が電話で話す芝居をしているとでも思ったのか

どういう理由なのかわかりませんが、明らかに、私を意識して、大声で笑っているんです。

これです。

ここが日本人の最もダメなところで

今すぐに、精神を叩き直さなければならないところです!!!!

多くの日本人が同じです。

ですから、この夫婦に説教してもダメなんです。

もっと根本的に日本人を教育し直さないと!!!

仮に私の英語が下手くそだったとしても、フィリピンパブのフィリピン人の彼女と話していたとしても、芝居で電話をしていたとしても

そんなことはどうでもいいです。

何をしようと私の自由です。

一切干渉してはいけません。

私の行動が気になって、干渉せずにはいられない。というところに、果てしなく大きな日本人の大問題が隠されています。

それを解消できなければ、まだまだ日本人は三流民族ですね。

--------------------------------

いいですか。

イギリス系白人は、知らない人とも、できるだけみんな仲良くしようとします。

日本人は、知らない人は、できるだけ近づけないようにします。それどころかすぐ攻撃します。

これは重大な問題です。

この部分が劣っているだけで、他の99%を日本人が優れていても、ぜんぜん相手にならないくらいイギリス人より劣っています。

どういうことかと申しますと

日本とか地球とか、この宇宙とか、そのような小さいものではなく

すべて!!!

まだ2018年の人類が気づいていないことは無数にあります。

ですから、まだ人類が気づいていない世界のすべて!!!

すべては、完璧に向かって進んでいると、私は考えます。

完璧とは、100%の安定、100%の幸福、100%の愛(恋愛の愛ではない)、100%の平和・・・・・それらのすべてが一つになったもの・・・・・というようなものです。

太古の昔、人間たちは、「ウンババ」「ウンババ」と言って、他の人を殺して、他の人のものを盗んだりしていました。

そのときから比べると、現在の私たちは、暴力によって奪い合ったりしなくなっています。

今、西暦2018年ですが

西暦10000年、西暦10万年、西暦100万年、西暦1億年・・・

どうなっていくと思いますか?

より安定した平和な世界になっていると思います。

ですから

イギリス人のほうが、日本人より平和的だった

だから日本はイギリスに負けた

アメリカもイギリス人が作った国だと言っても過言ではありません。イギリスと独立戦争をしてアメリカという国になったんですから。もともとイギリス人が統治していた国です。

オーストラリアもニュージーランドもカナダもそうです。

全部イギリス。

なぜそうなったのか???

イギリス人が、最も平和的だったからです!!!

イギリス系白人は、他人がどのような服を着ていようと、どのような髪形をしていようと、どのような仕事をしていようと、公共の場で大声で歌を歌っていようと、なんだろうとかんだろうと、干渉しません。みんな自由にすればいいじゃん。と思っています。

日本人はどうですか!!!

他の人の服や、髪形や、職業や、持ち物や・・・・とにかく、ありとあらゆるものに干渉して、「あれはいい」とか「あれはダメだ」とか、他の人の考えや行動を、ゴチャゴチャゴチャゴチャ批評して、うるさく干渉します。

子供のころから、ただ偏差値教育で、偏差値の高い大学に入学することだけを目的として育てられて、順位をつけるものですから

おかしなエゴイズムによる優越感や、不必要な劣等感を生み出させ、学校のクラスや同級生の間で優劣をつけて競わせます。

さらに受験戦争などと言って、まるで同級生がみんな敵のような感じです。

そして子供のころから他人に干渉して、イジメを行います。

イジメは、小学校、中学校だけで起きていることではなく、日本人の社会全体で起きていることです!!!!!!

会社や役所ではもちろん、老人ホームや介護施設や知的障害者施設でさえ起きている!!!!

つまり、子供のころから死ぬまでイジメを行っている国が日本です!!!!

若い夫婦が私を笑っていた・・・あれがイジメの第一歩の行動です。

あの夫婦と私が、同じ小学校の同じクラスだったら

次の日には馬鹿な噂をクラス中に広められ、私は大いにクラス中からイジメられたことでしょう。

そんな国が優れているわけがない。

明らかにイギリスに劣っている。

日本人同士だと、変わった人がいると、一生懸命馬鹿にして、一生懸命干渉して、自分たちと同じにできるかもしれませんが、外国人は、どんなに頑張っても同じにできないものですから、日本人は外国人を異常に怖がりますよね。

自分たちの好みに矯正しようと思っても矯正できないから。

ですから私が英語で会話していると、未知の恐怖を感じて、攻撃してくるんですよ。

--------------------------------

日本人は、お互いに干渉しないで、自由にするべきです。

そして偏差値教育をやめろ!!!

自分がどのような職業に就きたいかが問題であって

自分の就きたい職業によって大学と学部を選ぶべきです。

今の日本は、自分の偏差値に合わせて大学と学部を選んでいます。

馬鹿げてる・・・

私は今回オーストラリアに行って、最も大きな収穫はこのことでした。

現在の日本人は、同じ日本人同士で、お互いに、成功させないように、成功させないように、一生懸命みんなで、足の引っ張り合いをしているようなものです。

ちょっとでも目立った行為をすると、それを妨害し、みんなと同じ平均的人間にして、全員引っ込み思案で、控え目の大人しい民族にしたくてたまらないようにしか見えません。

他人に干渉せず、他人を一切攻撃せず、ネガティブなことを一切言わずに、他者を応援して、お互いに褒めあって、みんな自由にして、国民がみんなもっと元気で、より成熟した平和的な国にするべきだ。

と思いました。

そうすれば、もっと、本物の天才がたくさん日本に生まれると思います。

そして、世界をリードできるような、成熟した平和な国になると思います。

そして何より、日本国民一人一人が、今よりももっと、はるかに幸せを感じて生きていけるようになると思います。

それを、ずーっと動画の中で熱弁していました。

その動画がこちらです。
https://youtu.be/oJn3JX-yS2c
Joel - Re:オーストラリア・キャンベラ 2019/01/05 (Sat) 12:30:07 URL Mail

はい!

というわけで、今回のオーストラリアのドッグショーの報告は終わります。

ご覧になっていらっしゃらない方は、前の記事をご覧になってください。

そして!

今日は!

日本の柴犬雑誌にも特集された、柴犬ブリーダーの犬舎に行ってきたときのことをお話しさせていただきます。

キャンベラの中心から車で40分くらいのところにある、地名を忘れたところに住んでいる、柴犬ブリーダーの自宅兼犬舎に行ってきました。

女性のブリーダーなんですが、彼女は日本に何度も来ていて、日本犬保存会の展覧会にも来ていますが

とにかく柴犬が大好きで

キャンベラのドッグショーに行くと、必ず何頭か柴犬を連れて来てるんですね。

ですから、私がキャンベラのドッグショーに行くと必ず会いますから、会場でいつも楽しくお話ししています。

それで今回は、「私の家においでよ!」と、招いてくれましたので、私が滞在しているキャンベラの友達のケリーと一緒に、ケリーが運転する車で行ってきました。

それでその人の家に行ったんですが

もう、なんていうか

オーストラリアの自然の中にある家で

周囲に何もないわけですよ

360度草原!!

素晴らしい環境なんですよね。

うらやましかったですね~

こんなところに住みたいな~と思いました。

まあ、誰もが思いますよね。

ブリーダーはAnnaleeという名前ですから、雑誌には「アナリーさん」と書かれていますが、実際は、「アナレイ」と呼ばれていました。

とても優しい目をした人で、私の大好きな人です。

この人の顔をきちんと撮っていませんので、その優しい目までは動画には撮れていないと思いますが、その素晴らしい環境は、動画をご覧になったほうがわかりやすいと思いますので、動画をご覧になってください。

この動画の最初に、雑誌のページをめくっているところがありますが、それはこの女性ブリーダーの特集記事です。

1ページ目もこの人のことが書いてありますが、2ページ目にこの人の家が出てきます。その家は、私の動画で撮影されている家と同じものですから、ご覧になってみてください。

この動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=qei1qMVvLfM
Joel

パキスタン・カラチ・2018

0 2018/09/11 (Tue) 12:32:49

2018年11月

本物のブーリークッタを求めて

パキスタンのカラチに行きます。

パキスタンの首都はイスラマバードですが

最大の都市はカラチです。

そのご報告をさせていただきます。
Joel - Re:パキスタン・カラチ・2018 2018/09/11 (Tue) 12:35:46 URL Mail

今日は、2018年09月11日です。

カラチに行くのは11月ですから2か月後です。

その前に来月10月にポーランドのワルシャワに行きます。

最近・・・というか、3年くらい前から、海外のドッグショーばかり行って、モロシアン系の犬種ではない、万人に愛されるようなカワイイ犬たちの動画を数多く撮影していましたので、「こいつはドッグショーに頭を侵食されている・・」みたいに思っていらっしゃる方がいらっしゃるようですが(笑)!

いや、まあ、海外のドッグショーでも、土佐犬、ロットワイラー、ブルマスティフ、E.マスティフ、ボルドー、ナポリタン、ブアブール、カデブー、CAO(セントラルアジアンオフチャルカ)、プレサ、ドゴなどの動画もきちんと撮ってたんですよ。

これだけの犬種を撮影していれば十分だと思いますが・・

しかし!!

