Joel

世界の闘犬

2016/04/11 (Mon) 11:38:15

世界の闘犬

モロシアン犬種には、現役の闘犬や過去に闘犬だった犬種がたくさん含まれています。

世界各地の闘犬について、また世界の闘犬種について、いろいろお話してみましょう。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/04/11 (Mon) 12:02:43

闘犬をやったことがないどころか、見たこともない人たちが、犬同士が戦っている動画を観て、「犬がかわいそう」「犬はこんなことしたくないのに人間に無理矢理やらされている」と主観的に思って、闘犬を行っている人たちに、「飼い主同士が殺し合え!!」などと言うのは、とても見当違いの、あさっての意見なので、闘犬を行っている人たちや闘犬に詳しい人たちは、このような人たちを相手にして、議論をしないほうがいいと思います。

悪意のもとに、攻撃する意味で無視するわけではなく、そこには、どうしても埋めることができない大きな知識の溝があります。ですから、闘犬に無知な人間と、闘犬のスペシャリストが議論するのは、ただひたすら不毛な行為です。

ですから「愛のシカト」をするしかないです。

以前のBBSでも話しましたが、火星探査を行っているNASAの職員に、商店街のおっちゃんやおばちゃんが、「火星に移住する計画はやめろ!!火星には酸素がないだろ!!それに地球よりはるかに寒い!!そんなに住みたいなら、お前たちだけが勝手に行って勝手に住めばいいんだ!!」といって口撃しているのと同じです。

毎日、闘犬のことばかり考えて、闘犬の研究を行って生きている人たちに、ド素人が批判・・というよりただ感情的に文句を言うのは、途方もなく愚かな行為です。

トイプードルやラブラドールしか飼ったことがない人が、「犬同士が自ら戦いたいなんて思うわけがない」などと言うのは、「火星には酸素がないから移住できない」と言ってるのと同じです。まして、犬を飼ったことさえない人が闘犬を批判するのは、幼稚園児がアインシュタインに足し算の批判をしているようなものです。同じ犬を飼ったことがない人同士で議論してください。

身の程知らずというか・・・よく言えるな・・・と思いますよね。とても恥ずかしい行為ですね。「無知で馬鹿なんだ・・かわいそうに・・とても愚かな行為を行ってるということがわからないんだ・・」と同情されます。

自分のブログやHPで言うのはかまいませんよ。あるいは、同じ知識レベルの人達と議論する場所だったらいいと思いますが、その道のスペシャリストに、その道のことで議論しようとする・・・というか、チンパンジーの言うような内容のことを言うのは、とても恥かしいですよ。

私は、大工さんでも、水道工事の方でも、どなたでもいいですが、どんな道の人でも、その道のスペシャリストに、その道のことで議論するなんてしません。

だって自分は何も知らないんですから。

自分が何も知らないということを知ってますから。

チンパンジーな見当違いのあさってのことを言うだけになるとわかってますから。

ですから何も言いません。

わからないからです。

自分の友人や家族などには言うかもしれません。「あの家の建て方おかしいよな」・・・しかし、その家を建てた大工さんに、「あの家の建て方はおかしい」などとは絶対言いません。私は家の建て方について無知なんですから。

そりゃ、今まで生きてきて、少しは、家を建てるところを見たり、誰かから聞いたりして、多少の知識はありますよ。しかしそんなものは何も知識がないのと同じです。ですからそれは、今までに、トイプードルとチワワとミニチュアダックスを飼ったことがある。という人と同じです。闘犬種という犬たちは、普通の犬とはぜんぜん違うんですから。

トイプードルとチワワとミニチュアダックスを飼ったことがある。というだけで、犬のことをすべて知ってるような顔で、「犬に無理矢理ケンカさせやがって、飼い主同士が殺し合え!!」と、闘犬をやってる人に言ってる人と同じです。

だいたい、自分の感情をコントロールできずに、「殺し合え」なんて言う人間は・・、もう・・、なんていうか・・、議論の対象者ではありません。戦争の最前線ならそういうこともあるかもしれません。議論してる場合ではないですからね。やらないとやられる。みたいな状態では、冷静な判断ができなくなることもあるかもしれません。しかし、闘犬を行うという行為が間違っていると思っていて、それをやめさせたいと思っているところで、感情をコントロールできずに、「飼い主が殺し合え」などと言う人間の話に耳をかたむける人がいると思いますか。「ははは(笑)馬鹿がなんか言ってる(笑)」あるいは、「かわいそうに、果てしなく無限の彼方(かなた)までアホウなんだ・・なんまんだぶ・・なんまんだぶ・・」などと思われるだけで、闘犬をやめさせることに何か影響するどころか、逆効果にしかなりません。

闘犬を批判するなら、闘犬種の土佐犬とピットブルを最低3頭ずつ5年くらい飼ってから批判してください。ショードッグの土佐犬やピットではだめですよ。まあ、こういうことを言わなければわからないような人は、まだまだとにかく日本海溝ほどの知識の差の溝があります。

闘犬は、自ら戦いたくて戦いたくてしようがない犬たちです。

人間たちは、その希望をかなえてあげているだけです。

「この犬すげーカッコイイな~☆」と、自分が好きになった犬が、たまたま土佐犬という犬種で、その犬種は犬同士で戦うのが好きな犬種だった・・

あるいは、闘犬を観て、「闘犬が好きだ」と思って、自分で土佐犬を飼って、闘犬を始めた人もいるかもしれません。

どのような理由で闘犬をやっていてもいいんですが、とにかく、闘犬を行う人たちは、ひとり残らず世界中の誰よりも犬を愛しています。

それぞれの一人一人の人が、世界ナンバーワンの愛犬家で、死ぬほど犬が好きで好きでたまらない人たちばかりです。

ですから、すべての闘犬家は、躾(しつけ)で必要なこと以外で、犬が嫌がることは何も一切犬にやらせたくないんです。

犬が嫌がってるのに、無理矢理ケンカなんてやらせるわけがありません。

ですから、もし闘犬に反対の方がいらっしゃるなら、闘犬たちが、闘犬を行うことを死ぬほど嫌がっている。ということを科学的に証明してください。犬たちが物凄く嫌がってるのに、人間たちが無理矢理ケンカさせている。ということが本当に証明されたなら、その日から、すぐ、全員、一人残らず闘犬をやめます。

なぜなら、すべての闘犬家は、死ぬほど犬を愛してるんですから、そんなに犬が嫌がってるということがわかったなら、すぐに闘犬をやめます。全員がやめます。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/05/27 (Fri) 12:59:22

土佐犬どこへ 盗難?逃走?…住民は警戒態勢
河北新報 5月26日(木)10時10分配信

 青森県六ケ所村尾駮で、闘犬用の土佐犬が22日から行方不明になっている。警察や役場職員らが捜索しているが、3日たった25日も見つかっていない。飼い主の無職の男性(72)が「連れ去られたかもしれない」と気をもむ一方、村は逃げ出した可能性を想定し、小中学校に注意を促すなど警戒態勢を取っている。

 行方が分からなくなったのは4歳の雄「高潮」。闘犬の大会に何度か出場し、相撲に例えた番付は前頭。体長約130センチ、体重約80キロと、土佐犬の中では珍しいほどの大きさだという。

 男性は9頭の土佐犬を飼っており、自宅敷地にある犬舎内の鉄格子のおりに1頭ずつ入れていた。22日夕、高潮がいないのに気付いた。おりには長さ約50センチの棒を抜き差しするかんぬきが付いているが、開いていた。

 男性は「犬が自分で開けられるわけがない。50年間土佐犬を育てているが、これまでで一番の大きさ。誘拐されたみたいなものだ」と話す。高潮は静かで人懐こい性格。体が大きいため走るのは苦手だという。

 男性によると、闘犬用の土佐犬は愛好家の間で嫌がらせをしたり、盗んだりすることがあるといい、繁殖用に連れ去られた疑いも拭えない。男性は過去に2度、子犬を盗まれたという。

 付近では連日、野辺地署や村役場、県動物愛護センターなどが捜索しているが目撃情報はなく、同署は盗まれた可能性もあるとみる。村は防災無線で注意を呼び掛け、小中学校では保護者が送り迎えを続けている。

 孫を迎えに来た横浜町の主婦(67)は「大きい犬なので何かあったらと思うと怖い。早く見つかってほしい」と心配そうに話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000001-khks-soci

------------------------------------------

このニュース知らなかったんですが。メールで教えてくださった方がいらっしゃいました。

犬は物ではありません。感情があります。人間の子供と同じです。

また飼い主の方も、とても心配されているはずです。

犬と飼い主を、両方とも深く傷つけています。

車を盗むのとはわけが違います。

盗んだ方も愛犬家なら、両方の気持ちがよくわかるはずです。

こっそり連れて行った方がいらっしゃいましたら、また、こっそり返してあげてください。この方の家の近くのどこかわかりやすいところに、犬をリードでつないであげていればいいです。誰かが見つけます。