もっとガツン!!と来る。

見せかけだけではない、本当に戦闘能力のある犬を紹介しなければいけないのではないか・・・

と考えて

パキスタンの、現役の闘犬の、ブーリークッタを、パキスタンに見に行くことにしました!!(まあ、何か月か前から言ってますけど(笑))

ご存知の方も多いと思いますが、パキスタンは、完全にイスラム教の国です。

そして、イランとアフガニスタンに隣接しています。

アフガニスタンはアメリカと戦争をしています。

完全に紛争地帯です。

国境というのは、地面に線が書いてあるわけではありませんから、アフガニスタンの紛争地域というのは、パキスタンの中にも大きく入り込んでいます。

外務省のホームページには、シリアなどのイスラム国が占拠している地域とまったく同じ、最高レベルの危険地帯が、パキスタンの中にもあります。

パキスタンの最低レベルの地域でも、「無用の渡航は避けてください」というところしかありません。

私が行くカラチという都市は、パキスタン最大の都市で、最低レベルの地域なんですが、外国人の誘拐や、テロが頻発している地域です。(首都はイスラマバードですが、最大の都市はカラチです)

とても危険です!

例えば、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、モスクワ、北京・・・・今、思いついた都市をただ羅列していますが・・・・そのほか世界中の様々な都市は、テレビ番組などで紹介されますよね。

例えば、「世界ふしぎ発見」などのようなクイズ番組や、そのほか様々なテレビ番組に登場してきます。

パキスタンの番組を観たことがありますか??

まあ、今までの日本のテレビの中で、ぜんぜんなかったわけではないと思いますが、そこまでたくさんはないと思います。

なぜでしょうか??

危険だからです!

テレビクルーが入って行けないんですよ。

あるいは、パキスタン国家が、海外のテレビ撮影を許してないのかもしれません。

また、パキスタンでは、婚前交渉を行っただけで、家族の名誉を汚したといって、女性が殺害されることがあって、2015年には、1000人以上の女性が殺害されました。

さらに、イスラム教、教祖のムハンマド、経典のコーランなどを批判すると、その批判した人を国家が死刑にします。

さらにさらに、国民は、イスラム教から別の宗教に改宗することも法律で許されていません。

ですから、そのような危険な国というのは、日本に情報が入ってきません。

テレビ番組やニュースで、パキスタンの様子など、頻繁に流れないですよね。

「パキスタンの午後のひととき」・・・などといって、白いブラウスを着た女性が、パキスタンのカフェでハーブティーを飲んでいる様子なんて、テレビで観たことがありますか??

まして、そんな危険な国の、闘犬のブーリークッタのことなんて、テレビ番組で流れるわけないですよね。

そして、日本人がニューヨークに観光に行くように、ゾロゾロ行列でパキスタンに行くこともありません。

観光でもいいですから、たくさん日本人が行くと、その国の様々な情報が、どんどん日本に入ってきます。

アメリカなんて、その最たるものですよね。

ですからアメリカの情報はたくさん日本に入ってきますが、パキスタンには、あんまり日本人は行きません。

ですから、パキスタンという国のこと自体を、日本人はあまりよく知らないですし、ましてブーリークッタのことなんて、日本人にはよくわからないんです!!

ですから

行きますよ。

パキスタンに。

私が!!(・_☆) キラーン!!

がははははは~☆彡

もちろん、当然、私以外にもパキスタンに行っていらっしゃる日本人の方はいらっしゃると思います。

ずっと前からパキスタンが好きで、何度も訪問されている方や、例えば、日本の大企業のパキスタン支社に派遣されている社員の方もたくさんいらっしゃると思います。

中国、ネパール、インドから中央アジア周辺の国に行くことが好きな方もいらっしゃいますからね。

ですから、私だけが何か特別なことをやるとは思っていませんが

パキスタンの本物の闘犬を見て、闘犬のチャンピオン犬の子犬を買ってくる。

というようなことをやってる人は少ないと思います。

・・・・

・・・・買ってきますよ。

パキスタンの闘犬チャンピオンのブーリークッタの子犬を!!

体重50キロ以上になるデカいやつを!!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ブーリークッタの中には、体重が80キロ以上の犬もいます。

90キロなんていう犬もいます。

しかし、闘犬をやっている方はご存知だと思いますが、大きな犬は、戦わない犬が多かったり、動きがどうしても俊敏ではなくなりますよね。

しかしまあ、デカいブーリークッタも魅力的ですよね。

闘犬をやらなくても、飼ってるだけでもいいと思います。

「俺の家には、80キロのブーリークッタがいるんだゼ!!」みたいな

まあ、どのような犬が見れるのかわかりませんが、行ってきますよ。

しかし!!

私が、オレンジ色のツナギを着て、ニュースに出るかもしれません。

「日本人の愛犬家が、パキスタンでテロリストに誘拐され、テロリストたちは、日本政府に100億円の身代金を要求しています・・」

などと言って

ですから私の母親には、もうすでに私がテロリストに捕まったときの日本政府への対応を伝えてありますが、私が伝える前に、私の母親は、私が言おうとしたことと、まったく1ミリも違わず同じ内容のことを、私より先に私に言いました。

「お前がテロリストに捕まって、テロリストが日本政府に身代金の要求をしても、「パキスタンが危険なことは行く前からわかっていて、周囲の反対を押し切ってパキスタンに行ったんだから、日本国民に迷惑をかけることは絶対できない。びた一文払わなくていい。息子が死んだら、それがこの子の運命です」と言うからね!」

よく言った!!

それでこそ私の母親だ!!

と思いました。

「うん、それでいい」

と、私は、ただそれだけ言いましたが

{俺が今、言おうとしたことをそのまま言った}と、思いました。

やっぱ、母親と子供というのは、何か特別な関係があるな・・・と思いました。

--------------

いや・・・

そりゃ、家族はパキスタン行きを反対してますし

犬の輸入の依頼者の人たちも反対してますよ。

現在、犬の輸入の進行中の依頼者の人たちは、「あなたが死んだら、私たちの犬はどうなるの??日本に来れないかもしれないじゃん!!」

といって、自分の犬が日本に来れなくなる可能性があることを心配している人もいますが・・(笑)

「あ、でも、あなたが死んだら、手数料は払わなくていいかも❤」

などと、ふとどきなことを言う人もいます(笑)

「俺が死んでも、俺の遺族に、その手数料を払ってください!!」

などといって、頻繁に電話で、わーわー言ってますが

もう、完全に私が死ぬ前提で考えている依頼者の方もたくさんいます・・・(マジで)ww

・・・・・

・・・・・行きますよ。

パキスタンに。

そしてテロリストに捕まったら、このBBSで発表します。

「え~と・・、今、テロリストのアジトで、すっげ~狭いコンクリートの牢屋に入れられてま~す・・・」

・・・・・

・・・・・ていうか、スマートフォンを持っていられるんでしょうか、投獄中でも??

そして私の監視役の、銃を持って、顔を布で覆っているテロリストに

「ちょっと、wifiある??」

と、すっげ~不機嫌な顔して言って

「あ~、あるよ。パスワードは、3150terrorist(サーイコー・テロリスト)だから」

と、教えてくれるんでしょうか??

う~ん・・・

50%50%(フィフティ・フィフティ)かな・・

教えてくれるほうにかけよう!!

それでは、もし私が死んだら

死後の世界で会いましょう!

そしてそのときお伝えしますよ。

「いや~、あのとき、テロリストの野郎たちが、俺のスマートフォンを取り上げやがって、返してくれなかったんですよ~。そして日本政府が金を払わないとわかったら、俺を殺しやがって~。ふざけてますよね~。どーゆー教育を受けてきたんだか・・・まったく・・・だから今度生まれ変わったら、アフガニスタンあたりの道徳の教師になろうかと考えてるんですよ・・・」

・・・それではみなさん、11月のパキスタンのブーリークッタを、しばらくお待ちください。
Joel - Re:パキスタン・カラチ・2018 2018/11/07 (Wed) 21:21:05 URL Mail

2018年11月01日、先日からお話ししていました通り、パキスタンに向けて出発するために、羽田空港に来て、近くのホテルで1泊しました。

なぜ羽田で1泊するのか・・・

羽田で1泊するホテル代を含めても、このチケットが一番安かったからです。

10月29日にスウェーデンから30時間くらい寝ていない状態で日本に帰ってきて、その日は疲れていて何もできませんから、30日と31日にしか準備の日はありません。

それで次の日の30日に、すぐデパートに行って、福砂屋のカステラを買ってきて、「日本の伝統的なケーキを買ってきた。明後日出発する」と、facebookのメッセンジャーでパキスタンの友人に連絡しましたら・・・・ていうか、facebookのメッセンジャーと書くのが面倒なので、fbとだけ書きます・・・

「あとでお金払うから、日本人形を奥さんに贈りたいんで、2000~3000円の日本人形を買ってきてほしい」

と言われましたので

「またあのデパートに行くのか・・・しかし日本人形が2000~3000円で買えるんだろうか・・・」

と思いながら、次の日(31日)にまたデパートに行きましたが、やっぱり2000~3000円で買えるものはなくて、その場でfbでパキスタンに電話しましたら、「2000~3000円のものでないと買えない」と言われましたので、しばらくその場で考えて、羽田空港のインフォメーションに電話しましたら、羽田空港の国際線ターミナル内のお店の中に、2000~3000円の日本人形があるということでしたので、11月01日、羽田に到着して、すぐそのお店に日本人形を買いに行きました。

私は、もうこの時点で、かなり、「めんどくせ~な~」と思っていました。

その羽田空港の国際線ターミナル内の土産屋に到着すると

2メートルくらいの高い棚の上に置いてあった人形を写真で撮って、fbでパキスタンに送ったんですが、「それではよく見えないから1個ずつ撮って送ってくれ」と言われましたので、「マジでクソめんどくせ~な~」と思いながらも、ブーリークッタのためだと思って、頑張って1枚ずつ写真を撮って送ったんですよ。