ただ単に物を盗む犯罪とは違う犯罪ですよ。

誘拐です。誘拐。

しかも、犬は、物凄く純粋に人間に従順で、しかも人間の言葉が話せないので、人間の子供を誘拐するより罪が重いです。

まあ法律的には重い罪ではありませんが、神様から見ると、こっちのほうが重い罪です。

誰にも何も言わなくていいですから、こっそり返してください。

今、犬を返してくれたら、全国の愛犬家はあなたを許します。
Pass :
Joel

Re: 世界の闘犬

2016/05/30 (Mon) 03:23:59

不明5日、土佐犬の死骸発見 青森、連れ去り殺害か
朝日新聞デジタル 5月28日(土)21時10分配信

 27日午前8時45分ごろ、青森県おいらせ町の百石海岸沿いの防風林で、近くの漁業の男性(78)が土佐犬1頭が死んでいるのを見つけた。県警地域課によると、六ケ所村で行方不明になっていた土佐犬と確認された。発見場所と飼育場所は直線距離で約40キロ離れていることから、野辺地署は何者かが土佐犬を連れ去って殺した可能性が高いとみて、死因などを調べている。

 この土佐犬は、体長約1・3メートル、体重約80キロのオスで、闘犬用。死体に目立った外傷はないという。六ケ所村尾駮の無職男性(72)が自宅敷地内の犬舎で飼っていたが、23日朝にいなくなっているのに気付き、警察に届け出ていた。

 野辺地署などが捜していたが、目撃情報がなく、ふんや足跡なども見つからなかったため、同署は連れ去られた可能性が高いとみていた。飼い主の知人で、NPO法人「全土佐犬友好連合会」(北九州市)の本部長を務める今井勝男さん(78)は「小屋もおりもしっかりしていて、逃げられるような状況ではない」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000074-asahi-soci

------------------------------------------

どのような事情で、このようなことになったのかわかりませんが、この犬が天国に行けるように、みんなで神様にお願いしましょう。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/06/08 (Wed) 13:08:52

さて、ちょっと画面が小さくて見にくいんですが、一休みする気持ちで、このYoutube動画をご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=c7CgsCuvPQc

おそらく、みなさんいろんな感想を持たれると思いますが、自分の攻撃力をわからずに、がむしゃらに攻撃する小型犬は、もし本当に野生でライオンと出会ったら、すぐ殺されてしまいますよね。

ブルドッグは・・・

私もブルドッグを飼ったことがありますからわかりますが・・・、物事に動じないというよりも・・・、おバカちゃんすぎて、物事が理解できない。と言ったほうが正しいです。まあ、そこがカワイイんですが。(*´ω`*)

この動画を観たら、またブルドッグを飼いたくなりました。しかし本当に飼うと、殺したくなるんですよね(笑)。あまりにもバカで運動能力が低すぎて。

いやもう、びっくりするくらいバカで、しかも、成犬になっても、人間の0歳児みたいに運動能力が低いんです。何もないところでコケるし、そこらじゅうの側溝に落ちます。そして飼い主の言葉を理解せず、ぜんぜん言うことを聞きません。

まあ、1頭飼っただけですから、すべてのブルドッグが同じかどうかわかりませんが。

しかし、ブルドッグは、バカで運動能力がない動きがカワイイんですよね。

ただ、ブルドッグも、本当に野生でライオンと出会ったら、すぐ殺されます。

さすが、ラブラドールは、頭が良いですから、ライオンを発見したら、すぐ逃げて、近づこうとしませんよね。あれは正しいです。戦って勝てる相手ではありませんからね。

自分の生命が脅かされる場合は、すぐ逃げるのが正しい行動です。

まったく勝てないのに逃げない小型犬とブルドッグは、地震でビルが倒れてきているのに、逃げずにビルの下敷きになるヤ~ツですね。

闘犬ピットを出場させてほしかったですが・・・、土佐犬が逃げなかったのは、カッコよかったです。

土佐犬が逃げないのは、ビルが倒れてきたとき、ビルの下敷きにならない、比較的ビルに近い大きさのウルトラマン的な自分を理解しての行動だと思います。「もしかしたら勝てるかもしれない。勝てる可能性があるならやるゼ」みたいな。

闘犬ピットもそうです。

もしかしたら勝てるかもしれませんよね。マジで。ライオンでも。それくらい自分に戦闘能力があることに裏付けされた闘争心なら、それはバカな闘争心ではありません。

トイプードルの闘争心は・・・、もー、身の程知らずなバカな行動ですよね。あれはいけません。

しかし、さすが、オオカミ犬は、すぐ逃げましたね。あれは賢いです。「ビビってる」などと言ってますが、ビルが倒れてきたら、誰でもビビるんですよ。それをビビらない奴は、危険回避能力がなくて、すぐ死ぬヤ~ツです。

ビルが倒れてきてもビビらない奴は、ビルが倒れてきても絶対死なないという自信があるウルトラマン的土佐犬か、スパイダーマンみたいな身体能力のピットブルくらいです。

そのほか、モロシアン系の犬なら逃げない犬もいるかもしれません。本当に勝てるかもしれませんからね。(勝てるというのは、強い身体能力とスピードで、いつまでも攻撃するので、ライオンのほうがうるさがって戦意喪失してしまうケースなども含めた考え方です)もちろん負ける可能性が高いですよ。しかし、もしかしたら、勝てないにしても、負けないかもしれないじゃないですか。

しかし、ポメラニアンやトイプードルは・・・

ね!

そこを言ってるんですよ!

ですから、シベリアンハスキーやオオカミ犬は、むしろ賢くて正しい犬。と言ったほうがいいと思います。

ラブラドールなんて、ちょー賢いです☆100点☆

しかし、土佐犬がすぐ逃げたら・・・

なんか幻滅・・

もしかしたら勝てるかもしれないのに・・

勝てる可能性があるのに立ち向かわないのは意気地なしですよね☆

そこ!

ポメラニアンやトイプードルがライオンに攻撃するのは身の程知らず。

土佐犬が逃げるのは意気地なし。

そこ!!

いや~

この土佐犬、カッコよかった~☆

もう一回観よう~☆

しかし、ただ単に、「ビビった」「ビビらなかった」などというカテゴリーに分けて番組を制作しているのが、なんかアホな番組だな~と思いました。

ブルドッグとポメラニアンとトイプードルがビビらなかったのは、バカの行動だということを伝えないと、子供や若い奴が勘違いしますよね。そこを言いたいんですよ。

なんでもビビらないことが正しいみたいなあの感じ。

まあ、心の中で、「怖い」と思うのと「怖くない」と思うのでは、様々なシチュエーションで、「怖くない」と思ったほうが、冷静な行動ができるので、「怖くない」と、思うことは大事なことでもあります。

しかし、ブルドッグとポメとトイプーがライオンを怖がらないのは、死に直結する、危険回避能力がないバカな行動に感じるんですけどね~

津波がそこまで来てるのに・・・、「大丈夫、大丈夫」と言って、家族や友達まで一緒に殺してしまうような、危険回避能力がないヤツみたいな。

ですから、そのときそのときで、今起きている目の前の出来事を正しく判断して、怖がらずに立ち向かうのか、急いで逃げるのか、最も正しい判断をするべきだと思います。

それを子供たちに教えたいので、ブルドッグとポメとトイプーがライオンを怖がらない行為が素晴らしい。みたいな番組作りはどうかな・・・と、思うんですが・・・

しかし、何でも怖がって、逃げてばかりいてはいけません。

ときには、相手がライオンで自分がポメで、殺されると解っていても立ち向かわなければならないこともあるかもしれません。

じゃあ、ポメもトイプーも正しいじゃん!

そして、ときには、周囲の意見に惑わされず、生きようと死のうとカンケーねーゼの精神で、我が道を行くのが、最も良い場合もあるかもしれません。むしろ、これが一番カッコイイ☆みたいな☆

じゃあ、ブルドッグはそれじゃん!

難しいですね・・

ですから、そのときどきの状況を正しく判断して、そのときそのときの、最も正しい行動をしてもらいたいです。

ということは、全犬種、正しかった。ということになりますね☆

みなさんはどのようにお考えでしょうか?

あああ~!!☆だから、わかった‼☆

様々なシチュエーションで、殺されると解っていても、トイプードルみたいに立ち向かわなければならない場合だってあるでしょうし、周囲に惑わされず、我が道を行ったほうがいい場合だってあるでしょうし、急いで逃げなきゃいけないことだってあるでしょうし、勝てる可能性を信じて、強い相手と戦わなければならないことだってあるはずです。

ですから、自分は常に土佐犬になるんだ。とか、トイプーになるんだとか決めずに、そのときどきの出来事を正しく判断して、どの犬種にもなる。というのが、最も正しいんじゃないでしょうか。

おわり

いや、おわりじゃない!

まだ言いたいことがある!

シチュエーションに応じで、どの犬種にもなるべきだ!と言っても、立ち向かってはいけないときに立ち向かって、我が道を行ってはいけないときに我が道を行って、逃げてはならないときに逃げて、戦ってはならないときに戦う・・・

こういう人がいますよね!

たくさんいます!

ズレてるやつ!