そうしたら、それから、そのパキスタン人が、どれにするか悩み始めて

「俺は一番左の黒い着物の人形がいいと思うよ」

と言いましたら、さらに悩み始めましたので、羽田空港のその土産屋に1時間以上いて

ようやく人形を買ってホテルに行きましたら、また電話がかかってきて、「キットカットを買ってきてほしい」と言われました。

海外の人に「キットカット」は人気なんですよね。それは知ってますけど。

「カステラを買ってるからいいじゃん」と思ったんですが、ブーリークッタのためだと思って、「わかった。買ってくるよ」と言いました。

その日、東京のクライアントの女性と会う約束をしていて、空港に車で迎えに来てもらっていたんですね。それで、一緒にホテルに来ていましたので、その方にホテルの外の車の中で待ってもらっていましたので、急いで行かなければならないと思っていたんですが、ちょうどホテルを出たところでそのパキスタン人から電話がかかってきたものですから、話しながら歩いていましたら、そのクライアントの方の車のある方向と逆回りにホテルを回ってしまって、4角形の一辺を歩けば済むところを、三辺歩いたものですから、「はあはあはあ・・」

なんか疲れた・・・と思いながら、そのクライアントの方と食事に行きました。

午後7時に羽田空港に到着したのに、レストランに着いたとき、午後9時半だったんですよ。

ただ人形を買って、ホテルでチェックインして、ホテルの近くのレストランに行って席に座るまでに、2時間半もかかっているわけです。

羽田空港からそのホテルまでは5分で到着します。すぐ近くです。

それで、夜の9時半から、そのクライアントの方と食事して、そのあとホテルのラウンジでコーヒーを飲みながら話していましたが・・・話が終わったのが・・・というか、終わらなかったんですが・・・もう遅いから・・・ということで別れたのが、午前1時ですよ。

しかし話が終わってなかったので、ホテルの部屋の中で、そのあとも電話で話していましたので、寝たのは午前1時半~2時くらいでした。

そうして、次の日になって、朝7時半にはホテルを出て空港に行ったんですが

先にキットカットを買って、スーツケースを開けて、ゴソゴソ中に入れて

「よおおし!!すべての準備は整った!!パキスタンに出発するゼ!!」

と言って、タイ航空のチェックインカウンターに行きました。

「通路側で、となりにどなたも座っていらっしゃらない席をお願いします」

と、いつものようにチェックインしていました。

羽田ーバンコク、バンコクーカラチ

この二つのフライトの席を予約して、あとはチケットをもらうだけ・・・というときに

「パキスタンへのビザはお持ちですか?」

?????

この瞬間にすべてを悟りました。

「そうだ。アメリカやオーストラリアでさえビザが必要なのに、完全なイスラム教の国で、西側諸国とは違うんだから、ビザが必要に決まってるじゃないか!!なんでビザが必要なのではないか・・・と思って調べなかったんだろうか!!俺はなんていうことをしてしまったんだ!!絶対無理だ。今日は出発できない」

タイ空港の係りの人が、なんとかして今日パキスタンに出発できないか、いろいろ調べてくれましたが、やはりどうしても無理でした。まあ当然ですよね。

しかし普段なら、「パキスタンはビザが必要かもしれない」と気づくと思うんですよね。もっと早い段階で。

ですからそれに気づかなかったということは、これはパキスタンに行くべきではないのか・・・などと考えたんですが

「いや!!俺がパキスタンに行くのを待ってる人が日本全国にたくさんいる!!」

と思って、タイ航空の人といろいろ調べましたら、11月03日と04日は土曜日曜でパキスタン大使館が休みですから、05日にビザの申請をして、06日にビザを取得して、07日に出発できることがわかりました。

しかし最初に航空券の予約を行って、その便名を、ビザを取得する際に伝えなければなりません。

ですから、もし不備があってビザを取得できない場合は、また07日に出発できませんから、またフライトをキャンセルしなければなりません。

「しかし、なんとしてでも俺は行くんだぁ!!」

と言って、羽田空港の近くのホテルを探し始めました。

そこに07日まで滞在して、パキスタン大使館に行ってビザを取得しようと考えました。

しかし、どこのホテルも満室で、どこも空いていませんでした。

いつも利用している羽田空港の近くのホテルも、一軒だけ空いていましたが、5泊6日で50万円などという金額になっていました。いつも1泊1万円くらいのホテルがです。

パキスタン大使館は東京にしかありません。

「これはもうなんか、すべてアゲインストな風が吹いている」

と思って、仕方なく今回はパキスタンに行きませんでした。

ずっと、パキスタンのブーリークッタを見たいと思って待っていらっしゃった方々、すみません。

ちょっと考えます。

ここまですべてがうまくいかないと、さすがに、やるべきではないことをやろうとしているのではないか・・と考えてしまいます。

ですから今、私は日本にいます。

そして、カステラとキットカットを全部食べて、ちょっと子豚のような体になった上に、部屋の中には、自分のためには一生絶対買わない日本人形があります。

秋が深まってきたこの時期にその人形を見ると

とても寂しい、肌寒い気持ちになって。

ビザさえ取っていれば、今ごろパキスタンの風に吹かれていたはずだと思うと、またさらに寂しい気持ちになって

年間を通して気温が高く乾燥しているパキスタンの夜の砂漠で、寝そべって星を見ながら、「月の砂漠」が頭の中に流れてくる情景を、繰り返し思い浮かべるのであった・・
Joel

EDS IN WARSAW 2018

0 2018/10/14 (Sun) 01:32:26

ヨーロピアンドッグショー2018で

ポーランドのワルシャワに来ています。

ヨーロッパの素晴らしい犬たちをご紹介します。

会場の動画はこちらです。
https://youtu.be/Jyjs2s8Fdes
Joel - Re:EDS IN WARSAW 2018 2018/10/14 (Sun) 01:51:58 URL Mail

こちらのcooldogs.coでは、ちょっと強面の犬種しか紹介しませんが、まずはドーベルマンです。

ドーベルマンにつきましては、もう、今までに溜まりに溜まった思いの丈が噴き出して、ずーっと長時間に渡って、「ドーベルマンの断尾断耳を再開するべき論」を論じていました(笑)

朝一番だったので、まだ他の犬種がどこのリングなのかわかりませんでしたから、いろいろカタログを見て調べたり、複数のホールを歩き回らなければなりませんでしたから、「やらなければならないことがあるので急がなければならない」という自分の気持ちから、ずーっと「急げ急げ急げ」と言われながら撮影していましたので、早口で、まくし立てていましたが、ずっと本音を言っていました。

文字で説明するより、動画をご覧になったほうが、早く理解していただけると思いますので、こちらをご覧ください。

https://youtu.be/87HUcX3bQRQ
Joel - Re:EDS IN WARSAW 2018 2018/10/20 (Sat) 07:09:35 URL Mail

プレサとCAOと、他の犬種の動画があります。

ワールドドッグショーとヨーロピアンドッグショーは、プレサ、ドゴ、フィラブラジレイロ、土佐犬、オフチャルカなどがたくさん出場しますので、面白いですよね。

オフチャルカも全種類がドッグショーに出場できます。

会場をウロウロしていましたが、ときどきドキッとするような良い犬に出会いますし、ドゴが興奮して、他の犬とケンカしようとしていたり、毎回ヨーロッパのドッグショーに来ると、様々な刺激的な出来事が起きます。

https://youtu.be/HTfIpHpzKjk

https://youtu.be/rowwoY1b_AM
Joel - Re:EDS IN WARSAW 2018 2018/10/21 (Sun) 10:08:57 URL Mail

ポーランドは右側通行の国です。

車は右側を通行します。

日本は左側を走りますよね。

私も最初は怖かったんですよ。右側を通行するのが。

ですから、ずっと右側通行の国ではレンタカーを借りずに、公共交通機関を利用していたんですが、昨年2017年ドイツのライプツィヒで行われたWDS(ワールドドッグショー)は、どうしても車じゃないと不便な会場で開催されたんですね。

それで仕方なくレンタカーを借りて、右側を運転したんですが。

1週間も運転していたら、ぜんぜん問題なく運転できるようになってしまったんですね。

そのあと、ルーマニアでも問題なく運転できましたから、今回もレンタカーを借りて、じゃんじゃん運転していました。

そうしたら・・

どこの大都市もそうなんでしょうけど、夜のワルシャワの街というのはとてもキレイなんですね。

街の明かりが高層ビルのたくさんのカガミのような窓に、キラキラキラキラ・・・

また、ビルの上のほうに、電光掲示板のような光る文字が動いています。

街の中の街灯はすべてオレンジ色で、日本の街灯とは雰囲気が違います。

その様々な光が、自分の車のボンネットに反射して、またキラキラしています。

それで、その、左ハンドル&右側通行が当たり前のキレイな街を、日本人が車でシュッパーっと走っているということが・・・、なんかもう、酒も飲んでいないのに、ほろ酔い気分になってきて

もっと飛ばすゼー!!

俺は飛ばすゼー!!

と、なってしまって

自分のi phoneをUSBで車のオーディオにつないで、中に入っている音楽の中で、ブッ飛ばしてる曲を大音量でかけて、猛スピードで走ってたんですよ。

この2曲を交互に大音量でかけて走っていました。

https://www.youtube.com/watch?v=LlP4B2sFl4Y

https://www.youtube.com/watch?v=WqWxVoEH-o8

2曲とも聞きましたか?

聞いたらわかりますよね。私の気分が(笑)

そして

「俺って、今、すっげー!!カッコイーゼーー!!!」

などと思って

一人でワルシャワの夜の街を

ギャギャギャギャギャ・・・

と、タイヤの音を響かせながら走ってたんですね。

もちろん、ずーーっと、運転中、終始そのような状態ではありませんよ。

ときどき

「いかん。ヤリすぎだ・・」と思って

音楽をこれに変えて、静かに運転していました。

https://www.youtube.com/watch?v=egkk079oZu0

しかし、この曲のサビの部分で

テルミーワイ♪

エインナッシンバラ♪ハートエイク♪

テルミーワイ♪

エインナッシンバラ♪ミーステイク♪

テルミーワイ♪

アイネバーウォナヒーユセーイ♪

アーイウォンニーザーッウェイ♪

というところがあると思いますが

そこがまたすげ~好きなんですよ(笑)

それで聞いていると、興奮してくるんですね(笑)

それで興奮すると

その喜びを抑えられなくなって

「俺はもっと喜びを爆発させたいんだぁぁぁあああ!!!!がおおおおおーーー!!!!!」

と、なって、また最初の2曲を繰り返しかけ始めて

また猛スピードを出して走っていました・・

ちょっとアホウですよね・・

わかってます。

そして、そのレンタカーを返却する前日の夜

また調子に乗って運転していたら、事故を起こしてしまいました。

車に乗りながら、調子にも乗っている、この感じ・・・

30年くらい事故なんて起こしたことがなかったのに

ワルシャワで交通事故を起こしてしまいました。

相手の車の女の子に

「ゴメンね。俺が悪いんだ」と、何度も言ってました・・

https://youtu.be/W82Tgbo1Npc
Joel - Re:EDS IN WARSAW 2018 2018/10/25 (Thu) 22:33:05 URL Mail

このBOBのロットワイラーは最高でした。

かなりよかったです。

アメリカ系のロットワイラーが好きな私も、この犬なら飼ってもいいな・・・と思いながら見ていました。

https://youtu.be/5j9t513gLK0

もう一つロットワイラーの動画

https://youtu.be/lrlAhHucDWc

それと、ブルマスティフの動画をご覧ください。

https://youtu.be/yoQhosaB4j0

今年の2月くらいに、「今年の4月に、土佐犬に関する重大なことを発表します!」と、私はこのBBSでお伝えしたんですが、いまだにその発表をしていません。

そのことを、「なぜですか?」と、おっしゃる方がいらっしゃいまして、ときどき、「あのことはどういうことなんですか?教えてください」というメールも届きます。

そのことを、今回のヨーロピアンドッグショーの土佐犬のリングで話しながら動画を撮影していたんですが、まだちょっとネット上ではお伝えすることができませんので、みなさんにお伝えできる時期になったらお話ししますし、今回のヨーロピアンドッグショーの土佐犬の動画も、そのときご紹介します。

今回のヨーロピアンドッグショーは、かなりの長時間、土佐犬のリングにいました。

なかなか良い土佐犬もいましたよ。

そして、土佐犬に関する重大なことも、ずーーっと動画の中で話していました。

私としましては、早くみなさんにお伝えしたいし、早くその動画もみなさんにお見せしたいんですが、どうしても今はできません。

なぜできないかも、あとでお伝えしますので、しばらくお待ちください。
Joel

WDS 2018

0 2018/08/02 (Thu) 14:22:24

WDS(World dog show)2018 in Amsterdam

ワールドドッグショー2018 in アムステルダム

アムステルダムに来ています。

アムステルダムの街と文化と、世界最大のドッグショーの様子をお伝えします。



Joel - Re:WDS 2018 2018/08/02 (Thu) 14:26:48 URL Mail

アムステルダムに来ています。2018年07月31日に日本を出発して、同じ日に到着しました。日本は、世界でも一日が始まるのが早い国ですから、どこの国に行くときも、だいたい同じ日に着きます。羽田を出発して15時間くらいかかってるんですけどね。そのかわり、日本に帰るときは、必ず次の日になります。

オーストラリアやニュージーランドに行くときは、行きも帰りも次の日になります。距離は離れているのに、時差はほとんどありませんからね。ただ日本の南にあるだけですから。まあ、誰もがわかりますよね。

わからない方のためにお伝えしますが、東西に距離が離れている場合は時差がありますが、南北に離れている場合は時差はありません。

地球は、西から東に向けて、同じ方向にしか自転していませんからね。

ですから、オーストラリア、ニュージーランドに行く場合は、時差がないのに、距離はヨーロッパと同じくらい離れているわけですから、日本時間と同じ時間で、どんどん時間が過ぎていきますから、行きも帰りも、多くの場合次の日になります。

それで!

羽田から11時間かけて、まず、ドイツのミュンヘンの空港に到着しました。フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港です。

名前が長すぎますよね。

日本時間の午後12時35分に出発しましたので、到着したのは、午後11時35分くらいで、もう夜の12時近くだったんですが、時差がありますから、ドイツの時間では午後5時くらいでした。

それから飛行機をルフトハンザに乗り換えて、アムスに行ったんですが・・

ミュンヘン空港のルフトハンザのラウンジで、写真や動画を撮ったり・・

また、今回宿泊するアムスのアパートのオーナーから、アパートの名前と住所、そして、その部屋の鍵をあずけてあるBARの住所を聞いてなかったので、それをSNSで話していましたら、あっという間に時間が過ぎていて、出発の15分前になっていました。

それで、あわてて搭乗ゲートに向かいましたら、もうすでにみんな飛行機に向かうバスに乗り込んでいて、僕はもう最後のほうでした。

それでまた急いでゲートにチケットのバーコードをかざして入ろうとしたら・・・

ゲートの機械から、何かレシートのようなものが出てきたんですね。

今までこのような経験をしたことはありません。

「あれ?なんだろうこれ・・」

と思いましたが、こういうものを捨てると、あとで面倒なことになる場合が多いので、それもポケットに入れてバスに向かいました。

バスの中は気温が高く、もわ~っとしていて、そうとう暑かったです。

7月31日ですから、1年で最も暑い時期ですからね。

そしてほどなくしてバスが出発して、飛行機まで行って、ゾロゾロ乗客みんなで飛行機に乗り込むと・・

僕の座席は25Cだったんですが、別の男性も25Cだと言って、チケットにも25Cと書いてありました。

僕のチケットにも25Cと書いてあります。

あれ??と思って、CAに話したら

2人のチケットを見て、どこかに連絡していました。

なんか仰々しいデカい飛行機の中の電話で。

そして、それでもわからず。

またどこかに電話していましたが

またわからなかったので

「ちょっと待って・・・おかしいわね・・・」と言いながら

僕に、「近くの座席に座ってて」といって、前方のコックピットの方向に歩いて行こうとしました。

僕よりもはるかに身長の高いドイツ人の女性です。年齢は60歳くらいでしょうか。

そのとき思い出しました。

そういえばさっき、得体のしれないレシートが出てきたな。

それをポケットから出して見ましたら

Bsiness Class Seat 1A

と書かれていました。

ムムム!

「Hey !! Excuse me !! Look at this !!」

急いでそのCAを呼び止めて、それを見せました。

「あ~。なんだ。あなた、ビジネスクラスじゃない!しかも1Aよ」

この飛行機には、ビジネスクラスに誰も乗っていませんでした。

ですから、スーパーフライヤーのメンバーの私を、自動的にビジネスクラスにしてくれていました。

しかも1Aですから、一番前の席です。

みなさんも、機会があったら、スーパーフライヤーのメンバーになったほうがいいと思います。

そして、午後9時くらいにアムステルダムに到着しました。

電車とバスを利用して、Airbnbで予約したアパートに向かったんですが、途中で何度かバイクにはねられそうになって、ようやくそのアパートに到着したら、玄関のドアの鍵が開かずに、30分くらいそのドアの前にいました。

ものすごく開けるのが難しい上に、なかなか回せない硬い鍵でしたが、なんとか自力で開けて、アパートの中に入ると、若いやつらが5人くらい住んでるアパートの一室で、「今日から8月16日まで、俺は大丈夫なんだろうか・・」と思いながら・・・日本で朝起きてから、30時間くらい寝てませんでしたから、極端に眠むかったので、すぐにベッドに入って、気絶したように眠りにつきました。

ワールドドッグショーは8月9~12日です。

その様子は、また次回お知らせします。

なぜバイクに何度もはねられそうになったかは、下の動画をご覧ください。

みなさんも、アムスに行ったときのために、ご覧になっておいたほうがいいと思います。

https://youtu.be/mvLbfBIowHk

https://youtu.be/dAYaN7CPvs8

https://youtu.be/p0sC6mqJXvc
Joel - Re:WDS 2018 2018/08/04 (Sat) 02:56:26 URL Mail

今日は2018年8月03日です。

アムスに到着して3日経ちました。

毎日、アムスのダウンタウンに行ってます。

今日は、とうとうRed light districtに行きました。

レッドライト地区ですね。

本当は夜行かなければならないんですが、昼間の12~1時くらいに行きました。

同じアパートの住人は、みんな私と同じAirbnbで部屋を借りている人たちで、昨日、3人出て行って、男女二人の新しいカップルが入ってきました。

おそらく私が滞在しているあいだに、まだ何組か入れ替わると思います。

みんな夜遅くまで酒を飲んだり大麻を吸ったりしていますが、私はときどきギネスを飲むだけで、大麻は吸いませんし、夜9時~10時くらいには寝ますから、アパートの住人とも時間がズレていますし、レッドライト地区とも時間がズレています。