正しい人から見たら、ズレてるイカレ野郎ですが、その本人にはわかりません。

そういうヤツがそういうヤツになるまでには、様々な原因があると思いますが

最も重要なことは、小さな頃に、「悪いことをしたら謝る」「何かもらったらお礼を言う」「ほかの人が嫌がることをしない」「自分のやるべきことを日々努力する」などなど、こういうことを親がきちんと教えていないと、ズレまくりの卑怯な人間になってしまうのかもしれません。

ですから、目の前で起きている出来事を正しく判断して、自分はどの犬種の行動を行うのか・・・

これは、大前提として、自分が清く正しく美しい人間でなければ、本当の正しい判断と行動はできないと思います。

こんなことを言っている私も、すべてのシチュエーションで100点の行動はできないと思います。

東京都知事の舛添さんでさえ間違った行動をします。

ですから、すべて100点の行動を出来る人は、なかなかいないと思います。

これは、頭がイイから正しい行動ができるというよりも、清らかさの問題だと思います。

あらゆる日々の出来事の中で、できるだけ100点に近い正しい行動ができる人間になりたいですね。

ああ、しかしそうなりたくない。という人もいるでしょうね。

最初から、自分が悪いことをやっていると認識して悪いことをやっている人たち・・・自分たちの行為が、脅迫や詐欺行為だとわかってやってますもんね・・・あーゆー人たちは、100点に近い正しい行動が出来る人間になりたいとは思いませんね。

しかし、そのときはいいかもしれませんが、因果律の法則によって、最終的に自分が不幸になります。

しかし、じゃあ、因果律を言うんだったら、悪いことをやるやつがいなかったら、自分の罪を精算できない人が出てくるかもしれません。

なぜなら、詐欺師に騙されて、やっと、過去の自分の罪を精算する人がいるかもしれないからです。

じゃあ、そんなことを言うんだったら、悪い奴も必要だということになって、世の中で起きている様々な出来事は、良いことも悪いことも全部、プラスとマイナスみたいなもので、両方があって、バランスがとれている。ということになって、両方必要だということになりますよね。

正しい行動ばかりする人間になると、被害者になって、自分の過去の罪を精算できない人が出てくるので、すべての出来事は、良いことも悪いことも、永遠の過去に、すべて起きなければならない出来事だと、神様によって決められていたジグソーパズルの1ピースで、すべてが起きて、一つのパズルが出来上がる。という仕組みになっていて、変えることのできない運命なのではないか。という運命論に発展しますよね。

しかし私は、すべての人間が善い人間になっても、なんらかの形で、自分の過去の罪は清算させられると思います。ですから、すべての人間が善い人間になってもかまわないと思います。

しかし、世の中には、大人になったあと、善い人間にならないと、自分の会社やお店にお客さんが来ないので、自分の商売を繁盛させるために善い人間になっている偽善者が無数にいると思っています。あれは、自分の利益のために表面上善い人間をやっている人間たちで、世の中は、そういう人間だらけです。

なぜなら、他人がいないところでは、悪口ばかり言って、あいつが気に入らない。こいつがムカつくと、年中ネガティブなことばかり考えて、他の人が不幸になると喜んで、客ではない人間には、相手が嫌な気持ちになるような言動を繰り返したりしているからです。

しかし、客には、とても善い人間のような態度で接します。

こんな人間が善い人間だと言えるでしょうか。

本当の善い人間とは、一人でいるときでさえ、ネガティブな考えや妄想が一切浮かんで来ない人間です。

よーし

本当の善い人間とはどーゆー人間なのか、次回、その善い人間を写真とともにご紹介します。

なんでこんなことになってしまったんだろうか・・(笑)

ただライオンとペットの犬を対峙させるテレビ番組のYoutube動画を発見しただけなのに・・
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/06/12 (Sun) 12:01:17

はい、というわけで

私の思う善い人の例として、この人!

AmarBharti(アマール・バーティ)

ご存知ですよね。有名な方ですから。

いや、この人が、なぜか最初に浮かんできたので、この人にしました!

ご存知ない方のためにご紹介しますと・・

神様に、自分の右腕を捧げ(ささげ)ます。といって、神様に約束して、24時間365日、ずっと右腕を上げ続けている人です。インドの人ですね。

初めて見る一般の人は、「意味のない馬鹿げたことを真剣にやっているイカレた人」だと感じるかもしれませんが、このような荒行(あらぎょう)をやると、やればやるほど、煩悩(ぼんのう)が無くなっていきます。

煩悩というのは仏教用語ですが、簡単に言うと、「人間の健全で健康な心の活動を邪魔する心の動きのすべて」という感じでしょうか。

楽しい、嬉しい、気持ちいい、などと感じる心は明るい心の動きで、本来の健全で健康な人間が自然に感じるものですが、多くの人間は、怒り、不安、ムカつく、気に入らねぇ、何かが気になる、などなど、ネガティブな妄想が勝手に浮かんできます。これは重症か軽症かというだけで、ほとんどの人間に起きます。これが煩悩です。正常な心の動きを邪魔する心の動きですね。これが自分の意志とは無関係に勝手に起きるので、も~、ど~したらい~んだろ~。わかんね。となって、みんなそのままほったらかしにして生きていますが。

その一方で、山に篭って滝に打たれたりして行(ぎょう)をする人がいますよね。ああいう人たちは、なんであんなことをやってるかというと、この煩悩を完全に無くそうとしてやってるわけです。

この煩悩が完全に無くなった状態が、「救われた」という状態です。

ですから、煩悩があるあいだは救われていない状態です。

ですから、地球人類の99.9%は救われていない状態です。

このアマールバーティさんは、1973年に神様に約束して、ずーっと右腕を上げ続けています。

そのせいで、もう、右腕は、黒く変色して、骨と皮だけになり、腕としての機能をはたさなくなっています。

おそらく、やった人にしかわからない大変な苦労が無数にあったはずです。しかし、神様に約束したからそれを守る。というその誠実さ。その誠実さの積み重ねによって。煩悩が無くなっていきます。

1973年からですから、もう・・・えーと計算できない・・・43年ですよ。

雨の日も風の日も、食事中もトイレも睡眠中も、とにかく24時間、神様への約束を守り続けています。

ですから、そうとう煩悩が無くなって、ネガティブな妄想が浮かんでこない状態になっているはずです。

ですから、私は、この人を善い人だと思うわけです。

善い人っぽく見える人間は、世の中に無数にいます。

しかし多くの人たちは、頭で考えて、これはやっていいこと、これはやっちゃいけないこと、と、考えて行動しています。あるいは、それさえも考えることができずに、愚かな行動をしつづけている人も無数にいます。

本当に善い人は、何も考えなくても、すべての言動が善い言動になります。

しかし、行(ぎょう)をしなければ、絶対、それにはならないので、簡単ではありません。

はい!

というわけで、ちょっと極端な善い人の紹介でした!(笑)

まあ、みなさんにとっては極端かもしれませんが、私は、0か100かの男なので、中途半端なものは選びません。というか、私にとっては、アマール・バーティさんは、そこまで極端な人ではありません。まあ、普通の人だとは思いませんが(笑)。

ですから、他に善い人の例をあげろということになると、キリスト、釈迦、達磨大使、法然、親鸞、道元、日蓮・・・。こんな感じでしょうか・・・。なんか宗教家ばっかり(笑)。いや、善い人というのは、どうしても必然的に宗教家になってしまいますね。悪い心の動きを無くすことを目的として修行してるんですから。

なんか超能力を手に入れようとしたり、幽霊とお話しするために宗教的な修行をする人たちは、完全に邪道です。

じゃあ、ちょっとアマール・バーティさんの動画を観てみましょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=V7Kxte6imhA

ちょっと周囲にいる人がクサ(大麻)を吸いすぎですよね(笑)。しかも、煙が濃すぎる(笑)。あんな濃い煙を吸ったら・・・「ゲホッ!!ゲホッ!!」って、なりますよね(笑)。

★インドでは、紀元前から宗教的に大麻を吸う文化があって、深い瞑想状態やハイな状態になるために、真面目なアイテムとして大麻を吸う文化があります。以前は、町のそこらじゅうに、日本のタバコ屋よりたくさんの大麻屋さんがあったんですが、現在は、一応、法律では禁止されていますので、大麻屋さんはなくなりましたが、そこらじゅうの路上や室内で無数の人々が大麻を吸っていますので、そこに注目してしまうと、「なんだこのイカレた野郎どもは!」と、日本人の私たちは、思ってしまいがちですが、大麻をまわして吸うのは、ただのインドの日常的風景です。というか、仏教の国、タイ、中国では、大麻は、持ってるだけで死刑ですが、そのほかの欧米や南米やオーストラリアでは、大麻は、多くの人が吸っている、タバコや酒と同じ嗜好品です。

日本でも異常にうるさいですよね。日本では、覚醒剤と同じようなものだと思ってる人がたくさんいますよね。「警察24時」みたいなテレビ番組で、犯人が、大麻を持っているところを逮捕される映像が流されますからね。あれを観ると、大麻は、非常に悪い薬物のような印象を与えますが、大麻だけは、ほかの禁止薬物とは違います。ほかのはダメですよ。覚せい剤とかコカインとかヘロインとか。ああいうのは絶対ダメなんですが。大麻はいいんです。

オバマもヒラリー・クリントンもトランプも、今までの人生で1回は絶対吸ったことがあります。オバマは50回くらいは吸ったことがあります。アメリカの大学のパーティでは必ずたくさんの人が大麻を持ってきますからね。トランプは今でも吸ってます(笑)。

ですから大麻というのは、悪いものではない。というのが、グローバルスタンダードです。日本を含めた一部のアジアの国だけが、異常に危険だと思いすぎています。来年の4月から、カナダでは、全国で大麻が合法化されます。みんな吸ってるからです。高校生から80歳の女性まで吸っています。マジですよ。みんな大麻が良いものだとわかってるから吸うんです。日本国民も、一回、全員、吸ったらいいんだよ!(笑)

いかん!

善い人の話しをしていたら、大麻の話しになってしまった・・(笑)

いや、日本は大麻にうるさすぎで、それは世界基準じゃない。と、ずーっと25年くらい思ってるので、どうしてもいろんなことを言いたくなるんですよね。

Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/07/04 (Mon) 14:03:48

今度・・・、おそらく、今年の10月か11月くらいに、中国に闘犬を観に行ってきます。

中国の闘犬は、土佐犬はもちろん、アラバイ、ピット、ドゴ、プレサなど。いろんな犬種が出場します。

そして、賭けも行われているようなので、人間たちが異常に興奮します。

その熱い戦いと興奮を、しっかり観てきます!

今まで、少し中国の闘犬の動画を観ましたが、アラバイと土佐犬の戦いは、最初の10分間くらいは、完全にアラバイのほうが強いんですね。ちょっと強いくらいじゃなくて、明らかに強いんですよ。しかし、10分を過ぎたあたりから、突然、アラバイがスタミナ切れするんです。どの動画もそうでした。

まあ、どの動画も・・・といっても、3~4個くらいしか観たことないので、必ずそうなるのかはわかりませんが。ですから、自分の目で確かめてきます。ブーリークッタもいますよ。日本でブーリークッタなんて見たことないですよね。私が見たことないだけかもしれませんが。

観てきます。ブーリークッタの戦いを。

ちょっとビデオ必要ですよね。買おうかな・・

持ってないので、いつも、スマートフォンとタブレットなんで、すぐ容量がいっぱいになるか、バッテリー切れで、しゅ~りょ~☆みたいになるんですよね。

ちょっと1回観てきますから、次は一緒に行きますか?中国はすぐ着きますよ。3時間くらいです。あっという間です。食べ物も美味いです。そして人間たちは、いつも臨戦態勢で、犬も人間もケンカしています(笑)

ちょっと行ってきますね。

しかし、今年の1月に北京に行ったとき・・・・、もうもうもうもう、寒くて寒くて、もーーーーぜったい冬の中国は無理だ。ということがわかったので、もう12~3月くらいまでは、中国には行きません。死ぬ。寒さが違うんですから。やっぱ近くに海がないところは寒さが違いますね。だって、緯度的には、青森と同じなんですから。しかし、今までに感じたことのない寒さでした。

あれ、ロシアの真ん中あたりのツンドラ地帯はどうなるんでしょうね。戦争中シベリアに行った日本人はかわいそうですね。ありえないです。北京であの寒さなんですから。

我慢できる寒さじゃないんですよ。

死ぬほど犬が好きなのに、その犬を見るために外に出ることができなかったんですから。

「いや、オレも~ずっとここにいる。ずっといる。日本にも帰らずにここにいる・・」といって、暖房の部屋の中から出ませんでした。

寒かったー!!!

ぜったい冬の北京に行ってはいけません。

日本人は死にます。

すぐ

すぐちぬ

というわけで、中国の闘犬行ってきま~す☆

11月までに☆

人がうじゃじゃいますよ(喜)

犬も人もうじゃうじゃ(喜)

犬も人も殺し合い(喜)

うひゃひゃひゃひゃひゃΨ(*`Д´*)Ψ


★一応、お伝えしておきますが、私は、野蛮なことや暴力が嫌いです。マーティンルーサーキングとガンジーは非暴力で人種差別と闘いましたが、彼らは、暴力を使いませんでしたが、非暴力で戦いました。つまり非暴力ですが、心の中では攻撃して戦っていました。私は心の中でさえ攻撃せず、一切戦わずに世の中を変えるべきだと考えています。それは、正しい思想によって、一人一人の人間の考え方を変えることで可能だと考えています。つまり「非暴力」ではなく、「非攻撃」ですね。気持ちの中でさえ攻撃しない。この天使な感じ♥ もちろん簡単でないことはわかっていますが、私はそういう人間です。

いや、面白可笑しく書いているんですが、「犬も人も殺し合い(喜)」「うひゃひゃひゃひゃひゃ」などと言ってると誤解する人がいますからね。まあ、ほとんどの人はわかっていらっしゃると思いますが、そのほうがおもろいかな~☆と思って言ってることですから、誤解のないようにお願いします☆
Pass :
Joel

Re: 世界の闘犬

2016/08/06 (Sat) 14:12:43

闘犬のところに紹介していいのかどうかわかりませんが、土佐犬なので、一応、闘犬のところに紹介します。

この犬

ワールドドッグショーの・・・

あれ??

2位のところにいますよね。

2013年のWorld Winnerと書いてありますが・・

別の年の写真を出すんでしょうか(苦笑)

難しいですね・・

まあ、とにかく、ショードッグの土佐犬です。

これが犬舎のHPです。

http://www.tosa-inu.com.ro/tosainu/english/wds.html

しかし、右の犬は、完全に、イングリッシュマスティフ混ぜましたよね(笑)

う~ん

この犬は、マスティフすぎるような(笑)

顔のシワが・・(笑)

しかし、ショードッグの土佐犬を、逆輸入して飼う方もいらっしゃいます。

なんかもったいない気がしますよね。

日本に、良い土佐犬がたくさんいるのに

しかし、ショードッグを輸入すると、JKCに書き換えができて、JKCの血統書が付いた土佐犬になるので、そうするんだそうです。

高知の、土佐闘犬センターで生まれた子犬だと、JKCに登録できますよね。

土佐闘犬センターで生まれた子犬でいいと思いますけど・・・「・・・でいい」というか「・・・がいい」と思います。

ですから、土佐闘犬センターで生まれた子犬がいいと思います。

もったいないですよね。費用が。

Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/08/07 (Sun) 12:13:21

たたたたた

たつお???(((( ;゚Д゚)))))

「たつお」って

梅宮辰夫ですよね???((((( ;゚Д゚))))))

http://www.tosa-inu.com.ro/tosainu/english/masculi/tatsuo.htm

このページにも血統図が掲載されていますが、おそらく、ずっと遡ったら、日本の土佐犬になるんですよね。

日本の土佐犬が、どこか海外に行って、その犬をもとに繁殖して、たつおが生まれたんだと思いますが。

土佐犬の血統って、いい加減な場合がありますよね?(笑)

特に海外に行った犬なんて・・

ぜんぜん違う犬の子供なのに、「名犬横綱」の直子です。みたいな(笑)

だって、海外の人間は、名犬横綱の直子をほしがりますからね。

日本で闘犬をやってる人には本当の血統を言っても、海外の人間なら、「まあ、この子犬は名犬横綱どころか横綱の子犬でさえないけど、良い犬の子犬だから横綱の子犬にしとけ」みたいな(笑)

もちろん、これは、土佐犬だけじゃなくて、全ての犬種に言えることですが(笑)

別の犬の子犬をJKCに申請したゼ~☆ イエ~イ☆彡

それ違う犬の子供じゃん(笑)みたいな(笑)

だから、土佐犬の血統書って、あってもなくてもよくて、闘犬で強い犬が良い犬なんですよね。

わかってないですよね。海外の人。

COOLDOGSにも、今まで、無数の土佐犬の輸出の問い合わせがありましたが。

いろいろ話して、「あ、そうそう、土佐犬には血統書ないですから」と、私が言うと

「いやいや、なに言ってんですか?(苦笑)血統書のない犬なんてダメですよ」と言って、そんなのあり得ない。という雰囲気になりますが。

海外の人は、土佐犬を、ゴールデンレトリバーと同じように考えています(笑)

「土佐犬というのは、血統書がない犬が当たり前です。99%の土佐犬は血統書がないです」と言うと

「じゃあ、1%の血統書のある犬をお願いします」と言われます。

「血統書のない犬のほうが、良い犬が探しやすいですよ」と言うんですが、海外の人は、土佐犬をショードッグと同じように考えています。

ですから、「たつお」は、数少ない血統書のある土佐犬の血統なんだと思います。

その血統も、本当に、そこに書かれている犬の血統なのかどうかわかりませんが。

日本人の人も知らない人が多いんですが、土佐犬は、血統書なんて必要ないですから、血統書は無い犬のほうが多いです。というかほとんどの土佐犬は血統書がありません。

それをきちんと認識してお問い合わせください。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/09/26 (Mon) 09:39:16

土佐犬普及会九州大会2016.09.25

日本の土佐犬の一つの大ブランド、土佐犬普及会の九州大会が、昨日(2015年09月25日)開催されました。

日本の土佐闘犬には、「全国土佐犬普及会」、「全土佐犬友好連合会」、「全国土佐犬協会」(順不同)という三つの大きなブランドがあります。

昨日は、土佐犬普及会の九州大会に行ってきました。

ちょっと午前中忙しくて、午後から行ったので、かなり車を飛ばして行きましたが、到着したのは午後2時くらいでした。

そうしたら・・

やっぱりカッコいい土佐犬がたくさんいました。

闘技も、かなり白熱した戦いで、面白い試合がたくさんありました。

先月、ベルギーで開催されたヨーロピアンドッグショーに行ってきましたが、土佐犬も参加していて、ジャッジも行われていました。

つまり、土佐犬というのは、現在は、日本にだけ愛好家がいる犬種ではないということです。

世界中に、土佐犬を大好きな人や、土佐犬を飼いたい人が、無数にいるわけです。

土佐闘犬に反対される方もいらっしゃいますが、土佐犬は、日本を代表する、日本が世界に誇る大切な犬種です。

その土佐犬は、この土佐闘犬の存在があったからこそ生み出された犬種で、世界最強の犬種として、現在進行形で生きて、進化している、世界でも稀有な、貴重な犬種なのです。

もし土佐闘犬がなくなったら、「ただルックスだけが現在の土佐犬である」という優しさオンリーの犬になっていくでしょう。

それ・・・つまんないですよね・・・

まあ、そういう犬もいていいと思いますが、やはり土佐犬は、世界最強のまま生き続けてほしいです。

「世界最強の犬なんて日本には必要ないんだ!!」と、おっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬という生き物には、様々な種類があって、自然に物凄く攻撃的な種類もいます。ですから、全ての犬種の犬たちを大人しい性格に変えることのほうが不自然です。