ですから、誰か日本の男性の方が私と一緒にアムスに来たら、ぜんぜん面白くないかもしれませんね(笑)。

アムスを満喫されたい男性の方は、夜は、私と別行動をしたほうがいいと思います。

酒と大麻と女を、果てしなく、どこまでも楽しむことができます。

レッドライトの女性たちの金額は70ユーロくらいだそうです。

1万円くらいですね。

高くないです。

しかし私のアパートの部屋は、朝日が昇ってくるほうに面していて、朝10時くらいになると、暑くて部屋にいれなくなるんですよね。

エアコンもありません。

ヨーロッパのアパートはエアコンがないことが多いです。

ホテルにさえない場合があります。

日本の夏の暑さとは、暑さが違うんですよね。

直射日光が当たってない部分は涼しいです。

ですから私の部屋も、午後になると涼しくなります。

しかし朝10時には暑くてたまらなくなりますから、そのころ毎日外に出ていきます。

そうすると、アムスのダウンタウンをどんなに歩いても、午後3時くらいにはアパートに帰ってくるんですよね。

ランチを食べて、Barでギネスを1杯飲んだら帰る。の毎日になっています。

毎日といっても3日しか経っていませんが。

それで今日レッドライト地区に行きましたら、やっぱり昼間から女性が、道路に面した小さいショウウインドウのような無色透明のガラスのドアの小部屋に、裸同然の姿で立っていて、じゃんじゃん誘ってきます。

私は、動画を撮ってみなさんにお知らせしたいと思って、i phoneでビデオを撮っていましたら、「カメラやめて!!」と、何度も注意されて、途中で撮影を断念しましたが、少しは映っています。

マフィアが出てきてトラブルになることもあり得ますから、そのような危険をかえりみず撮影した動画です。

ビデオには映っていませんが、このビデオの最後に、運河の対岸から、「カメラダメよ!!ハロー!!ハロー!!」と大きな声で裸の女性が私に言ったので、途中で撮影を中断しました。

日本に帰るまでに、なんとか頑張って、夜、撮影に行きますが、今日はとりあえずこの動画をご覧ください。

https://youtu.be/xwBW1felmio
Joel - Re:WDS 2018 2018/08/19 (Sun) 18:50:01 URL Mail

プレサのリングに行ってきました。

最初のジャッジは予想通りだったんですが、二つ目のジャッジは

「この犬は選ばれないだろう・・」と思っていた犬が選ばれました。

「このジャッジはおかしい・・」と思いましたが

私の見る目がなかったのかもしれません。

みなさんはどのように思われるか、動画をご覧になってください。

https://youtu.be/j-O_32fijyA

https://youtu.be/aoD0PyTeEPQ
Joel

WW Bullmastiff

0 2018/06/26 (Tue) 18:06:05

World dog show champion female bullmastiff

ワールドドッグショーのチャンピオンのブルマスティフのメスが買えます!

オーナーから直接メッセンジャーでメッセージがあって、犬を買いたい人を探しているそうです。

どなたか絶対買うべきです。

物凄く良い犬ですよ。

動画をご覧ください。

先に紹介したアメリカンアキタ(犬の雑談2の2018.06.25の記事)のメスも一緒に動画に映っています。

https://youtu.be/1XYoInMzC7g

https://youtu.be/_Dv3e0xpuMk

オランダのハンドラーが飼っている犬です。

アメリカンブリーも映っています。

この犬もいいですね。

私がほしいくらいです。

しかしブルマスティフは、ぜったいどなたか買うべきだと思います。

ワールドドッグショーのチャンピオン犬ですよ!!

買おうと思っても買えるような犬ではありません。

しかしたぶん、すぐ売れますね。

アメリカンアキタは、もう、ルーマニアの私の友人のアメリカンアキタのブリーダーに話しました。

買いたいと言っています。

ですから、ほしい人は急がないと、買えませんよ。

アメリカンブリーほしいですね~

このハンドラーはオランダのハンドラーですが、世界中のドッグショーで活躍していて、アメリカで、アメリカンブリーのハンドラーもやっています。

ですから、アメリカンブリーも最高の犬を飼ってるんですよね。

--------------------

あんまり良い犬なので、今、またメッセンジャーでたずねました。

あのアメリカンブリーは買えないの?と。

そうしたら・・・

あれは売れないと言っています・・

残念!

しかし、SNSが世界中に普及してますから便利ですね。

世界中、どこの国の人でも、リアルタイムですぐなんでも聞けます。

---------------------

2018.06.28追記

今日、また、そのオランダのハンドラーからFBで連絡があって
いろいろ話してたんですが

このメスのブルマスティフも、信じられないくらい安い価格だということがわかりました。

どなたか購入されたほうがいいと思います。
Joel - Re:WW Bullmastiff 2018/07/30 (Mon) 07:58:36 URL Mail

このブルマスティフとアメリカンアキタの販売は終了しました。

すみません。連絡するのが遅れてしまいました。

まだ販売中だと思って連絡してくださった方々、申し訳ございません。

たくさんの問い合わせ、どうもありがとうございました。

またほしい犬が見つかった場合は、COOLDOGSをよろしくお願いいたします。

失礼いたします。

Joel

Crufts2018

0 2018/03/15 (Thu) 05:00:04

Crufts2018

今年もCruftsに来ています。

今、バーミンガムにいます。

2018年のCruftsをご紹介します。
Joel - Re:Crufts2018 2018/03/28 (Wed) 05:42:11 URL Mail

すみません。Crufts2018の内容をお伝えしようと思っていましたが、もう今日は2018年03月27日です。日本は3月28日ですね。

完全に今年のCruftsは終わって、もう2週間くらい経っています。

いや、もう・・・

滞在していたホテルが最悪で・・・

滞在していた・・・というのは、昨日、我慢できずに新しいホテルに移動したからです。エクスペディアで前金で支払っていたので、残りの1週間分は返ってきません。返ってこなくてもいいです。金なんていらないから、この地獄から脱出しなければ・・・と思いました。

今は新しいホテルからこれを書いています。

今のホテルはとてもいいです。

最初のホテルは、バーミンガムで一番安いホテルだったんですね。

そうしたら・・・

到着したその日に・・・

リセプションには、映画の「アダムスファミリー」に出てくる、黒髪の長い魔女のような女性に似たクソ女がいましたが

そいつに、「Wifiが良くて、静かな部屋をお願いします」と言ったら

このホテルで一番最悪の部屋を選びやがりました。

まず、四方八方の部屋や廊下や何もかものすべての人の声と物音が、そのままダイレクトに、まるで自分の部屋に壁がないかのように聞こえました。めちゃめちゃうるさいです。

そして、到着したとき、トイレのウンチが流してありませんでした。

そして、部屋の中のライトの半分は点きませんでした。これは節電のためにわざと消してあるということでした。

部屋の中が暗くて、ライトを点けているのに、昼でも夜のようでした。

何度も自分の部屋の中で持ち物を無くしそうになりました。暗くて見えないからです。それくらい暗いんですから。

それから、僕の部屋の下にレストランがあって、そのキッチンで働くインド人、バングラディッシュ人、パキスタン人の声と騒々しい物音がうるさくて、最初、何かの工事をやってるんだと思っていました。

それで、リセプションで、そのキッチンの声がうるさいから部屋を変えてくれ。と言いましたら、その10分後くらいから、そのキッチンの声と物音が10倍くらいになりました。わざと意図的にやってるんですね。

それから、午前1時~3時のあいだに、僕の部屋の前で大声を出して、僕の目を覚まさせることを毎晩何度もやり始めました。嫌がらせですね。

こういう人間は日本にもいますよね。

社会の底辺の人間はどこも同じだな・・・と思いましたが、インド人、パキスタン人、バングラディッシュ人などは、特に宗教色の強い人種ですから、神様を信じていたり、宗教的な物事の捉え方をする人種のはずなのに、無宗教の日本人のクズと同じ行動をする・・・というのが、とても興味深くて、深く感心していました。

だいたい

ここ10年くらいでしょうか。

インドでレイプ事件が多いですよね。

あれが信じられなかったんですね。

最初は、何かの誤報だと思っていました。

なぜなら、レイプというのは、嫌がっている女性を無理矢理・・・

キチガイですよね。

だって、SEXというのはそういうものじゃないじゃないですか!

僕が今更言わなくてもわかりますよね!

それを、女性が嫌がってるのに無理矢理・・・・

「地球から500億光年くらい向こうの、宇宙の果てのさらに向こう側に行って、そこにいる生き物をなんでもいいからここに連れてきて。無理矢理じゃなくて、きちんと納得させて。それを明日までにやってくれるかな」

この、会社の上司のリクエストに、すぐに「わかりました」と返事するよりあり得ないです。レイプなんて。

しかも、様々な宗教が生まれたインドで、そのインド人が・・・・

別の人種がやった。というのなら理解できますが、インド人がそんな事件を繰り返し行うというのが信じられなかったんですが、今回、インド人にもクズはたくさんいて、世界中、社会の底辺の人間たちは、言葉で言っても理解できない、脳細胞がヘドロ化したゾンビがたくさんいることがわかりました。そしてそいつらの考え方や行動はとても似ていることがわかりました。

日本のような島国で、さらに、海外の人間と接点がない日本人と、イギリス人、インド人、パキスタン人、バングラディッシュ人、etc......が、同じ考えを持って、同じ行動をするんですよ!