また、土佐犬は人間が攻撃的に作った犬だと言っても、別の生き物を交配させたわけではありません。同じ種類の生き物である犬を交配させて作られています。

そして、それは多くの純血種の犬にも同じことが言えます。ほとんどの純血種の犬たちは、人間が作ったものです。

ですから、土佐犬だけを、人間が作ったと言って批判することはできません。

https://youtu.be/VyVWdh_ohZM

https://youtu.be/7RgUIMl72j0

https://youtu.be/wMcrCjq8Ukc

https://youtu.be/qWQki6DkhFc
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/01 (Sat) 09:24:53

来月、北京に行きますが、もし北京行きと重ならなかったら、土佐闘犬の全国大会に行きます。

それで、今回、土佐犬普及会の九州大会に行ってきましたが、また、新しいことを学びました。

「試合中に土俵の周りを動いてはならない」ということを。

そうマイクで放送されていたので、「なるほどな・・」と思いました。

犬は、動くものに敏感に反応しますからね。

どちらかの犬が、そちらに意識を奪われたら、相手にやられますよね。

そして、両方の犬が意識を奪われたら試合になりません。

ですから、土俵の周りを動くのはよくないです。特に走ったりするのはダメですよね。

そしてもう一つ。

これは誰にかに教えてもらったわけではなくて自分で感じたんですが・・、間違っているかもしれませんが・・

試合中に、飼い主の方が、土俵の柵の上から、犬に声をかけますよね。

あれは、「今だ!!」というときや、疲れて動けなくなったときなどは効果があると思いますが、最初から最後まで、ずーーーっと話しかけているのは、犬の集中力がなくなって、60%くらいの力しか出せないんじゃないかな・・・と、思いました。

ときどき励まされるのは、飼い主も応援してくれている。ということで元気になると思いますが、ずーーっと何か言ってると、無心になって攻撃できないんじゃないかな・・・と思いました。

ですから、「今だ!!行けー!!」というときなどにひと声かけるのは、犬も「飼い主が肯定してるから積極的に攻撃していいんだ」と理解して、じゃんじゃん攻撃すると思いますが、ずーっと何か言ってるのは、集中力がなくなって、「少し静かにしてくれよ~」となるんじゃないかな・・・と思いました。

まあ、その犬の性格にもよると思いますが。

ずっと何か言っててくれたほうが安心して戦える。という犬には、ずーっと何か言ってたほうがいいかもしれませんからね。

いや、ちょっとそれが気になったので、ちょっと話してみました。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/14 (Fri) 13:19:06

みなさん、今、すごい人とメールで話しています。

その人のおじいさんが、1921年に、アイルランドから8頭の闘犬と一緒にカナダに移住して、その人のお父さんと、お父さんの兄弟、その人の兄弟、全員、カナダで闘犬をやってるらしいです。

もちろん、アメリカとカナダの北米では、闘犬は、ものすごく違法です。日本で覚せい剤をやるようなものです。ですから、警察に捕まったら、すげ~罰が与えられます。

しかし、おじいさんが連れてきた、8頭の闘犬・・・現在はピットブルと呼ばれている・・・と書いてあったので、私の予想では、古いスタッフォードシャーブルテリアなのではないか・・・と思いますが、まだ、そのあと返信が来ていないので、正確な答えがわかりませんが、とにかく、筋金入りの闘犬野郎で、その人は34歳なんですが、いわゆるケイジャンルール・・・英語で書くとこうだったけ・・・Cajun rules・・・で、すげ~秘密にやってるようです。

おじいさんが連れてきた、最初の8頭の闘犬の血統は、絶対ほかに出さずに、ずっと守っているそうです。そして、トロントに住んでるそうですが、トロント近郊の闘犬マンや闘犬組織のボス的存在のようです。

それで、その人が、とにかく、カナダには、ピットブルの闘犬しかないので、「土佐犬の闘犬を本気で始めたい」と、思って、ずーっと8年くらいインターネットで、本物の土佐犬の闘犬を探し続けたんですが、なかなかいい情報がなくて、そこで見つけたのが、COOLDOGSのYouTubeの闘犬チャンネルだったんですね☆

それでメールが来て、こちらから一回返信して、また向こうから返信がきて、今さっき、こちらからメールを送って、まだ向こうからは返信が来てない。という状況なんですね。

1921年、まだ第二次世界大戦前ですよ・・・あれ???

ちょっと待てよ・・・

今、ここを書きながら気づきましたが、アメリカの植民地時代と間違えた(恥)

アメリカの植民地時代に、イギリスやアイルランドから連れてこられた、スタッフォードシャーブルテリアがアメリカでピットブルになったと思っていたので、そんなようなことを書いて返信しました・・・なんか間違えたかも・・・アメリカの植民地時代は、1700年代ですからね。

しかし、また返信が来たときにそれは明らかになるでしょう!

ちょっと楽しみですね☆

1921年から、北米で、本気のピットブルの地下闘犬をやってる人間ですよ!

興味ありませんか!!??

日本に呼びましょう!!

みんなでお金を出して!!

一人2万円も出せば、10人で20万円・・・足りん・・・

20人で40万円!!

これだけあれば、10日間、ホテルと食事と航空運賃、全部まかなえます!!

エコノミーですけど・・

海外から人を呼んで、エコノミーでいいんだろうか・・

せめてビジネスクラスで・・

まあ、それはあとで考えるとして、今度、22日と23日に、私の家のすぐ近くで土佐闘犬の全国大会があるんですよ!!

それに来いって言ったら、「経済的な理由でいけません。でもものすごく行きたいから、お金を貯めます」って言ってるんですよ。

どなたかピットブルの闘犬やってる人、40万円出してください。その人のピットブルの血統の犬は無理かもしれませんが、アメリカ、カナダのスーパーピットブルが、簡単に手に入るかもしれませんよ。

その人が日本に来たら、私も一緒に行動しますが、マジの筋金入りのピットマンですよ。

22日に来日できるように・・・さすがにもう来週ですから無理ですよね(笑)

まあ、いつか日本に来たら・・・、というか、その人は、土佐闘犬を見たいんですから、ビッグな土佐闘犬の大会があるときでないと呼べません。

ですから、ちょっと考えてみます。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/16 (Sun) 15:12:25

そのピットマンのカナダ人から返信が来なくなりました。

来なくなりました、と、言っても、1日しか経ってないですし、週末なので忙しいのかもしれませんから、そこまで落胆する必要はないのかもしれませんが、1921年から、3代に渡って、本気でピットブルの闘犬を北米でやってる人たちですからね(そのファミリーの一人と話しています。ていうか、2回メールが来ただけですが)。

最初におじいさんがアイルランドから連れてきたピットの原型のような犬の血統をずっと門外不出で守って来た人が、本物の土佐犬がほしいと言ってるのに、「現在の99%の土佐犬はピットが交配されています」と、言ったんですよね。

しかし、それを知らずに来て、あとで知らされるより、きちんと伝えておくべきだと思いました。

そして、「99%の土佐犬は血統書がない」とも言いました。

海外の人間は、それが信じられないんですよね。

今まで、1000人以上の海外からの日本の土佐犬の問い合わせがありましたが、全ての人が、「いやいやいや、何言ってんですか???血統書がない犬なんてあり得ないです」と言います。

だから知らないんですよね~

ほとんどの土佐犬は血統書なんてないということと、ピットブルが交配されていることを。

ですからミックスなんですよ。

しかし、それが土佐犬の強さなんですけどね。

新しい強い犬を、どんどん交配できるんですから。

もし土佐犬を純血種にして、絶対土佐犬としか交配できなくしたら、100年後には、どこか違う国に、もっと強い闘犬が生まれると思います。

優秀な日本人が作る闘犬だからこそ、土佐犬は世界最強だと言えるのに、「ここで土佐犬は純血種として出来上がり」としてしまったら、これ以上強くならないですよ。

もしこのままカナダ人から返信が来なかったら、完全にdisappoint(失望させる)(ディスアポイント)してしまいました。

あ~あ・・

これから面白くなると思ったんですけどね~

日本国内のピットの試合にも一緒に行こうと思ってました。

残念です。

まあ、まだわかりませんが

もし、来週末まで返事がなかったら、完全にdisappointですね・・

もし楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、しばらくお待ちください。
Pass :
Joel

Re: 世界の闘犬

2016/10/19 (Wed) 10:47:11

カナディアン闘犬野郎から返信が来ました!

トラウト(マス)釣りに行ってたそうです(笑)。

仕事しろよ~☆

現在のほとんどの土佐犬にピットブルか交配されている、ということを聞いて、失望したんじゃないか・・と聞いたら、「失望してない。リスペクトしている」だそうです。

そして、やはり、本気で土佐闘犬をやりたくて・・・というより、夢は、北米土佐闘犬の組織を作りたいそうです。

ただ、土佐闘犬をやっている人ならわかると思いますが、ケンカしない犬も多いじゃないですか。そこを彼も心配してますよね。

ただでさえ金がないのに、やっと日本から買った土佐犬の子犬が、成長したら戦わない犬になったら・・と考えると、リスクがありますよね。

また、先進国で闘犬は、ものすごく違法です。

ですから、堂々とできないし、また、闘犬というのは、ただ金を使う一方で、闘犬によって金が入ってきませんよね。

それで、闘犬をやってる人は、よほど金持ちか、金がまったくない人が多いです。

トイプードルのブリーダーなら、子犬を売ってお金が入ってきますが、土佐犬は、じゃんじゃん売れませんよ。しかも、フードはじゃんじゃん食べます。しかも、オスばっかり10頭くらい飼ってるんですよ。子犬はぜんぜん売れないのに、じゃんじゃん金はいる・・・ということは、よほど金がないと土佐闘犬はできません。さらに、土佐犬はデカいですからね。食べる量も多いですし、病気になったら薬や獣医さんの費用や・・・もう金が出ていく一方なんですよね。

ですから、別の仕事を持って、きちんと稼がないと、犬を飼育していけません。

そこを彼は考えています。

それと!!

彼は、筋金入りの北米ピットマンです。

彼は、カナダ人ですが、トロントなんですね。

トロントは、五大湖のところで、アメリカのデトロイトから数十キロしか離れていません。ニューヨークまで500キロくらいです。

ですから、少し質問しました。

1,どんなところでピットの試合をやってますか?地下ですか?

2,アメリカにもピットの試合で行きますか?

3,金を賭けてやっていますか?金を賭けたら、試合を止められずに犬が死んだりしませんか?

まあ、最初なんで、こんな感じです。

どなたか質問したいことがあったら教えてください。

本気の筋金入りのピットマンですよ。

北米のアングラのピットの闘犬の実情が聞けるかもしれません。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/21 (Fri) 09:10:27

またカナディアン闘犬野郎から返信が来なくなりました。

う~ん・・

たぶん、頻繁にパソコンを見ないか・・

返信が面倒なのか・・

大麻ばっかり吸っているか・・

カナダは4月から、全国で大麻が合法化されます。

まあ、大麻は酒と同じなので、朝から晩までずっと吸ったりはしませんけどね。

毎日吸う人もいれば、ときどき吸う人もいれば、ぜんぜん吸わない人もいる・・・という感じです。

日本では、大麻というと、覚せい剤と同じだと思ってる人が多いので、ものすごく悪の権化で悪そのものみたいに扱われますが、大麻は、世界中の人が日常的に吸っていて、自然の植物ですし、とても幸せな気持ちになりますし、心と体がとても健康になりますので、人間にとってとても良いものだと思っています。

なんでこんなに良いものを日本人が反対するのか・・・

火を見て怖がっている原始人だとしか思えません。

火を使えるようになると、とても便利なのに、「ウンババ!ウンババ!」といって、怖がって近づこうとしません。それ。

日本でも大麻が合法化されることを願います。

カナダでは、来年の4月から全国で大麻が完全合法化されます。

みんな吸ってるのに、なんで違法にしてんの??っていうやつですよね。

警察官も裁判官も国会議員も大麻を吸ってます。それなのに違法なんておかしいよ。という感じです。

それで、毎日大麻パーティーで楽しくなりすぎていて、カナディアン闘犬野郎は連絡してこないのか・・

北米のアングラピット闘犬では、やはり金を賭けてやってるのかどうか、ものすごく知りたいんですよね。

金を賭けてやると、どうしても止められずに、犬が危険な状態や死んだりするまでやらせてしまうんじゃないか・・・ということを聞きたいんです。

自分の金だけならあきらめられますが、他人がたくさん自分の犬に金を賭けていて、簡単に諦めたら、悪いし、自分の命が狙われることだってあるかもしれません。

犬が死ぬことの良し悪しの議論は、ここではしませんが、動物愛護団体は絶対許しませんよね。こんな形で犬が死んだら。

だって、金を賭けて犬を戦わせて、自分の犬が負けそうだと思っても、たくさんの人が金を賭けてるから、試合をやめることができずに、犬が死んだ・・なんてということになると・・・これは、動物愛護団体が最も嫌いなシチュエーションです。

しかし、ピットブルの試合がどういうものなのか、一回観ないとわからないですね。

「なるほど。これなら死ぬまでやらせるな」と、納得するようなものなのかもしれませんし。

まだピットブルの試合を見たことがないので、今度見に行きます。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/22 (Sat) 16:25:00

はい!みんさん!

いかがおすごしでしょうか!?

COOLDOGSのJoelです。

今日は、全国土佐犬協会の全国大会が始まりました!

行ってきましたよ~☆

明日も行きます☆

今日も、いくつかの試合を撮影してきましたので、ご覧になってください。

ただねぇ・・・

実は、いつも、知り合いの近くの土佐犬犬舎・・・とか、体重80キロの土佐犬・・・とか言って、COOLDOGSのYouTube闘犬チャンネルでご紹介していたところ・・・あそこは、他人のふりをしていましたが、実は、私の従弟(イトコ)の犬舎なんですね。

それで、昨日も電話がかかってきて、「明日来るよね☆」みたいな話をしてたわけですよ。そして、今日、そのイトコのテントに行って、弁当を食べながら話していたら・・・

昨日の、この大会の準備のときから、警察が来て、「暴力団関係者がいないか」調査に来て、今日も、○暴の刑事が、ジャージみたいなものを着て、来ていたそうです。

闘犬会場に来ているすべての人たちは、とても真面目で、毎日朝5時には起きて、2時間、自分の犬たちを散歩して、そのあと乾布摩擦をやり、腕立て伏せと腹筋を50回ずつやって、スクワットを100回やって、「今日も日本国のために、全てを捨てて貢献します!!」と朝日に向かって誓いを立て、毎朝8時には、自分の会社に爽やかに出勤する。とても健全で健康的な精神と肉体を持つ、素晴らしい方々しかいないのであります。

偏見を持って見てはいけません。

会場にいる方々全員、一人残らず、犬を愛する優しさと愛に溢れた、ヘレンケラーとローマ法王を足して、マザーテレサを掛けたような人たちばかりなのです。

その中で、暴力的な人を探すのは、富士の樹海で、天然マグロを見つけるようなものです。

来年から、何月何日に闘犬の試合があるかネットやYouTubeで言わないでおこう・・・ブツブツ・・・

https://youtu.be/isoYVPhcp1M
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/24 (Mon) 17:21:32

土佐闘犬全国大会二日目

行ってきました!

昨日です。

残念ながらまた雨だったんですが、この会場は、巨大な屋根がある建物内で行われていますから、雨でもぜんぜん大丈夫です。是非、これからも、毎年、この会場で開催していただきたいものです。

いや、昨日、一日目に警察が来て、「暴力団関係者がいるなら会場を貸さない・・」などということを言って来たらしいんですよ・・

それで、会場が変わったら困るな・・と思って・・

こんなに良い会場はありませんよ。

駐車場は広いし、トイレもありますし、巨大な屋根もありますので、雨でも大丈夫ですし、すぐ横が空港ですから、遠くから来られる方も、その空港を目指してくればわかりやすいですし、飛行機が頻繁に行ったり来たりしますので、爆音が響くところですから、犬が大きな声を出しても、マイクで大きな声を出しても、誰も文句を言わないような場所です。

完璧です。

犬のイベント会場としてはパーフェクトな場所なんです。

よくドッグショーも行われています。

とううわけで、二日目なんですが!

とても素晴らしい犬を発見しました。

今まで見た土佐犬の中で一番よかったです。

あまりにも素晴らしかったので、家に帰ってきてから、動画にナレーションを入れてみました。もうちょっと声の大きさを大きくすればよかったんですが、初めてだったのですみません。

とにかく素晴らしい犬で、実際の動画の声の中で、「素晴らしい」「何時間でも見ていられる」と、ずーっと私は言っていましたが、私の知っている言葉で、この犬の素晴らしさを伝えることができなかったんですね。「素晴らしい」なんていう言葉では足りないんですよ。もっと国語を勉強するべきでしたね。「素晴らしい」以上の言葉を知らないので言いようがないんですよ。自分の無知さが嫌になりました。ご覧になってみてください。

https://youtu.be/qKSxceBnoTQ

そのほかの動画はこの中にありますので、興味のある方はご覧になってください。場外乱闘や、私のイトコの10歳の黒い犬が奮闘した試合や、試合後に、獣医さんが犬の顔の傷を縫うシーンなどもあります。

https://www.youtube.com/channel/UCjyVxKIBw1TCma-QFgrthgw
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/10/28 (Fri) 10:15:45

1ヶ月くらい前から、カナダの、筋金入りの闘犬ピットマンと話していますが、1週間に1回しか返信がないので、まだ3回くらいしかメールのやり取りをしてないんですが。

昨日、返信が来て・・・

その前のメールで、私が、「ピットブルの試合は金を賭けていますか?」「金を賭けると、途中で試合をやめることができずに犬が死ぬことがありませんか?」と、質問したんですね。

そうしたら!!

「90%くらいは金を賭けています」ということで、しかも、「80~90%のピットブルは死にます」だそうです!!

毎回、すっげ~長い長文のメールなので、もう、いろいろ、たくさんのことが書かれていますが、「ピットブルの調教師としては、自分はとても優れていて、いろんなことをやっていますが、とても重要なことは、犬を愛していて、犬もそれをわかっていることが重要です」と書かれていました。

「犬を愛していると、試合中、負けそうなときや、様々なシチュエーションで、自分の目を見たり、声を聞いたりして、また犬が頑張れる」というようなことが書かれていましたが。

犬を愛していて、犬もそれを知っていて、試合中に犬が自分の目を見て、自分の声を聞いているということがわかっていながら、80~90%の高確率で犬が死んでいくのを許せるというのは、どういう感覚なんでしょうか???