人間の心理と行動に非常に興味がある僕は、これがわかっただけでもこのホテルに滞在した意味があるな・・・と思っていましたが

レストランの営業時間の午後12時から午前0時まで、毎日狂ったように騒いでいましたし、レストランが終わったあと、午前1時~3時くらいのあいだに、僕の部屋の前で、何度も奇声を上げて眠らせないようにしていましたので、サルの脳みそしかないやつらだと思って無視していましたが、他の仲良くなったリセプションの白人男性に言って、2週間後に部屋を変えてもらいました。

それで、その嫌がらせは無くなったんですが、四方八方の部屋の声や物音が聞こえるのは相変わらずで、小さなヒソヒソ話しまで聞こえるんですよ(笑)。中には大声で話す人もいますし、普通の声で話しても全部聞こえますから、もううるさくて眠れないです(笑)。嫌がらせより、こっちのほうが眠れませんでした。気を使って。僕は、Youtubeの動画をいつもアップしたり、再生して確認したりしていますからね。それが周囲の部屋にうるさいんじゃないかと思って気になっていました。

そして、近くの部屋の誰かがドアを開け閉めする音が、「ガアア~~ン!!」「ガアア~~ン!!」と、24時間鳴り響きます。

それで、新しい部屋に移動した次の日から、自分の部屋の物音が周囲に迷惑をかけているのではないか、というストレスで、毎晩、ジンマシンが出るようになって、1週間、ずっと毎晩続いたので、昨日、とうとうホテルを変えました。

嫌がらせは別にストレスではないんですね。次元の低いサルが騒いでるだけで、同じレベルの人間ではないと思っていますから、相手にしません。

しかし、自分が他の人に迷惑をかけているのではないか・・・というのは大きなストレスになります。

しかも、どんなに物音を立てないようにしても、このオンボロホテルの建物の構造上、どうしてもすべて聞こえてしまうんですから、僕自身の力ではどうすることもできません。イビキや咳払いは当然ですが、もうとにかく、小~さな声や物音まで聞こえるんですから。

今、新しいホテルからこれを書いていますが、ここは☆4.4のホテルです。満点が☆5です。かなり良いホテルです。それでも隣の部屋の声はやはり聞こえますからね。

来月、ロンドンに1ヶ月行きますが、そのときはホテルではなく、一般の人のアパートを借りています。Airbnbで。

ご存知ですか?Airbnb ?

ここです。
https://www.airbnb.jp/

日本国内にも借りれる部屋はありますよ。

ホテルよりもこちらのほうがよかったら、今度から世界中どこに行くときもここから部屋を借りようと思っています。

あ!そうそう!!

毎晩ジンマシンが出ていたので、心配になって調べたんですが

ジンマシンの70%は原因がよくわかってなくて、ストレスが大きな原因なのではないか・・・と言われているそうです。

そして!!

ここからが重要なんですが!!

体の表面だけではなく、気管支の中にもジンマシンが発生するらしく、気管支の中に発生すると、気管支の中がせまくなって、呼吸ができなくなって死亡する場合があるそうです!!

「これだ!!」と思いました。

今年の元旦、1月1日の午前1時に、私は呼吸ができなくなって、日本赤十字病院の救急病棟に行きました。「死ぬ!!死ぬ!!」と言って。

これですね。

昨年、2017年12月にルーマニアに行ったとき、糖質制限をしていますから、炭水化物を食べずに、肉ばっかり

しかも、香辛料がたっぷりの

そしてルーマニア人はサラダを食べずに、パンばっかり食べるので、僕は糖質制限中ですから、炭水化物のパンは食べれませんから、肉ばっかり食ってたら、極度の胃痛になって、ルーマニアで、何度か死のうとして。

日本へ帰る飛行機の中で、極度の胃痛で、CAさんに、ずっと湯たんぽを借りて、背中に当てていたら、そこが低温ヤケドになって、ケロイドのようになって・・・

ルーマニアという国は、治安の悪い国ですし、マフィアのような人間もたくさんいましたし、ブリーダーやハンドラーたちと、何人も会いましたし、ルーマニアケンネルクラブの会長と食事をしたり・・・

とにかく、様々なストレスがあったわけですよ。

そのときは髪が金髪で、空港では、スーツケースを開けさせられて、根掘り葉掘り聞かれるし・・・

12月31日

一人で日本の山の中で

酒も飲まずに、「ガキの使いの笑ってはいけない24時」をテレビで観ていて

午前0時を過ぎて、1月1日の新年になって

「2018年になったな。今年は何かいいことが起きればいいな・・・。よし。寝よう!」

といって寝たかと思ったら、午前1時に

ん???

????!!!!

呼吸ができない!!!!????

となって目が覚めて・・・・

ジンマシンですね。

気管支にジンマシンが出た。

これは誰にでも起きる可能性があるそうです。

みなさん。注意してください。

ああ、そうでした。

Cruftsのご報告は、またやります。

ホテルの動画をご紹介します。

ホテルの最初の部屋と次の部屋

また、最初のホテルと次のホテルの違いをご覧ください。

最初のホテルの外観
https://youtu.be/VUO17QLjLFY

最初の部屋
https://youtu.be/d3zo0xpwfI8

https://youtu.be/oAE6NDL7PX0

新しい部屋
https://youtu.be/vVuRC7OT4Wo

ホテルの下のレストランのハンバーガー
https://youtu.be/ZAFoA7uHI-c

新しいホテル
https://youtu.be/WJUz70MCo04

新しいホテルの朝食
https://youtu.be/uAeNHc-1wbc
Joel - Re:Crufts2018 2018/03/29 (Thu) 20:41:02 URL Mail

この写真の朝食が無料で食べられるんですよ!

2日前まで滞在していたホテルと、この新しいホテルの距離は、車で1分です。

ちょっと本気になれば歩いても行けます。

2キロあるかな・・・くらいの距離です。

とても近くにあるわけです。

それなのにこの違いは何なんでしょうか!

みなさん。安いホテルには注意が必要です。

泊り客もぜんぜん違います。

いろんな人種の人たちが宿泊していますが、顔つきも雰囲気も全く違うんです。

ここまで違うと、やはりもう安いホテルには宿泊したくないですね。

前のホテルは、到着したときウンチが流してなかったんですよ!

そして、ホテルとレストランの従業員に嫌がらせされてたんですよ!

さらに、部屋に壁がないかのように、すべての物音と声がダイレクトに24時間聞こえてたんですよ!

そして、照明の半分は点かず、暗くて、臭くて、カビだらけで、ダニがいて、毎晩湿疹が出て、暗すぎて部屋の中で物を無くすし、シャンプーも石鹸もないし、シャワーのお湯は出ないし・・・

そして、僕だけが何か違う存在のように、浮いているように見えたんでしょうね。周囲の人間たちがゾンビみたいな人間たちばかりだから。よくわかりませんが。

「あなたはマフィアですか?」とか、「どこかの国の要人ですか?」とか、「スパイか何か特別なことをしている人ですか?」などと、何回おかしな質問されたかわからないです。そして、スタッフも泊り客もレストランの人間たちも、明らかになぜか僕を特別視している様子でした。

アジア人が事件か何か起こして、他の誰かと間違えられていたのかもしれませんね。

しかし、仲良くなったリセプションの白人男性が二人いましたから、もしそういうことがあったら、彼らが私に伝えたはずなんですけどね・・・

不思議ですね・・・

まあいいです!

今のこのホテルは、とても静かです。

スタッフも泊り客もフレンドリーで、ぜんぜん普通に接してくれます。

あー、しかし今年のCruftsは疲れましたね。

Cruftsは別に疲れなかったんですが、ホテルが最悪でした。

ご覧になっていらっしゃらない方は、一つ前の記事をご覧ください。

いや~まいりましたね・・

来年から、どこに滞在するか、しっかり考えます。

ただ、4月1日に日本に帰るんですが、4月6日からロンドンに行きます。

ロンドンから電車で、イギリスのかなり北のほうの、ニューカッスルアポンタインというところに住んでいる、ある犬種のブリーダーの家に行きます。それから、ロンドンのペット輸送の会社の社長と会います。そして、ロンドンに部屋を借りて住むかもしれません。ロンドンに、きちんと自分の住処(すみか)を確保出来たら、来年からのCruftsは、ロンドンから4日間だけバーミンガムに行くだけですからね。楽だと思いますが、ロンドンは物価が高いので、まだきちんと住めるかどうかわかりません。

本当は、昨年から、チェコのプラハに住もうと思ってたんですよ。物価が低いし。

しかし、ある知り合いの占い師が、「あなたはロンドンに住みなさい。ロンドンに住んで、もっと紳士になりなさい」と言うんですよ。

それで、プラハ行きの飛行機のチケットを買っていたにもかかわらず、5万円もキャンセル料を払ってキャンセルして、ロンドン行きのチケットに変えたんです。

本当は、昨年から、今年の4月はプラハに行く予定でした。

それが

東京より物価が高いロンドンに行くことになりました。

しかも、移住計画でですよ。

プラハなら、なんとか行けると思ったんですが、ロンドンは無理だと思うんですけどね・・

昔から知ってる占い師で、いつもお金も払わずにアドバイスしてもらってますから、彼女の言うとおりにしてみようと思って、来月はロンドンに行きます。

しかし、お金も払わずに・・・などと言っても、今までに100万円くらいあげてますからね。

「今月お金がないから送金して~!!」などと言って、今までに、10万円~30万円くらいを何度も送っています。

「いくら仲が良くても家族じゃないんだゼ・・」と思いながら、「わかった」といって、別に恋愛感情など1ミリもない、その70歳の占い師の女性にお金を送金するんですよ。かわいそうだから。

貸してるんじゃないですよ。

あげてるんですよ。

その人はいつもお金がないんですから、返ってくるわけないんですから。

「返せ」と言ったこともありません。

その女性が、「ロンドンに行きなさい」と言いました。

来月、1か月間、Airbnb(エアービーアンドビー)https://www.airbnb.jp/ で借りたロンドンのアパートが、また、今回のダメなホテルのように苦痛なアパートだったら・・・もう地獄ですね。2か月連続の地獄。