まあ、ピットブルの闘犬というものは、そういうもので、その習慣の中で、長年慣れているから、それが自然だ。ということなのかもしれませんが。

私は、自分の犬が死んでいくのを、そのままにしておくなんて不可能です!!

80~90%死ぬんですよ!!

じゃあ、もう、ほとんど死ぬじゃん!!

信じられないですね・・

自分の犬が死んでいくのを許せるんですか・・

たくさんいるからいいんでしょうか・・

それ・・その犬を愛してるんでしょうか・・

相手には愛してると思わせている・・というやつですよね・・

それ、悪い男が女性にやるやつですよね・・

いや!!

無理ですね!!

別にそこまで愛してない犬であっても、死んでいくのをそのままにしておくことはできません!!

ピットの闘犬なんてやめろぉ!!

法律で規制されてるわけですよ!!

土佐闘犬とは違います。

80~90%死ぬ・・

ほとんど死にますね。

だいたい死ぬ。

・・・・・・

・・・・・・

まあ、もっと、たくさんの様々なことが書かれていました。

今、最も優れた闘犬ピットの犬舎は、南米の・・・国も犬舎名も教えてもらいましたし、犬の血統も教えてもらいましたが、ここでは言いません。

いや~

びっくりしましたね~

犬を愛していることと、犬がそれを知っていることが重要なのに、80~90%の犬は死ぬんだそうです。

それでいいんだ・・

まあ、聞いてみます、その部分を。

ちょっと信じられないですね・・・ブツブツ・・・

北米から輸入する犬を、ここで6か月間預かってもらおうと思っていましたが、ちょっと考えないといけませんね・・・ブツブツ・・・

Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2016/11/07 (Mon) 11:09:11

また、カナディアン闘犬ピットマンから返信がありました。というか、もう1週間以上前に返信があったんですが、私が忙しくて、ここでご紹介するのが遅れました。

それでぇ・・

80%~90%のピットブルは死ぬんですか!!??

という質問をしました。

その返信が今回のメールなんですが

やっぱり死ぬんだそうです。

80%~90%のピットブルは!!

信じられないですよね!!

いや、それが、彼が言うには

「本物の闘犬のピットブルの唯一の願いは、死ぬまで戦うことです」って書いてあったんですよ!!また、すっげ~長い長文が送られてきました。ですから、この文章は、その中の一部なんですが。

死ぬまで戦う!!??

ピットブルは、自分の生命より、攻撃することを選択するんだ!!??

マジぃでぇ!!??

英語を訳し間違えてるかもしれませんので、もう一回、あとで読んでみますが、「A truly game pitbulls only desire is to fight to the death」これが原文です。

じゃあ・・

死ぬまで戦うんだったら・・

人間が途中でやめさせるべきですよね・・

犬が死ぬほうを選択してるんだから、戦わせ続ける・・

いや、でも、もし自分だったら、自分のやりたいことを途中でやめさせられたら、ものすごく怒り狂いますね。

ですから、ピットブルが、自分が攻撃したいのに、途中でやめさせられたら、とっても嫌でしょうね・・・それはわかります。

じゃあもうケンカさせないほうがいいんじゃないでしょうか。

だからぁ、昔、イギリス、アイルランド地方で、攻撃的なテリア種を組み合わせたり、近親交配を繰り返したりして、キチガイな狂犬テリアを作ってしまったんじゃないでしょうか・・

それが現在のピットブルテリアですよ。

死ぬまで戦いたい犬を作って、金を賭けて、死ぬまで戦わせている・・

土佐闘犬は、死ぬまでは戦わせないですよ。

それに、犬も、嫌がって、そこまでは戦いません。というより、疲れて、そこまでは肉体の機能的に戦えません。「ハアハア・・」という、荒い呼吸になって、酸素が足りない状態になります。マラソンを走ったあとの状態ですね。

土佐犬は、体が大きいですから、どうしてもそうなりますが、ピットブルは、体が小さいので、ずっと戦えます。

犬が死ぬまで戦いたいから、死ぬまで戦わせていいんでしょうか・・

しかし、途中でやめさせるのもかわいそうですよね。もし、本当に、犬がそうしたいんだったらですよ。

じゃあもう、戦わせないほうがいいんじゃないでしょうか。

だって、戦ったら、死ぬまで戦うんですから。

このカナダ人家族は、家族全員、1920年に、おじいさんがアイルランドから連れてきたピットブルの血統を守って、ずっとピットブルの闘犬をやっています。もうすぐ100年です。

突然、私たち世界の愛犬家が、「ピットブルの闘犬反対」と言って、簡単にやめさせられるようなものではありません。

また、「やめたほうがいい」と言ったほうがいいのか、「がんばって続けてね」と言ったほうがいいのか、わかりません。

この人たちは、8頭のピットブルと、その犬たちの血統と、ピットブルの闘犬自体も、おじいさんの形見だと思っています。そして、ピットブルの闘犬自体も愛しています。さらに、犬たちも、それをやりたいと思っています。

反対する理由はただ一つ、80%~90%の犬が死ぬことです。

みなさんは、どのようにお考えでしょうか。

★写真は、このカナダ人が大好きなピットブルです。自分の部屋の壁に貼っています。300キロの牛を攻撃しています。このとき、この犬は生後7か月で、体重は15キロしかありませんでした。この300キロの牛の鼻っ面を噛んで動けなくして、最終的に、この牛に勝った。そうです。

勝ったというのは、どういう意味なんでしょうね・・

殺したんでしょうか・・

300キロの牛が、そう簡単に死にますか・・

戦意を失ったということでしょうね・・

しかし、どちらにしても、牛がかわいそう・・

この犬の名前は知っていますが、ここでは言いません。
Pass :
Joel

Re:世界の闘犬

2017/04/18 (Tue) 13:44:37

う~ん・・・

難しい問題が起きました~・・

闘犬に関して・・

う~ん・・・

私は、土佐犬は、日本を代表する重要な犬種だと思っています。

そしてカッコイイ犬がたくさんいます。

COOLDOGSは、世界のCOOLなDOGSを紹介するサイトです。

土佐犬を外すわけにはいかないですよね。

日本代表ですから。

世界各地の代表の犬たちもたくさん紹介しています。

しかも、土佐犬は、ちょっと他の犬を混ぜたりして、自分で好みの犬を作れてしまうんですよ!

まあ、世界中の他の純血種でもやってますけど(笑)

黙ってやってます。みんな(笑)

みんなじゃないですけど(笑)

いや、みんなってそういう意味のみんなじゃなくて。やってる人はみんなっていう意味のみんなです(笑)

もう、やかましい。

とにかく、土佐犬には魅力的な犬がいます。

しかし!!

土佐闘犬がなくなっても、今と同じくらいの数の土佐犬が日本で飼われるでしょうか!!??

どう思われますか!!みなさん!!

私は、激減すると思います。

土佐闘犬が日本から消えたら・・

もし法律で禁止されて、日本国内で闘犬ができなくなったら・・

・・・・私のYouTubeの闘犬チャンネルの動画を、動物愛護団体か闘犬反対グループのネットコミュニティにでも見せたんでしょう。犯人はわかっていますが、ここでは言いません。

このBBSを新しいものに変えなければならなくなったのも、その方のおかげなんですが、悪口を言うのはやめます。

なんか最近、さらに人に対して攻撃したくなくなったんですよね~・・

格闘技やボクシング中継も観なくなったし・・

若いころ、あれほど好きだったのに・・

まあ、PRIDE(プライド)がなくなったせいもあるかもしれませんが・・・ブツブツ・・・

とにかく、完全に、ケンカが嫌いな人間になっています。

争うのが嫌ですね。

年齢のせいでしょうか・・・今年50歳ですからね・・・ブツブツ・・・

まあいいんですが・・・

ですから犯人はわかっていますが、その人のことはいいです。

とにかく、Youtubeの運営から、「暴力を誘発する動画」ということで削除されて、なおかつ、今後、このような動画をアップロードすると、「アカウントを停止します」と通達がありました。

もちろん、「異議申し立てがある場合は、異議を申し立ててください」ということだったので、すぐに、異議を申し立てました!!

なぜこのようなことが起きるかと言いますと、「動画を削除してほしい」という通報を行う人間がいるからです。

ですから、それを行う人間は、動物愛護団体の人間や反闘犬グループの人間です。

私は、ただ単に土佐闘犬を見せたくて、Youtubeにアップしているわけではありません。

土佐闘犬は、その名の通り、土佐藩主が奨励して盛んに行われ、全国に広がった日本の伝統文化で、土佐犬も、多くの人の試行錯誤によって作り出された日本を代表するジャパニーズマスティフです。

そして土佐闘犬のルールは、犬と人に配慮されて作られています。

「犬なのに声を出したら負け」

吠えるのが仕事なんじゃないか、と思えるくらい吠えますよね、犬は。それを吠えちゃダメって言ってるんですから。相当厳しいルールです。しかしこれがあるから、日本各地で闘犬が行われても、静かで、人々に迷惑がかからないようにされています。

「相手に背を向けて3歩以上歩いたら負け」

「走り」というんでしたっけ?すみません。専門用語がわからない部分はありますが、とにかく、「戦いたくない」と意思表示をしたら、そこですぐ負け。ということで試合は即座に終了します。

土俵の柵の上に3人の審判がいて、どちらかの犬が、相手の犬に背中を向けて3歩以上歩いたら、間髪入れず、試合を止めます。それと同時に、飼い主やそのほかの人たちも、瞬時に土俵の中に入り、戦っていた二頭の犬を分けます。「勝負あり」の判定が0.1秒で下されて、0.5秒で全員が土俵に下りて、二頭の犬を分けるまで1秒もかかりません。

戦いたくない犬を無理矢理戦わせないためです。

もちろん、もう一頭が、まだ戦いたくて、まだじゃんじゃん攻撃したがっている場合はあります。ですから、そういう場合は、完全に二頭を引き離すまでに時間がかかる場合はありますが、それでも、最初に二頭を引き離し始めるのは、もう、本当に1秒未満です。1秒未満で、土俵の周囲にいる全員が、引き離し始めます。

まあ、実際に時間を計ると、1.5秒とか、0.8秒とか、どのようになるのかわかりませんよ。

しかし、本当に、瞬間的に動きます。

同じ柵の上で見ている飼い主も、勝負があったのがわかりますから、審判も飼い主も、全員が瞬時に土俵に下りて、二頭を分けます。

私は、いつもその場面を見るとき、「みんな素早いな」と思っていました。

戦いたくない犬を戦わせるのはかわいそうだということと、戦いたくない犬は、そのままほっておくと一方的に攻撃をうけますから、余計な怪我をする場合がありますし、あるいは、すでに怪我をしていて、体に問題があるから戦いをやめたのかもしれません。ですから、全員が瞬時に動きます。誰もモタモタしていません。本当に瞬間的に動きます。

私はいつもそれを見るときに、犬に配慮している人たちと、この土佐闘犬のルールに、爽やかさを感じていました。

もちろんほかにもたくさんのルールがあって、そのルールのもとに土佐闘犬は行われています。

ただ単に、「やれやれー!!」と言って、犬同士を戦わせて喜んでいるわけではありません。

ですから、土佐闘犬は、犬のスポーツなんです。

それを海外の人は知りませんよね。

それどころか、日本人さえも知りません。

もっと言えば、土佐犬を見たことさえない人が数多くいらっしゃると思います。

ですから、「土佐闘犬はスポーツであり、単なる暴力的な行為ではない」ということと、「土佐犬はこういう犬ですよ」ということを紹介したくて、Youtubeの闘犬チャンネルを、あえて作ったんです。

それを、「暴力を誘発する動画」だといって削除するのは、本末転倒ですよね。

私は、「暴力ではないということを見せたい」と言ってるのに、それを「暴力だから削除する」と言ってるわけですから。

しかし私は、このようなことが起きると・・・・、このようなことというのは、誰かが、土佐闘犬のYoutube動画の削除依頼をするということです。

このようなことが起きると、いつか、土佐闘犬の是非について国会で話し合われるようなことに発展して、土佐闘犬が法律で禁止されるようなことになりかねないな・・・と思って、このコメントの最初に

う~ん・・・

難しい問題が起きました~・・・

と言っていたんです。

私のYoutubeの動画なんて、どうでもいいんです。

まあ、もちろん削除されないほうがいいんですけど。

しかし、そんなことよりも、このようなことが、どんどん起きてくると、闘犬の是非について国会で話し合われて、日本でも「闘犬禁止」となってしまうのではないか・・・

そうなると、日本の土佐犬が激減するのではないか・・・

世界最強犬が完全にピットブルに移ってしまうのではないか・・・

となって

う~ん・・・

と考えてしまいます。

ですから、私の闘犬の動画がどうなるか、Youtubeの結果を待ちます。

もし、Youtubeがダメだという結果を出したら

私は、これ以上、闘犬の動画を増やしませんし、他の人も、Youtubeに土佐闘犬をアップしないほうがいいと思います。

土佐闘犬を廃止する動きになりかねません。

ああ、そうそう、会員制のようなアップのやり方がありますよね。

自分の会員しかその動画を観れないみたいな。

まあ、「会員」という名前ではなく、なんだったか忘れましたが・・・「自分のYouTubeチャンネルのメンバー」のような感じです。

そのメンバーだけしか観れないようにしてアップする方法はありますね。

Youtubeの運営も、それを推奨してきました。

ただ、私の場合は、土佐闘犬や土佐犬を知らない人に、土佐闘犬を見せたかったので、それでは無意味だと思いました。

しかし!!

来月!!

2017年05月!!

行ってきますよ!!

北米トップのピットブルの闘犬に!!

北米では、完全に違法行為です。ピットブルの闘犬は。

ですから、その動画をYoutubeにアップしようと思っていましたが、もう、かぁああんぜぇえぇぇえんんにやめます!!

ですから、その様子を見たい人は、私のYoutubeチャンネルのメンバーになってください。

メンバー???

なんかおかしいですが(笑)

なんていうんでしたっけ(笑)

とにかく・・・

あっ!!

思い出した!!

チェンネル登録だ!!

チャンネル登録してください!!

・・・・言っときますけど

チャンネル登録させたいから、こんなこと言ってるわけじゃないですからね。

しかし、チャンネル登録だけで見れるのかどうかわかりません。

またそのときお伝えします。

北米の、完全違法のアンダーグラウンドピットブル闘犬を、ドキュメンタリーでお送りします!!

言っときますけど、私は、あくまで、世界の犬のジャーナリスト的役割として行っていますので、「クレイジージャーニー」に出てくる人たちと同じような感覚ですから、取材に行ってる私を、「一緒に違法行為をしている」などと言ってはいけません。

あくまで私は、世界の犬に特化した、犬のジャーナリストです。

雑誌にもテレビにも依頼されずに、ただこのBBSで発信するためだけの犬のジャーナリスト。

しかし、インターネットは世界中に通じていますから、誰でも見ることができますから、それでいいんです!!

ですから、「違法行為を一緒に楽しんでいる」などと言ってはいけません。

麻薬の取材にメキシコに行くジャーナリストだっているんですから。

麻薬は違法ですが、ジャーナリストは麻薬を楽しんでいるわけではありません。

北米のピットブルの闘犬の報告。

やりますよ。6月に。

5月に行きますからね。


この動画が私のYouTubeの闘犬チャンネルです。
https://www.youtube.com/watch?v=ucP51PZ4MxM

-------------------------------------------

これは、Youtubeに対する異議申し立ての文章の一部です。

朝早く起きてすぐ、急いで書いたものですから、修正したほうがいい部分はあると思いますが、動画が許可されずに、もう一度、異議申し立て申請を行う場合に、今度は、よく考えて文章を作成します。

また、これを読むYoutubeの担当者たちは、闘犬の知識どころか、犬を飼ったことさえない可能性もあると考えて作成した文章ですから、それを踏まえてご覧になってください。

--------------------------------------------

土佐闘犬は、土佐藩主により奨励され、長い間続けられてきた日本の伝統文化です。法律でも禁止されていません。私自身は犬が大好きで、世界のドッグショーのチャンピオン犬を日本に輸入する仕事をしています。犬という生き物にはたくさんの種類があり、太古の昔から、犬は、人間とともに仕事をしてきました。猟犬、救助犬、警察犬、麻薬犬、軍用犬、盲導犬、牧羊犬などがその代表的なものです。人間にとってそれらは仕事のように感じますが、犬たちは、人間と一緒にそれらを行うことが楽しいので、人間と一緒に遊んで楽しんでいるだけです。ですから、上記のような人間が仕事だと感じるようなもののほかに、フリスビー犬、アジリティ競技犬、オビディエンス競技犬、闘犬など、人間と一緒に犬が行うスポーツがあります。これらも、犬たちは、ただ遊んでいるだけです。嫌なことは犬はやりません。犬が嫌がっていることを人間が無理矢理やらせているわけではありません。しかし多くの先進国では、闘犬は法律で禁止されています。しかし唯一、日本では、闘犬が法律で禁止されていません。これはとても稀有なことです。ですから、伝統的に続けられてきた土佐闘犬は、先進国では類を見ない珍しいもので、毎年、日本全国の多くの場所で、たくさんの大会が開催されています。その日本の伝統文化であり、また犬のスポーツの一つである土佐闘犬を世界の方々に紹介する目的で、私はこのチャンネルを作っています。いたずらに暴力を誘発しようなどとは考えていません。また暴力的なことを他人に見せて楽しんでいるわけでもありません。多くの先進国で法律で禁止されている闘犬は、先進国では観ることができません。また、日本人の方々も、このようなことが全国各地で行われていることを知らないと思います。それどころか、土佐犬自体を、あまり見たことがないと思います。また、闘犬というものは、一見、暴力的で、あまり好きではない人も多いと思います。ですから、そのような土佐闘犬を、ジャーナリズムイノベーションの観点から、あえて、ドキュメンタリーとして紹介しているだけです。たとえYoutubeから削除されたとしても、土佐闘犬は、日本全国で行われています。実際に日本で数多く行われていることで、また法律にも抵触していないことを、ただ単にネット上から消してしまう、という考えは、ただ単に、そこを見ないようにしているだけで、臭いものに蓋をしているだけです。土佐犬は、全国各地で数十万頭飼われていて、土佐闘犬は、全国各地で、無数に行われているドッグスポーツです。これを暴力行為だとおっしゃるならば、ボクシングや総合格闘技なども同じだと思います。犬は、噛むという攻撃が、人間が殴るという行為と同じです。日本における土佐闘犬は、伝統文化であり、ドッグスポーツの一つです。今回の決定に、私は意義を申し立てます。
Pass :
Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]