先月のニューヨークも、ぜんぜんダメなホテルでしたから、3か月連続ですね。

しかし、またしてもここは、Cruftsの報告をするところなのに、ぜんぜんCruftsの話しをしていません(笑)

いや、もうCruftsは、毎年来てますから、「もう全て知ってる」という感じで、ビデオもあんまり撮ってないですし、何人かのブリーダーやハンドラーやジャッジに会いましたけど、それはどこの国のドッグショーに行っても同じですから、特別なことではないので、わざわざここに書きたいと思いませんよね。ただの日常。

もう世界のどこに行くのもただの日常になってきていて、もっと、こう、キエフに行ったときと同じような緊張感がほしいですよね。

昨年キエフに行ったときは、やっぱりスゴかったですよ。いろいろ。

巨大な金属のグリコのおまけの人の像のようなものがあったり。

本気の爆弾の、「ドーン!」「ドーン!」という生の戦争の爆音が聞こえていましたし。

あれ、練習だったんでしょうかね・・・

しかし、ものすごい音でしたよ。

毎日決まった時間に起きるわけではなく、真夜中だろうと早朝だろうと、お昼の12時だろうと、関係なく、しかも、毎日、一日中何回も起きるときもあれば、3日に1回くらいのときもあれば、1週間ぜんぜん音がしないこともありましたから、実際の爆弾の音だったんじゃないか・・・と思っていました。ウクライナの東のロシアとの国境付近は戦争中ですからね。まあ、わかりませんよ。そういうランダムの日に行う軍隊の演習かもしれません。

まあ、いずれにしましても、キエフはかなり刺激的でした。

他の国からドッグショーに来た友人たちは、ドッグショーが終わったら、すぐに自国に帰っていましたからね。「危険だ」と言って。

僕だけ3週間くらいいて、毎日、毎晩、キエフの街の中心に行ってました。

ぜんぜん問題なかったです。

ただ、やっぱり、ちょっと目つきがおかしな人間も多かったですよね。

今回のイギリスの低俗な人間の目つきとは違う、ちょっと危険な目つきの人間が多かったです。やっぱりロシアンマフィアなんでしょうね。

夜の街は、観光客は少なくて、男も女も、キエフの悪いやつらが集まってました。

僕も、その中の一人のような顔をして紛れ込んでいましたが、僕だけ明らかに違うアジア人の顔なので、やっぱり、ちょっと、みんなジロジロ見てましたね。

しかし楽しかったです。

常に、どこに行っても、危険な事件に巻き込まれるかもしれない。という緊張感がありますから、危険すぎて観光客が少ないので、地元の人間たちの生活や文化が、そのまま丸出しで、そこら中に転がっていて、それを感じられるのが、とても異国に来た感じがしました。

イギリスは、もう日本と同じ感覚に近くなってきていて、どんな人種と会っても、日本人と同じ感覚になってきていますから、新鮮味がないですよね。最初海外に行き始めたころ、初めてイギリスに来たときは、すべての人間が宇宙人だと思えるくらい違う人間に見えましたし、建物や街の雰囲気が日本と違い過ぎて、「もぉのぉすごく異国情緒漂うな~♡」と思っていました。しかし今は、人も建物も、見慣れた風景になろうとしています。毎年来て毎年同じ風景を見ていますから。

ですから、今年の10月に行く、ポーランドが楽しみですよね。

いかん。もうこんな時間だ!

12:39になっています。お昼です。

いろいろやらなければならないので失礼します。

そして、毎日、バーミンガムのシティセンターに行ってますが、今日も行きます。

https://youtu.be/jfICF2vULTo
Joel - Re:Crufts2018 2018/07/15 (Sun) 11:57:34 URL Mail

え~と・・・

Crufts2018の報告をしなければならないと考えていましたが・・

Crufts2018が終わって

そのあとも、3月はずっとバーミンガムにいましたが、4月上旬に日本に帰ってきて、すぐロンドンに1ヶ月くらいいて、5月上旬に日本に帰ってきました。

そしてそのあと、ある東北の、犬の輸入の依頼者の人で、あるマスティフ系の犬をCOOLDOGSを通して輸入した人がいるんですが、何が気に入らないのか、不満の理由も言わずに、ずーっと1年以上、何度電話しても電話にほとんど出ないで、メールの返信も返さずに・・・輸入したメスの犬の写真を、ぜんぜん送ってこずに、出来損ないのクソのような写真しか送ってこないで、とにかく「仕事が忙しい」などと嘘ばっかり言い続ける酷い人がいました。

そのくせ、その人は、10回に1回くらいつながる電話で、「もう1頭オスを輸入したい」などとおっしゃるものですから、オスの子犬の写真や動画を取り寄せると、すぐにまた音信不通になって・・・という嫌がらせを繰り返していたんですね。今まで。この1年半くらい。

それで、とにかく、私は、輸入したメスが元気に暮らしている姿を動画に撮って、ブリーダーに送らなければならなかったものですから、私が直接東北に行ったんですよ。たった5分の動画を撮るために。(その人は、そのメス犬を輸入してから、1回も、まともな写真や動画を撮影しませんでした)

そうしたら・・・

「妻と仲が悪いから自宅には来ないでください」

と言っていたにもかかわらず

新しいオスをどこかの輸入業者を使って、オーストラリアから輸入していて

「オスの犬がいますね」

と言いましたら

「妻からのプレゼントです」

と、ぬかしやがったんです。

自分が以前言ったことを覚えていないんですよね。

「脳の情報処理能力が悪い上にウソばっかり言う人間だな・・・そういう人間は、すぐ、自分のウソとの辻褄が合わなくなるんだよ・・。自分が過去にどういうウソをついたか覚えてないから。だから、すぐウソがバレるから、ウソをついてはいけないんだ。ウソをつく資格がないんだよ」

などと、思っていましたが、何も言わずに、何も気づかないふりをしていました。

まあ、いいです。

とにかく、その、どうしようもないウソばっかり言ってる依頼者が東北にいましたので、5月下旬~6月上旬は、東北に行ってたんですよ。

「行ってたんですよ」というのは、その人が、ウソばっかり言いますから、またウソによって会えない可能性があると思って、1週間の休みを取って行きましたから、「しばらく行ってたんですよ」というような表現になったんですが。

実際は、2日目には会えて、無事に犬の動画を撮影して、すぐに帰りました。

とにかくその人の喋ることが全部ウソなんですが、いちいち、そこで、「それはおかしいじゃないですか。あのときあなたはこう言いましたよね」などと言って、私はウソを暴くようなことはしません。それは野暮ですよね。

まだ人間になっていない段階の人間というのは、自分のウソが明らかにバレていても、「ウソじゃない」などと言うじゃないですか。例えば、目の前で殺人を犯しても、「俺はやってない」などという、なんか、人間の姿だけをした、ミミガーたちですよ。

そのようなロドリゲスたちに何か意見を言うのは、アルスリーハイマーの微生物と議論しているような気持ちになるので、最初から同じ土俵で戦うことはしません。

ですから、「さっさと動画を撮影して帰ろう」と思っていました。

ただ、そのウソばっかりつく人に、早めに会えた場合は、東北から関東に南下してきて、東北から関東にかけての、COOLDOGSの依頼者の方々に会って帰ろうと思っていましたので、関東のいろんな人に会っていました。

そのために、最初に東北に出発したときは、まず羽田空港に到着して、そこからレンタカーで東北まで行きました。

いや、伊丹空港から、その東北の人の自宅近くの最寄りの空港に行くこともできましたが、そちらのほうが航空運賃がかなり高額でした。それに、もし時間があったら、関東の依頼者の人たちに会って帰ろうと思っていましたので、羽田から車で行きました。しかし、1週間、ずっと会えずに、1週間東北にいて、そのまま動画を撮影できずに帰ることもあるだろうと思っていました。それくらい、その人はウソしか言わないんです。

しかし、梅雨に入る前に行かないと、キレイな動画が撮影できないと思いましたので、ロンドンから帰ってきて、しばらくしたら、すぐそのために東北に行きました。

たった5分の動画を撮影するために。

「仕事が忙しくて5分の動画が撮影できない」と、その人がおっしゃるものですから。

人気絶頂のアイドルでも、5分の動画くらい撮影できます。

AKBの総選挙の日に、その選挙で1位になった子が、その選挙の日の当日でさえ、5分の動画を撮ろうと思ったら撮れます。

つまり、地球上で、5分の動画が撮影できない人はいないんですよ。

完全な全身麻酔で、24時間手術していた人以外は。

普通の生活をしている人間で、5分の動画が撮影できない人は、この世にいないです。

どんなに忙しくてもできます。

まして、1年半の時間があったんですよ。

それを抜けシャーシャーと、「忙しくて動画を撮影できませんでした」と、言うんですよ。

まあいいです。

それで、COOLDOGSでは、モロシアン系の犬種の輸入は、基本的に行わないことにしました。

COOLDOGSは、モロシアン系の犬を紹介するサイトとしてスタートしたにもかかわらず、モロシアン系の犬を輸入しないという、本末転倒気味の決定をしなければならなくなりました。

もちろん、100%絶対行わない、ということではありません。

しかし、メールの文面や電話での話し方で、少しでも違和感を感じたら、すぐにその方の輸入はお断りしますし、メールや電話での対応がおかしくない人でも、私が作成した、適正テストを受けていただいて、それに合格した人だけにしか輸入しないように決めました。

今まで、モロシアン系の犬種を輸入した場合のみ、問題ばかり起きます。

現在進行中のモロシアン系の犬の輸入の方々は問題ありませんが、今後、COOLDOGSを通して、モロシアン系の犬種を輸入されたい新規の方は、私が作成した、適正テストを受けていただいて、それに合格した方だけしか、犬の輸入は行えませんのでご注意ください。

そのテストは、電話でのみ受けることができます。

テストというと、ちょっとなんか仰々しいので、アンケートと呼びます。

適正アンケート。

その適正アンケートに答えていただいて、それによって私が判断します。

なぜ急に、COOLDOGSではモロシアン系の犬を輸入しなくなったのか・・ということを説明するために、長々と説明しなければならなくなりました。

まあいいです。

それで!

なんでしたっけ・・・

あまりにも、その東北の方に憤りを感じたことを思い出してしまったので、何を話そうと思ったか忘れてしまいました・・・

え~と・・・

そうだ!

今日はもう、2018年7月15日なんですよ。

あ、そうそう。また話を元に戻して、一応、お伝えしておきますが

どんなに憤りを感じるような依頼者の方がいらっしゃっても、COOLDOGSは、その人の悪口を他の人に話して、その人の悪い噂を広めたりすることはありませんので、その点はご安心ください。

それでは本題の続きです・・

え~と・・・

なんでしたっけ・・・

Crufts2018は3月の・・・・正確な開催日を忘れました・・・

3月上旬ですよ。

ですから、約4か月経っています。

あとで、この一番下に、動画を紹介しますので、それらをご覧になって、Crufts2018の様子を感じてください。

その前に

このスレッドのこの前のコメントでお伝えしましたが

私は、ロンドンに移住するつもりで、4月にロンドンに行きました。

そうしたら・・・

あ、そうそう。

そのロンドンに行く2~3週間前、まだCrufts2018が終わって、そのままバーミンガムにいたときでした。

バーミンガムのクソ安いホテルに滞在していたとき

赤ワインを飲んでいたら、突然!

「なんか痒い」と思って腕や足を見ると!

全身にジンマシンが出ていました。

今までの人生で、ジンマシンなど出たことがありません。

まあ、2~3個、ポツポツ・・・くらいはありますけど

全身に出たことはありません。

とにかく私は、子供のころから死ぬほど健康なんですから。酒を大量に飲んだとき以外は。(酒を大量に飲んだ次の日だけ動けません。信じられないくらい飲みますからね)

しかし、全身にジンマシンが・・・

それが酷いんですよ。

手の平や、ヒザや、頭皮にまで、全身に出たんです。

そしてその日から、今日まで、毎日出ています。

異常ですよね。

今までこんなことになったことはありません。

3月にバーミンガムでそうなったんですから、4月のロンドンは、ずーっとそうでした。

今日は7月15日です。

今日までずっとです。

ロンドンに行く前に日本に帰国してすぐ病院に行って、薬をもらいましたら、薬を飲んでいるときは出なくなりました。

しかし、1日でも薬を飲まないと全身に出ます。

おかしいですよね。

3つの病院に行きましたが、原因がわからないと言われました。

もともと、アレルギー以外のジンマシンというのは原因がわからないそうです。

もちろん、死ぬほど健康体の私は、食べ物のアレルギーなどはありません。

ですから、これは、私が、海外に移住しようなどと、本気で考えたからだと考え始めました。

自分の本体が、海外に移住することを拒絶してるんだと思いました。

私はひそかに、ロンドンに移住して、白人女性と同棲して、とってもHなことをしようと考えていました。

まあ、決まったその相手がいるわけではありませんが(笑)

もしかしたら私は、やはり日本に住んで、日本人の女性としか、Hなことをしてはならないのかもしれません。と言いつつ、日本でも、山の中で15年くらい一人で暮らしているので、15年間女性の体に触れていませんが(笑)

わかりませんよ。

しかし、本気で海外に移住すると決めて、3月のバーミンガムのときから・・

毎年Cruftsでバーミンガムに来るわけですから、バーミンガムも移住地の候補の一つに入れて考えていました。本気で。3月から。

まさにそのとき、全身にジンマシンが出て、今も出続けています。

食べ物のアレルギーはありませんが、海外アレルギーなのかもしれません。

肉体が・・・というよりも、2018年の人類が気づいていない自分自身の本体が・・・という感じでしょうか。

わかりませんよ。

まだヨーロッパに移住することを諦めたわけではありません。

欧米から犬を日本に輸入する場合、私自身が、ヨーロッパに住んでいたほうがいいに決まっていますから、私としては、ヨーロッパに移住したいんです。

時期が早すぎるのか・・・

ロンドンではないのか・・・

おそらく、バーミンガムとロンドンは違いますよね。

そんなに、全身にジンマシンが出て

大変だったんですから。

そこに移住するべきだったら、そんなことになるわけがないんです。

そこに移住するべきだったら、私がそこに行ったとき、「まだ3月で寒いにもかかわらず、季節外れの美しい花がロンドンの街中に咲き乱れています」というようなニュースが流れて、私が滞在している1か月間、例年は1ヶ月の80%の日が雨なのにもかかわらず、1日も雨が降らずに、青天の青空が広がり続けて、私がロンドンから日本に飛び立つとすぐに大雨になって、毎日雨が降り続ける。

というようなことになるに違いありません。

ですからちょっと、しっかり考えて行動しなければならないと思っています。

やっぱり、70歳女性の友達の占い師の言うことを聞いたのが間違いだったのかもしれません。

自分で最初に考えた通り、プラハに移住するのがいいのかもしれません。

あるいは、私の本体が嫌がって、アレルギー反応を起こして、全身にジンマシンが出ているとするならば、やはり日本人として、日本国のために、しっかり日本で暮らさなければならないのかもしれません。

あ!そうだ!

そういえば、その占い師のお友達は、ずっと、「将来変わるかもしれないけど、今は、あなたは日本にいなければダメ」と言っていました。忘れていました。

5年くらい前から、ずーっと、その人に、「俺は海外に移住する」と言ってたんですが、その人は、ずーっと、「日本にいなきゃダメ」と言ってました。

それを聞かずに、とうとう、「4月にプラハに移住する」と、昨年、その人に私が言ったものですから、その人は、「どうしてもというなら、プラハじゃなくてロンドンにしなさい」と、言ったんでした。忘れてました。

最後の部分だけを覚えていて、「あいつ間違ったことを伝えやがって」と、思ってました(笑)。

実際は、ずっと前から、一貫して、「あなたは日本にいなさい。日本にいて、世界に出ていけばいいから」と言っていました。

私が、それを聞かずに、どうしても、絶対海外に移住するんだ。といって聞かなかったから、苦肉の策として、ロンドンを勧められたんでした。

う~ん・・・

ということは、やっぱり正しかったということですね・・・

いや、その人を20年くらい前から知ってますが、今までずっと、だいたい正しいことを伝えられてきましたので、信じて仲良くしてたんですが。

まあ、いいです。

今後のことは、自分の体と相談して考えます。

しかし・・・

日本とか、イギリスとか、アメリカとか・・・

そんなせまい地域で分けて考えていないんですけどね・・・

私は昔から言っていますが、地球全体を一つの国にするべきだと思っていますから、「日本で暮らさなければならない」などという、せまい地域での限定的な生活を強制されるというのが、どうしても納得できないんですよね。

まあ、今の地球全体の様子を見ると、まだ、人間たちは、小さな国別に別れていて、さらに、それぞれの国で、言葉と文化が極端に違いますからね。

この部分は、とても重要です。

ですから私が、今の段階で、地球全体で一つの国にするべきだから、私は地球上のどこでも好きなところで生活する。と言っても

日本という、とても極端に他の国と違う言葉と文化で、しかも、鎖国しているかのように、他の国との、人々の交流が少ない国で生まれ育って・・・・まだ、日本というのは、ぜんぜんグローバル化していない、小さな国のまま存在しているわけですから、私も、まだ、今回の人生は、日本で、日本のために暮らさなければならないのかもしれません。

しかし私個人の考えでは、やはりヨーロッパに移住したいんですけどね・・

とりあえず、来年プラハに行ってみます。

そう言えば、12月にオーストラリアに行きますが、昨日、7月14日に、その12月にオーストラリアで滞在する予定の、滞在先のオーストラリア人の友達とFBで話していましたら

4月のイースターのときに、シドニーで、オーストラリア最大のドッグショーがあると言っていました。まあ、私は知ってましたけど。

イギリス人も、イギリスからよく行きますからね。そのドッグショーには。今まで何度かそのドッグショーについて話したことがあります。

ですから、もしかしたら、来年の4月は、プラハに行こうと思っていましたが、そのシドニーのドッグショーに行くかもしれません。

ちょっと待って!

このスレッドは、Crufts2018のスレッドなのに、一体、何を話しているんでしょうか!

最初から最後まで、Cruftsの内容はぜんぜん話さずに、違うことばかり話しています。

え~と・・・

今日は2018年07月15日ですが、今月の31日から、アムステルダムに行きます。

日本に帰るのは8月17日です。

全身の穴という穴から煙がモクモク出て、日本に到着しても煙が出続けるくらい、アムスで大麻を吸ってきます!

まあ、ありえないですね(笑)

それではみなさん!

あ、そうそう。

アムスへは、ワールドドッグショーのために行きます。

ワールドドッグショーは、海外の人たちとFBで話すとき、WDSと書きます。面倒ですから。

ですから、ここでもWDSと書きますのでご注意ください。

それでは、Crufts2018の動画をご紹介します。

https://youtu.be/HQXYp816Z8A

https://youtu.be/y7eKQgiRShc

[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]